韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ14話&動画vol.2(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ14話の中盤部分です。

何だかこの14話はすごく切なくて泣けるシーンが多く、
聞き取るのを忘れてつい見入って涙ぐんでしまいますorz

さてさて、罰としてペンムの元に戻り修行するよう言い渡されたミョンウォル。
プヨンから「礼判大監(キム・ジョンハン)にあなたの初恋の話をしたのはペンムよ」と聞かされます。プヨンも…またわざわざそれを伝えて引っ掻き回そうなんてorz

失った初恋の人と、ジョンハンの優しい心を利用しようとしたペンムが許せず、怒り心頭でペンムの部屋へ乗り込みます。

そして…


ファン・ジニ日本版OSTは美しいMV収録のDVDつき!

 <ファンジニ14話動画2-1>

礼をわきまえず、ぞんざいな言葉で「事実なの?私を引き止めてあんたのご立派な舞譜を完成させるために、あの人まで利用を?」と尋ねるジニに、
「口を慎みなさい。私は行首でお前の師匠だ」と威厳を示すペンム。

ペンム:
누가 눈먼 년 딸 아니랠까봐…
진심이라면 앞뒤 없이 넘어지는 꼴이라니…
것도 한번도 아니고 두번씩이나…
아직도 저리 세상을 몰라 어쩌누?
세상엔 말이다 , 너와 니 에미가 믿는 만큼
진심 (싸들?)고 다니는 자가 그리 흔치를 않단다.

お前は本当に世間知らずね。
真心と聞けば前後の見さかいなくダメになって…。
それも1度でなく2度までも。
そんなに世間知らずでどうするの?
世の中にはね、お前やお前の母親が信じているように
真心を叫んであるく男で溢れてるわ。

そして、キム・ジョンハンは長い間宮廷に見捨てられて放浪していた男で、
やっとの思いで復職でき、任された重要な仕事を成功させて手柄を立てたいがためにお前に近づいたんだと吹き込みます。

+-+-+

力なくペンムの部屋を後にしたミョンウォルですが、そこへちょうどペンムを訪ねてやってきたジョンハンが。
「罰が重いと怒っているのか?」と優しく尋ねるジョンハン。

ジョンハン:
누가 뭐라해도 자네와 스승 백무는 좋은 사제간이야.
둘이 힘을 모은다면 조선의 예악은 크게 성장할 것일세.그러니…

誰が何と言おうと、君と師匠ペンムはいい師弟だ。
二人が力を合せれば朝鮮の女楽は大きく成長するはず。だから…

ミョンウォル:
대감에 권세도 또한 하늘에 찌르겠군요.
大監の権力もまた天に届きますね。 

ジョンハン:
이보게, 명월이…
おい、ミョンウォル… 

高い階級へ上がりたいのですか?それなら仕事を成功させて殿下に賞賛されなければ。それには鶴の舞の舞譜が必要ですね。…
わざと心にもないキツイ言葉を並べ立てるミョンウォル。

ミョンウォル:
틀립니까?
그렇게…그렇게도 권세가 좋으십니까?
하잘것 없는 기생년의 첫정마저 이용하려 들만큼
그 권세가…그리 대단한 것입니까?

違いますか?
それほど…それほど権力がお好きですか?
卑しい妓生の初恋まで利用しようとするほど
権力が…それほど立派なものでしょうか?!

何も言わず悲しそうにミョンウォルをみつめるジョンハン。

+-+-+

ペンムの部屋。

ペンムとメヒャン、そしてミョンウォルとプヨンは4人とも朝鮮の芸楽にとってなくてはならない人。
その1人でも失うことにならないようにと考えてのことだった、と語るジョンハンに理解をしめすペンム。

ジョンハン:
특히 자네와 명월이 그 애틋한 사제간의 화해를
간절히 바라는 마음이 컸어.
자네 둘이 마음을 모아 조선의 재예를 신장시켜가는 양을 지켜보고 싶었다 이말이야.

特に、そなたとミョンウォルがそのやるせない関係から和解することを
切実に願う気持ちが強かった。
そなたたち二人が心をあわせ、朝鮮芸楽を進展させるのを見守りたかったのだ。

それにもまた理解を示すペンム。
「それなのになぜ、私の真心をそのように歪めたのだ?」
さっきミョンウォルが涙ぐみながら言ったこと。それを差しているのです。

ペンム:
대감의 그 진심에 저 반편이의 마음이
또다시 맥없이 무너지기를 원치않는 까닭입니다.

大監のその真心で、あの愚か者の心が
またあえなくダメになってしまうのを望まないからです。

ジョンハン:
무슨 말인가?
どういうことだ?

ペンム:
…은애하고 계십니까?
명월이 그 아일 은애하고 계시지요?

…愛していらっしゃるのですか?
ミョンウォル…あの子を愛していらっしゃるのでしょう?

ジョンハン:
그래도 이 사람이…
まったくこの人は…

ペンム:
그럴 것입니다.
명월이 그 천치의 마음도 또한 대감의 그것과 한치한푼 다를 게 없겠지요.

そのはずです。
馬鹿なミョンウォルの心もまた、大監と少しも違わないでしょう。

ジョンハン:
어허!
何と?!

ペンム:
오늘 연희가 그 연희에서 명월이 그 아이가 춘 춤이
백마디 말보다 더 확실한 증좌 입니다.

今日の宴でミョンウォルが踊った舞。
それが百の言葉よりも確かな証拠です。

ジョンハン:
그 춤은 간 사람을 위해서 춘 것일세.
その舞は亡くなった人のために踊ったものだろう?

ペンム:
대감에 대한 진정을 간 사람에 대한 추억으로 착각을 한 것입니다.
이제 그만 명월이 그 아이의 인생에서 빠져주십시오.
대감처럼 진심을 중히 여기는 분은
절대 기녀의 사랑 그 상대가 될 수 없습니다.

大監への想いを亡くなった人への想いだと錯覚したのです。
もうこのあたりでミョンウォルの人生から去ってください。
大監のように真心を大切にお考えの方は
決して妓生の愛の相手になることはできません。

ジョンハン:
이보게!
おい!

ペンム:
진심없이 노리개로 여기시겠습니까?
하루정 나누고 다음 날이면 아무일 없었다는 듯
갓끈 매고 돌아서는 그 길로 그 아일 잊으실 수 있으신지요?

真心を捨て、玩具であるとお考えになれますか?
一夜の情を交わした翌日には何事もなかったように
冠の紐を結び、あの子を忘れてお帰りになれますか?

ジョンハン:
노리개라니…?
자네도 기녀로 살면서 그 애환을 누구보다도 잘 아는 사람이
어찌 그리 잔인한 말을…?

玩具だと?
そなたも妓女として生きながら、その哀歓を誰より知っているのに
なぜそのような残忍な言葉を…

ペンム:
그래서 대감은 안된다는 것입니다.
이별을 가벼이 여길 줄 아는 자가 아니면 기녀의 상대가 될 수 없습니다.
자신의 전부를 줄 수 없으면서 진심을 주는 상대가
기녀에게 얼마나 헛된 희망을 품게 하는 줄 아십니까?
저는 명월 그 아이가 또 다시 헛된 희망을 품고 (?)기리는 꼴을
보고 싶지 읺습니다.

だから大監は無理だと言っているのです。
別れを軽く思える者でなければ、妓女の相手にはなれません。
自分の全てを与えることができないのに、真心を語る人が
妓女にどれだけ無駄な希望を抱かせるかお分かりですか?
私がミョンウォルがまた無駄な夢を抱いて苦しむ姿をみたくありません。

<ファンジニ14話動画 2-2>

ペンム:
차라리 분기와 모든 것을 잃은 결핍감을 안고
평생 살기 원합니다.
허면…매달릴 것은 재예뿐이지요?
진이 그 아인 천부의 예인.
오직 재예만 위해 살게 해 주세요.
그것이 조성여악의 발전을 위해서도 큰 보탬이 되질 않겠습니까 ?

いっそ、怒りと全てを失った欠乏感を抱いて
生涯生きてほしいのです。
そうなれば…すがれるのは才芸だけでございましょう?
ジニは天性の芸人。
ただ才芸のためにだけに生かしてやってください。
それが朝鮮女楽の発展のためにも大きな助けになるはずです。

[tegaki]う~ん、難しい。[/tegaki]

「大監への想いを、亡くなった人への想いだと錯覚している」というペンムの指摘。
その通りですよね。
ジョンハンを愛するようになり、彼を想う心が、昔ウノに対して抱いていた同じ感覚を思い起こさせた…そういうこと。 
また、ウノへの愛を貫くために芸を捨てようとしたのも事実です。
でも、ペンムが願うようにジョンハンが去り、またミョンウォルが妓生として虚しい日々を送るようになれば、あのように人を魅了する舞は踊れなくなるでしょう。 

+-+-+

3ヶ月を松都で過ごした後、都城へ帰るメヒャンたち。
「修練は正午からよ。」と優しく声を掛けるペンムに、ミョンウォルは「今日はピョクケス大監の宴に呼ばれています」と。
「修練の時間はいくらでもあるわ」と送り出すペンムです。

+-+-+

ピョクケス大監の宴の席。

酒を浴びるように飲み続けるミョンウォル、そして、ドン引き気味の両班たちと、もてあますピョクケス(^∀^ヾ
「松都の名妓、我らがミョンウォルが来ているのにカヤグムはないだろう。コムンゴを弾いてくれ」と頼む両班たち。
ピョクケスは「この人は今日は弾く気がなさそうだから、代わりに私が弾こう」とその場をとりなします。
うぅ…涙ぐましい姿(涙

この続きはまた次回聞き取っていくことにします(*^-^)

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,