韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

花より男子韓国版21話あらすじvol.2&Youtube動画

   

韓国ドラマ花より男子 21話、後半に入ります。

ジュンピョもチャンディも、お互いの愛を守るために何の行動もとれないまま、どんどん進んでいく結婚話。
ホントならこのような場合、お邪魔虫的存在のチェギョンが反感を一手に引き受けるところなのですが、たしかに困ったちゃんなのは明らかだけど、批判する気にはなれません。

だってだって、「好きな人がいるの?」という質問にジュンピョがYesと言った事はあったにせよ、
誰もチェギョンにはっきり言ってあげない限り、チェギョンだって引けないじゃないですか。
親に認められた婚約者だし、好きなんだから。

ジュンピョとチャンディがグズグズして何もできないことのほうが遥かに悪い!
チャンディはチェギョンを傷つけたくなくて言えない部分が大きいはずだけど、残念ながらそれもあまり伝わってこない気がします。 

さて、そろそろホントに決着つけてくださいね(○ゝω・)b

花より男子韓国ドラマF4画像

では、どうぞ~。

<花より男子韓国版21話 動画 4>

一人、自宅で過ごすジフ。
彼が見つめているのは…チャンディと一緒に撮ったあの写真でした。
最初はぎこちない(←うまく言えない)表情だった彼も、写真をめくるごとに笑顔がこぼれ…
そして見ている私は逆に切なくなり…_| ̄|○

ふと思い出して席を立ったジフは、引き出しの中に大事にしまってあった小箱を取り出します。
母の形見の指輪が入った…

そっと箱を開き、もう一度指でなぞってみます。
チャンディと撮った写真と、指輪の箱を無造作に並べて置いたジフの胸のうちは…?

+-+-+-+-+-+-+-+-+

さて、結婚を早めるにしても早めすぎ(;^_^A 
チャンディたちはもう結婚式に向かう飛行機に乗っていました。

美しい景色の中を車で進む彼らですが…
ウビンの隣にも誰か美女を~~~!(;´∀`)

一人海をみつめるジュンピョの元へ、F3が到着します。

ウビン:
괜찮냐 ?
大丈夫か?

イジョン:
이런 날이…오기는 오는구나.
こういう日が…ホントに来るんだな。

ジフ:
잔디…같이 왔어.
チャンディは…一緒に来てる。

ジュンピョ:
이제 말이 된다고 생각하냐 ?
그 녀석한테 들러리 부탁한 몽키나…그건 받아들인 그놈이나…

あり得る話か?
あいつに介添人を頼んだモンキーも…それを受け入れたあいつも…

ジフ:
지금 제일 힘든 게… 누구라고 생각해 ?
今一番辛いのは…誰だと思ってるんだ?

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

そのころ、チェギョンも海を見つめていました。
そこへやってくるチャンディに気づき、立ち上がって抱きしめます。

チェギョン:
왔구나.
와 줬구나…
고마워.

来たのね。
来てくれたんだ…。
ありがとう。

ベンチに座り、チェギョンが口を開きます。

チェギョン:
나 알아.
준표랑 잔디…서로 많이 좋아한 거…

あたし、分かってるんだ。
ジュンピョとチャンディ…おたがい大好きだったって。

チャンディ:
언니…
お姉さん…!

チェギョン:
아니…지금도…많이 좋아하고 있는지도 모르겠네.
모르는 척해서 미안.
나 원래 그런 애 아닌데… 잔디한텐 좀 비겁했어.

ううん。今も…すごく好きなのかもしれないね。
気づかない振りしてごめん。
あたし、もともとそんな子じゃないんだけど…チャンディにはちょっと卑怯だった。

チャンディ:
아니에요.
제가 솔직하게 말 못해서.

そんなことないです。
私が正直に言えなかったから。

チェギョン:
그래.
안 한게 아니고 못 한 거잖아.
그리고…말했다고 하더리고 달라질 거 없었을 거야.
나… 준표 포기 못했을 거야.

そう。
言わなかったんじゃなくて、言えなかったんだよ。
それに…言ったとしても何も変わらなかったはずだわ。
あたし…ジュンピョを諦められなかっただろうから。

チャンディの手を握るチェギョン。

チェギョン:
나…자기가 너무 좋아.
세상에서 나한테 가장 소중한 두 사람을 꼽으라면…
구준표 금잔디라고 할 만큼…

あたし…あんたのこと大好きなんだ。
世界であたしにとって一番大切な人を二人選べって言われたら、
ク・ジュンピョとクム・ジャンディだって答えるくらい…

チャンディ:
언니…
お姉さん…

チェギョン:
그래서…정말 미안해.
잔디 맘 아프게 한 거…두고 두고 갚을게…
용서해 줘.

だから…本当にごめん。
チャンディを苦しめたこと…いつまでもその報いを受けながら生きていくよ。
許して…。

う~ん。本来なら泣かせるシーンなんだろうけど、
この二人は「あたしの介添人になってよ」のシーンの次がこれですよね。
自分の中でチェギョンの感情が全然つながらないんですが(¬_¬)

+-+-+-+-+-+-+-+-+

そして、F4はなぜかサッカーを始めましたよ(・∀・;)
とりあえずボムくんの足は良くなったようで、良かった良かった(笑

思いっきり走り回ってモヤモヤを吹っ飛ばそうぜってことですか?

黙々と乱暴なプレーを続けるジュンピョは、F3が呆れて座り込んでいてもまだ一人でボールを蹴り続けます。

ウビン:
야, 준표 ! 그만하고 들어와 !
너 그러다 쓰러진다 !!!

おい、ジュンピョ!もうやめてこっちへ来いよ。
そのうち倒れるぞ。

イジョン:
진짜로 쓰러지고 싶은지도 모르지.
倒れたいのかもな。

ウビン:
정말 저대로 그냥 ( 트여 ?) 되나 ?
ホントにああやってれば(気が晴れるのか?)。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

カウルは考え事をしながら菜の花畑を一人歩いていました。
彼女が思い出していたのは、ここへ来る前にウンジェと話したこと。

>>回想

カウル:
그 분이랑 어떻게 헤어지셨어요 ?
その方と…どうして別れたんですか?

ウンジェ:
글쎄…어떻게 헤어진 걸까요 …?
전에 나한테 고백해 봤냐고 물었었죠 ?
고백…했었어요.
십년도 넘게 혼자 쌓은 마음을…(꿍꿍 늘어?) 담아서
단 한번…용기를 냈어요.
발렌타인데이에.

そうね…どうして別れたのかしら…?
以前、私に「告白してみたのか」って聞いたでしょう?
告白は…したんです。
10年以上一人で募らせた思いが膨れ上がって…
一度だけ勇気を出したんです。
バレンタインデーに。

ウンジェ:
인연이었다면 내 진심이 통할 거라고 믿으면서
내 모든 걸 걸었던 것 같아요.

運命の人なら、私の思いが通じるはずだって信じて、
全てをかけてみたんです。

カウル:
그래서 어떻게 됐는데요 ?
それで…どうなったんですか?

ウンジェ:
그 사람한테…(닥치?) 못했어요… 내 마음이.
彼に…近づくことはできなかったんです、私の思いは。

ウンジェ:
참 신기한 게… 그러고나니까 마음이 싹 비워졌어요.
썰물이 빠져 나가 듯이…
그래. 여기까지구나…
그와 내가 비켜가는 그 순간이 손에 잡힐 듯이 느껴지면서
아주 오랫동안 고민했던 수학문제가 풀인 거 처럼… 개운해졌어요.

とっても不思議なのは…そうなってみたら心がさっと空っぽになったんです。
潮が引くように…。
そうよ。ここまでだったのね…って。
彼と私がすれ違った瞬間を手に取るように感じながら、
とても長い時間てこずった数学の問題が解けたように…すっきりしたんです。

カウル:
아프진 않았구요 ?
苦しまなかったんですか?

ウンジェ:
난 후회없이 다해 봤으니까 아프진 않더라구요.
그러니까 가을씨도 후회 남지 않을 때까지 다해 보세요.

私は後悔しないように最善をつくしたから…苦しみはしませんでした。
だからカウルさんも…悔いを残さないように頑張ってみてくださいよ。

>>回想終

そこへイジョンの声が。

イジョン「花畑で戯れるには、状況が緊迫しすぎてないか?」

<花より男子韓国版21話 動画 5>

美しい花の中を、カウルへと近づいてくるイジョン。

カウル 「こんな年齢で突然政略結婚なんて…ホントに現実でないみたい」
イジョン「俺たちの世界じゃそんなに驚くことじゃないよ」
カウル 「先輩も… こんな未来を当然のことと受け入れるんですか?」
イジョン「さあな… 。こんな未来もあんな未来も…そう違わないからな」
カウル 「どうして一度しかない人生なのに、そんな無責任でいられるんですか?!」
カウル 「先輩がそんなだから、誰も先輩のそばにいられないんですよ!」

冷めた目でカウルを見下ろすイジョン。

イジョン「もう俺の家族や… 俺の弱点が分かったつもりで偉そうにしてるのか?」

背を向け、立ち去ろうとするイジョンに、カウルは投げかけます。

カウル 「どうして行かなかったんですか?!」

意味が分からず、不思議そうに振り向くイジョン。

カウル 「3年前の… バレンタインデーに」
イジョン「…?!」

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

そして、チャンディとジフも…お花畑ではなくススキの野原をお散歩中(*^-^)

よろけたチャンディを支え、体が冷えているのを彼女の頬で確かめたジフは…
暖かい屋内へ連れて行きます。

ジフ:
오늘이 마지막일지도 몰라.
준표…잡고 싶다면… 시간이 없어.

今日が最後になるかも…。
ジュンピョを引き止めたければ… 時間がない。

何も言えず黙っているチャンディを振り返り…

ジフ:
널 알게 되는 후론…내가 바라는 건…하나밖에 없더라.
니가 행복해지는 거…더 이상 울지 않는 거…
교정에서 처음 봤던 날 처럼 …환하게 웃는 거…

君と知り合ってから… 俺が願うことはたった一つしかなかった。
君が幸せであること…  これ以上泣かないこと …。
校庭で初めてあった日のように明るく笑うこと…。

ジフ:
내일이 지나면 니가 더 이상 웃을 수 없게 될까봐…겁이 나.
明日が過ぎてしまえば…君が二度と笑えなくなるんじゃないかって… 怖いんだ。

チャンディ:
걱정마세요.
웃을 수 있어요. 웃을 거에요.
선배가…선배가 보고 있으니까.

心配しないでください。
笑えますよ。きっと笑えるはず…。
先輩が…先輩が見てるから。

そういいながらも、チャンディの目からは堪えていた涙が溢れ…

チャンディ:
바람 너무 많이 맞었나 봐요. 눈이 ( ?).
潮風に当たりすぎたみたい。目がしみて…

ジフは黙ってハンカチを出し、彼女の涙を拭おうとしますが…

チャンディ:
괜찮아요.
(手で制して)いいんです。

チャンディ:
선배가 자꾸 닦아줄 버릇 하니까 얘네가 군기 빠져서 자꾸 주책맞게.
先輩がいつも拭いてくれるものだから…私の目、だらしなくなっちゃって…。

ジフがチャンディの涙を拭うことは、もう二度とないかもしれません。
手に握ったハンカチを、ジフは黙って握り締めるのでした。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ジュンピョの部屋にやってきて彼を探すチェギョン。
彼の姿をみつけ、嬉しそうに微笑んでテラスに出てきます。
寝ているジュンピョの鼻を指でそっとなぞり、唇へ。
驚いたジュンピョは飛び起きます。

ジュ「おっ!!ビックリさせんなよ。何やってんだ?!」
チェ「何やってんだって何よ?!」
ジュ「この女、全く…」
チェ「チッ…。勿体ぶったって仕方ないよ。どうせ明日からアタシのものだもん」
ジュ「アタシのものって誰が?!」
チェ「騒いでないで降りて来なさいよ。大人たちがお待ちだから」

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

チェギョンの両親とカン会長が待っている席にやっているジュンピョとチェギョン。
ニコニコしているチェギョンとは正反対に、また憮然とした表情のジュンピョ(¬_¬)

カン会長「明日からは本当の家族になりますね」
JK会長「そういうことですね」
カン会長「神話とJK…そして、二人の子どもたちの幸せを願って乾杯いたしましょうか?」

グラスを合わせる一同。

そこへ、上の階から降りてきたチャンディとジフは、エレベーターからジュンピョたちの姿を目にします。
無表情でじっと見つめていたチャンディでしたが、ジュンピョが気がつくと慌てて背を向け…。
エレベーターが到着し、ジフはチャンディに寄り添ってその場を後にするのでした。
ジュンピョはまた黙ってその姿を見送ることしかできず…。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

部屋で考え込むジュンピョの前に、突然ジュニが現れます。

ジュニ:
어디까지 각오가 된 거야 ?
どこまで覚悟できてるの?

振り向いて驚くジュンピョ。

ジュンピョ:
… 누나 .
언제 온 거야 ?

…姉貴。
いつ来たんだよ。

ジュニ:
반가워할 필요 없어.
니 결혼식 보러 온 거 아니니까.

喜ぶことないわ。
あんたの結婚式に参列しに来たわけじゃないから。

ジュニはとなりのソファに腰を下ろします。

ジュンピョ:
알아.
나 한심하지.

分かってる。
…俺、情けねぇだろ。

ジュニ:
구준표.어디까지 감당할 준비가 되어있냐고 묻고 있어.
ク・ジュンピョ。 どこまで耐える覚悟が出来てるのかって聞いてるのよ。

ジュンピョ:
…어디까지면 되는데 ?
…どこまでならいいんだ?

いちいちそんなこと聞き返すなーーっ(・ε ・)

ジュニ:
모두 다.
全てよ。

ジュニ:
가족, 신화그룹 , 그리고 어쩌면…구준표라는 그 이름까지도.
家族、神話グループ、それからひょっとしたら… ク・ジュンピョという名前まで。

ジュニ:
난 못했어.
막상 다 버리고나면 …구준희 넌 뭘까 ?
아무것도 아닌…한 남자의 여자로 살 용기가 …없었던 거야.

私にはできなかった。
いざ全て捨ててしまったら… ク・ジュニはどうなるの?
何でもない… 一人の男の女として生きる勇気がなかったのよ。

ジュンピョ:
누나…
姉貴…。

ジュニ:
한순간의 비겁함이… 참 나를 많이 힘들게 했어.
잊을 수 있을 줄 알았지.
그런데 아니었어.

一瞬の卑怯な心が…私をとても苦しめたわ。
忘れられると思ったのよ。
… だけど違ったわ。

ジュンピョ:
이직도…그 사람한테 그렇게 미안해 ?
今でもそんなに…その人にすまないと思ってるのか?

ジュニ:
…아니.
내가 미안한 건 그 사람한테가 아니야.
평생 당당하고 순수할 줄 알았던 스무살의 구준희한테지..

… そうじゃないの。
私が申し訳ないのはあの人にじゃない。
生涯堂々として純粋でいられると思った… 20歳のク・ジュニによ。

ジュンピョのすぐ隣に近づき、彼女は弟の肩に優しく手を添えます。

ジュニ:
동생아.
니가 어떤 결정을 하든 난 너를 이해할 거야.
그리고 니가 어디서 무엇을 하든 넌 내가 사랑하는 동생…구준표란 사실은 변함없을 거야.

ジュンピョ…。
あんたがどんな決断を下そうと、私は理解するわ。
それから、あんたがどこで何をしていようと、あんたは私が愛する弟…ク・ジュンピョだっていう事実は変わらない。

そう言って立ち上がり、考え込むジュンピョの背中をもう一度愛情深く見つめ、ジュニは部屋を後にします。


ジュンピョとジフが話をするのは、またプールを目の前にしながら…?(;^_^A

ジュンピョが待っているところへ、ジフがあらわれます。

ジュンピョ:
지후야.
ジフ。

ジフ:
말해.
言えよ。

ジュンピョ:
넌 나한테 형제야.
과거에도 그렇고…앞으로도 그럴거야.

お前は俺の兄弟だ。
過去もそうだったし… これからも。

ジュンピョ:
가끔 생각했어.
넌 나 없이도 잘 살 것 같은데, 난 너 없으면 어떨까…?

ときどき思った。
お前は俺がいなくたってちゃんと生きていけそうだが、俺はお前がいなきゃどうなんだろう…って。

ジフ:
설마…내일 널 데리고 식장에서 도망쳐 달라는 … 그런 얘기 할 건 어니지 ?
まさか… あしたお前を式場から逃がしてくれって… そんな話じゃないよな?

ジフの方へ向き直ったジュンピョは…

ジュンピョ:
한대만 쳐 주라.
一発だけ殴ってくれ。

ジフ:
뭐 ?
何だって?

ジュンピョ:
논담아니야.
…너한테 맞어야겠어.

冗談で言ってんじゃねぇ。
… お前に殴られなきゃいけないんだ。

ジフ:
준표야.
ジュンピョ。

言われたとおりに「殴ってあげる」ジフ (¬_¬)

ジュンピョ:
잔디…못 놔 주겠어.
チャンディは… 手放せそうにない。

うーうー、すみません、何も言いたくないのでスルーさせていただきます_| ̄|○

<花より男子韓国版21話 動画 6>

チャンディはチェギョンに付き合っていました。

チェ「(ドレスを並べ)どれがいいと思う?これ?それとも、こっち?」
チャ「(微笑んで)全部綺麗ですよ」
チェ「そんなこと言っちゃダメだよ。新婦の親友として冷静かつ正確に言ってくれなきゃ。
   全部いいなんて言ってくれても参考にならないよ。」
チャ「(もう一度微笑み)ごめんなさい。けど…ホントに…全部綺麗で…」

そこへチェギョンにメールが入ります。

ジュンピョ(メール):
할말이 있어.
話がある。

それだけで何を覚悟した様子のチェギョン。
ドレスを眺めるチャンディの背中を見つめ…

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

チェギョンがやって来たのは結婚式が行われる会場でした。
彼女がそっと入ってくると、そこにはジュンピョの後姿が…

誓いの言葉を交わすときのように、ジュンピョの横に立つチェギョン。

チェギョン:
아 아 … 신부 하재경양은 신랑 구준표군을 남편으로 맞이하여
기쁠 때나 슬플 때나 영원히 아끼고 사랑할 것을 맹세합니까 ?
네 !
신랑 구준표군은 신부 하재경양을 아내로 맞이하여
건강할 때나 나쁠 때나 평생 아끼고 사랑할 것을 맹세합니까 ?

あーあー、 新婦ジェ・チェギョン嬢は新郎ク・ジュンピョ君を夫とし、
嬉しいときも悲しいときも、永遠に大切にし、愛することを誓いますか。
「はい!」
新郎ク・ジュンピョ君は新婦ハ・チェギョン嬢を妻とし、
健やかなるときも病めるときも、生涯大切にし、愛することを誓いますか?

ジュンピョ:
…못해.
…できない。

顔から笑顔が消え、ジュンピョの方を振り向くチェギョン。

ジュンピョ:
할 수 없어.
…できないんだ。

チェギョン:
구준표 !
…장난이잖아, 이거.
왜그래 심각하게…

ク・ジュンピョ!
…遊びだよ、これは。
そんな深刻な顔して、どうしたのよ。

ジュンピョ:
장난이 아니야, 몽키.
아니.

遊びじゃねぇ、モンキー。
いや…

チェギョンと向き合い…

ジュンピョ:
하재경.
넌 나랑 결혼하면 안돼.

ハ・チェギョン。
お前、俺と結婚しちゃだめだ。

チェギョン:
쭌…
ジュン…。

ジュンピョ:
미안해.
すまない。

チェギョン:
…미안하단 말 다야 ?
그럼 세상에 법은 왜 있고, 경찰은 왜 있겠니 ?

「すまない」…それで全部?
じゃあ、世間に何で法律があって、何で警察があるのよ。

ジュンピョ:
좋아하는 여자가 있어.
태어나 처음이고 앞으로도 죽을 때까지 그 여자뿐이야.
그래도 너는 나랑 결혼하고 싶어 ?

好きな女がいる。
生まれて初めてで…この先も死ぬまでその女だけだ。
それでもお前は俺と結婚したいか?

チェギョン:
…응.
…うん。

ジュンピョ:
제정신이야 ?
本気か?

チェギョン:
…알어.
그 여자가 금잔디라는 거.
그런데…그런 너랑 … 더 하고 싶어.
웃기게도 난 니가 그런 일편단심이어서 좋고…
니가 사랑이라는 거 제대로 아는 남자여서 더 좋고…
그 상대가 금잔디라 참을 수 있어.
쉽게 지워지지는 않겠지.
하지만 기다리면 … 기다리다 보면 다음은 나한테도 기회 있는 거 아냐 ?
나한테도 그런 사랑 해 줄 거 아냐 ?

…分かってる。
その女の人がクム・ジャンディだってこと。
けど…そんなあんただから、なおさら結婚したいの。
笑っちゃうけどさ、あたし、あんたのそんな一途なところが好きだし、
あんたが愛ってヤツをちゃんと知ってる男だからもっと好き。
その相手がクム・ジャンディでも… 耐えられるよ。
簡単には忘れられないと思う。
けど、待てば… 待っていればその次は… あたしにもチャンスがあるんじゃないかな。
あたしのこともそんな風に愛してくれるんじゃないかな?!

ジュンピョ:
…하재경.
… ハ・チェギョン。

チェギョン:
그거면 돼.
충분히 투자의 거치 있다고 만한…

それでいいよ。
十分、投資の価値はあるから… 。

そして、ジュンピョはチェギョンの前で膝を…

花より男子韓国版画像

チェギョン:
구준표…
ク・ジュンピョ…!

ジュンピョ:
용서해 줘.
許してくれ。

チェギョン:
싫어.
잘 들어.
우린 내일 이 자리에서 부부가 될 거야.
과거가 어떴든 앞으로 평생 죽을 때까지 서로만 사랑하겠다고 약속하게 될 거야.
그러니까 넌 나한테 용서를 빌 일도 … 내가 용서할 이유도 없는 거야.

イヤよ。
よく聞いて。
あたしたち、明日この場で夫婦になるのよ。
過去がどうであれ、これからは生涯死ぬときまでお互いだけを愛するって約束するの。
だから、あんたはあたしの許しを請うことも…あたしが許す理由もないわ。

チェギョン:
시간이 벌써 이렇게 됐네.
내일 화장하려면 일찍 자려고 신신당부했느데…
나 먼저 가 볼게.

もうこんな時間になっちゃったね。
明日お化粧するために早く寝なきゃいけないのに…
先に戻るね。

ひざまずいたまま動けないジュンピョと…
今にも壊れそうな表情で逃げるようにその場を後にするチェギョン。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

翌日_| ̄|○
式場には着々と人が集まっていました。

ウビン:
준표야 ! 시간 다 됐다.
이제 내려가야지.

ジュンピョ!もう時間だ。
もう行かなきゃならないぞ。

思いつめた表情で隣の部屋から顔を見せたジュンピョ。

ジュンピョ:
우빈아.
부탁이 있어.

ウビン。
頼みがある。

ウビン:
뭔데 ?
何だよ。

ジュンピョ:
발 좀 부러뜨려 주라.
腕をへし折ってくれ。

はぁ~?!(゚Д゚ )

ウビン:
뭐 ?!
何だって?!

イジョン:
준표야 ?!
ジュンピョ?!

ジュンピョ:
시간 없어.
니 실력이면 한발에 가능하잖아.

時間がねぇ。
お前の実力なら一発でイケるだろ。

ウビン:
진심이야 ?
本気なのか?

自分の前に差し出されたジュンピョの腕に、ためらうウビン。
そこへ後ろからチャンディの声が響きます。

チャンディ:
지금 뭐하는 거에요 ?
何やってるんですか?!

バツが悪そうにジュンピョは立ち上がります。

ジュンピョ:
너 상관 말고 나가 있어.
お前は口を出すな。

チャンディ:
기껏 생각해 낸 방법이 고작 이거야 ?
精一杯考え出した方法がたかがコレ?

100%同感です。

チャンディ:
이런 식으로 밖에 멈출 수 없다면 차라리 가.
こんな風にしか止められないのなら、いっそ結婚しなよ。

ジュンピョ:
금잔디.
クム・ジャンディ。

チャンディ:
비겁해.
누구한테도 당당하지 안잖아.
부딪히는 게 아니라 도망치는 거야.
이렇게 도망치면 …언젠가 다시 반복될 거야.

卑怯だよ。
誰に対しても堂々としてない。
ぶつかるんじゃなくて逃げるだけ。
こんなふうに逃げたりしたら…いつかまた繰り返すわ。

チャンディの突き放した言葉にカッとなり、ジュンピョは彼女の肩を掴みます。

ジュンピョ:
그럼 하지말라고 말해.
가지말라고 말하란 말이야 !

それなら「やめろ」って言えよ。
「行くな」と言えって言ってんだ!

すがるような目でみつめるジュンピョですが、しばらく虚ろな表情でいたチャンディは冷たく顔を背け…

ここでエンディングです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ひどい。
これはいくら何でもヒドすぎます。
書き出してるうちにウンザリしちゃってもう…。

ぐずぐずしてるうちに結婚前夜になり、
悶々としてたら突然現れたジュニ姉ちゃんに背中を押されて、急にジフを呼び出し「チャンディは手放せない」。

チェギョンには「それでもそんな俺と結婚したいか?」
チャンディには「行くなって言えよ」と、自分の意思を告げられずに答えを相手に委ねる。

「そんな俺と結婚したいか」じゃなくて「お前とは結婚しない」
「行くなって言えよ」じゃなくて「俺は行かない」じゃないの?!

いつから直球を投げられなくなっちゃったんでしょう。 

そして、今回特に感情の移り変わりが伝わってきませんでした。
心境が突然変わることはもちろんあることだけど、肝心の「気持ちが変わる部分」が全く描かれてない気がします。
チェギョンがチャンディに謝る気になった変化も、
今まで言われるままだったジュンピョが前夜になってチョビっと勇気をだした変化も、
全然共感できませんです。

はぁ…。
いつも記事を書き上げたときにはすごく達成感があるんですけど、それが感じられないのは初めて。
ホットケーキ焼く気にもなれませんデス。
むぎゃーーっ

ではでは(;^_^A

 - 花より男子韓国版 , ,