韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

太王四神記21話vol.1(Youtube動画付き)

   

さぁ、太王四神記21話です。
サブタイトルも、ものすごくワクワクする(笑)「崩れ行く大軍」!

荘厳な音楽と共に映し出される国内城。
そこにいるのはヨン・ガリョです…。


最安値に挑戦中! 2009年太王四神記カレンダー 特別価格 2,175円(送料込み!)

<太王四神記21話より>

【 ヨン・ガリョの決意 】

ヨン・ガリョは今までの罪を振り返りながら、陛下に手紙をしたためていました。
ある決意を胸に…。
常に冷静で聡明、それでも息子のためには何もかも投げ打つ男がだした決断です。

以下、全てヨン・ガリョの独白です。

이제 하늘은 폐하가 쥬신의 왕이라는 증고를  하나들 내 보이고 있습니다.
いまや天は陛下がチュシンの王である証拠を少しずつ示しています。

그런데 소신은 납득할 수가 없읍니다.
しかし、私は納得することが出来ないのです。

(役人たちに、百済の城を管理するのに必要な資料を渡し、説明するヨン・ガリョ)
(造船所に関する資料、物資に関する資料を渡し、検討するように言います)

하늘이 모든 것을 정하는 것이라면
天が全てを決めるのなら

우리 사람이 애쓰고 수고하는 이 모든 것은 무엇이란 말입니까 ?
私たち人間が努力する全てのことは何のためなのでしょうか。

하늘이 처음부터 쥬신의 왕을 정하셨다면
天が初めからチュシンの王を決めていたのなら、

그 근거 기준 무엇이란 말인지요.
その根拠と基準はどうなっているのでしょうか。

(ヨン・ガリョは神物が保管されている場所へやってきます)

저는 폐하께서 저를 믿고 주신 관력을 이용해
私は、陛下が私を信じて与えてくださった権力を利用し、

쥬신의 왕의 신물 기질 생각입니다.
チュシン王の神物をいただくつもりです。

그리고 그것을 내 아들에게 보낼 것입니다.
そして、それを息子に送ります。

하늘이 외에 밀었던 내 아들 호개는
天に見放された私の息子、ホゲは

이 신물의 힘을 사용할 수 없겠지만
この神物の力を使うことは出来ないでしょうが、

그래도 아들에게 말해 주고 싶습니다.
それでも息子にこう言ってやりたいのです。

이제 폐하께서 하늘 힘따위에 의지하실 수 없으시니
「もう陛下は天の力などに頼ることはできないから、

있는 힘을 다 하여 너 스스로 왕이 되어 보라고.
力の限りを尽くして、おまえ自身で王になってみろ」と。

그래서 이 땅의 사람들로 하여 그들의 왕을 스스로 성택하게 하라구요.
そして、この地の人々に、自分たちで王を選ばせるようにしろと。

(タムドクに返してもらった札を見張りの者に示し、建物の奥深くに入り、彼が手を伸ばしたのは…?)

(一方、天地神堂では、キハもまた大神官の地位を捨てようとしていました)
(ヨン・ガリョの屋敷をたずね、箱を受け取り、静かに頭を下げるキハ)

(一人になったヨン・ガリョは静かに屋敷へ入っていきます)

폐하께서 말씀하셨습니다.
陛下はおっしゃいました。

쥬신이라는 곳은 우리 배달족이 살아가는 온 누리라고…
チュシンは我々倍達族が生きていく全ての世界だと…。

폐하의 믿음을 쳐버린 불중한 소신 ,
陛下の信頼を裏切った私には、

그 온 누리를 볼 자격이 없을 것입니다.
その全てを見る資格はありません。

(かつて、毒を飲んで死んだ妻の祭壇の前に立つヨン・ガリョ)
(妻に乾杯したものは…?)

내 나라 고구려의 태왕 폐하,
わが国高句麗の王、陛下…

이제 와 생각해보니 소신은 쥬신의 왕을 기다린 것이 아니라
今思えば、私はチュシンの王を待っていたのではなく、

쥬신의 왕을 내 손으로 만들고 싶었던 것인가 봅니다.
チュシンの王を自らの手で作り出したかったようです。

(そっと椅子にこしかける)

예… 그랬습니다.
はい…そうだったんです。

+-+-+

「天が全てを決めるのなら、我々人間の努力は…?」
本当に彼の言うとおりです。
めちゃくちゃ納得した私(;^_^A

—————————————————————–

【 やることがあるの 】

スジニを見つけだしたチョロですが…、スジニに帰るつもりはありません。
いや、「戻りたい~戻れない~ 気持ちうらはら~♪」なのです。

임금님한텐 안 가.
王様のところには行かない。

그 분 옆엔 안 가.
あの方のそばには行かないわ。

못 가.
行けないの。

나 그냥 내가 할 일 할거야.
私はこのままやるべきことをやるわ。

할 일이 있다고 생각하게 해 줘.
やることがあるんだって思わせておいて。

누가 왜 날 불러 나는지 모르겠지만 나한텐 할 일이 있는거라고… 응 ?
誰が私を呼んでるのか知らないけど、私にはやることがあるんだって…ね?

+-+

そう言って足早に行ってしまうスジニの後姿を見るチョロの表情が、
とても切ないですね。

—————————————————————–

【1度目は失敗だけど2度目は…】

皐蘭との会談を前に、タムドクたちは出発を待つばかり。
人数や場所を皐蘭の指定にしたがうことが不満で仕方ないフッケ将軍は、タムドクに言います。

以下、赤い文字がタムドク青い文字がフッケ将軍です。

폐하, 제가 갔다오겠습니다.
陛下、私が行って参ります。

일곱명 데리고 제가 다녀올테니요.
7名を連れて、私が行って参りますから。

허락해 주십시오.
許可をくださいませ。

거추가.
将軍。

예,폐하.
はい、陛下。

나 이번 회담 성사시키지 못하면 이대로 군사를 끌고 국내성으로 돌아가야 돼요.
私は今度の会談を成立させることが出来なければ、このまま軍を率いて国内城へ帰らねばなりません。

이 땅에서 우리 오천 군사 데리곤 사냥밖에 할 수 있는게 없다구요.
この地で我々5千の軍を率いては、狩りぐらいしか出来ることはないでしょう。

무슨 말인지 알죠 ?
どういう意味か分かりますね?

(そこへヒョンゴが入ってきて、会談の場所や相手の状況などを報告します。)
(奇襲攻撃に備えて、軍の準備をするようフッケ将軍に指示するタムドク)
(コ将軍が入ってきて、出発の時間になったのを告げます)

(立ち上がって歩き出したタムドク。コムル村の若い青年の前で足を止めます)
(以下、緑の文字がコムル村の青年です)

자네가 가기로 했나 ?
君が行くことになったのか?

예, 임금님.
はい、王様。

위험해지면 내 뒤에 붙어.
危なくなったら私の後ろに隠れるといい。

겁 먹지 말고 정심만 똑바로 차리고 붙어 다니라고. 알았지 ?
怖がらないで、気をしっかり持って付いて来るんだ。いいね?

예.
はい。

(そこへ口を出すフッケ将軍)

아 , 폐하 ! 데리고 가시라면 칼을 쓸 줄 아는 놈을 하나라도 더 데리고 가셔야지,
あ、陛下!連れて行くなら刀を使える者を一人でも多く連れて行くべきでしょう、

이런 글( ?)이를 데리고 가서…
こんな記録係を連れて行くなんて…

내가 잘못하는게 있으면 기록을 해려야 다음에 되풀이 안 하죠.
私が間違いを犯したのを記録しておいてこそ 、また繰り返すのを防げるでしょう。

한번 하는 건 실수이지만, 두번 하는 건 죄 짓는 거라고…
一度目は失敗でも、2度目は罪になるって…

(スジニがそう言ったのを思い出すタムドク)

… 하던데요?
…だそうですよ。

—————————————————

【いざ、皐蘭との会談へ】

タムドクたち7人は皐蘭側が指定したアウセ平原の会場に到着します。
以下、コムル村の青年の記録より。

아우새 들판에 회담이 시작 되었다.
アウセ平原での会談が始まった。

태왕께서 거란 땅에 발을 들이지면서부터 꾸미고 혜안하신 작전대로  (이루어?)신 것이다.
太王は皐蘭の地に足を踏み入れたときから、準備して先を見通した作戦を遂行していた。

그 작전은 회담장 복쪽에서도 동시에 실행되고 있을것이다.
その作戦は会談場の北方でも同時に実行されていた。


ではでは♪

 - 太王四神記 ,