韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

太王四神記最終回vol.7(Youtube動画つき)

   

太王四神記最終話、クライマックスです。

チュシンの王の心臓を手に入れようとする大長老と、
そうはさせまいと力の限り抵抗するキハ。

渾身のせめぎ合いが続きます。

ではどうぞ。

<太王四神記24話vol.7>

(動画5分くらいから)

赤い文字がタムドク青い文字がスジニです。

가하야…제발 멈춰 봐.
니가 못하면 내가 해야 돼.

キハ…どうかやめるんだ
そなたが出来なければ私が止めねばならない…。

(天弓をキハに向けるが、しばらく考えて下ろすタムドク)

언니를 막아 주세요.
더 늦기 전에요.

姉さんを止めてください。
もっと手遅れになる前に…。

(スジニの方を振り返るタムドク)

이제 알았어.
내가 무엇을 해야 하는지…

これで分かった。
私が何をするべきなのか…。

(もう一度キハの方を向くタムドク)

내가 널 믿지 못했어.
私はそなたを信じることが出来なかった。

기하야…내가 잘못했어.
キハ…私が悪かった。

사람은 누구나 잘못할 수 있는거야.
人は誰でも間違いを犯す。

하늘에 그 말을 해야겠어.
天にこう言わなければ…。

이게 사람이라고…
これが人間だと。

잘 못한 것이 있으면 뉘우치고 ,
間違いがあれば悔い改め、

모르는 게 있으면 배워가는 게 사람이라고…
知らぬことがあれば学ぶのが人間だと…。

하늘이 우리에게 묻고 있는거야.
天は私たちに問うているんだ。

너희들 스스로 설 수 있겠냐고.
そなたたちは自らの力で立つことができるのかと。

아니면 하늘의 힘으로 다스려 줘야겠냐고…
それとも天の力で治めてやらねばいけないかと。

그 질문에 답을 하는게 쥬신의 왕이었어.
その問いに答えるのがチュシンの王だったんだ。

그게 쥬신의 왕이로서 해야 할 일이었다고…
それがチュシンの王としてやるべきことだった…。

이게 내 대답이야.
これが私の答えだ。

난 사람을 믿어.
私は人を信じる。

결국엔 쥬신의 나라가 이길거라고도 믿어.
最後にはチュシンの国が勝つことも信じる。

+-+-+

う~ん、う~んorz
言いたいことが山ほどあるこのシーン。
仕方ないとは思っても…。

タムドクの「人間」についての下りや、それに答えるのがチュシンの王の役割だっていうのはとても理解できるんですけど、全てが中途半端で残念です。
三神はあの場に揃ってほしかった。
アジクの血で神器が目覚めたようになってたのは結局「???」
そして、その前の戦闘シーンがめちゃくちゃリアルで素晴らしかっただけに、黒朱雀の特撮が残念で仕方ないですわ…。

また、タムドクがキハに言った「そなたを信じることができなかった」については、映像に出来なかった元々の台本にそれに関連のあるシーンがあります。
その辺だけでも今後訳して載せますね。

 - 太王四神記 ,