韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

スイッチ-世界を変えろ 6話 あらすじ&日本語訳

   

チャン・グンソク主演SBS韓国ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』6話あらすじを、セリフの日本語訳を混じえて紹介していきます。

+-+-+-+

意識を失ったまま、ペク・ジュンスは未だ立入禁止の病棟のベッドに横たわっていた。
「少しでも意識が戻りかけたことは?」様子を見に来たハラが院長に尋ねる。

院長「ありません。バイタルは正常なんですが」
ハラ「今後もよろしくお願いします。もし少しでも意識が戻ったら、すぐご連絡ください」

院長が退室すると、ハラはベッド脇の椅子に腰を下ろし、ジュンスを見つめた。「…。」

ハラ「ソウルに戻ってくるって聞いて喜んでたのに… なんてザマなの?私、先輩のことずっと待ってたんだから」

~~~~

1年前のことが思い出される。
束草行きが決まり、自宅で荷物をまとめる彼に、ハラは諦めきれずに言った。「私も何かやらかして、先輩について行こうかな」
「僕がいなくても元気にやれよ」ジュンスは穏やかに微笑む。「焦って騒ぎを起こすんじゃない」

ハラ「子どもじゃあるまいし。私だって検事になって3年よ」

ジュンスは棚の女神像に手を伸ばした。
女神の右手がペンダントを掴んでいる。

ハラ「彼女も連れて行くの?」
ジュンス「?」

ハラが女神像を手に取った。「運ぶ途中で壊れるかも」

ハラ「ソウルへ戻ってきたら返すわ」
ジュンス「君こそ壊すなよ」

+-+-+-+

引っ越しの荷物をトラックに積み終わり、あとは出発するばかりとなった。

ジュンス「行くよ」

寂しさを押し隠し、ハラが笑顔を見せる。「先輩」

ハラ「私、諦めないわ。捜査を続ける。先輩を陥れたヤツら、絶対捕まえるわ」

「…。」何も言わず、ジュンスはトラックに乗り込んだ。

~~~~

女神像が守っていた天秤のペンダントは、1年経った今、ハラの胸元にぶら下がっていた。

ハラ「先輩が目覚めないから、変なヤツと手を組むことになっちゃった。事情がちょっと複雑なんだけど…。先輩とホントにそっくりなのよ。先輩も見たらきっと気絶するわ」

「おっと」ハッと我に返り、自分でツッコむ。「また気絶しちゃダメよね」

ハラ「とにかくそいつ、よくわからないけど只者じゃないわ。先輩が目覚めなかったら、私このままそいつと手を組んじゃうから。先輩の居場所、なくなっちゃうかもよ」

そう毒づきながら、何も反応のないジュンスを悲しげに見つめる。「だから、早く目を覚ましてよね」

+-+-+-+

マンションではインテが壁の巨大パックマン、ウンジもスマホゲーム、ボン監督がマッサージチェアに興じていた。

#この巨大パックマン、108インチで世界最大のゲームマシンだそうで…。見栄え満点ですよね。

ボン監督「(気持ちよさげに)はぁ、人生こんなもんさ。飯食ってクソして、足伸ばして眠れりゃそれでいい」

「それだけじゃつまんないだろ」ドチャンがやって来た。

ドチャン「人生には1匙くらいスリルが必要じゃないか?」

ドチャンが手に持ったリモコンのスイッチを入れると、壁のスクリーンに画像が映し出される。

『チャ・ミョンス』なる男性の写真と概要だ。

40歳
79年11月8日生まれ
外交官
2006年 第40回国家試験合格
現在、1等書記官

ウンジ「誰?」
ドチャン「今度セッティングするお客様だ。有力な麻薬の運び屋で、ペク検事のPCで見つけた。叩けば何か出てくるんじゃないか?」

+-+-+-+

さっそくチャ・ミョンスに作戦が仕掛けられた。

バーの客に扮したボン監督が心臓発作で倒れる。
元看護師のウンジがすかさず名乗り出て、実力を発揮。
カウンター席にいるチャ・ミョンスが気を取られているあいだにインテが隣の席へ移動し、彼のスマートフォンから超高速でデータを抜き取るのだ。

#ボン監督、迫真の演技(笑)

気を取られていたターゲットがカウンターに向き直るのが予想より早く、スマートフォンが見当たらないことに勘付かれてしまったものの、危ないところでインテは上手く誤魔化した。

ウンジ「(インテから受け取ったスマートフォンをターゲットに渡し)これ、お宅のかしら?」
チャ・ミョンス「えぇ、ありがとうございます。どこに?」
ウンジ「あっちに落ちてましたけど」
チャ・ミョンス「患者さんは?」
ウンジ「元看護師なので、目をつぶってても助けられるわ」
チャ・ミョンス「へぇ」
ウンジ「ところで、どんなお仕事を?」

まんざらでもなさそうに、チャ・ミョンスがヘラヘラと笑った。

+-+-+-+

チョン検事長は考えにふけっていた。
「ペク・ジュンス検事は本物なんでしょうか」クム代表の言葉が引っ掛かっていたのだ。

「お呼びでしょうか」入ってきたのはキル・デロ検事だ。

チョン検事長「高い所から見れば、視野は広がる。だが、細かくは見えなくなるものだ」
キル検事「?」
チョン検事長「ペク・ジュンス…」
キル検事「ペク・ジュンスが何か?」

+-+-+-+

キル検事が向かったのは総務課だ。
「頼みがある」一人の女性職員に小声で声を掛けた。

キル検事「刑事6部にペク・ジュンスって男がいるだろ?彼の人事データが欲しいんだ」
職員「人事データですか?手続きが必要なんですが…」
キル検事「だから頼んでるだろ。手続きを踏むなら最初から頼むか!」

「頼むって言ったろ!」苛立って声を上げたキル検事に、周囲が凍りつく。

キル検事「(モニターを指し)これじゃないのか?俺が誰だか知らない?これ、社内メールで送ってくれ。いいな?」

彼の様子を、ドチャンがそっと見ていた。「…。」
総務課でキル検事がペク・ジュンスを調べている。一体何を企んでいるんだ…?

+-+-+-+

考え事をしながら廊下を歩いていたコ係長は、呼び止められて振り返った。
そこにいたのはキル検事だ。

コ係長「はい、キル・デロ検事。何でしょう?」
キル検事「悪いが、あれをご覧に」

顎で指したのは、窓辺に置き去られていた飲み残しのドリンクだ。

キル検事「こんなんでいいのかな?中央地検なのに、基本的な秩序意識がない。そう思いませんか」
コ係長「えぇ、そうですね」
キル検事「さっき目に入ったはずですが、そのまま通り過ぎるとは」
コ係長「…。」
キル検事「コップじゃなく、良心を捨てたんだ。皆良心ってものがない」
コ係長「すぐ片付けます」

キル検事が冷たく背を向けた。
コ係長はコップを拾い上げ、後ろ姿を見つめる。「あいつ悪いもんでも食べたのか?チッ、偉そうに。いやいやキボン、お前よく我慢したぞ。(自分の胸をポンとたたき)男だ」

+-+-+-+

屋台のテーブル席で向き合っているのは、ドチャンとコ係長だ。
無礼を働いてしまった”ペク検事“を前に、コ係長の大きな体は小さく縮こまっていた。

#前回書き忘れたけど、この人男気ありますよね。疑って指紋鑑定したこと、責められる前に自分から白状して頭を下げたの見て感心しました^^

コ係長「どうお詫びすればいいのやら」

「何をおっしゃいますか」ドチャンが寛いだ様子で眼鏡を外す。「検事だって過ちがあれば捜査を受けるべきです」

ドチャン「係長の覇気、素晴らしいですよ。尊敬します、先輩」
コ係長「先輩だなんて!」
ドチャン「僕より年上なんですから、人生の先輩じゃないですか。これを機に、プライベートな席では”兄さん“とお呼びします」
コ係長「!(←ここ最高♪)」

「一杯どうぞ、兄さん」ドチャンが焼酎の瓶を傾けた。
酒を注いでもらいながら、コ係長は涙をこらえる。「たくさんの検事さんにお仕えしてきましたが…」

コ係長「ペク検事のように人間的に接してくれた方は初めてです!とんでもない無礼を働いたのに、兄さんと呼んでくださって。このご恩をどう返せばいいやら…」

「久しぶりに涙が」コ係長は指先で目を拭った。
「それなら」ドチャンは注意深く切り出した。「一つお願いしてもいいですか?兄さん」

コ係長「もちろん!何なりとおっしゃってください」
ドチャン「再調査してほしい事件があるんです」
コ係長「事件?」
ドチャン「1998年5月5日、自殺で片付けられた事件なんですが、ひょっとして他殺の可能性はなかったか、あるなら容疑者は誰なのか、調べてください」
コ係長「死んだ人の名前は?」
ドチャン「サ・マチョン」

教えられた情報を、コ係長が手帳に書き取る。

コ係長「お知り合いですか?」
ドチャン「いいえ、全く無関係な人なんですが、調べてみたくて」
コ係長「あぁ」
ドチャン「オ検事にも内緒ですよ。兄さんと僕だけの秘密です」
コ係長「もちろんです♪ 肝に銘じますよ」

「私がお注ぎします」今度はコ係長が焼酎を差し出す。

ドチャン「ありがとうございます、兄さん」
コ係長「ふっ♪♪♪」

+-+-+-+

帰り道。
ドチャンはペットショップの前でふと立ち止まった。
大きな水槽に熱帯魚が優雅に漂っている。「…。」

~~~~

幼いある日のことだ。
ドチャンは父を手伝い、初めて詐欺を働いた。

父が金に困った素振りを見せ、魚の入った水槽を薬局に預ける。
銀行に融資を頼み行く間、預かっていてほしいと。
入れ替わりに、お使いにやってきたドチャンが水槽を見て驚く。「プラチナアロワナだ!」
ものすごく貴重な魚だから500万で譲って欲しい、後で父親(架空)を連れてくるからと名刺を置いて立ち去る。
戻ってきた父が水槽を引き取ろうとすると、儲かる魚だと信じた薬局の店主が「買い取りたい」と150万差し出すのだ。

150万を手に薬局を出た父が向かったのは、路上で商売をしている老女の元だ。
彼は薬局で騙し取った金をそっくり老女に握らせた。「ヤツから金を受け取ってきました」

父「もう絶対あんな野郎から金を借りちゃいけませんよ」
老女「ありがとう!本当にありがとう!」

「これを持ってお行きなさい」老女が差し出した売り物のうち、ドチャンの父は袋を一つだけつまみ上げた。「これだけいただきますよ」

老女から貰った手土産をぶら下げ、父は路地で待っているドチャンの元へ戻ってきた。「詐欺師になるつもりはないか?」

父「なかなかのもんだった。10歳の子が仕掛け人だと誰が思う?シンプルでありながら、インパクトがあったぞ。エクセレントだ!」
ちびドチャン「…。」
父「モーツアルトが音楽の神童だとすりゃ、お前は詐欺の神童だ」
ドチャン「九九より先に見て覚えたんだから。これが人生初めてにして最後の詐欺だよ」
父「こいつ!天がくれた才能を腐らせるってのか?早く大きくなれ。お前と俺が組めばこの世に怖いものなしだ」
ドチャン「父さん」
父「どうした?」
ドチャン「僕、父さんは好きだけど、父さんが詐欺師なのはイヤなんだ」
父「おい、職業に貴賤なんてないんだぞ」
ドチャン「僕、絶対詐欺師にはならないから」
父「じゃあ何になるんだ?」
ドチャン「検事。悪いヤツらを捕まえる検事だよ」

「わぉ!」父は否定することなく、誇らしげに笑ったのだ。

~~~~

夜遅くハラが家に帰り着いた頃には、母はソファでうたた寝していた。

ハラ母「あら、帰ってきたのね」
ハラ「腰が痛いのに、部屋で寝なきゃ」
母「年頃の娘が帰ってこないのに、眠れるもんですか」

「おこげ湯作ってあげようか?」母は台所へと立ち上がった。

しばらくすると、おこげ湯のグツグツと煮える音と、香ばしい匂いが部屋を包んだ。
「ハラ、出来たわよ」お椀を手に戻ってきた母は、ふと足を止める。
短い間に、ハラはソファですっかり寝入っていた。

「何をそんなに頑張ってるのやら。だからって世の中変わりゃしないのに」隣に腰を下ろし、娘の寝顔を覗き込む。

母「いいところにお嫁に行って、楽に暮らしなさいよ」

日々戦い続ける娘の人生を思い、彼女はそっと娘を抱き寄せた。「…。」

+-+-+-+

検察庁前に停めた車に、キル検事が乗り込もうとしていた。
そこへ通りかかったのが、ハラとドチャンだ。

ハラ「キル先輩、今日は検事長のお誕生日なのに、どちらに?」

#検事長の誕生日なのにって… 素直に引くわー

キル検事「ちょっと地方に用事ができてな」
ハラ「出席しないってことですか」
キル検事「出席するに決まってるだろ。デカいプレゼントを用意してあるんだから」

「後でな」ニヤリとしてキル検事が車に乗り込む。
「…。」ドチャンがチラリと車のナンバーを確かめた。

+-+-+-+

さて、束草へ向かったチョ社長は、張り切ってペク・ジュンスを捜索中だ。
交通事故の後、救急隊がペク検事を病院に搬送したと踏み、救急隊員を探す。

大卒「(救急隊員に)ペク・ジュンスって知ってるだろ。海にダイブしたヤツ」
救急隊員「し、知りません」
大卒「思い出させてやろうか?」
救急隊員「…。」

+-+-+-+

料亭『五色漢餐』に続々と車が入ってくる。

※実在するのは『五色燦宴』というお店ですね。何と豪華な…。

到着した上司たちを、ハラがヤン部長と共に店の前で出迎える。
まだ姿を見せないドチャンが気がかりだったのだ。

+-+-+-+

ハラの妹、ソラがフラフラと家に帰り着いた。
クラブ帰りだ。

母「記者って暇なのね」
ソラ「取材で疲れた心と体を癒やしてあげないと」

母が2枚写真を差し出す。「この人は病院長の息子、こっちは建設会社の息子よ」

母「どっちがいいかしら」
ソラ「もう!私はどっちもイヤ。検事に嫁入りするんだから」
母「誰があんたにお見合いしろって?お姉ちゃんよ」
ソラ「お姉ちゃんはペク・ジュンス検事が好きみたいだけど?」
母「弁護士で開業したって、病院長ほど稼げないでしょ」
ソラ「ただならぬ仲に見えたわ。ピッタリついて回ってさ、ホントに好きみたい」

「ソラ」母が声を低くする。「バッグ買ってあげようか」

母「エルメスの」

※ひとまずエルメスと書きましたが、히로메스(ヒロメス)と聞こえます。히로메스(ヒロメス)で調べたところ、犬の革製首輪のブランドが出てきました。真相はいかに…。

母「オ・ソラ。あんたに特殊任務を与えるわ」
ソラ「今度は何?」
母「2人が恋仲にならないよう引き裂くの。どんな手を使ったっていいわ」

「ところで」母の話は続く。

ソラ「まだあるの?」
母「あんたも私がヘップバーンに似てると思う?」
ソラ「え?」
母「え?」
ソラ「…。」
母「私はそうは思わないんだけど」

+-+-+-+

「あちらのお部屋です」遅れて料亭へやって来たペク検事が店員の案内で廊下を進む。
突き当りに、キル検事が大柄な男性と一緒に立っていた。
2人に頭を下げ、彼はそのまま部屋へと入る。
その態度に、2人は顔を見合わせた。「…。」

+-+-+-+

全員が揃い、皆が乾杯の盃を掲げた。

チョン検事長「皆集ってくれてありがとうございます。楽になさってください」

乾杯の声が上がる。
ハラたちも一番隅の席で盃を合わせた。

+-+-+-+

その頃、救急隊員を吐かせたチョ社長たちが正面から病院へ押し入った。
しらみつぶしに病室を調べるが、ペク・ジュンスの姿は見当たらない。

看護師「そんな人いないって言ってるじゃないですか」
チョ社長「いないはずないだろ!救急車がここへ運んだって言ったのに」

仕方なく外へ出てくると、ふと小さな看板が目に入った。
『立入禁止』と書かれた門だ。

門を開け、チョ社長はクム代表の電話を鳴らした。「そいつを見つけたら、どうしましょう?」

クム代表(電話)「静かにお連れしろ」

+-+-+-+

検事長の宴の途中、黙って席を立ったペク検事が、しばらくして席へ戻ってくる。
それを見て、キル検事がおもむろに立ち上がった。「お話中失礼します」

キル検事「検事長のお誕生日祝いにサプライズをご用意しました」

「何だ?」あちらこちらから笑い声が起きる。

キル検事「ソウル中央地検にあるはずのない、あってはならない衝撃的なことが起こっています」
皆「?」
キル検事「先輩後輩の集まったこの席で明らかにしましょう」

彼の視線がペク検事へ向かう。「ペク・ジュンス!」

キル検事「皆さん、ここに座っているペク・ジュンス検事は本物ではありません。顔が似ているだけの偽者です」
ハラ&ヤン部長「!!!」

「キル・デロ!」声を上げたのは、女傑チン次長だ。「何のマネ?」

キル検事「申し訳ありません、チン次長。しかし、証拠があるんです」

「お入りください」彼の掛け声で扉が開いた。
入ってきたのは、会の始まる前にキル検事と一緒にいた、大柄な男性だ。

キル検事「こちらはペク・ジュンス検事の高校時代の同級生、シン・ジャンフンさんです。それなのにペク検事、さっき入ってきた時、目もくれずに通り過ぎましたね」
ペク検事「…。」
キル検事「検事の会合に検事でない人が来ているにも関わらず、です」

ハラとヤン部長が何も出来ずに目の前の”ペク検事”を見つめる。
「ジュンス」シン・ジャンフン氏が目の前に座っている同級生に呼びかけた。「俺がわからなかったのか?」

ペク検事「…ごめん。公の席だったからかな。寂しい思いをさせてしまった」
キル検事「その程度の言い訳は想定内です」

「キル先輩」ハラがたまりかねて口を開く。「あんまりじゃないですか?検事長もいらっしゃるのに」

ハラ「冗談が過ぎるわ」
キル検事「冗談かどうか確かめればいい」
ハラ「!」
キル検事「シンさんのおっしゃるには、高校時代、廃屋で火遊びをしていて二人とも火傷を負ったそうです」

「そうですよね?」キル検事の問いに、シン氏が頷く。
彼は袖をまくりあげ、大きな火傷の痕を披露した。「これです」

キル検事「どうだ?ペク検事。我々の前で火傷の痕を見せられるか?」
ペク検事「…。」

「なぁ、キル検事」重い空気に絶えきれず、ヤン部長が声を上げた。「どうするつもりだ?この空気」
「待って」遮ったのはチョン検事長だ。

チョン検事長「誕生日のサプライズプレゼントか。面白い。続けなさい」

キル検事が丁重に頭を下げる。ヤン部長は仕方なく口をつぐんだ。
「ペク検事、見せてみろよ。ここか?」キル検事が乱暴に腕を掴むと、ペク検事は頑なにそれを振り払う。

キル検事「見せられないって?なぜ?それはお前が偽者だからだ!」
ペク検事「…。」

「どういうことだ?」検事長が言う。「ペク・ジュンス検事でないなら…君は一体」

キル検事「公務員詐称、万が一この詐欺劇に協力者がいるとしたら、共犯ですよね」

グラスに酒を注ぐヤン部長の手がガタガタと震える。
「実はその…」恐れをなしてヤン部長が白状しようとしたところへ、ハラの厳しい声が飛んだ。
「やめて!!!」キッとキル検事をにらみつける。

キル検事「本物なら見せてくれりゃいいじゃないか」
ハラ「!」
キル検事「(ペク検事に)自信があるなら見せてみろ」
ペク検事「…。」
キル検事「どうした?降参か?見せられないか」

「皆さん、ご覧になりましたね?」キル検事が得意げに宣言した。「こいつは偽者です!」

「先輩」ずっと黙っていたペク検事がようやくポツリと口を開く。「やめましょう。人前なんです」

キル検事「よくも先輩なんて言えたもんだ。偽者のくせに」
ペク検事「…。」
キル検事「本物なら証明してみろよ」
シン氏「ジュンスは左肩の後ろに火傷痕があります。稲妻の形の」

ハラとヤン部長がいよいよ絶望して項垂れる。
グラスの酒をくいっと飲み干し、チョン検事長がグラスを置いた。「ペク検事」

検事長「疑いを晴らしたければ、見せたほうが良さそうだが」

「…。」沈黙の末、ペク検事は意を決して立ち上がった。

ペク検事「そこまで気になるなら、失礼します」

そう言うと、あとは微塵のためらいも見せず、ネクタイを外し、シャツのボタンを一気に外す。
皆に背を向け、シャツの肩を大きくはだけて見せた。
そこには…

くっきりと稲妻の火傷痕が!!!

皆「!!!」

「おおっ」皆が口々に声をあげる。

#ここのBGM、戦隊ヒーローでも登場しそうで楽しいよね!

ペク検事「………。」

一番驚いたのはハラとヤン部長だ。
口をあんぐり開け、ただただ”ペク検事”を見上げるしかなかった。

+-+-+-+

ここでエンディングです。
いやぁ痛快!楽しかった~♪

今後、ジュンスと書くか、ドチャンと書くか、客観的なニュアンスを込めてペク検事と書くか、シチュエーションごとに悩むことが増えそうで怖い…。

 - スイッチ-世界を変えろ