韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

太王四神記22話vol.3(Youtube動画つき)

   

vol.2の後にある芸術的な戦闘シーンはすっ飛ばしますよ(^∀^ヾ

廃墟の町でホゲを追ってきた皐蘭族と戦い、その後、ホゲを追放したタムドク。
キドハリ族のトゥタイは、はじめから「理解力のありそうな若者」のように描かれていたので、
こんなことになってしまって残念です。

また、ホゲを殺さずに逃がしてしまったタムドクの甘さにも溜息…。
あそこで殺してしまったらそれはそれで「タムドクらしくない」のですが、
そのせいでチュムチを一度殺してしまうことになったのですから…。
ホゲが変わってしまったのは、自分が彼の母親を死に追いやったため。
それがずっとタムドクを縛っているんですね、きっと。

では、「体は大丈夫だが、心はそうではなさそうな王様」のシーンからです。
この前の動画部分はRIEさんの聞き取り記事<><>をご覧くださいね。※別窓で開きます。

どうぞ♪

<太王四神記22話より>

【失って分かるその存在の大きさ】

タムドクは、チョロからスジニについての報告を受けていました。
シーンと静まった天幕の中、タムドクの声が響きます。

以下、赤い文字がタムドク青い文字がチョロです。

찾았다고 ?
見つけたのか?

그렇습니다.
そうです。

그런데 ?
なのになぜ?

찾지 못한 걸로 해 달라 했습니다.
探し出せなかったことにしてくれと頼まれました。

그래서… 그냥 두고 온거야 ? 그녀 혼자 눠두고 .
だから…そのまま置いて来たのか?一人にしてやって。

그게 부탁이었어요.
頼まれたんです。

저에게… 임금님 곁에 가서 지켜 달라고.(動画ここから)
私に… 王様のおそばでお守りしてほしいと。

거기…그놈이 있었다는 데 다시 가도… 찾을 수 없는건가 ?
そこに…あいつがいた場所にまた行っても…もう見つけられないかな。

없습니다.
もういません。

이제…저도 찾지 못합니다.
もう…私も見つけられません。

(溜息をつき、スジニに託していた母の香水瓶を握り締めるタムドク)
(後ろで聞いていたコ将軍は、タムドクを一人にしてさしあげるようにと、チョロを促して出て行く)

+-+-+

この、落ち着き払った静かな雰囲気。余計にさびしさが募ります。
出かける前は「見つけられます」といっていたチョロが、今度は「もう私にも見つけられない」と。
この辺のチョロの第6感的なことがと~っても気になる私です。

———————————————————

【寒くないように…】

涙が枯れ果てるまで泣いたに違いないキハ。
その生気の抜けた彼女の髪に、変わらず降り注ぐ柔らかい日差しが余計に悲しみを濃くします。

彼女を呼ぶ声が。
いなくなってしまったサリャンの代わりに、彼女の身の回りの世話をすることになった人でしょう。
以下、赤い文字がキハ青い文字がそのサリャンの後継者です。

기하님.
キハ様。

キハが調べさせていたホゲの行方。
皐蘭族に包囲され、かろうじて逃げ延びた後、ある場所に身を潜めていることが分かったのです。

데려 올까요 ?
連れて来ましょうか。

네가 가겠다.
私が行くわ。

준비 시키도록 하겠습니다.
準備させるようにいたします。

(行こうとした彼の後姿に声をかけるキハ)

사량을…
サリャンを…

보내야 할텐데…
弔ってやらなければ。

장례 준비는 이미 되어 있습니다.
葬儀の準備はすでに整っております。

기하님이 되어 주시기만 하면 …
キハ様が見送っていただければ…。

… 땅을 더 깊이 파라 일러라.
土をもっと深く掘るように言ってちょうだい。

얕아서 추우면 안 되지.
浅くて凍えるといけないから…。

(涙を浮かべながら、最後の最後までキハのことだけを考え、
「生きてください」と言い残して死んでいったサリャンを思い出すキハ)

+-+-+

あうあうあう…
サリャンが死んだときよりもっともっと悲しいんですけどーー(涙涙
ムン・ソリさんの「悲しみのあまり精魂尽きた」演技が本当に素晴らしいです。

先日のNHK地上波では、このシーンがカットになってしまっていましたorz
どのシーンも重要とは言え、死んでいったサリャンをキハが想うこんないいシーンがカットだなんて…。

————————————————————–

【地獄まで一緒に…】

キハはホゲが身を潜めている屋敷を訪ねていました。
いや、もうすでに何日か行動を共にしているのかもしれませんね。
天に縛られる虚しさを知った二人のけだるさがいい感じ(笑

以下、赤い文字がキハ青い文字がホゲです。

하루만 더 가면 아불란사에요.
もう1日行けばアブルラン寺です。

모두들 기다리고 있을거에요.
みな待っているでしょう。

불에 신녀와 그 신녀가 모시는 분을…
火の神女と、その女がお連れする方を。

나… 그대에게 아무것도 해 줄 수 있는 게 없어.
私は…そなたに何もしてやれることがない。

이렇게 무력한 사내가 되었어.
こんなに無力な男になってしまった。

내 아버지에게 독약을 준 여인하고 같이 있으면서,
我が父に毒薬を渡した女と一緒にいながら、

화도 못내는 그런 사내야.
怒ることさえ出来ない…そんな男だ。

나에게도 이제 남은 게 아무것도 없어요.
私にももう何も残ってはいません。

나보다 소중했던 모든 것들을 다 잃었어요.
自分より大切だったものを全て失いました。

다 잃고보니 … 이제 알겠네요.
何もかも失くしてみて…やっとわかりました。

(ホゲに向き合うように傍に腰を下ろすキハ)

아직도 모르겠어요 ?
まだ分からないのですか?

하늘은 우리같은 거 안중에도  없어요.
天は我々のようなものは眼中にないのです。

하늘이 보고 있는 건 … 오직 한 사람.
天が見ているのはただ一人。

그 한 사람이 얼마나 하늘의 시험을 잘 통과할 수 있는지,  그건만이 중요하죠.
そのたった一人がどれだけ天の試練を乗り越えられるか、それだけが大切なんでしょう。

그대와 나…우리는 그 시험을 치르는 데 쓰인 장작일 뿐이에요.
そなたと私…われわれはその試験を執り行うのに使われる、ただの「薪」です。

그자를 (?? 치르)기 위해 필요했던(불?) …
あの人を鍛錬するために必要だった(火?)…

거기에 던져진 장작말인가 ?
そこへくべられた薪だということか?

난 그 하늘과 싸울 생각이에요.
私はその天と戦いたいのです。

더 이상 하늘이 땅의 사람들 간섭하지 못하게 … 그렇게 할 거에요.
これ以上天が地上の人々に干渉できぬよう…そうするつもりです。

그렇게 하면 우리에겐 무엇이 남지 ?
そうしたところで我々に何が残る?

하늘이 떠나고 나면 사람이 남은 이 땅은 그대로 지옥 될지도 몰라.
天が見はなせば、 人間が残ったこの世は、そのまま地獄となるかも知れない。

난 사람을 믿지 않아.
私は人間を信じない。

내자신을 보면 알 수 있거든 .
自分自身を見てよく分かったんだ。

어디까지 (??)고 잔인해질 수 있는지.
人がどこまで 卑劣で残忍になれるか…。

지옥이라도 좋아요.
地獄でも構わないわ。

작어도 내 운명을 내가 만들어 갈 수는 있을테니까…
少なくとも、自分の運命は自分で作っていくことができるから…。

(そういってホゲを見つめ、手を差し出す)
(その手にそっと自分の手を重ねるホゲ)

——————————————–

さあ、皐蘭から太王タムドクの帰還です。
砂煙を巻き上げながら大軍が馬でやってくる光景、壮大な音楽、コムルの記録係の声…
いいですよね~。

多くの皐蘭の難民や遊牧民を引き連れ、近隣に圧力をかけるために遠回りして帰るタムドク。

国内の反乱が収束し、皐蘭との関係も築き、高句麗黄金時代の到来でしょうか。

貴族たちの私兵を廃止し、全ての軍を王直属とし、法律も整備するなどし、国力増強につとめました。

その後、ヨン・ガリョの屋敷を訪ねるタムドクと、お供をするチョロの姿がとても印象的ですね。
本当はお酒が好きなチョロ役のイ・フィリップくん。
お酒を勧められたときの「超ビミョー」な顔が出来なくて苦労したそうです。
子どもがそのまま大きくなったようなチョロのこの表情、とても素敵!
そして、スジニの頼み、「一人きりにさせずに、さっと着いて行ってあげる」 のを守っていることも。


 - 太王四神記 ,