韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

2weeks(イ・ジュンギ)6話シーン対訳or日本語訳

      2013/09/04

イ・ジュンギ主演「TwoWeeks(투윅스)」6話より

いやー。泣きました。ボロ泣き。
スジンを見ていると心の底から浄化される気がするし、スジンを助けようとテサンがこれだけ必死になる気持ちにも同化してしまいますね。

1520

細マッチョ!細マッチョ!ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ

では、いくつかシーンを対訳したり翻訳したり、気まぐれにやってみます。

イネとスジンに辿り着いた検察。捜査官が主治医の元を訪れた。

医師:
다시 한번 말씀드리지만 아무리 검찰청에서 오셨다고 해도 골수 기증자는 기밀입니다.
もう一度申し上げますが、いくら検察庁から来られたとしても、骨髄ドナーは機密事項です。

ト捜査官:
장태산이죠?
チャン・テサンでしょ?

医師:
!!!

ト捜査官:
임승우형사도 압니까?
イム・スンウ刑事も知っているんですか?

医師:

ト捜査官:
이것 장태산 사건 수사상 아주 중요한 문젭니다.
장태산이 서수진양의 골수 기증자인 거 임승우형사도 압니까?
これはチョン・テサンの時間の捜査上、大変重要な問題なんです。
チャン・テサンがソ・スジン嬢の骨髄ドナーであるということを、イム・スンウ刑事は知っていますか?

医師:

ト捜査官:

医師:
임형사는 몰라요.
イム刑事は知りません。

ト捜査官:
아…모른다.
그럼 장태산이 죽으면 아이도…!
아이도 죽는 겁니까?
あぁ…知らないと。
ということは、チャン・テサンが死ねば、子どもも…!
子どもも死ぬんですか?

+-+-+-+

銃を受け、川に転落したテサン。
彼を助けたのは、2005年、彼がどうしても殺せなかった対抗組のボス、ハン・チグクだった。

チグク:
네놈 덕에 살아난 한치국이다.
お前のおかげで生き延びたハン・チグクだ。

テサン:
그 때 그렇게 살아져서 여기서 이렇게 사신 거에요?
あのとき生き延びて、ここでこうして暮らしていらっしゃるんですか?!

チグク:
그 때 왜 안 죽였어?
あのときなぜ殺さなかった?

テサン:

チグク:
그걸 물어볼려고 너 데리고 온거야.
안 그랬으면 물 속에 잡혀 가버렸어.
それを聞きたくてお前を連れて来た。
そうじゃなきゃ水の中に放っておいたろう。

テサン:

チグク:
맨날 며칠 테레비전에서 네 소식 시끄로워서 한눈에 알아봤어.
나 그거 궁금해서 (?) 줄 알아았어.
그 때 왜 안 죽였어?
このところ毎日テレビでお前のニュースが騒がしかったから、一目で分かった。
おれはそれが知りたくて(?)

テサン:
…엄마 때문에요.
…母のためです。

(子どもの頃。家に帰ってくると、母が自ら命を絶っていた。手首から流れる大量の血)

チグク:
네 어머니가 널 두고 자살헸어?
母さんがお前を残して自殺したって?

(うなずく)

チグク:

テサン:
그 때 그 피.
그 피 냄새.
아직도 잊을 수가 없어요.
あの時の、血…。
血の匂い…・
まだ忘れられません。

チグク:
그럼 그 여자 어떻게 죽였어?
같이 살던 놈까지.
피가 그렇게 무섭단 놈이?
それなら女を殺したのは何故だ?
一緒に住んでた奴まで。
そんなに血を怖がってる奴が何故?

テサン:
마,만석이도 내가 죽였대요?
マ、マンソクも俺が殺したって?

チグク:

テサン:
아닙니다.
저 아무도 안 죽였어요.
違います!
俺は誰も殺してない!

チグク:
그럼 누가 죽여?
それなら誰が殺した?

テサン:
문일석이요.
ムン・イルソクです。

チグク:
!

テサン:
문일석이 죽이고 저한테 누명 씌운 거에요.
ムン・イルソクが殺して、俺に汚名を着せたんです。

チグク:
문, 문일석?
ムン・イルソク?

テサン:
예.
처음에는 누명만 씌우려 했는데 이젠 저 죽이려고 해요.
도대체 문일석하고 오미숙이 무순 관계인지 저 잘 모르겠는데,
미숙이가 디카로 뭔가 찍은 것 같아요.
근데 걔가 그걸 저한테 맡겼는데…
はい。
最初は汚名を着せただけだったんだけど、今は俺を殺そうとしてるんです。
一体ムン・イルソクとオ・ミスクがどういう関係なのか俺には分からない!
ミスクがカメラで何か撮ったみたいなんです。
それをあいつが俺に預けたんだけど…

(ムン・イルソクと関係があることを知り、突然テサンに出て行けと言い始めるチグク。出口に無理やり連れて行かれそうになったテサンは…)

テサン:
난 문일석한테 죽어요!
그럼 우리 수진이가!!!
俺、ムン・イルソクに殺されるんです!
そしたらスジンが!

チグク:

テサン:
여기 제대로 소독했어요?
나 여기 상처가 곱나면 수진이 죽어요!
(傷のことを思い出し)ここ、ちゃんと消毒しました?
傷が化膿したらスジンは死ぬんです!

チグク:
수진이가 누구야?
네 가지야?
スジンとは誰だ?
お前の女か?

テサン:
…제 딸이에요.
…僕の娘です。

チグク:
딸?
娘?

+-+-+-+

イネ周辺を捜査中のト捜査官から、チェギョンに報告の電話が入る。
スンウがテサンを撃った時、誰かがパチンコで邪魔をしたが、ムン・イルソク周辺人物に心当たりの男がいないというチェギョン。
電話途中から…。

ト捜査官:
검사님, 일단 제 얘기부터 들으시죠.
그 서인혜씨가 임승우형사 약혼녀랍니다.
検事、ひとまず僕の話から聞いてください。
ソ・イネさんはイム・スンウ刑事の婚約者だそうです。

チェギョン:
그게 무슨 말이에요?
임승우 약혼녀가 장태산 왜 찾아와요?
それどういう意味です?
イム・スンウの婚約者がチャン・テサンをなぜ訪ねるの?

ト捜査官:
서인혜씨 딸 생부가 장태산이거든요.
ソ・イネさんの娘の実父がチャン・テサンなんですよ。

チェギョン:
…방금 뭐라고 했어요?
장태산한테 딸이 있다구요?
…今、何て?
チャン・テサンに娘がいたって?

ト捜査官:
네.
근데 장태산의 딸 엄마인 서인혜씨가 현제 임승우형사의 약혼녀랍니다.
えぇ。
ですが、チャン・テサンの娘の母であるソ・イネさんが、現在イム・スンウ刑事の婚約者だそうなんです。

チェギョン:
…어떻게!
임형사 알고 있었군요. 장태산하고 서인혜 관계.
그래서 그렇게 감정적으로 장태산 쫓은 거야.
…そんなことって!
イム刑事は知ってたのね、チャン・テサンとソ・イネの関係を。
それであんなに感情的になってチャン・テサンを追ってたんだわ。

ト捜査官:
그거 말고 더 있습니다.
それ以外にまだあるんです。

(ここで少しだけやり取りが省略されています)

チェギョン:
…골수이식?
이제야 탈주의 이유를 알겠네.
그러니까 미숙인 죽여 놓고 지 새낀 살렬려고 탈주했다 이거죠.
…骨髄移植?
これで脱走の理由がわかったわね。
つまり、ミスクは殺しておいて、自分の子どもを助けるために脱走したってことでしょ?

ト捜査官:
26일 골수이식 날인데 장태산이 골수를 안 주면 꼬마도 죽는댑니다.
26日が骨髄移植の日なんですが、チャン・テサンが骨髄をあげないと子どもも死ぬそうです。

チェギョン:
그걸 알면서도 임형사는 장태산을 쏜 거에요?
それを知っていながらイム刑事はチャン・テサンを撃ったの?

ト捜査官:
아뇨.임형사는 골수기증자가 누군지 모른답니다.
いいえ。イム捜査官は骨髄ドナーが誰なのか知らないそうです。

チェギョン:
근데 엄마는 왜 말 안했지?
임형사가 자기 딸 살려 줄 애 아빠 쭟는 걸 알 텐데?
けど、母親はなぜ言わないのかしら?
イム刑事が娘を救ってくれる実父を追っているのはわかっているはずなのに。

ト捜査官:
혹시 장태산하고 연락하고 있는 게 아닐까요?
ひょっとして、チャン・テサンと連絡を取っているんじゃないでしょうか?

チェギョン:
도(?)사님, 당장 담당 의사한테 다시 가서
임형사한테 말 못하게 입단소 시키세요.
임형사 알면 경찰에도 알게 될 거고 경찰에 (?) 문일석이 알게 되면..
ト捜査官、いますぐ担当医師のところへ戻って、
イム刑事に言わないように口止めしてください。
イム刑事に知られば警察にも知れるし、警察に情報提供者のいるムン・イルソクに知れたら…

ト捜査官:
아이가 위험해질 수도 있겠군요.
子どもが危険になるかもしれませんね。

チェギョン:
의사 만나고 바로 부장님 만나세요.
医師に会ったら、すぐ部長に会ってください。

#この会話、惚れ惚れしたので書き出しました。
検察の会話はいいですなー。勘が良くて無駄がなく。

+-+-+-+

一旦捜査本部を後にしたスンウ。
テサンを撃った場所に戻り、携帯電話のスジンの写真を見つめた。

それは、スジンがまだ元気だったある日、キャンプ道具を両手にスジンを訪ねたスンウは…?

スンウ:
수진이한테 자랑할려고 들고 왔지!
수진아, 아저씨 그 캠핑장비 준비한 거 봐라.
スジンに自慢したくて持ってきたんだ~。
スジン、おじさんがキャンプ道具を用意してきたぞ!

スジン:

(浮かない表情)

スンウ:
아이 표정이 왜 그래?
(そばにいた店員に)なんでこんな顔してるんだ?

(店員が指を差した先には1枚のポスター。”お父さんと一緒の子ども美術大会”)

スンウ:
우리 그림 잘 그리는 서수진양!
거기 가고 싶어서 그렇구나.
絵のうまいスジン嬢!
ここに行きたくて憂鬱なんだなー

スジン:

スンウ:
언제야?
아저씨가 뭐 휴가하루 내면 되지 뭐.
아이, 이거 오늘이네.
いつだ?
おじさんが休暇とればいいだろ。
あぁ… (ポスターを見て)今日だな。

スジン:

スンウ:
아… 저기 가자. 저기 가지, 뭐.응?
行こう!あそこ行こう!な?

スジン:
이거 아빠랑 가는 거에요.
아저씬 아직 아빠가 아니잖아요.
진짜 아빠는 죽고…
これお父さんと行くところなの。
おじさんはまだお父さんじゃないでしょう?
本当のお父さんは死んじゃったし…。

スンウ:
그러게.
아저씨는 아직 아빠가 아니고 잔짜 아빠는 하늘 나라에 계시고.
그러네…
수진이가 너무 속상하겠네.
そうだな。
おじさんはまだお父さんじゃないし、本当のお父さんはお空の国にいらっしゃる。
そうだよな…。
スジン、悲しいだろうな。

スジン:
할 수 없죠, 뭐.
캠핑도 좋아요.
仕方ないよ。
キャンプも好きだし。

スンウ:
그럼 이렇게 하면 어때?
저기에 아저씨랑 같이 가고 아빠를 그리는 거야.
それならこうするのはどうだ?
そこへおじさんと行って、お父さんの絵を描くんだ。

スジン:
아빠 얼굴도 몰는데?
お父さんの顔も知らないのに?

スンウ:
네가 그리면 그게 아빤 거지.
수진이 마음 속에 계시는 거니까. 응?
お前が描けばそれがお父さんだろ?
スジンの心の中にいらっしゃるんだから。な?

スジン:
아지씨가 누구냐고 그러면요?
おじさんのこと誰?って聞かれたら?

スンウ:
나? 나는 보디거드.
俺?俺は、ボディーガード。

スジン:
^^

スンウ:
수진이 아빠 심부름으로 수진이 데려다 주는 보디거드!
スジンのお父さんに頼まれて、スジンを連れて来たボディーガードさ!

スジン:
보디거드?
ボディーガード_

スンウ:
그럼! 엄마가 일박이일 동안 교육 받는 동안 수진이 지킬 약속했으니까 보디거드지?
そうさ!お母さんが一泊二日で研修を受けに行ってる間、スジンを守るって約束したから、ボディーガードだろ?

スジン:
엄마하고 결혼하면 아빠라고 할 거에요.
お母さんと結婚したらお父さんって呼ぶね。

スンウ:
진짜?
진짜?!!
좋다!!!
ホント?
ホントに?!
いや~嬉しいな!!!

1521

スジン、おじさんと二人でお出かけするからオシャレさせてもらってるんでしょうね。
そう思っただけでジーンとくるよ。。。

+-+-+-+

スジンは誰もいない病室で一枚の写真を見つめていた。

スジン:
승우아저씨는 엄청 좋은 아저씨야.
아빠 대신 모든 건 다 해 주고 엄청 잘해 주고.
엄마만 보면 해해해 웃기만 해.
엄마 엄청 좋아해.
スンウおじさんはホントにいい人だよ。
お父さんの代わりに何でもやってくれるし、すごく優しくしてくれるの。
お母さんの顔見たら、へへへって笑ってばかり。
お母さんのこと、すごく好きなの。

1523

スジン:
아빠 살아 있는 거 알았으면 엄마 좋아하지 말라고 했을 텐데.
아빠, 내가 아빠 살아 있는 거 어떻게 알았는지 알아?
이 사진 보고 그런 거야.
승우아저씨랑 결혼하기로 한 날 엄마가 이 사진을 찢어서 버렸어.
근데 진짜 죽은 사람 사진은 안 찢고 태워놓은 거거든.
드라마 보면 그래.
근데 아빠는 엄마한테 무슨 잘못을 한 거야?
엄마는 내가 아빠 일을 물어보면 그날밤에 꼭 울어.
아빠가 너무 미운가 봐.
그래도 난 아빠가 좋아.
お父さんが生きてるって知ってたら、お母さんのこと好きにならないでって言ったのにな。
お父さん、お父さんが生きてるって、どうして分かったと思う?
この写真を見て思ったの。
スンウおじさんと結婚することにした日、お母さんはこの写真を破って捨てたの。
だけど、本当に死んだ人の写真だったら、破かないで捨てるでしょ?
ドラマ見てるとそうだもん。
だけどお父さん、お母さんにどんな悪いことしちゃったの?
私がお父さんのことを聞いたら、お母さん、その夜必ず泣くの。
お父さんのことすごく憎んでるみたい。
それでも私、お父さんのこと好きだよ。

(スジンは笑って写真のテサンの顔を撫でた)

+-+-+-+

無残に穴の空いたシャツや靴を川辺に残して偽装し、テサンは死んだのではないかと警察に判断させるチグクおじさん。
テサンを匿ったせいでムン・イルソクに殺されたくないから、もう出て行けとテサンを突き放す。
自分に突きつけられたナイフを奪い、チグクに覆いかぶさったテサンは…

テサン:
あの時会長(チグク)を刺していたら、こんなザマにはならなかったのに…
そうでしょう?

チグク:
・・・。

テサン:
俺、分かっててやられたんじゃありません。
イネのために… ムン・イルソクの代わりに監獄に行かなきゃ、イネを殺すって言うから…
知ってるでしょう?ムン・イルソク。殺すと言ったら殺すヤツだって。

チグク:
・・・。

テサン:
おじさん、生きることに意味なんてないって言ったでしょう?
それでも、犬死にするのは嫌だって言いましたよね。
俺だってそうです。
生きる意味がなくて… 何の意味もなくて…
ムン・イルソクのせいでイネと別れて、
今日死んでもいいし、明日死んでもいいし、ずっとそうやって生きてきたけど、
俺、あのとき(8年前)、イネのこと以外何も考えてなかったんです。
スジンのことなんて考えてなかった。
ただ、イネだけ無事生きてくれって、イネにスジンがいたら、俺の母さんみたいに(重荷に)なるんじゃないかって…
スジンを殺せって手術室に押し込んで出て来たんです。
俺の手で1度殺した子を、2度殺すことなんて出来ません!
10日でいいんだ!!!
それも出来ないって言うんですか?!
手術室に入って、出て来れば、ムン・イルソクのところに行って死んでやるのに。
10日くらい匿ったからって、ムン・イルソクがおじさんのこと見つけて殺しますか?

チグク:
手術が終わったら、ムン・イルソクを訪ねて死ぬと?

テサン:
死ななきゃどうするんですか。
そのときは死んだって構わないんだ!

チグク:
・・・。

テサン:
俺みたいなやつ!
死ぬことはちっとも怖くない。未練なんかない!
けど、あの子を… 助けられずに死ぬのが、怖くてたまらないんです!!!

チグク:
・・・。

テサン:
倉庫で10日だけ…10日だけ…!隠れて過ごしますから!
飯はくれなくていいですから!!!

#最後の「밥은 안 줘도 돼요ーーー!(飯はくれなくてもいいですから!)」本当に本当に真に迫っていて、文字だけでこうやって書くのがもどかしいほどです。

+-+-+-+

病院でスジンの姿を見たテサン。(←訳しながら何度もリピしてその度にボロ泣き
イネに電話を掛ける。

イネ:
もしもし。

テサン:
随分心配したろ。

イネ:
はぁ…(安堵の溜め息)生きてたのね!
どうなってるの?銃で撃たれたって!

テサン:
撃たれたからって皆死ぬか?
俺は死なないって言ったろ。

イネ:
体は?体は?撃たれた傷は?

テサン:
大丈夫。治療した。
感染症も防いだし。

(ホッとして大きく息をつくイネ)

テサン:
言ったろ。
この約束は絶対に守るって。

イネ:
証拠を見つけて自首するって言ったよね。見つかったの?

テサン:
…見つかってない。

イネ:
それなら今自首するのよ!どこにいるの?

テサン:
自首したら俺は死ぬんだ。
だから…

イネ:
死なないように助けてくれる人がいるの。
私と結婚する人は刑事…

テサン:
留置場で殺されろところだったんだ!

イネ:
…え?

テサン:
それで脱走したんだ。手ぶらで自首は出来ない。
誰も信じられないし、誰も信じちゃダメだ。

イネ:
・・・。

テサン:
そういう奴にハメられたんだ。
俺は…。

イネ:
それ…どういうことなの?

テサン:
だから、死んだように偽装したんだ。
皆に俺が死んだと思わせておいて、今夜、フィリピン行きの船に乗る。

イネ:

テサン:
手術までに必ず戻ってくるから、心配するな。

イネ:
行かないで!
戻って来られなかったら…戻って来られなかったらどうするのよ!
ダメ、ダメよ、今どこにいるの?どこなのよ!

テサン:
…。
お前、スジンのこと助けたいんじゃないのか?

イネ:
何言ってんのよ!!!

テサン:
俺が退屈しのぎに脱走して、撃たれて隠れんぼしてるとでも思うのか?

イネ:
そんなことないわ…。

テサン:
それなら黙って待ってろ。
お前の結婚相手だけじゃない。誰にも!俺とスジンの話はするな。

イネ:
…。

テサン:
スジンを助けたかったら…。

イネ:
本当にその方法しかないの?

テサン:
俺は… スジンを救いたい。

イネ:
…。

テサン:
お前が信じようが信じまいが…。
そう… 死ぬとしても、スジンを救って死にたい。

イネ:
…。

テサン:
こんなザマで生きてて… ごめん。
スジンを…頼む。
(病室に)戻りな。

イネ:
ちょっと待って!

テサン:

イネ:
…スジンアッパ。

テサン:
!!!

イネ:
死なないで。

テサン:
…。

1522

+-+-+-+

今回は以上です。

ぐしゃぐしゃにボロ泣きさせておいて、すかさずムン・イルソクを出す脚本が憎い…。

とりあえず押さえておきたいのは、チェギョンがどこまでわかっているか。

テサンがスジンの実父である。
スジンの骨髄ドナーがテサンである。
スンウはスジンの実父がテサンであることを知ってるが、骨髄ドナーであるとは確認していない。
移植の日は26日で、テサンが行かないとスジンは助からない。
テサンとイネは連絡を取り合っている。
テサンを追手から助けているのは、ムン・イルソクが差し向けた誰かだ。
イネとスジンのことがムン・イルソクに知られたら危険だ。
娘に骨髄移植をするテサンが、言われるまま人を殺すだろうか?

まだいろいろあるとは思いますが、事実関係は出来るだけしっかり聞き取っておきたいですね~。
特に検察側のやり取りは^^

ではでは、本日も警察チーム一切無視の私でした(爆

 - Two Weeks