韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

SPY(スパイ:JYJジェジュン主演)4話あらすじ&日本語訳vol.2

   

JYJキム・ジェジュン、コ・ソンヒ出演、「SPY」4話。後半に進みます。

+-+-+-+

ウソクがレンタカーのハンドルを握り、助手席でヘリムがGPS追跡装置を睨む。
二人は一旦帰宅してから出掛けたソヌの後を追っていた。

ヘリム「この近くだわ」

大通りを外れ、脇道へ入ると、ソヌの動きが止まる。
彼らはソヌの姿を探し、キョロキョロと辺りを見回した。「どこ行ったの?あの子」
そこへ、車を降りたソヌが前を横切る。
彼らがそっと後ろを通り過ぎると同時に、ソヌはアパートから出てきたユンジンと寄り添って中へ消えた。

二人は少し行き過ぎたところで駐車場に車を停める。

ヘリム「事務所で待機するなんて言ったくせに、あの子に会いに来たなんて」
ウソク「行く前に恋人に会いたくなって、寄ったんだろう」

それでも納得出来ないのが母親だ。

ヘリム「それなら、家で温かいご飯を食べて、休んでから出掛ければ良かったのよ。諜報はそんな楽な仕事じゃないのに」

文句を言うヘリムの隣で頷いてやりながら、ウソクがせっせと機材を広げた。
ヘリムが適当にボタンを押してみるが、反応がない。「…。」
「…これだよ」ウソクがスイッチを入れる。

ウソク「…。」
ヘリム「久しぶりだからよ」

「カレーか」突然スピーカーからソヌの声が聴こえてきた。「!」

+-+-+-+

さっそくテーブルについたソヌは嬉しそうにスプーンを手に取った。「いい匂いだ」
「待って!」キッチンでユンジンが止める。「まだ食べないで。ちょっと待ってて」
彼女は小皿を持って来て添える。

ユンジン「ジャーン!これでOK。食べていいよ」
ソヌ「何でピクルス?キムチでいいのに」
ユンジン「何でキムチよ、ダサい!(ニッコリ)黙って召し上がって」

ソヌは小皿のピクルスを一切れ、フォークで突き刺して観察する。

ソヌ「これ、この間ピザ食べたときに残したやつだろ」
ユンジン「!」

「…違うよ」ユンジンは首を横に振った。

ソヌ「こうやって食べるつもりで、あのときピクルス食べないで取っておいたんだな」
ユンジン「デートらしいデートも出来ないんだから、こんなことでもして雰囲気だそうと思ったのよ。悪い?」
ソヌ「ピクルスが雰囲気と何の関係があるんだよ?」

#まさかピザの上に乗ってたヤツじゃないよね?別添になってたんだよね?Σ(゚口゚;

「雰囲気のいいレストランだったら、みんなこうやってピクルス食べてるもん」そう言ってユンジンは拗ねたように俯いた。
「はぁ、ダサいんだから」ソヌは彼女の頬をつねって微笑む。

ユンジン「黙って食べてよ」
ソヌ「はい、いただきます」

「そうだ」ユンジンがふと思い出す。

ユンジン「お母さん、あなたがカレー嫌いだって思っていらっしゃたけど」

「俺が?」ソヌが驚いて顔を上げた。

ソヌ「カレー嫌いなのは母さんなんだけどな」

+-+-+-+

「あなた!ソヌは間違いなくカレー嫌いだったわよね?そうでしょう?」ヘリムが夫に訴える。

ウソク「…あぁ、そうだったような気がするけど、年を取れば好みも変わるだろう?」
ヘリム「それならそう言うべきよ!」

+-+-+-+

「二人で店でも出す?」皿を空っぽにするとソヌが言った。「メニューはカレーだけ」

ユンジン「私の得意料理がカレーしかないからって、からかってるの?」
ソヌ「Oh、社長。勘が鋭いな」
ユンジン「(ソヌの頬をつねり)食べたもの出しなさいよ」
ソヌ「ヤダね」

ソヌの食べ終わった皿をユンジンがシンクへ運ぶと、ソヌが立ち上がった。「俺がやるって」

ソヌ「ご飯代払わなきゃ」

彼はシンク脇にあったビニール手袋をはめた。

ユンジン「(手袋が小さいので)そんなことしたら破れちゃう」
ソヌ「ピッタリだってば。こうやって捻れてるのを直せば…」
ユンジン「ダメよ、破れちゃうって」

彼女が取り上げようとすると、ソヌはからかって手を上に伸ばす。「取ってごらん」
そうやってふざけているうちに、ソヌは彼女の腰をさっと抱き寄せた。「捕まえた」

ユンジン「…。」

036

彼はそのままチュッと彼女に口づける。
彼女が微笑むと、二人は再び濃厚に口唇を重ねた。

+-+-+-+

静かな車内に、艶かしい音が響く。
ヘリムは思わずスイッチを切った。

#元祖イスラエル版『M.I.C.E』のティザーにあったセクシーシーンは、ここですね♥

ヘリム「…。」
ウソク「出てくるまで待とうか」
ヘリム「…そうね」
ウソク「…。」
ヘリム「…ダメだわ。任務だから、全部聞かなきゃ」
ウソク「そうだな。その方がいい」

スイッチを入れると、再び聴こえてきた音に、ヘリムは即座にまたスイッチを切る。
「ちょっと風に当ってくるよ」気まずい空気に、ウソクはたまらず外へ出た。

ウソク「はぁ、あいつは全く…」

ふと振り返ったウソクは、突然向こうの角を曲がってきたソヌの姿に驚いて身を潜める。「!!!」
そこにはゴミ捨て場があり、ソヌはユンジンの家の家庭ごみを捨てにやって来たのだ。
一つ一つきちんと分別してゴミを捨てる息子の姿に、ヘリムはまた毒づいた。「家では何もしないくせに」

+-+-+-+

「あぁ、寒い!」部屋へ帰ってきたソヌに、ユンジンが彼の携帯を差し出す。「電話よ」
呼び出し音の鳴っている携帯の画面には「キム・ヒョンテ先輩」と表示されていた。
手が汚れていたため、彼は携帯を耳に当ててもらう。

ソヌ(電話)「もしもし、はい、キム・ソヌです。…場所、決まったんですか?えぇ、分かりました。今すぐ向かいます」

電話を終えると、彼はシンクで手を洗う。「ごめん、行かなきゃ」

ユンジン「…どこ行くの?」
ソヌ「会社。明日大事なことがあってさ。デカイ仕事だから、もうちょっと準備しないと」
ユンジン「危険な仕事じゃないの?内勤になったから、もう危険なことはないって言ってたよね?」

+-+-+-+

「あなた!」ヘリムが外にいるウソクを急いで呼び戻す。「これ、聞いてみて!」

+-+-+-+

ソヌ「危険な仕事じゃないよ。そういう仕事をする人は他にいるし、俺は事の成り行きを後ろで見ていればいいんだ」
ユンジン「だけど、どうなるか分からないじゃない!この前だって怪我したし。…行かなきゃダメ?」
ソヌ「俺には本当に大事な仕事なんだ。自分が責任持つって約束したから」

+-+-+-+

「!」二人の会話に、ヘリムは目を丸くした。

ヘリム「この子、ソヌがどこで働いてるか知ってるわね」
ウソク「…。」
ヘリム「私たちはことごとく騙しておいて、ユンジンには全部話してるみたい」
ウソク「落ち着くんだ。とにかく聞いてみよう」

ウソクがボリュームを上げた。

+-+-+-+

ソヌ「詳しいことは戻ってから話すよ」
ユンジン「こんなふうに行っちゃったら、次に連絡くれるまで気が気じゃないわ」

「ユンジン」ソヌは両手で彼女の肩を抱いた。「俺のこと信じるよね?」

ユンジン「そりゃ信じてるけど」
ソヌ「絶対に怪我したりしないから。約束する」

彼はユンジンの細い体をぎゅっと抱きしめる。「終わったらすぐ電話するよ」

ユンジン「…。」

+-+-+-+

「もう戻りなよ」外へ出てきたソヌが、見送りに来たユンジンを振り返る。
笑顔で手を振り、彼はヘリムたちの視界から消えていった。

ウソク「後を追おうか?」
ヘリム「待って」
ウソク「?」

ヘリムは録音された音声を巻き戻す。
「会社だよ。明日大事なことがあってさ。デカい仕事だから、もう少し準備しないと」さきほどのソヌの言葉が聴こえてきた。

ヘリム「どうしよう。大事なことっていうのが、もしファン・ギチョルと関係あるなら、ソヌが危ないわ」
ウソク「…。」

そこへ、ヘリムの携帯が鳴った。
発信者は「息子♡」と表示されている。

ヘリム(電話)「あぁ、ソヌ。どうしたの?何かあった?」
ソヌ(電話)「ううん、母さん。待ってないで、先に寝てくれって言おうと思って。仕事を全部終わらせて帰るよ。おやすみ」
ヘリム(電話)「分かったわ。疲れないように、休み休みやりなさいね」

愛する息子からの電話を切ると、ヘリムの目が逞しくなる。「消さなきゃ」

ヘリム「何があったとしても、ソヌを危険な目には遭わせられないわ。私たち、この仕事引き受けてよかったのよ。そうじゃなきゃ、こんなことも知らずにいたはずだもの」
ウソク「大丈夫かな」

ヘリムは夫の目を見て頷いた。

+-+-+-+

ソヌがやって来たのは、地下鉄の奥の「アジト」だ。

ソヌ「向こうが約束の場所に指定した場所がここです」

彼は地図をジュンヒョクに見せる。

ソヌ「昼間の市街地で、人通りが多いですね」
ジュンヒョク「それで?」
ソヌ「チョ・スヨンの安全を確保できません。とにかく時間だけでも調整し直したほうが…」
ジュンヒョク「さぁ、そこまで用心する必要はないと思うがな、俺は。周りをうちの要員たちが守ってるじゃないか」
ソヌ「それはそうですが…」
ジュンヒョク「ソヌさんもそこにいるんだし、そんなに人の多いところで殺そうとするか?」
ソヌ「…。」
ジュンヒョク「ビビるな。きっと何も起こらないさ。とりあえず接触させておいて、後から他の場所で捕まえろ」
ソヌ「主任、下手をすれば大変なことになるかもしれません」
ジュンヒョク「チョ・スヨンだって工作員だろう?自分の体は自分で守るさ」
ソヌ「…。」
ジュンヒョク「それにソヌさん。あのときも君に言ったはずだぞ。せっかく温いところへ来たんだから、もう少し高いところへのぼらなきゃな」
ソヌ「のぼるためにやってるわけじゃありません」
ジュンヒョク「そうか?ソヌさんの気持ちは分かるが、今は時間がないじゃないか」
ソヌ「…。」
ジュンヒョク「このまま進めるか、それとも、チョ・スヨンを表に引っ張りだすか。どうする?マスコミに晒すか?」
ソヌ「…。」
ジュンヒョク「黙ってこのまま進めろ。いいな?」

「ハッキリ言ったからな」ジュンヒョクは黙りこむソヌを残し、立ち去った。

ソヌ「…。」

#この人ホントにズルいよねぇ。
そもそもソヌが提案したのはもっと慎重な作戦だったのに、それを即刻却下して、この人が「金をエサにして捕まえろ」って言ったのに。
ソヌに責任取らせるくせに、作戦練り直そうって言っても取り合わないって、何それ。
むきゃーー 受け口め。

+-+-+-+

ジュンヒョクは次長と共に車で移動していた。

ジュンヒョク「先日の事件をまとめましたので、ご検討ください」
次長「(資料を適当にめくり)こんなものはまぁ、ソン主任が上手くやるから」

次長はさっと資料を脇にどける。「それより…」

ジュンヒョク「えぇ」
次長「無駄じゃないのか?本当に重要な件はまだ動き出してもいないのに」
ジュンヒョク「ヤツらがなぜ南へやって来たのか、よくご存知じゃないですか。あのブツのために決まってます。不安は消しておいたほうがいいと思いまして」
次長「先に動いて妙な噂でも立ったらどうする?」
ジュンヒョク「失敗したら責任を取る人間がいますので。表向きの理由もありますし」
次長「誰だ?あぁ、彼か。こんなふうに使い捨てるには惜しいんじゃないか?」
ジュンヒョク「人はおおぜいいますよ」
次長「いいだろう。上手くやれ」

+-+-+-+

翌日。

昼間の街中はいつもどおり多くの人々が行き来している。
交差点の一角に車を停め、ヘリムはGPS追跡装置でソヌの居場所を確かめ、緊張した面持ちで外へ出た。

#一応ツッコミますけど… ↓GPS探索機の画面、昨夜のユンジンの家と同じじゃないですか。
昨日と同じ場所に来たのかと思っちゃった。画像くらい差し替えようよ^^;

043

+-+-+-+

店を閉めているカフェの中で、ソヌの同僚たちが忙しく準備を進めていた。
「これ、全部本物のお金?」バッグに金を詰めながらウナが呟く。
ヒョンテがそのバッグの中にGPS発信機を入れた。「何だ?本物なら持って帰るか?」

階上ではソヌがスヨンのコートに隠しマイクをセットする。
「悪い予感がするんです」スヨンが落ち着かずに言った。「私にもし何かあったら…」
そのとき、ソヌの携帯が鳴る。

ソヌ(電話)「(中国語)準備出来たか?分かった。金はやるから心配するな

電話を耳に当てたまま、彼は待った。「電話に出てくれ、早く」
その後、彼は黙ってスヨンに電話を差し出す。

スヨン「何ですか?」
ソヌ「出てみてください」

わけのわからないまま、スヨンは電話を耳に当てた。
「…スヨン?」電話の向こうから、声が聴こえる。

スヨン(電話)「お母さん?!」
スヨン母(電話)「いきなり誰かが来て、お前から電話だって」
スヨン「…。」
母「何かあったんじゃないよね?何もないんでしょう?」

そこへ何か言いにやって来たヒョンテを止め、ソヌはスヨンを残して階下へ降りた。
頷くスヨンの目から涙が零れ落ちた。

037

スヨン(電話)「何もないわ。お母さんのことを思い出して、電話したんです」
母(電話)「こんなことしたらお金が掛かるだろう?自分の食事や服に使いなさい」

母は周りの人を気にし、声を潜める。「自分を一番に考えるのよ。私たちのことは心配しなくていいの」

スヨン(電話)「全部うまくいくから心配しないで。私たち家族、もうすぐ会えるわ」

「約束してもらったから…」そう言った瞬間、プツリと電話が切れた。「もしもし!もしもし!」
切れてしまった電話を見つめ、彼女はリダイヤルしてみる。「電源が入っていないため…

戻ってきたソヌがそっと声を掛けた。「大丈夫ですか?」
スヨンは立ち上がり、彼に携帯を差し出す。「ありがとうございます」

ソヌ「…スヨンさんが怪我することは絶対にありませんから、心配しないでください。もし危険になったら、僕が出て行ってスヨンさんを連れ出しますから」
スヨン「北にいる家族を必ず助け出すって、約束してください」
ソヌ「約束したじゃないですか」
スヨン「私だって工作員なんです。こちらのやり方は誰より分かってるわ。今回の作戦が少しでも失敗すれば、全部なかったことになるんでしょう?」
ソヌ「心配しないで。何事もないし、全部上手く行きますから」
スヨン「私は大丈夫だから、何があってもうちの家族は絶対に助けてくださいね。私はそれしか望みません」
ソヌ「分かりました。必ず助けます」

スヨンは頷き、ソヌが持って来たバッグを受け取った。「行って来ます」

+-+-+-+

カフェを出たスヨンが、まっすぐにスクランブル交差点を突っ切る。
向こう側へ渡りきったところで、彼女は立ち止まった。
そこが約束の場所だ。

「みんな集中して」各所に配置された要員のイヤモニターに、統制するソヌの声が響く。
彼のいるカフェの2階の窓からは、道の向こうに立っているスヨンの姿がよく見えた。

ソヌ「怪しい者がいたら、すぐに言ってください。作戦よりも人命確保が優先です。少しでも危険が起きたら、中止します」

信号が青になるたび、一斉に多くの人が交差点をあらゆる方向に行き来し、立っているスヨンのそばをひっきりなしに人が通り過ぎる。
怪しい人物を事前に見つけるのは至難の業だった。

ウナ「どうして来ないの?勘づいたのかな」

+-+-+-+

スヨンの携帯が鳴った。「もしもし」

「チョ・スヨン同志」電話の向こうから聴こえてきたキチョルの声は、もちろんソヌのイヤホンからも流れてくる。

039

キチョル(電話)「故郷に母親と妹が二人いるんだな」
スヨン(電話)「そ、そうですけど、急にどうしてそんなこと…?」

そのとき、車道を近づいてきた一台のバイクが、交差点の真ん中で突然大きく左へハンドルを切る。
四方からやって来た車が、バイクを避けようとして、次々とぶつかった。

「!!!」現場要員たちの視線が、一斉に交差点の中央に向かう。
「みんなその場から動くな!!!」ソヌは駆け出した。

「?!」電話を耳に当てたまま、驚いて交差点を見たスヨンの前に、不意に黒い影が現れた。

040

キチョルだ!!!

キチョル(電話)「彼らも皆、君が裏切った代償を払うことになるだろう」

「!!!」まるで時間が止まったように絶句するスヨンの前で、キチョルがゆっくりと電話を持つ手を下ろす。

+-+-+-+

交差点の玉突き事故現場には、周囲の通行人が一斉に詰めかけていた。
彼らの間をかき分け、ソヌはスヨンの元へと急ぐ。

スヨン「…。」

人混みをやっとのことですり抜けると、ソヌの姿を見た瞬間、スヨンはその場に崩れ落ちた。

+-+-+-+

「!!!」少し離れたところで見守っていたヘリムは、ソヌの前で突然倒れた女性に息を呑んだ。
その瞬間、電話が鳴る。キチョルだ。「!」

キチョル(電話)「ソンエ、今回は本当に失望したぞ」

「お前の息子が!!!」キチョルはそう叫び、手に持っていた銃を路地裏のゴミ箱に投げ捨てる。

#その前に一瞬映った持ち方や色で、たぶん銃だと思いますが、違っていたらすみません。

キチョル「たった今、お前の息子の手先を殺してきたところだ。約束は覚えているだろうな。もうお前の息子は俺のものだ!」

細い路地を抜けると、そこへ走りこんできた車に乗り込み、彼は姿を消した。

ヘリム「もしもし!もしもし!!!」

042

+-+-+-+

「救急車を呼んでくれ!」倒れたスヨンを抱きとめ、彼は叫んだ。
スヨンの口から、血がドクドクと流れる。
「大丈夫です」ソヌは懸命に彼女の手を握り、呼びかけた。「救急車が来ますから」

スヨン「家族!…家族を!」

041

+-+-+-+

ここでエンディングです。

今回も面白かったですねぇ。
夫婦の息子尾行が思いのほか楽しくて、息子の彼女に嫉妬するヘリムが可愛い。
そんな妻にちょっと引きつつ、刺激しないようにしてるウソクもリアルですわ。
緊迫していても、ところどころにこうやって和む要素を入れてくれると嬉しいです。

それにしても、おおぜいいる現場要員は、案の定、何の役にも立ちませんねぇ。
もう少しヒョンテ先輩がフォローしてくれると嬉しいけど、あんまりやると、そのうちソヌを庇って死んだりしそうで怖い…。

皆さん、長い記事にお付き合いいただいてありがとうございました。
ブログへのコメント、SNSでのリプライやシェア、他サイトでのご紹介、感謝します。

 - SPY ,