韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ15話&動画(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ15話に入りますね。

ミョンウォルが芸の道を進めるよう、彼女のために自分の気持ちを抑え、松都を去ろうとするジョンハン。
二人が、お互いに心にもないことを口にし、無表情の奥に本心を押し隠していることがとても苦しいですね…。

一方、いつも全力投球のピョクケスくん♪
逆に金で一夜を買おうとされても…めげないめげない
あくびされても…我慢我慢
ついには、ミョンウォル好みの音をだすため、自慢だった自分の演奏を捨て、
ヒョングムに教えを受ける健気さ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

もういい加減、哀れに見えてきた人も多いのでは?

まあ、がむばれ。そのうちいいことあるさ(* ̄ー ̄*)。oO

一生懸命頑張った甲斐があったのか、ミョンウォルの気を引くことに成功だっ!
後一歩だぞ~

#どうしても花より男子のときのテンションになってしまうorz


韓国時代劇王もとうとう第5弾
「チニを彩った男たち それぞれの愛し方」とは?!

<ファンジニ15話 動画 1>

去ろうとするピョクケスの後ろ姿にミョンウォルが投げかけたのは、彼を引き止めるための詩。

「流れの速い渓流は海に流れ着いたら引き返せない。明月の夜は休んでいくのもよし」(*^-^)

思わず足を止め「振り向きたい!」「戻りたい!!」あ゛ーーーっ
でも、ヒョングムに「振り返ってはいけない」と言われた彼、やっとのことで歩みを進めます。

少し進んだところで、後ろにいるはずのミョンウォルがどうしているか気になってしかないピョクケスくん♪

ピョクケス:
어쪄고 있느냐 ?
(従者にミョンウォルの様子を尋ねて)どうしている?

従者:
오질 않으려나?
(後ろを見て)来ないのかな…。

ピョクケス:
뭐야?
何だと?

従者:
저런, 저 !!!
あれは…あっ!

ピョクケス:
왜 ?!
何だ!

従者:
가말 타래요.
篭に乗ろうとしています。

ピョクケス:
가말 탄다 ?!
篭に乗るだと?!

従者:
저리 못 들어지게 시까지 읊었는데
뒤도 안 돌아보시고 가시니 노하여진게 아니겠습니까 ?
여기까지 간신히 불러냈는데 저리 보냈다가 다시는 대감께 오지 않겠다 하면…
아이..그 좀 보십시오, 좀…
이제 아예 길을 울와 정반대편으로 잡으려나 본다.

引きとめようと詩まで詠んだのに
後ろも振り返らずに帰られるので、怒ったのではないですか?
ここまでやっとのことで呼び出したのに、あのように帰らせて、もう大監のところには来ないと言ったら…
えっ?ちょっと、ご覧ください、ちょっと!
はなっから我々と正反対に進もうとしてるようですよ!

ピョクケス:
뭐야 ?!!!!
何だとぉ!!!

逆上して振り返ろうとして馬から転げ落ちるピョクケスくんorz
ミョンウォルは愉快でたまりません。

ミョンウォル:
마음은 뒤에 두고 앞 안 보고 가시려니 얼마나 고단하셨습니까 ?
그래도 잘도 참고 여기까지 오셨습니다.

心を後ろに置いたまま前を見ずに進もうとなさるなんて、どれほどお疲れでしょう。
それでもよくここまで我慢なさいましたね。

ピョクケス:
네 이년 !!!!!
貴様!!!!

ミョンウォル:
참으로 딱하십니다 , 대감 .
위로는 아무것도 얻(?)습니다.
그것이 천한 년의 마음이라 해도 말입니다.
가자.

本当にお気の毒です、大監。
偽物では何も得られません。
それが賤しい女の心だとしても…。
(従者に)出発して。

+-+-+

部屋に戻ったミョンウォルは、ピョクケスから贈られた詩をもう一度確かめます。

ミョンウォル:
이건 그자의 시가 아냐…
그자의 시일리가 없어.

これはあの者の詩ではないわ…
そんなはずがない。

一方、ジョンハンは、机の上に置いてあった詩を見て、ピョクケスに問いただします。
「これは君の筆跡だ。なんのために私の詩を写した?!」

ミョンウォルに贈ったはずの詩がジョンハンの部屋にあるのが理解できないピョクケス。
ジョンハンに自分のしたことを認めます。

ピョクケス:
그래. 내가 자네의 시를 도둑치러 했어.
아주 갸륵한 시들이더군.
그 계집에게 건너가는 자네 마음이 아주 갸륵해.
하나 하나가 모두 절찬이야.
…해서 그 마음을 흠쳐서…그 마음을 흠쳐서라도 !
그 계집의 마음을 잡고 싶었어.

ああ。私は君の詩を盗んだ。
実に健気な詩だ。
あの女への君の想いが実に健気だ。
一つ一つが全て素晴らしい。
…だから、その心を盗み…盗んででも!
あの女の心を掴みたかった。

ジョンハン:
자네 정말…
君という人は全く…

ピョクケス:
비웃고 싶음 비웃어.
조롱하고 싶음 조롱해도 좋아.
지금 나도…이런 내가 한심해서 죽을 지경이니까.

笑いたければ笑え。
嘲笑したければするがいい。
私も…こんな自分が情けなくてたまらないから。

ジョンハン:
거짓은 힘이 없어.
사람의 마음을 움직이는 건 누가 뭐라고 해도…

嘘に力はない。
人の心を動かすのは、誰が何と言おうと…

ピョクケス:
진심이라고 ?
그 진심이 타령 집어치워.
( ? 없고 ?) 지긋지긋해.
나는 나고자라면서 단 한번도 그런 걸 배우고 온 바가 없어.
속내를 의심해라…웃는 얼굴 경계해라…
제일 먼저 의심해야 할 것은 가장 절친한 지기다…
감언이설에 속아 넘어가지마라…
그저 넘치는 재물과 권세로 계집도 사고 지기도 사라.
또 !

真心だと?
それ決まり文句、いい加減にしろ!
( ? )でうんざりだ。
私は生まれてから一度もそんなものは習わずに来た。
内心を疑え…笑顔を警戒しろ…
まず先に疑うべきは一番親しい友だ…
口車に乗せられてやられるな…
ただ溢れる富と権力で女も買い、友も買え!
それから…!

ジョンハン:
이보게 !
おい!!

ピョクケス:
그것이 왕실의 종친…그자들이 단 한시도 잊지마라야 할 (조세?)다.
それが王室の宗親たちがただの一度も忘れてはいけない心得だ。

ジョンハン:
재물과 권세로 산 것은 모두가 가짜일세.
富と権力で買った物は全て偽者にすぎぬ。

ピョクケス:
훈계따윈 집어치워 !
….. 나도…처음이야.
적당히 안고 놀다…치워버리고 싶지 않은 계집…처음으로 만났다고.

説教はやめろ!
…私も…初めてなんだ。
適当に抱いて遊んで…捨てたくはない女…初めて出会った。

<ファンジニ15話 動画 2>

ピョクケス:
…헌데, 도무지 잡히지가 않아.
내 식으론 도무지 손(아기?)에 들어오지가 않는다고 .

…だが、どうしてもつかまえられない。
私のやり方ではどうしても手に入らないのだ!

ジョンハン:
자네의 진심을 주어.
다른 이의 마음을 빌리지 말고, 진짜 자네 마음을 주란 말일세.
그것이 그 사람의 마음 얻을 수 있는 유일한 길일세.

君の真心を与えるんだ。
他人の心を借りるのではなく、本当に君の心を与えること。
それが、あの人の心を得られる唯一の道だ。

立ち上がり、出て行こうとするジョンハンの背中に
ピョクケスが問いかけます。

ピョクケス:
그 말… 무슨 뜻인가 ?
その言葉は…どういう意味だ。

ジョンハン:
초( ?)심 내지 말고 기다려 주게.
품고 놀기전 계집이라 여기지 말고 한 사람이 예인으로서 아끼고 존중해 주게.

焦らずに待ってやるんだ。
抱いて遊ぶ女だと思わず、一人の芸人として大切にし、尊重してやれ。

ピョクケス:
그 말은…나와 명월이 사이에서 빠져 주겠다는 말인가 ?
それは…私のミョンウォルの間から抜けてやるということか。

ジョンハン:
그 사이에 서 본 바도 없어.
마음을 다해 아껴 주(?) 그이에게 분명히 가르쳐 주게.
회자정리…
헤어짐은 비단 기녀와 사내의 사이에서만 국한 된 것이 아니라
인간사의 정한 이치.
그러니 … 그게… 너무 크게 상처 받지 말라고.

元からその場所にはいない。
心を尽くして大切にし、はっきり教えてやってくれ。
会者定離…(※出会った者は必ず別れる定め、という意味)
別れは妓生と男の間だけに限らず、人間の定め。
だから…そのために…あまり深く傷つかぬようにと…。 

+-+-+

それぞれ離れたところで一つの月を見上げるジョンハンとミョンウォル。
ミョンウォルは、贈られた詩を心の中で反芻していました。

ジョンハン(声):
하릴없는 거문고 소리
예인의 번뇌인가 하였더니
여인의 한숨이로구나

あてどないコムンゴの音色は
芸人の煩悩だと思っていたが
女人の溜息だったのだな…

+-+-+

ジョンハンが出かけるのと同時に彼を直接訪ねてきたトクパル。

ミョンウォルの使いがジョンハンに会いに来たことは、すぐにピョクケスのしるところとなります。
「こんな夜更けにミョンウォルが礼判を探す理由とは…たった一つだ」

自分を嘲笑したミョンウォルを思い出し、最初からあの詩がジョンハンのものと知っていてわざと自分をからかいに来たのだと思い込むピョクケス。
あ~、また怒っちゃったよ(ーー;)

トクパルはジョンハンが今夜都城に帰ると聞き、ミョンウォルに伝えます。
急いで都監に行きますが、ジョンハンはいません。
そこに、留守令監(イクファン)が。「入りなさい。話がある」

そのころ、ジョンハンはミョンウォルとの思い出の場所に。
はぅ…。ジョンハンの切ない場面にこの曲マッチしすぎです…。


ファン・ジニOST日本版 このシーンの曲「縁」も収録されています。

<ファン・ジニ15話 動画 3>

粋なことをしてくれた留守令監のおかげで♪
去ろうとするジョンハンを追うミョンウォル。

そこへ大勢の男たちが立ちふさがります。

一瞬またペンムが…?と思った自分に反省orz
影から見守っていたのはピョクケスの家来でした。

危ないところで現れたのはスーパーヒーロームミョン(*゚∀゚*)
すぐに役人たちも駆けつけます。
「大丈夫か?」と声をかけるスマンに答える暇もなく、先を急ぐミョンウォル。

ミョンウォルの危険を察し、役人たちを送ったのはきっとペンムですね。
「ミョンウォルに手を出さないでください」と言い放つペンム。

ペンム:
손가락 하나 잘못해도 예인의 생명 끝입니다, 대감.
指一本駄目になっただけで芸人の生命は終わりです、大監。

ピョクケス:
니 목숨도 끊어주랴?
お前の生命も終わりにしてやろうか。

ペンム:
아무리 천( ?)은 목숨이라도 해도 사사로 해하면 그는 명백한 살인.
중죄중의 중죄지요.
제가 가만히 있다 해도 국법이 그대로 두지 않을 것임을
대감께서 더 잘 아실 것으로 봅니다만.
다행히 상한 데가 없다 하니 이번이 눈 감아 드리지요.
허나…또 다시 이런 같은 일이 있을 시엔 이 년도 가만히 있지가 않을 것입니다.

いくら賤しい命だとしても、私情で傷つければそれは明らかな殺人。
重罪中の重罪でしょう。
私が黙っていても国法が放ってはおかないことを
大監はよくご存知でございましょう。
幸い怪我がないようですので今回は目を瞑ってさしあげましょう。
ですが…再びこのようなことがあったときには、私も黙ってはおりません。

+-+-+

スマンはヒョングムを訪ねていました。
ピョクケスの怒りは尋常ではない…。彼を揺さぶった真意を聞きたかったのです。

ヒョングム:
어르신…그리라도 하지 않았으면 벽계수대감의 미망을 자를 수 있었겠습니까 ?
그이의 집작에 또 다시 여식이 휘둘리는 꼴을 보고 싶지 않았습니다.

スマン様…こうでもしなければピョクケス大監の未練を断ち切ることができるでしょうか。
あの方の執着にまた娘が振り回されるのを見たくありませんでした。

+++

今回はここまで(*^-^)
愛する人のために去ろうとするジョンハンが本当に切なかったですね…。

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,