韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ15話&動画vol.2(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ15話の中盤に入ります。

ミョンウォルの芸人としての人生を守るため、自分の気持ちを抑え、都城へ帰る決心をしたジョンハン。
留守令監からそれを聞いたミョンウォルは、彼を追い夢中で馬を走らせます。

ピョクケス大監はそんなミョンウォルを妨害しようとしますが、失敗に…。
ミョンウォルを振り向かせることのできないピョクケスの苛立ちは尋常ではありません。

ミョンウォルの好みをピョクケスに指導したヒョングムの狙いは、彼の執着を断ち切り、ミョンウォルを苦しみから救うことでした。


ウノとの思い出が一瞬で蘇る「貴方を想い」を収録!
「コーヒープリンス1号店」「オン・エア」など人気ドラマの主題歌を集めたアルバムです♪

<ファン・ジニ15話 動画 4>

ヒョングム:
무엇보다 이 일을 계기로 단심이 (놓은 보다?) 나은 진지가 물어들 것이오.
진이 그 아인 … 진정에 다시 눈을 뜨겠지요.

何より、この件でタンシムの立場は前より良くなるでしょう。
ジニも…真心にふたたび目を覚ますはずです。

+-+-+

夜が明けるころ、船着場に着いたミョンウォル。
そして…。

ファン・ジニ 15話 ミョンウォル画像

このYoutubeの動画ではよく分からないのが残念ですが、
このシーン、ジョンハンのミョンウォルを見つめる切なく優しい瞳に吸い込まれそうになって、
たまらず一時停止して一呼吸置いてしまいます(;^_^A
この聞き取りも続行できず2時間休憩(;´∀`)

ミョンウォル:
잊으신 것은 없는지요 ?
お忘れのものがあるのでは?

そういって何かを差し出します。

ミョンウォル:
대감의 것이 아닙니까 ?
아직은…아직은 제게 올 것이 아닌 듯 싶습니다.

大監のものではありませんか?
まだ…まだ私の元へ来るものではないように思います。

それは…ピョクケスから間違って届けられたジョンハンの詩ですね?

ミョンウォル:
어서 받으시지요.
이 안에 둔 마음 너무 무거워
들고 있기에 힘이 부칩니다, 대감.

お受け取りください。
この中に込められた心がとても重く、
私の手に余ります、大監。

ゆっくりと手を出し、それを受け取るジョンハン。
このとき、風が吹いてジョンハンの顎の紐がふわ~っと揺れるのが素敵!(*゚∀゚*)
そして…。
ファンジニ15話 ミョンウォルとキム・ジョンハン画像

+-+-+

二人で橋の上を歩くミョンウォルとジョンハン。

ミョンウォル:
그 시 안에 둔 무거운 마음이 버거워
송도를 떠나고자 하셨습니까 ?

詩の中に込めた気持ちをどうすることもできず、
松都を去ろうとなさったのですか?

ミョンウォル:
조선의 소리는 애민하는 마음에서 비롯된 거다.
그 소리를 지키고 싶다…

朝鮮の音色は民を愛する心から生まれたもの。
その音色を守りたい…

ジョンハン:
이보게.
そなた…

ミョンウォル:
그 같이 대단한 뜻을 어찌 천한 기생년 하나로 쉬 내려 놓으려 하십니까 ?
그는 좋은 일이 아닙니다, 대감.

そのように立派な志をなぜ賤しい妓生一人のために簡単に諦めようとされるのですか?
それは良いことではありません、大監。

ジョンハン:
나는…자네가 지쪽이 있는 것이 불편해.
자네에게 욕심이 나면 날수록…
그런 내가 노여워 … 견딜 수가 없어.
책임질 수 없는 인연은 만드는 것이 아니다…
그걸 너무도 잘 아는 내가 또 노엽고…
자네가 책임질 수 없는 곳에 있는 사람이라는 거…
자네를 위해 … 내가 할 수 있는 것이 아무것도 없다는 거…
그 모든 것이 노여워서…너무도 노여워서 견딜 수가 없어.

私は…そなたが傍にいるのが辛いんだ。
そなたへの思いが強まれば強まるほど
そんな自分に腹が立ち…耐えられない。
責任をとれない縁は作るものではない…
それを知りすぎている自分にもまた腹が立ち…
そなたが責任をとれない場所にいる人だということ…
そなたのために…私がしてやれることはなにもないということ…
それら全てに腹が立って…あまりに腹が立って耐えられないんだ。

ミョンウォル:
대감의 그 마음… 곧 잠잠해질 겝니다.
정분이라는 것이 사랑이라는 것이 그렇지요.
세월이 흐르고…우리네 몸이 죽어져 썩어지고 말면
다 쳐버릴 수 밖에 없는 것입니다.
허나 대감께서 품고 지켜낸 그 뜻은 그렇지 않을 것입니다.
어쩌면 우리네가 모두 가고난 후 그 후까지 아주 오래오래 살아남아
대감께서 그도록 아끼고 귀하는 백성들과 함께 할 것입니다.
다시 도감으로 돌아가 일 마무리 지으세요.
저는 대감께 은애하는 마음 받고 싶은 욕심은 없습니다.
허나 대감께서 큰 뜻을 펼치고 계신 모습을
마음에 담고는 싶습니다.
그것이…제게 남은 대감의 마지막 모습이였으면 합니다.

大監のそのお心も…じきに鎮まるでしょう。
情というものは…愛というものはそういうもの。
月日が流れ、私たちが死んで体が朽ちてしまえば
すべて消えてしまうしかありません。
ですが、大監が抱き、守っておられるその志はそうではありません。
もしかすると、私たちが皆死んだ後、その後までずっと長く、
大監がそれほど大切に、尊く思われた百姓たちと共に生き残るかもしれません。
もう一度松都に戻り、お仕事を完成なさってください。
私は大監の愛を得たいという欲はありません。
ですが、大監が大きな意志を遂げられるお姿を
心に留めたいのです。
それが…私の中に残る大監の最後のお姿であってほしいのです。

+-+-+

ジョンハンを止めるよう、ミョンウォルに話した留守令監(イクファン)。
それを知ってペンムは驚きますが、彼の考えは少し違うようです。

<ファンジニ15話 動画 5>

イクファン:
명월이 그 아이 자넬 아주 닮았어.
허면 연정에 쓰러져 예를 포기하는 짓따윈 하지 않겠지 ?

ミョンウォルはそなたによく似ている。
ならば愛に溺れ、芸を捨てるようなことはしないであろう?

ペンム:
상대 나름입니다, 영감.
相手によります、令監。

イクファン:
허면 그 때 내가 자네한테 모든 걸 버리겠다 하어 손을 내밀었으면
자네 또한 재예를 포기할 수 있었다 그 말인가?
그럴리가 없어.
자넨 그런 사람이 못해.

では、あのとき私がそなたに「全てを捨てるから」と言って手を差し出したなら
そなたも芸を捨てられただろう、とでも言うのか?
(笑って)そんなはずはない。
そなたはそんなことができる人じゃないからね。

ペンム:
…영감.
…令監。

イクファン:
자네가 견뎌 냈으면 그 아이도 견뎌 낼 거야.
그냥 놔 두고 지켜 봐.
예판과 명월이 그 두 사람 자네와 나보다 훨씬 지로운 이들이야.
허면 자네와 내가 알지 못했던 새로운 해법을 찾아낼 수도 있겠지 ?

そなたが耐えのびたなら、あの娘にもできるだろう。
そっとして見守っていてごらん。
礼判とミョンウォルは二人とも私とそなたより遥かに賢い。
ならば、私とそなたが気づけなかった新しい解決法を見つけられるかもしれないだろう?

イクファンと話すときのペンムは、いつもの固さがなく、素直で綺麗ですね~。

+-+-+

ジョンハンは元の仕事に戻り…、ミョンウォルもまた鶴の舞の修行へ。
そして、「礼判が都監へ戻れば、ミョンウォルを取られるのは時間の問題!」と一生懸命なピョクケスの家来と、
そんな家来にさらに苛立ち募らせるピョクケス(・∀・;)

+-+-+

都城の教坊では…?
メヒャンはミョンウォルが持つ情熱や才能と共に過ごした日々を振り返っていました。

メヒャン:
명월 그 아이의 기량이 제법 늘었을 게야.
내 이리 말하면 니 노여움과 분기를 또 다시 질러 두는 꼴이 되겠지만
나는 이제껏 한번도 그리 형용한 눈을 가지는 아이 만나 본 일 없다.

ミョンウォルの技量はかなり伸びたであろう。
(プヨンに)こういうとお前の悔しさや怒りをまた刺激することになるだろうが
私は今まであのように情熱的な目を持った子に会ったことがない。

メヒャン:
졔주가 느는 속도는 또 어땠노 ?
하나를 말하면 열을 알고 , 열을 가르치면 백으로 응용을 하고…
그 아이의 덕으로 오랜만에…참으로 오랜만의 (흥진?)춤을 추웠다.

芸が伸びる速さはまたどうだった?
一を教えれば十を知り、十を教えれば百に応用し…
あの子のおかげで久しぶりに…本当に久しぶりに楽しい舞を踊った。

プヨン:
행수어루신…
行首さま…。

メヒャン:
또한 그 아인 내게 아주 귀한 가르침을 주었다.
나는…이 매향이는…여악행수이기 전에 한 사람의 무기…춤꾼이었다는 사실이 말이지…

またあの子は、私にとても尊い教えをくれたわ。
私も…このメヒャンも…女楽行首である前に一人の舞妓…踊り手だったという事実を。

黙り込むプヨン。

メヒャン:
노엽냐?
차라리 그 아일 내 수하로 데려올 수 있도록
물심량명으로 돕는 것이 좋았다.

悔しい?
いっそあの子を弟子に連れてこられるよう
物心共に援助すれば良かった…。

ウォリャン:
그만 좀 하십시오 , 행수어르신.
그래도 이 아이로 인해..

もうおやめください、行首さま。
それでもこの子のおかげで…

メヒャン:
행수 자린 지켰다…?
行首の座は守ったと…?

ウォリャン:
사실은 사실이 아닙니까 ?
事実は事実でございましょう?

メヒャン:
그 아이가 내 수하로 왔다면 말이다,
너에게 한번은 기회가 있었을 거다.
다시 한번 (교류?) 승부를 낼 기회 말이다.
…허나 이젠 틀렸어.
너무 엄청난 짓을 저질렀어.
평생…평생을 다 받쳐도 이제 너는 그 아이를 이길 수 없을 것이다.

あの子が私の弟子になれば、
お前にも一度機会があったはず。
もう一度競い合う機会がね。
…でも、もう無理よ。
お前はあまりに酷いことをしてしまった。
生涯…生涯を投じても、もうお前はあの子に勝つことはできないわ。

+-+-+

今回はここまで。う~ん、だいぶ聞き取りの力がついてきたかも♪

短い時間にもいろいろな人の思いが溢れた時間でしたね。

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,