韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

プロデューサー6話あらすじ&日本語訳 vo.2

   

キム・スヒョン、IU、コン・ヒョジン、チャ・テヒョン、出演、KBS韓国ドラマ「プロデューサー」6話、中盤です。

+-+-+-+

いよいよ一泊二日新シーズンの放送時間が迫った。

「うちの息子が担当PDなんだ」スンチャンの父は電話で知人へのPRに余年がない。

父(電話)「一人で全部やるわけじゃないさ。補佐をする子もいるらしい」

「僕がその補佐なんです」今回もスンチャンが修正を入れる。

「ところで」姉の夫がスンチャンに声を掛けた。

義兄「男性メンバーたちをうちの病院に連れてくるところ、撮ってくれよ。泌尿器系は若いうちにちゃんとケアしてやらなきゃいけないんだ」
姉「そうよ、女の子たちも来なさいって。最近はね、女の人の膀胱炎みたいなのも全部、泌尿器科で診るのよ。尿結石とか」

「汚い」妹が言う。

姉「何が汚いのよ、あんたオシッコしないの?」

「おい、電話してるのにウルサイぞ!」父が声を上げる。

母「もう、そんなところで電話するからよ。他のところでなさいって」
父「私がこの家長なのに、どこへ行けと言うんだ?!」
母「…。」
父「君がこうだから、(長男を指さし)うちの嫁だって亭主をバカにして、すぐ追い出すんだろうが」
長男「違いますよ、父さん。僕は自分から出てきたんですから」

一家は今日も大賑わいだ。
「始まりますよ」スンチャンが控えめにテレビを指さした。

+-+-+-+

番組が進んでいた。

本隊メンバーのゲーム映像が続いている。

母「知らない顔ばかりだからかしら、それほど面白くないわね」
父「見てるうちに面白くなるだろ」
スンチャン「…。」
父「スンチャンはまだ経験が乏しいがな、そのうちノ・サヨンだとかイ・ドクファだとか、そんな有名な人たちと番組をやるようになるはずだ」
母「私はホ・チャムがいいわ。イ・テンニムと」

お喋りを続ける両親の隣で、妹は携帯ゲームに興じている。
スンチャンは彼らの反応を静かに窺った。

番組の映像には、編集で笑い声がかぶせてある。

父「一体この笑い声はどこから出てるんだ?笑えない時も出るようになってるのか?」
スンチャン「… 笑えるけど?」

「スンチャン、あんたじゃないの?あれ」姉がテレビを指さす。

番組が山を歩く脱落組の映像に切り替わっていた。

妹「すごい!」
姉「そうだわ!うちのスンチャンだわ!」

照れくさくて、スンチャンはぎゅっと唇を噛み締めた。

母「ちょっと!、この子PDなのに、他人の靴の紐結んでやってるわ!」

画面には『靴の紐を結んでやる、心細やかな新人PD』とテロップが出ている。

父「ワケがあったんだろうよ」
姉「結んでくれって?あの子が?」
母「自分の手があるくせに!結んでくれだなんてどうしてよ!人の家の大事な息子をつかまえて!」
スンチャン「母さん、そうじゃなくて」

「シンディ、可愛かったか?」兄が騒ぎに油を注いだ。

スンチャン「?」
母「(長男に)可愛けりゃ靴紐を結んでやるわけ?!」
スンチャン「すごく辛そうだったから」
母「(スンチャンに)お母さんの靴紐、一度でも結んでくれたことあるの?!」
スンチャン「母さんはマサイ族の健康サンダルしか履かないから」

「母さんはいつもそれだよな」長男がゲラゲラと笑う。

母「あの子、あの時の子でしょ?パンツ一枚で踊ってた子よ」

「ホントにブサイクだわ!」母はテレビに向かって敵意をむき出しにした。

+-+-+-+

1914

#この映像は誰が撮ったんだ?って話だよねぇ

+-+-+-+

ジュンモとイェジンは二人、リビングのソファに並んでテレビを見ていた。
イェジンが笑うと、ジュンモが嬉しそうに彼女を見る。「面白いか?」

1915

ジュンモ「(テレビを指差し)今のテロップ良かったろ」
イェジン「うん」

ジュンモは満足気にニコニコと微笑んだ。

イェジン「それにしてもさ、ペク・スンチャン、テレビに映るのも悪くないわ」
ジュンモ「…。」
イェジン「たいしたものね。子どもだと思ってたけど、男っぽくも見えるし」
ジュンモ「俺が嫌ほど編集したからだろーが。あいつのどこが男なんだ、子どもだろ」

「?」イェジンが急に身を乗り出す。「ねぇ、慶南高霊であってるの?」

ジュンモ「?」
イェジン「慶北高霊じゃないの?」
ジュンモ「?!」

「あっ!」ジュンモが画面を見て思わず声を上げる。
行き先を記したテロップが間違っていたのだ。彼は慌てて電話を取り出した。「どうなってんだ!テロップ間違ってるじゃねーかよ!誰が書いたんだ?」

イェジン「2度3度確認しなきゃ!」

そのとき、今度はイェジンの電話が鳴り出した。
ジュンモの母親からだ。

+-+-+-+

「おばさん」イェジンは玄関の外に出て電話を取った。

ジュンモ母「私が頼んだこと、調べてみた?ジュンモの彼女のことよ」
イェジン「そうですねぇ、私のまわりに紹介するほどの人がいなくて。お見合いもするんでしょう?検事と」
ジュンモ母「その大事なお見合いに行かなかったんだから」
イェジン「えっ?!行かなかったんですか?どうして?」
ジュンモ母「それがね、編集室で作業してたって言うのよ。電話まで切っちゃって」
イェジン「そうだったんですね。ジュンモあの子、夢中になったら周りが見えないんだから。ホント問題だわ」

イェジンは妙に明るく文句を言った。

ジュンモ母「それで私、明後日また日程を取り直したのよ。苦労してね」
イェジン「…。」
ジュンモ母「それなのにあの子、行かないって言うの。ついこの間は行くって言ってたのに」
イェジン「…。」
ジュンモ母「あなたがそばでよく言ってやって。逃すのは本当に惜しい席なのよ」
イェジン「だけどね、おばさん。ジュンモもすっかりいい年なんだし、私が言ったからって聞くかしら。やっぱり自分で決めさせてやったほうが…」
ジュンモ母「だめなら私、汝矣島のアパートに一緒に住んで、クドクドいびってやるんだから」

「私が言います!」イェジンは即答する。

イェジン「えぇ、もちろん!私の言うこと、よく聞くじゃないですか、ジュンモは」

+-+-+-+

イェジンが戻ってくると、ジュンモはソファで上の空になっていた。

イェジン「番組終わったの?」
ジュンモ「あぁ」
イェジン「反応は?」
ジュンモ「良くないさ」
イェジン「…。」
ジュンモ「地理の勉強を足でやったのか?脳みそは飾りか?番組は遊びか?」
イェジン「あのさぁ、あんたんとこ何人もいるのに、誰も気付かなかったの?」
ジュンモ「…。」
イェジン「仮編集で1回、プレイバックで1回、仕上げのときにもう1回。3回は見るはずだけど」
ジュンモ「だからさ、大勢で一緒に見てたのに、何で気付かなかったんだ?」

「何でなんだ?何でだろうな」ジュンモは完全に混乱していた。

イェジン「テレビ局の幽霊が、目と耳を塞いで放送事故起こさせるって言うしさ。作ってる間は絶対わからないんだって」
ジュンモ「幽霊より、明日会社に行くほうがずっと怖いよ」

落ち込むジュンモの背中を、イェジンがさすってやる。「事故っていうのは、起きた後にどうするかが大事なんでしょ?」

ジュンモ「…。」
イェジン「業務掲示板から目を背けないで、全部チェックして、しっかり対処するのよ」

イェジンの励ましにも関わらず、ジュンモはソファに倒れこむ。
ぎゅっと目を閉じている彼の顔を、イェジンは覗きこんだ。「ビール飲む?」

ジュンモ「?」
イェジン「起きなよ♪」

+-+-+-+

「はぁ、いいね♪」二人はベランダに並んでいた。

イェジン「春の宵の一刻は千金に値するって言葉があるでしょ?」

※春宵一刻値千金=蘇軾の七言絶句「春夜」より。

イェジン「全部忘れてさ、私たち春の夜を楽しもうよ、ジュンモ」

「どうってことないって!」イェジンはお酒の瓶を差し出す。「ほら♪」
「そうだな」ジュンモも瓶を手に取り、彼女に答えた。「どうってことないさ」

1916

イェジン「ところでさ、この間言ってた検事さんだけど…」
ジュンモ「あぁ、会った」
イェジン「…会ったって?」
ジュンモ「会ったさ。言ったろ、見合いするって」
イェジン「…そう?可愛かった?」
ジュンモ「あぁ、まぁな。可愛かった」

ずっとそっぽを向いたまま、ジュンモは淡々と答える。

イェジン「へぇ、可愛かったんだ。アフターはしたの?」
ジュンモ「した」

「…。」イェジンはじっと彼を見ると、顔を両手で掴み、ぎゅっと自分の方を向かせた。

ジュンモ「な、何だよ?」
イェジン「もう1回言ってみなさいよ」
ジュンモ「何を?」
イェジン「もう1回言ってみなって。お見合いしたって?」

「したってば」それでも彼はあらぬ方向へ視線を逸らす。

イェジン「アフターもしたって?」
ジュンモ「した」
イェジン「あんた、何で目を逸らすの?」

「俺が何で…」ジュンモは彼女の手から離れようとする。「離せよ」

イェジン「あんた、何で嘘つくのよ?」
ジュンモ「何の嘘だよ?」
イェジン「…。」
ジュンモ「…。」

しばらくじっと彼の目を見つめると、彼女はようやく静かに手を離した。
お酒を一口流し込むと、悲しそうに下を向く。

イェジン「あんた、聞いたのね、私の話したこと」
ジュンモ「!…何の話だよ」
イェジン「聞いたんだわ。私が屋台でした話。それであんた、私との間に一線引いてるんじゃない」
ジュンモ「…違うって」
イェジン「彼女のいない隙に私がつけ込むんじゃないかって、してもいないお見合いしたなんて言ったの?すごい線引きね」
ジュンモ「違うって!何もわからないくせに、一人で決めつけんなよ」
イェジン「じゃあ何?」
ジュンモ「事故だろ。違うか?」
イェジン「!」
ジュンモ「お前、本気で言ったのか?」
イェジン「…。」
ジュンモ「それなのに、俺が覚えてたら、お前も俺も気まずくなるかもしれないし」
イェジン「…。」
ジュンモ「それに、俺たち今上手くやってるだろ。気楽だし」

イェジンは何度も頷いた。「…そうだね」

イェジン「問題は私なのかも。事故は私がやらかしといて、後始末はあんたにやらせたんだから」

「悪かったわ」彼女は俯いたまま言うと、立ち上がった。「後始末も私がやるから」

部屋に戻っていく彼女に何も言えず、ジュンモは深い溜息をついた。「…。」
と、そこへまた彼女が戻ってくる。「そうだわ、あんたの言うとおりよ」

ジュンモ「?」
イェジン「事故よ。本心じゃなかった。こんな長い付き合いなのに、バカじゃあるまいし」
ジュンモ「…。」
イェジン「それなのに変よ。私今、どんな男に振られた時よりずっとプライドが傷ついて、恥ずかしいんだから!あんたのせいよ!」

そう言い捨てると、彼女は部屋の扉をしめ、ベッドに潜り込んだ。

+-+-+-+

翌朝

さっそく昨日放送分の視聴率が掲示板に貼り出された。
ジュンモは恐る恐る掲示板を覗く。

6.8

ジュンモ「ペク・スンチャンのヤツ、うまくやりやがって…。どうしてわかったんだ?」

+-+-+-+

「どうしてそんなピッタリ当たるんだ?」
「いいもの買えよ」
「すごいですね!」
「おめでとう、ノストラダムス!」

スンチャンの元へ、次々とスタッフが1万ウォン札を持って来る。
最後にやって来たジュンモが千ウォン札を10枚数え、突き出した。「お前、占い師でもやれよ」

スンチャン「…すみません」
ジュンモ「謝ることないさ、ぴったり当てたのに。よくやった」
スンチャン「…。」
ジュンモ「嬉しいか?自分の言ったとおりになって」

スンチャンが首を横に振る。
そこへテホCPがやって来た。

ジュンモ「先輩も出せよ。ペク・スンチャンがピッタリ当てたんだ」

「いいのに…」スンチャンが困って二人を見上げる。

テホCP「俺だって0.2差なんだから、ほとんど当てたようなもんだろ」
ジュンモ「(ジロジロ)」

仕方なくテホCPは1万ウォン札を差し出した。

テホCP「(ジュンモに)局長がすぐ来いってさ」

+-+-+-+

その後、スンチャンの周辺では小さな変化が起こっていた。

まず、訪ねてきたのは見知らぬ男性だ。「ひょっとしてペク・スンチャンPD?」

スンチャン「…そうですけど?」
男性「噂を聞いて来たんですよ。今新しい番組を企画中なんですがね、初回放送の視聴率、どうなると思います?」

ヤンミの元へ書類を提出しに行ったときも…。

ヤンミ「昨日の番組面白かったですよ。テレビ映りが良かったわ」
スンチャン「ありがとうございます」

ヤンミは引き出しを開けると、そこからA4の包みを一つ取り出し、黙って差し出す。

スンチャン「紙は申請してないですけど?」

ヤンミは頭を下げるように手で合図した。

ヤンミ「取っておいて。大事に使ってくださいな」
スンチャン「あぁ… ありがとうございます」
ヤンミ「私、どうなると思います?」
スンチャン「えっ?」

彼女はスンチャンの顔を覗き込む。「何か思い浮かんだりしませんか?」

スンチャン「…。」
ヤンミ「何かチラチラ見えたりだとか… 恋愛運だとか」
スンチャン「………。」
ヤンミ「すごい腕前だって聞いたんだけど」

+-+-+-+

「何から怒ろうか」ジュンモとテホCPを前に局長が言った。

ジュンモ「何々あるんですか」
局長「放送事故と視聴率」
ジュンモ「…言いたい方からどうぞ」
局長「お前な、試験を受けてテレビ局へ入ったヤツが、慶北高霊か慶南高霊か区別もつかんのか?慶北高霊、何かおかしいと思わないか?」
ジュンモ「?」
局長「慶南高霊が自然だろ」

「局長」テホCPがそっと口を挟む。「慶北高霊です。慶南と書いて事故になったんですよ」

局長「あぁ、こうやってこんがらがるのか」
ジュンモ「(ホッ)」
テホCP「そんな傾向もありますよね」

「ほらな」ジュンモが小声でテホCPに言う。

局長「それなら尚更お前が神経を使うべきだったんじゃないのか?」
ジュンモ「すみません。高霊郡庁にお詫びの電話をしました。来週、お詫びのテロップを入れることで理解してくださるそうです」
局長「そんなことは問題じゃないんだ」
ジュンモ「えっ?」
局長「社長の故郷が高霊なんだよ」
二人「!」
局長「責任の所在をハッキリさせろ。こんな許しがたいミスがなぜ起きたのか。そうじゃないと、私も報告できん」

+-+-+-+

「帰られないんですか?」帰り支度をしたスタッフがジュンモに声を掛けた。

ジュンモ「経緯書を書かないと。先に帰りな」

スタッフたちが帰っていく。

『経緯書

番組編集時、テロップ作業中に何度も確認するべきにもかかわらず、間違ったテロップを放送に出してしまった経緯です。
地名等の固有名詞は何度も確認すべきにも関わらず、よりによって前夜徹夜した担当PDは眠気に勝てなくて確認できず、よりによって担当作家はコーヒーを飲んでいて確認できず、6ヶ月要求しても修理されていなかった編集室の電灯が、よりによってその日、いつもより酷くチカチカして、全員確認できませんでした。結局、それらの理由が積み重なって事故が発生し、当番組のプロデューサーである本人は重い責任を感じております』

「はぁ」深い溜息をつくと、1ブロック向こうにイェジンの姿が見える。
彼女が廊下を遠ざかっていくのを、彼はじっと目で追った。

『事故というものは、起きた後が重要であり…』

ジュンモ「…その後が重要なのに、どうすりゃいいんだ?俺は…」

+-+-+-+

会社を出て歩いていたスンチャンは、目の前にイェジンが歩いているのに気がつき、顔をほころばせた。「♪」
嬉しそうに走って行くと、突然彼女の前に飛び出す。「先輩!」

イェジン「きゃっ!」
スンチャン「あ、驚かれました?」
イェジン「驚くに決まってるでしょ。突然気配もなしに」

「すみません、僕、嬉しくて」スンチャンの顔に笑みが滲む。

イェジン「何が嬉しいのよ」

「あんた」イェジンが彼を指さす。

スンチャン「?」
イェジン「今日の返済分をもらおうと思って、嬉しそうに走ってきたわけ?」
スンチャン「…?」
イェジン「見た目よりキッチリしてるのね。だけど、今はダメ。現金がないの」
スンチャン「じゃあ僕がご馳走します!」
イェジン「あんたが?」
スンチャン「はい、今日は僕がご馳走します」
イェジン「…。」
スンチャン「お肉を食べたいんだけど… 一人で食べるのも何なので」

イェジンはニッコリ微笑んだ。

1917

+-+-+-+

二人は焼肉店で向かい合っていた。

イェジン「サムギョプサルにしようって言ったのに、韓牛だなんて」

スンチャンが健気に肉を焼いている。

イェジン「ねぇ、私は後輩にこんなものタカるような人間じゃないわよ」

スンチャンはニッコリ笑って、彼女の小皿に肉を置いた。
「う~ん、美味しい」イェジンはお肉をつまみ、頷く。「あんたも食べなよ」

スンチャン「はい」
イェジン「ところでさ、ジュンモがあの夜のこと全部覚えてたんだよね」
スンチャン「!」

#もー さっそくそれを言わないで、もうしばらくルンルンさせてやりなよー

イェジン「あんたも知ってたの?」
スンチャン「あ…」

スンチャンは少し考えて頭を下げた。「すみません」

イェジン「いいの。あんたに何の罪があるのよ、間に挟まれて」
スンチャン「先輩はジュンモ先輩のどこがそんなに好きなんですか?」
イェジン「…そうだね。わかんない」
スンチャン「…。」
イェジン「誰かを好きになるときって説明できないんだよね、私は」

「あんたはできる?」イェジンが訊き返す。

イェジン「あんた、ヘジュのどこがそんなに好きだったの?」
スンチャン「そりゃまぁ… 可愛いし」
イェジン「それから?」

「…可愛いから」そう言ってスンチャンが笑うと、イェジンも笑う。「男は可愛いけりゃいいのよね」

イェジン「だけど、ジュンモにとって私は気楽な飲み友だちがイイのよ。付き合いが長いから、余計な説明がいらなくて楽で…」

「それ止まりみたい」イェジンはそう言って俯いた。「可愛くはないみたい」

スンチャン「可愛いいです!」

イェジンが黙って顔を上げる。「…。」

スンチャン「あ… 先輩も可愛いです」

「…。」イェジンは思わずふっと笑った。「かなり腕上げたわね、ペク・スンチャン」

スンチャン「…。」
イェジン「そう、それよ。社会生活を送るにはね、3枚目っぽくても、そういう心にもないことも言えなきゃ」

「さぁ、ご褒美」イェジンが肉をサンチュに包み、差し出した。「あーんして」

スンチャン「…。」

スンチャンは少し照れくさそうに顔を近づけると、素直にパクっと口に入れた。

1918

#途中で一瞬チラッと彼女の顔を見るのがたまらんよ

そんな彼の姿を、イェジンも楽しそうに眺める。

+-+-+-+

ジュンモはリビングでぼんやりテレビを眺めていた。
玄関を開く音が聴こえ、彼はパッと顔を輝かせる。「!」
ドアが開き、入ってきたのはイェジンではなく、弟のイェジュンだ。
「あ… お帰り」そう言って、彼はテレビに視線を戻した。

弟「姉さん、まだですか?」
ジュンモ「俺より先に会社を出たヤツが、どこに寄ってるんだか。電話してみろよ」
弟「帰って来るでしょ」

弟は近くの椅子に腰を下ろす。「ところで、兄貴」

弟「姉さんと喧嘩しました?」
ジュンモ「何で?」
弟「昼にメールが来てて。短期契約で2ルームを探せって」
ジュンモ「何だって?」
弟「知らなかったんだな。そんなことだと思ったんだ」
ジュンモ「…。」
弟「女ってのはそうなんだ。ホントに2ルームを探すつもりなら、自分で不動産に電話すりゃいいのに、何で俺に調べろって?」
ジュンモ「何でだ?」
弟「何言ってんですか兄貴、素人みたいに。俺から伝えてくれってことじゃないか」
ジュンモ「…。」
弟「私はすごく腹が立ってて、出て行くつもりだってあるんだから、引き止めるなり何なり、あんたがやんなさいよって」
ジュンモ「そうなのか?」
弟「女ってのはホントにすごい存在だよ。結局は男にトスを出すんだ」

「実の姉さんだし、俺が利用されてやるよ」そう呟き、イェジュンは立ち上がる。

+-+-+-+

帰ってこないイェジンが気になって、ジュンモはベランダで悶々としていた。

ジュンモ「?」

ふと気配がして、彼は階下を覗く。
向こうから、スンチャンと一緒に歩いてくるイェジンの姿が見えた。

1919

仲の良さそうな二人の様子を、ジュンモはじっと目で追った。

ジュンモ「…。」

+-+-+-+

しばらくして玄関が開くと、イェジンが入ってくる。
さっき見た表情とは打って変わって、彼女は実に硬く顔をこわばらせていた。

ジュンモ「おい、タク・イェジン」
イェジン「…。」
ジュンモ「お前、2ルームって何だよ。そこまでしなきゃダメか?」
イェジン「言ったでしょ。私が事故起こしたんだから、自分で後始末するって」
ジュンモ「こんなの後始末かよ?」
イェジン「これ以上気まずくないようにね」
ジュンモ「お前がこんなことする方がずっと気まずいぞ」
イェジン「私がここにいることだって、気まずいのは同じでしょ」

ジュンモは小さく溜息をついた。「それもそうだな」

「好きにしろ」ジュンモはあっさり背を向けた。

イェジン「…。」

+-+-+-+

カッとして部屋に戻ってしまったものの、どうにもたまらず、彼はすぐ部屋のドアを開ける。
リビングには誰も居ない。
彼女の部屋のドアを開いても… そこに彼女の姿はなかった。

「兄貴」イェジュンが出て来て言った。「姉さん、また出て行ったみたいだけど」

ジュンモ「…。」
弟「そんなに酷い喧嘩だったんですか?」

+-+-+-+

朝になった。

イェジンは昨日の服装のまま、デスクで眠っている。
やって来たタジョンが言った。「何か被せるもの持って来ます」

イェジンはそっと目を開けると、目の前のタジョンを眺め、また目を閉じる。
タジョンは小さなタオルを持って来ると、イェジンの顔に被せた。

イェジン「あんた何してんの?」
タジョン「隠してあげたほうがいいと思ったんです」
イェジン「…。」
タジョン「…顔を。恥ずかしいかと思って」

タオルを投げ捨て、イェジンはハッと体を起こす。「今何時?!」

+-+-+-+

ここで一旦区切ります。

 - プロデューサー