韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

夜警日誌【今日のワンフレーズ】

   

チョン・イル、チョン・ユンホ(東方神起ユノ)出演「夜警日誌」5話より。

王であるキサン君からリン(チョン・イル)の護衛を命じられたムソク(ユノ)。
そんな命令を出すなんて王は耄碌(もうろく)したんじゃないか、と言う友人テホを一喝した言葉です。

sentense

주상전하를 욕보이는 언사
チュサン チョナルr ヨッボイヌン オンサ
主上殿下を侮辱する言葉は

자네라도 용서치 않네.
チャネラド ヨンソッチ アンネ
君でも許さない

211

義理堅いムソクを象徴している台詞ですね^^

>>それぞれの語句と文法を見ていきましょう。

wordcheck

1. 주상 「主上、王」

王のことを指す言葉です。

2.전하「殿下」

歴史的な話になりますが、李氏朝鮮は中国(民)の臣下国だったので、中国の皇帝と同じ陛下という呼称は使えませんでした。
※もっと古い時代の史劇を見ていると、폐하(陛下)と呼んでいることがありますよね^^
そこで、この時代の王は一段階下げて「殿下」と呼ばれています。
それにつられ、王位を継ぐ王子(세자:世子)の呼称も저하(邸下)となります。

3.욕보이다「辱める」

욕을 보이다の助詞을を省いた形。
욕は「辱」。悪口という意味もあります。

本文では욕보이는 という現在連体形になっており、後の언사という名詞に掛かっています。

욕(을)보다で、逆に「辱めを受ける、辱められる」という被害者側の表現になります。

4. 언사「言辞、言いぐさ」

現代劇の日常会話ではあ~んまり聞かないような(笑)

5.  자네「君」

自分と同等か、あるいは目下の相手に使う二人称です。

この本文の場合は友人に対して使っていますが、現代で友人に「자네」と言うのはあまり聞きませんね。
上司→部下など、はっきり上下関係がある場合によく聞く気がします。

6.  용서하다「許す」

よく出てくる動詞です。
次の項目で解説しますが、本文では否定形で하の部分が欠落しています。

例)나 용서해 줄 수 있어요?(私を許してもらえますか?)

7.  -치 않다「~しない:否定表現」

-하지 않다が縮約された形です。

縮約しないで言うなら、용서하지 않다.
하 と지 が合体したと考えればいいでしょう。

実はさらに찮다と縮約されることも。

正式:용서하지 않다
縮約:용서치 않다
もっと縮約:용서찮다

8.-네「~よ:ぞんざいな語尾」

-네という語尾は今でもよく使われ、いくつかニュアンスがありますが、
この場合は主に目下の相手に「私は~だよ」と伝えるものですね。

例)나 가.(私は行く)※本文の-네と同じニュアンス
例)비가 오.(雨が降ってるなぁ)※独り言
例)너 일찍 왔.(あんた、早く来たねぇ)※驚き、詠嘆

 - 今日のワンフレーズ ,