韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

ネイルもカンタービレ(のだめカンタービレ韓国版)あらすじ&日本語訳 6話vol.1

   

シム・ウンギョン、チュウォン主演、「ネイルもカンタービレ/明日もカンタービレ」(韓国版のだめカンタービレ)6話です♪
Sオケ初公演が終わって、一旦燃え尽きてしまった上(爆)、このエピちっともテンションが上がらないので(爆!)ちょっと軽めに行きます。

+-+-+-+

プールの底に沈んでしまったユジンを助けたのは、そばにいた若い男性だった。
プールサイドへ助け上げ、胸を押さえると、ユジンは飲み込んだ水を吐き、息を吹き返す。

ネイル「オラバン、しっかりして!!!」

おぼろげな意識の中で、ユジンは仰向けに倒れたまま天井を見つめる。「…。」

「私のせいだ!」ユジンが息を吹き返し、仲間が駆けつけたのを見届けると、助けた男性はそっとそばを離れた。

+-+-+-+

医務室のベッドで、ユジンはまたいつもの悪夢から目覚めた。

119

ユジン「飛行機にも乗れない、水も怖い…。留学なんて行けるわけがない」

絶望的状況に、ユジンは笑いさえ漏らした。

+-+-+-+

「ウォーターパークに行っていたの?」ユジンを助けた男性、イ・ユヌは後部座席で母親からの電話を受けた。

ユヌ(電話)「えぇ。母さんの言うことを聞くんだった。ホント退屈でしたよ」
母(電話)「そうよ。大したことないって言ったでしょ。突然どうして行きたくなったのよ?」
ユヌ「やりたいことをやってみようと思って」
母「手に負担を掛けちゃ駄目よ。いいわね?」
ユヌ「分かりました。また連絡しますね」

ユヌは電話を切ると、横においていたPDAを手に取った。
リストの中の4行目を線で消すと、下に次の番号を書いたところで手を止めた。

120

<リスト>
1.両親と旅行
2.一人でレストランへ行く
3.一日中映画を見る
4.ウォーターパークに行く
5.

ユヌ「…。」

+-+-+-+

いたずら3人組は完全に沈んでいた。
ここはどうやら音楽祭会場の宿泊施設だ。

イラク「まだ寝てるのか?」
スミン「(イラクを叩き)起きちゃうでしょ!(ネイルに)あんた、チャ様のとこに行かないの?」
ネイル「…怖いんです。先輩が死…!」
スミン&イラク「…。」
ネイル「先輩のこと考えたら、すごく怖いんですー」
スミン「私も…。チャ様、やっぱり水が怖いだろうね」
ネイル「…。」

「隠したがってるものは、知らんぷりしてやるのが友だちだ」イラクが窘めた。

そのとき、部屋の扉が開くと、シュトレーゼマンがユジンを無理やり引っ張って出てくる。「助手のくせに何寝てるんですカ!」

ネイル「ミルヒ、先輩は病人なんです!死にかけたんですから!」
シュトレーゼマン「Oh、ベイビちゃん。少し見ない間にキレイになりましたネー。推薦した甲斐がありました」
ネイル「推薦基準は美貌だったんデスか?」

引っ張られるがままだったユジンが、シュトレーゼマンの手を振り払った。

ユジン「何信じてんだよ?(シュトレーゼマンに)教授、僕をこき使うために推薦を?」
シュトレーゼマン「知っててどうして寝てるんです?」
ネイル「どれだけ苛めるつもりデスか!」
スミン「教授は戻って投票してくださいよ!」
イラク「チャ・ユジン、お前のことはオレらが守るからな!」

「Oh、投票しろと?」シュトレーゼマンは涼しい顔だ。

シュトレーゼマン「ワタシがどちらに投票すると思いまスカ?」
ユジン「!」
シュトレーゼマン「ワタシが投票しなくて得をしたのは、Aでしょうか?Sでしょうか?」
一同「…。」

シュトレーゼマンは厳しい顔でユジンの耳を掴み、無理やり連れ去った。

+-+-+-+

「煙草を吸った手で楽器を弾くつもり?」「いつも姿勢を正しなさい」…
学生一人ひとりに声を掛けながら、音楽祭会場を歩いてくる女性がいる。
「教授」彼女は不意に現れた誰かの姿に立ち止まった。

ユヌだ。
彼はまっすぐやってくると、教授にハグをする。

教授「相変わらず感情表現がオーバーね。だから演奏もオーバーなんですよ」
ユヌ「2年ぶりですね、先生。推薦してくださってありがとうございます。推薦状をいただいて、すぐ駆けつけたんです」
教授「ユニセフの欧州公演と重なるって言うから、来られないかと思いましたよ」
ユヌ「先生の推薦を断るわけにはいきません」

ユヌは教授を見つめ、首をかしげる。「相変わらずお美しいですね」

ユヌ「胸がトキメキますよ」
教授「その心にもないお世辞、いい加減にしなさい。イ・ユヌ君」
ユヌ「また誤解なさってる。本気で言ったのに」

121

ユヌは教授の手を取って微笑んだ。

ユヌ「僕が見た中で一番綺麗な手です。人をそわそわさせ、幸せにし、そして悲しませる」

教授は少し照れたように笑みをこぼした。

ユヌ「食事しましょうよ、先生」

「もう食べました」教授はイタズラっぽくユヌの手を払いのける。

教授「でも、イ・ユヌ君が来てくれて、音楽祭の格が上がったようだわ」
ユヌ「(ニッコリ)」
教授「フランツがおかしな学生ばかり推薦したものだから、困っていたのよ」
ユヌ「マエストロシュトレーゼマンがいらっしゃってるんですか?」

#あかん。耐えられん。とってつけたようなキャラにも程がある。

+-+-+-+

美しい景色を前に、巨匠は自撮りに余念がない。
いいショットが撮れると、彼はそれをメールに添付した。

シュトレーゼマン(メール)「ミナ、ワタシは元気です」

そのとき、当のミナから着信が入った。

シュトレーゼマン「おっ?」(←可愛ええ♥

「ようやく電話が繋がったわ」学長のミナが電話の向こうで言う。

シュトレーゼマン(電話)「何か良くないことでも?」
学長(電話)「最悪なのはフランツが逃げたことでしょうね」
シュトレーゼマン「Oh、ミナ。本当にスミマセン。先に言えばミナが困るだろうと」
学長「分かってます。大きな構想のための礎だって」
シュトレーゼマン「Oh、そのとおり。大きな構想のための」
学長「でも、もう分からなくなったわ。深い意図があるのか、ただの気まぐれなのか!」

そこで学長は電話を切った。「少し悩めばいいのよ」

+-+-+-+

会場内の庭にネイルがいた。
なぜか街灯を登ろうとしているところに、ユヌが通りかかる。

ユヌ「大丈夫ですか?」
ネイル「あのー、ひょっとしてラウンジに行きませんか?」
ユヌ「えぇ、行きますけど」
ネイル「それなら、ラウンジに行って、一番カッコいいオラバンを…」
ユヌ「?」
ネイル「あ、チャ・ユジン先輩っていう人がいるんです。もうちょっと窓際に近づいてくれって、その人に言ってくださいませんか?ここから全然オラバンが見えないんです」

「オラバン?」ユヌはウォーターパークで溺れた男性に突進してきた女の子を思い出した。
あのときの彼女だ!
「また会ったな」彼はポツリと呟く。

ネイル「あのー、早く行ってくださいませんか?もう2時間も見えなくて禁断症状が…」
ユヌ「けど、僕がどうして?」
ネイル「?」
ユヌ「?」

「イヤならいいです」ネイルは再び果敢に街灯をよじ登り始めた。

ユヌ「あぁ、そんなことしてたら怪我します。僕が見えるようにしてあげますから」

彼はネイルの手を不意に掴む。「そのオラバンを♪」

+-+-+-+

「…。」ユジンは目の前に現れた見知らぬ男を前に、呆れた表情を浮かべる。

122

ユジン「ここまで付いてくんのか?」
ユヌ「え?」

「出て来い」ユジンは慣れた様子でユヌの後ろを覗く。
ユヌの後ろから、ネイルがおそるおそる顔を出した。

ネイル「…。」
ユジン「お前、コアラか?何で人の背中にくっついてんだ?」
ネイル「ごめんなさい」

ユジンは溜息をつき、ネイルの腕を引いて連れて行こうとした。
「待ってください」ユヌがもう片方の手首を掴み、引き止める。「!」

ユヌ「女の子に対して酷すぎるんじゃないですか?」

「女の子?」ユジンの視線がネイルに移る。

ユジン「これが?」
ユヌ「そんな言い方ってありますか?まさかあなたみたいな人が音楽をやるわけじゃないですよね?」
ユジン「…。」

ネイルは両手をイケメンに掴まれ、降って湧いたようなシチュエーションに困って俯いた。
そこへ現れたシュトレーゼマンは彼らの存在に目もくれず、重苦しい表情で近くの椅子に腰を下ろす。

シュトレーゼマン「冷たい水を。氷たっぷりで」

「はい」ユジンが返事をしてその場を離れようとした。

ユヌ「マエストロシュトレーゼマン、僕を覚えておいでですか?」
ユジン「?」
ユヌ「イ・ユヌです。昨年僕の独奏会に来てくださったでしょう?」

「あぁ!あの有名なチェリスト?!」ネイルが顔を輝かせた。

シュトレーゼマン「知っているもないも。心に残るリサイタルでした」

そう言っておいて、シュトレーゼマンはユジンに水を催促する。「水を頼んだんですよ」
キッチンへ向かいながら、ユジンはぼやいた。「あの年で氷水なんて」

+-+-+-+

先に氷水を差し出すユヌを制し、ユジンは水だけを入れたグラスを差し出す。

ユジン「氷水は歯に滲みます。これをどうぞ」
ユヌ「マエストロは氷水をと仰ったじゃないですか」
ユジン「頼まれたら何でも渡すんですか?(シュトレーゼマンに)どうぞ」

シュトレーゼマンはユジンの差し出したグラスを受け取り、ゴクゴクと水を飲む。

シュトレーゼマン「音楽祭の開会イベントに行きましょう。気難しいユン・イソンは気に入らないが、今は酒が必要です。たっぷりネ」
ネイル「ミルヒ!私も行きます♪」
シュトレーゼマン「Oh、いいですヨ!今夜は一晩中飲んで、ワタシたち二人で…」

「お前!」シュトレーゼマンの言葉を遮り、ユジンがネイルに指をさした。「課題曲は練習したのか?」
ネイルは口をあんぐり開け、首を横に振る。
「さっさと練習しろ」ユジンはそう言い、シュトレーゼマンの腕を取ると、その場を後にした。

ネイル「私のライバルはストーカー先輩じゃなくてミルヒだったんだ…!」

+-+-+-+

ユジンは泥酔したシュトレーゼマンをやっとのことでベッドまで運んだ。

ユジン「こんなくだらんことさせるためにオレを呼んだのか。このクソジジイ」
シュトレーゼマン「(ムニャムニャ)全部聞こえてますヨ…このヤロウ、弟子が師匠にクソジジイ?!」

「弟子?」寝室を出て、ダイニングでグラスに水を注ぐと、ユジンは壁越しに言った。

ユジン「ただの小間使いをエラく高尚に例えるんですね」
シュトレーゼマン「ふん… 光栄だと思いなさいヨ。ワタシの小間使いになるのが簡単だと思ってるんでスカ?」
ユジン「えぇ、えぇ。光栄ですよ。あらゆるミッションを与えられて、苦労が耐えませんがね」
シュトレーゼマン「それが… ただのミッションだと思ってるんでスカ?」
ユジン「?」
シュトレーゼマン「団員たちの顔も知らず、ただ総譜だけ見入ってるヤツに、どうして指揮を任せられますか」
ユジン「…。」

123

シュトレーゼマン「人を見ようとしないヤツに、指揮など出来るワケがありまセン。指揮者の場所がナゼ真正面なのか…?団員たちをよく見るためです」
ユジン「…。」
シュトレーゼマン「ようやく指揮者になろうとしているヤツが… 何を文句ばかり…」

ブツブツ言いながら、シュトレーゼマンは眠りに落ちる。

ユジン「…。」

掛け布団を掛けにやって来たユジンが寝室を出て行く。
ソファに腰を下し、ユジンはそこに置いてあった楽譜をなにげなく開いた。
…と、シュトレーゼマンはそっと目を開ける。「…。」

+-+-+-+

ト教授がアン教授のレッスン室へやって来る。

ト教授「ユン・イソン音楽祭は何も問題ないようですか?あの落ちこぼ…」
アン教授「?」
ト教授「いや、学生たちとシュトレーゼマン教授は何もトラブルを起こしていませんか?」
アン教授「何もありませんよ。ご心配なく」
ト教授「ユン・イソンはエラく気難しい人ですから」
アン教授「…。」
ト教授「まぁ、オーケストラもやりましたし、実力は伸びているでしょう。まさか昔のレベルのままってことはないでしょうね?」
アン教授「…。」

+-+-+-+

「そんなレベルでここへ来たのか?お前は退席だ!!!」イラクはレッスン室の外へ問答無用で放り出された。

「だから練習しろって言ったでしょ」落ち込んでいるイラクを、スミンが食堂でなだめる。

スミン「毎年オーディションに受かった子しか来られないんだから、皆上手くて当たり前よ」
イラク「これほどとは思わなかった」
スミン「私なんかね、午前のレッスンで褒められちゃた~♪ あんな有名なティンパニストに~♪」

実際は…

「出て行きなさい!講師に向けてバチを投げるなんて!二度と入って来ないで!」イラク同様、放り出されたのだった。

スミン「投げたんじゃなくて、パフォーマンスしようとしただけなのに。公演のときはウケたでしょ?」
イラク「おい、ソルレバル。お前まで追い出されたらエライことだぞ。しっかり練習したか?」
ネイル「(頷く)心配ありません!課題曲、練習しましたから!」
イラク「おぅ!よくやった、ソルレバル!」
スミン「ユン・イソン先生はホントに怖いから、失敗しないでね」
ネイル「…怖い?」

「怖いのはイヤだな…」ネイルの勢いが急速にしぼむ。

スミン「アン先生みたいな方ばかりなわけないでしょ」
ネイル「怖いのは絶対イヤなんだけど…」

+-+-+-+

ネイルはユン・イソン教授のレッスンに参加した。

ネイルの見ている目の前で、先にレッスンを受ける生徒が竹刀で叩かれる。

# …にしても、この生徒はありえない。リアリティゼロ。

基礎のなっていない生徒をさっさと下がらせ、ユン教授は次の生徒を呼んだ。「ソル・ネイルさん」
ネイルは恐怖に震えながらピアノの前に座った。

緊張で… 手が動かない。
ユン教授の竹刀が、ネイルの背中を打った。

ユン教授「ふざけてるんですか?もう一度最初からちゃんと弾きなさい」

「!!!」パニックになったネイルの頭の中に、子どもの頃レッスンで叩かれた記憶が甦る。

~~~

「オクターブでミスが多いわ。練習してないの?」先生は幼いネイルの手の甲を定規で叩いた。
「もうやめたいです」そう呟いたネイルの手を掴み、先生は鍵盤の上に無理やり叩きつけたのだ。

ピアノ教師「もう一度最初から、百回弾きなさい。また間違えたら千回よ」

先生はそう言ってメトロノームを仕掛ける。
ネイルが弾き始めたのは、ブルグミュラー25の練習曲3 牧歌だ。

ピアノ教師「ピアノは趣味で弾くものじゃない。あなたの未来なのよ!!!」

のどかな牧歌には似つかわしくもない、殺伐としたレッスンだった。

~~~~

「!!!」楽譜がかすんで見えない。
次の瞬間、ネイルは逃げ出した。

ユン教授「ソル・ネイル!!!」

+-+-+-+

外へ駆けてきたネイルは、ベンチにしがみついて泣いた。

ネイル「…オラバン」

126

+-+-+-+

ネイルはやっとのことで部屋にいるユジンを見つける。

ネイル「やっと見つけた。どこにいたんですか?」
ユジン「どうしたんだ?」

ネイルは気持ちを落ち着けようと、ユジンの手をぎゅっと握る。
彼女の様子に、ユジンは呆れたように笑った。

ユジン「おい、仔犬かよ?」
ネイル「…。」

「マスタークラスは?」ユジンはネイルの握った自分の手を引っ込めた。「どうなんだ?」

ネイル「(首を横に)知りません… そんなの」
ユジン「?」
ネイル「私、早く家に帰りたいです。先輩が作ったご飯が食べて、ただ先輩と楽しくピアノ弾きたいです」
ユジン「だったらさっさと帰れ」
ネイル「!」
ユジン「誰かにとっては命ほど大事なチャンスなんだ。ムダに使うな」

「…。」言葉を失うネイルを残し、ユジンは素っ気なくその場を去った。

+-+-+-+

トギョンはユジンの母ソニョンのカフェを訪れていた。
久しぶりに会ったトギョンに、ソニョンは感激する。

トギョン「ホントにカフェをなさるなんて。お母さんらしいです」

「私たちのこと、お聞きになりましたよね?」トギョンがそっと探りを入れた。

ソニョン「えーと。そうね。付き合って別れた。そのくらいはね」
トギョン「…。」
ソニョン「上手くやってるんでしょう?」
トギョン「勿論です。恋人じゃなくなっても、友だちとしては変わりません」

バイト中のミニはカウンターの中で誰かにこっそり電話を掛けた。

ミニ(電話)「あのね、店にトギョン先輩が来てるんだけど、ひょっとして…。あぁ、元恋人?ユジン先輩が言ったの?ふぅん、じゃあ別れたのは間違いないんだね。それなら良かった。だって、うちの社長の前で嫁みたいに振る舞ってるから、なんだか変だと思って。社長の息子さんがうちの大学に通っててね、その人と付き合ってるみたい」

+-+-+-+

シュトレーゼマンはトイレに籠城していた。

職員「無理ですか?何度も吐くなんて、一体何を召し上がったんです?」
ユジン「ワイン4本…」
シュトレーゼマン「!」
職員「マエストロの指揮なしでワークショップは出来ません。どうしたものやら…」

トイレから出て来てうなだれているシュトレーゼマンが顔を上げた。

シュトレーゼマン「弟子が… 代わりにやります」
ユジン「僕が?!」

「弟子がいたのか!」職員が顔を輝かせた。「マエストロに弟子がいたとは!」

職員「午後は君が代わりにやってくれればいいよ」
ユジン「僕がですか?」

「勉強はもちろんしてありますネ?」シュトレーゼマンが言う。

ユジン「そりゃやりましたけど、そんなの話になりませんよ。僕がアンサンブルのワークショップで指揮するなんて!」

+-+-+-+

仕方なく、ユジンは急遽、シュトレーゼマンの代わりに指揮に立った。
ユン・イソン教授を始め、多くの人が見物に集まる中、ユジンはなんなく代理指揮を務めた。

外へ出て来たある女性が、興奮した様子でどこかに電話をする。「シュトレーゼマンの弟子らしいわ!」

女性(電話)「ホントに大衆にウケるビジュアルなんだってば!名前はチャ・ユジン。うん、えぇ?!ピアニストのチャ・ドンウの息子?ホントナノ?!」

「シュトレーゼマンが弟子を育てるなんて。絶対にそんなことしなかった人なのに」ユジンの指揮を初めてみたユン教授は、その堂々たる指揮ぶりに唸った。
「留学はどこへ行くのかしら?シュトレーゼマンについて行くのかしらね」後ろにいる女性が言う。

盛り上がる人々の様子を、ネイルは離れたところで寂しげに眺めた。「留学?」
「いつの間にいたんだよ?」ネイルに気づいたイラクとスミンが駆け寄った。

イラク「ユジンが指揮するの、見たか?凄かったよな」
ネイル「…。」
イラク「イケメンで実力アリ。マジで羨ましいぞ」
スミン「そうそう♪」

「だから好きなのに」ネイルは溜息をつく。

ネイル「そのせいで不安だ」
イラク「ん?何が?」
ネイル「…。」

124

+-+-+-+

学長のところへトギョンがやって来た。

#この子、頭におバカなリボンつけるのとかやめればいいのに

学長「お父様に聞いたわ。あなたがすごく落ち込んでるって、心配なさってたわ」
トギョン「大丈夫です。オーディションに落ちるなんて、よくあることですから」
学長「私は随分期待してたけど。でも、分かってるわね?オーディションのチャンスを掴んだだけでも、あなたは認められたってことなのよ。あともう少しだけ…」
トギョン「あともう少しだけ…」
学長「?」
トギョン「あともう少しだけ努力しよう…それで来られたのはここまでなんです」
学長「…。」
トギョン「学長、私が努力して上手くいくって、本当にそうお思いですか?ご存知じゃないですか。努力だけじゃ、決して天才には追いつけないって」
学長「トギョン…」
トギョン「いいんです。天才じゃないのは、仕方ないことですから」
学長「…。」
トギョン「天才の… 隣に立つことで満足しなきゃ」

125

+-+-+-+

心配する父親からの電話に、イラクはレッスンから追い出されたことを言えず、順調な振りをした。
その電話を切ったところへ、今度は隣のスミンの電話が鳴る。「お~、シウォン!」

駈け出したスミンを、イラクが追いかけた。「ちょっと待てよ♪シウォン?」
イラクはニヤニヤしてスミンの電話に耳に寄せる。

スミン「ちょっと!ユ・イラク!何よ、変態!!!」
イラク「…。」
スミン「(電話に)切るね、シウォン」

スミンはそのまま電話を切った。

イラク「お前!言ってそのまま電話切ったろ!聞こえたろ、今!」
スミン「何を?」
イラク「さっさと電話してオレが変態じゃないって言え!誤解すんだろ!」

「何が誤解よ」怪訝な顔で去っていくスミンの後ろ姿を、イラクはぼんやり眺める。

イラク「シウォンは変態好きかもな。 …なワケねーって!!!」

+-+-+-+

よくわからないまま切れた電話に、シウォンは無言で携帯を見つめた。
ここはイラクの父親の店だ。

ジェヨン「何て?自慢ばっかだろ?裏切り者のマ・スミンめ」
シウォン「自分のオケで最善を尽くすのが裏切りなわけないでしょ」
ジェヨン「好きなだけ楽しめばいい。理事会が黙ってるはずないからな」
シウォン・ソンジェ「?」
ジェヨン「評判高い音楽祭に、学校の落ちこぼれたちを連れて行ったんだ。問題が起きないわけがない」

そこへやって来たイラクの父が乱暴にメニューをテーブルに叩きつけた。「ご注文を。お客様」

+-+-+-+

ここで区切ります。
うーん、すごくキツイ言い方をしますが、絵ばかり綺麗で、上っ面を撫でてる感じがものすごく居心地悪いです。
ユジンの指揮するシーンも含めて。
このエピ自体あまり気分のいいものじゃないので、さっさと終わって欲しい…^^;

一番居心地悪いのは突然現れたユヌですが、黒木くんにチェロの菊地テイストを混ぜたんですかね。
しばらく我慢して見守ります…。

 - のだめカンタービレ(韓国版) ,