韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

SPY(スパイ:JYJジェジュン主演)15話あらすじ&日本語訳vol.2

   

JYJキム・ジェジュン、ユ・オソン出演、「SPY」15話。後半に進みます。

+-+-+-+

ヒョンテだけを乗せ、救急車が走り去った。
一人残されたソヌは電話を手に取る。「…ユンジン、今どこだ?」

194

「分かったわ」彼と連絡がつくと、ユンジンは車を大きくUターンさせた。

+-+-+-+

ウナはソヌの自宅に来ていた。
ウソクとヨンソがソファに並び、悶々と連絡を待っている。

ウナの電話が鳴った。「先輩、どうなりました?」
「…。」電話の向こうの声に、ウナは声を失った。

ウソク「何ですって?」

「…。」どう話していいものか、ウナが困って下を向いたそのとき、玄関の暗証キーを入れる音が聞こえたかと思うと、見知らぬ男が入ってきた。
ヨンソは思わず父にしがみつく。

ウソク「今度はまた何です?」
男「キム・ウソクさんでいらっしゃいますね。少し外へ出ていただけますか。お待ちの方がおられます」

「?」ウソクがウナを振り返ると、彼女は気まずそうに視線を逸らした。

+-+-+-+

ウソクが外へ出ると、停まっていた黒塗りのセダンのドアが開かれた。
彼がチラリと覗くと、中にいた男と目が合う。

チョン次長だ。

ウソクは車に乗り込み、次長の隣に座った。

次長「ご子息が逮捕されたという話はお聞きになったでしょう。状況がよくありません」
ウソク「全部私の過ちです。どうにかならないんですか?」
次長「キム・ウソクさんさえ腹をくくれば、方法がないわけじゃありません」
ウソク「それは何です?」
次長「30年前にパク・ヘリムに抱き込まれ、今まで定住スパイの仕事をしてきたと、そう自白なさればいいんです」

#だからさー ユンジンがスパイだったとか、ヘリムがスパイだったとか、そういうこといつの間に次長やジュンヒョクが知ってるのか。
そういうとこウヤムヤに進められると力抜ける。

次長「そうすればキム・ソヌは機密漏洩程度に軽く処理して差し上げますよ」
ウソク「…。」
次長「学のある方ですから、話の意味はお分かりになるはずです」

「…。」ウソクは頭を抱えた。
そのとき、次長の電話が鳴る。

次長(電話)「あぁ、何だ?何?逃げられたって?!」

ウソクがハッとして顔を上げた。「!」

+-+-+-+

バス停前に立っているソヌの前に、ユンジンの運転する車が到着した。
助手席に乗り込むなり、彼は口を開く。「ファン・ギチョルは?」
ユンジンはタブレットを彼に差し出した。

ユンジン「まだ近くよ。すぐ追いつけるわ」

「…。」ソヌが痛みにぎゅっと目を閉じた。

ユンジン「大丈夫?ひどい怪我なんじゃないの?」
ソヌ「掠っただけだ。何てことない。すぐ行こう」

車が走りだした。

+-+-+-+

チョン次長が国家情報院へ戻ってきた。
廊下へ入ってくると、先に戻っていたヒョンテが近づく。「次長」

次長「こいつ… キム・ソヌを取り逃したそうだな」

ヒョンテが苦笑いを浮かべる。
「チャンスをやったのに!」次長は舌を鳴らした。

次長「今度は辞職くらいでは済まんぞ」
ヒョンテ「はい。それは構わないんですがね。キム・ソヌがハードディスクを持って来たらどうなさるんです?」
次長「!」

次長が立ち止まり、ヒョンテを振り返った。「お前、取り逃したんじゃないな」
ヒョンテは大きく一つ、咳払いをする。「キム・ソヌはハードディスクを取り戻しに、ファン・ギチョル追って行きました」

ヒョンテ「もしハードディスクを持って来たら、なかったことにしてくださいますか?」
次長「!」
ヒョンテ「ハードディスクが見つかったら、埃一つ残さず綺麗さっぱり処理します。これ以降もし問題が起きたら、全部自分が引き受けます」
次長「事を大きくしてくれたな。12時間やろう。今回も失敗したら、キム・ソヌの家族は娘も含めて全員終わりだ。いいな」
ヒョンテ「…。」

次長が廊下を進んでいくと、ヒョンテはくるりと背を向け、反対側へと足を進めた。

+-+-+-+

古い工場が並ぶ寂れた区域へ入ると、ユンジンはそこで車を停め、タブレットの表示を確かめた。
「すぐ向こうよ」ユンジンが前方を指す。

車を降りると、二人はそれぞれ銃を手に目的の場所へと進んだ。
ユンジンが彼の前に立ち、建物の陰から向こうを覗く。
黒いバンが目に入った。

二人は2方向に分かれ、両側からバンに近づく。
同時に運転席にピストルを向けると、中は無人だった。

ソヌ「逃げたんだ」
ユンジン「…。」
ソヌ「そんなに経ってないから、きっと近くにいるはずだ」

二人は車に戻る。
来た時と違い、ソヌが運転席に座った。

ユンジン「落ち着いて、ソヌさん」
ソヌ「落ち着く?落ち着いていられるか?急いで追いかけなきゃ逃がしてしまう。家族全員傷つくかもしれないんだ」
ユンジン「それでも、どこへ逃げたのか考えて行かなきゃ。闇雲に出発して、見つけられると思う?この近くに潜んでるのか、車で移動したのか、私たち何も分からないのよ」

逸るばかりの心と、ソヌは懸命に葛藤していた。

ユンジン「それにソヌさんは怪我してるのよ。これ以上動くのは…」
ソヌ「母さんも!…母さんも怪我してるんだ」
ユンジン「…。」

「待てよ」ソヌが考えを巡らせる。「ファン・ギチョルの手下の中にも負傷者がいた」

ソヌ「怪我人が2人いたら、どこに行っても目につくはずだ。わざわざここへ来て車を捨てたってことは、近くに治療を受けられる場所があるってことだ」

彼は電話を手に取った。

+-+-+-+

国家情報院へ戻ってきたウナは、個人ブースでソヌからの電話を受けた。「あんた大丈夫?」

ウナ(電話)「あんたの家族、今…」
ソヌ(電話)「知ってる。そこでなんだけど、頼みがあるんだ」
ウナ「また?今度は何?」
ソヌ「俺が知らせる位置、半径3km以内の診療所。大きいところじゃなくて、外科治療が可能な場所を調べてくれ。それから、うちが持ってる資料の中で、近くで不法滞在者を相手に無免許で治療しているところ。全部リストアップしてくれ」

「ありがとう」ソヌはそう言って電話を切った。

+-+-+-+

196

すっかり夜になっていた。
暗い病院の廊下に人影が見える。

ホンランたちだ。

奥の部屋で、ヘリムとジョンホが治療を受けていた。

治療を見守るキチョルの元へ、ホンランがやって来る。「先に出発する予定ですか?」

キチョル「朝には出発しないとな」
ホンラン「これ以上遅らせるわけにはいきません。もう随分遅れているんです」
キチョル「仲間が怪我したのに、捨てていくのか?」
ホンラン「…。」
キチョル「俺はまぁ、取り分が増えるから都合がいいが」

ベッドの上で苦しんでいるジョンホを、ホンランはチラリと見た。
そして、反対側にいるヘリムに視線を移す。

「終わりました」医師が言い、部屋を出て行った。
キチョルは手錠を手にヘリムに近づくと、彼女の腕とベッドを繋いだ。

キチョル「突飛なことでもされたら困るからな」
ヘリム「…。」
キチョル「ゆっくり休め」

+-+-+-+

店から買い物袋を片手にユンジンが戻ってきた。
「包帯と消毒薬を買ってきたわ、ソヌさん」車の中をのぞき込むと、ソヌはシートにもたれ掛かったまま、眠っている様子だ。
運転席に乗り込み、彼女は眠っているソヌの横顔をじっと見つめた。

思わず額に手を伸ばし、そこで躊躇う。「…。」
夢にうなされた彼の汗を拭った記憶が、彼女の中で甦った。

「大丈夫?もう2度目よ。一体どんな夢なの?」
「言ったろ。君が出てきたって」
「また冗談で誤魔化すんだから。家に帰って休めばいいのに」
「俺はここが楽なんだけど。誰かさんがいるから」

あのときは何の躊躇いもなく彼の汗を拭ったその手を、今はこれ以上伸ばせずにいた。

190

ユンジン「誰も傷つかずに済むとは思ってなかった。それがソヌさんでさえなければいいと…そう願ったのに」

ソヌの電話が鳴り始めた。
ユンジンはさっと彼から目を逸らす。「電話よ」
「ありがとう」彼は電話に手を伸ばした。

ソヌ(電話)「あぁ、ウナ。リストを送ってくれ」

+-+-+-+

ジョンホがベッドから起き上がった。

ヘリム「撃たれたのは初めてのようね」

ジョンホが上目遣いに彼女を見る。
頬の汗が光っていた。

191

ヘリム「私がいて良かったと思いなさい。私がいなかったら、あんたは治療も受けられずに捨てられたわ」

「!」ジョンホはいきなり立ち上がると、そばに置いてあった治療道具をひっくり返す。

ジョンホ「黙れ」
ヘリム「冗談だと思う?」
ジョンホ「!」
ヘリム「負傷者はお荷物よ。さっき見ていたら仲間たち、もうあんたを疎ましがっているようだったけど」
ジョンホ「…。」
ヘリム「気を抜いては駄目。しくじったら自分の取り分を受け取る前に死ぬわ」

そこへ足音が近づいてくる。
キチョルが入ってくると、向き合っている二人を見比べた。

キチョル「元気が出たようだな、ジョンホ同志」

「出てろ」そう言われ、ジョンホは上着を掴み、外へ出て行った。
キチョルは椅子を持ってくると、ヘリムのそばに腰を下ろし、手に持った黒い鞄を床に置く。
ヘリムの顔を見ると、ふっと笑う。「昔を思い出すな」

ヘリム「昔の何を?」
キチョル「瀋陽で、お前が爆弾をぶちまけたときのことだ」
ヘリム「…。」
キチョル「目が覚めたら、周りは真っ白で。地獄ってやつは白いのか… そう思ったが、病院だった」
ヘリム「…。」
キチョル「あのときお前、病院に来てたろ」

~~~~

あの爆発事件の後。
目の他は包帯でぐるぐる巻きにされ、キチョルは病院のベッドに横たわっていた。
「?」ベッド脇のカーテンに映ったシルエットに、彼は目を硬直させる。「!」

カーテンが揺れると、その隙間から黒い銃口が顔を出した。

キチョル「…。」

身動きできず、ただ呻くことしか出来ないキチョルを、キム・ソンへの目が静かに見下ろしていた。
「…。」しばらく見ていた彼女は、そのまま銃を下ろす。

192

~~~~

キチョル「最初は幻を見たのかと思った。俺を生かしておく理由がないからな」
ヘリム「…。」
キチョル「ところが、それからもずっと頭が混乱してた。教化所にいる間… 夢だったのか、現実だったのか、気になって死ぬことも出来なかった」

193

「ソンへ… お前だったのか?」じっと前を見据えたまま、キチョルは言った。

キチョル「あのとき病院に来たのは、お前だったのか?」
ヘリム「…そんな覚えはないわ。見間違いよ」
キチョル「なぜ殺さないのかと、なぜこんなに苦しめるのかと、そう訊いたろ。全部お前の過ちだ。俺を殺さなかったから」

キチョルは再び黒い鞄を手に立ち上がった。

キチョル「時間はもう少しあるから、寝ておけ」
ヘリム「…。」
キチョル「長旅になる」

キチョルが部屋を出て行くと、ヘリムは思い巡らせるように目を細める。「そう」

ヘリム「全部私の過ちよ。遅くなってしまったけど、そろそろ私のやるべきことをやるわ」

+-+-+-+

ウナのリストを頼りに、ソヌたちはある診療所の前に車を停めた。

ソヌ「ここは小さすぎる」

ユンジンは頷き、再びアクセルを踏む。
彼らはまた別の診療所前に辿り着いた。「ここは大通りの目の前だ」

「一体どこにいるんだ?」ソヌが苛立ちを募らせた。

ユンジン「落ち着いて。まだ日が昇るまでは時間があるわ。もう一周まわってみる?」

「ちょっと待って」ソヌはウナから送られたリストをもう一度チェックする。

195

『메스트병원(メスト病院)
逃走容疑。医師免許停止により、現在休業状態』

ソヌ「ここへ行ってみよう」

+-+-+-+

キチョルの手下たちが、こっそり廊下に集まっていた。
「これ以上先送りしないで、ここでやろう」ジョンホが言う。

ジョンホ「早く終わらせた方がいい」

「さっさとそうすりゃ良かったのよ」ホンランがニヤリと笑みを浮かべた。

+-+-+-+

ヘリムはベッドの下を覗き込んだ。
さっきジョンホがワゴンからひっくり返した道具が転がっている。
彼女は懸命に手を伸ばした。

#足を伸ばしゃいいのに。お上品なんだから

+-+-+-+

キチョルの手下の一人が病院の正面玄関を開け、外を覗いた。
誰も居ないのを確かめると、中から鎖で扉を封鎖する。
ロビーに一人でいるキチョルを横目に、彼はそのまま病院の奥へ向かった。

キチョルは手に持ったハードディスクをひとしきり見つめると、それを黒い鞄に戻した。
「?」ふと異変を感じ、ゆっくりと後ろを振り返る。
そこには彼の手下たちが勢揃いしていた。

197

+-+-+-+

病院へ向かいながら、ソヌはそこへ電話を掛けた。
何度も呼び出し音が流れるばかりで、応答はない。

無言で睨み合うキチョルたちのそばで、電話の鳴る音だけが響いていた。

+-+-+-+

ここでエンディングです。

ヘリムたちを手当てした医師に「ちょっと待って。もうすぐあと一人来るから」と無駄なことを呼びかけつつ、最終回へ進みまつ♪

 - SPY ,