韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ12話&動画(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ12話に進みます。

大切な客の宴の席をピョクケスに潰されたミョンウォル。
ピョクケスの宴の場に現れ、「私がピョクケス大監の夜のお相手を」と申し出ます。
一体何をするつもりなのやら、観ているほうは((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルですわもう…。

ピョクケスと過ごしているはずのミョンウォルのことが頭から離れず、仕事が手に付かないほどになっているジョンハン。
彼の心にこれほどミョンウォルへの思いが育っていたとは…。
最初に登場した時は「えらく明るい人が出てきたな」と違和感を感じたんですが、彼の切ない表情がすごくイイ!
心にすっと入ってきますよね。
ウノみたいにハラハラしないし(笑)このころにはすでにジョンハンが大好きになっている私でした。


ファンジニOST 日本版はドラマの名場面を綴ったMV2曲のDVDつき

※ あらすじを全て網羅しているわけではなく、全く触れていないシーンもあります。
ご了承ください。

<ファンジニ12話動画1-1>

ミョンウォル:
오늘 밤 전두는 제가 내지요.
今夜の纏頭は私が出しましょう。

ピョクケス:
뭐라 ?
何だと?

ミョンウォル:
이 년이 대감의 하룻 밤을 사겠습니다.
私が大監の一夜を買うのです。

お金の入った袋を無造作に置くミョンウォル。

ミョンウォル:
백량.
百両。

ミョンウォル:
갓 끈 정도는 풀수 있는 전두지요.
冠の紐くらいなら解いてもいい纏頭でしょう?

もう一つ、お金の入った袋を出す。

ミョンウォル:
이번엔 술띠면 어떻습니까?
今度は帯でいかがです?

さらにお金を出す。

ミョンウォル:
이백량.
이백량이면 포의 저고리 쯤은 내어 주시어야죠. 그렇지 않습니까?

二百両。
二百両なら服の紐を解いてもいいですよね。そうではありませんか?

ピョッケス:
그만. 네 년의 방자함이 좀 지나치지 않느냐?
やめろ!お前の傲慢さは度が過ぎるのではないか?

ミョンウォル:
어찌 이리 이년의 마음을 잘도 아신단 말입니까.
그렇지 않아도 그만둘 생각이었습니다.
전두가 이젠 바닥이 났거든요.
허면 소인 이만 돌아가보겠습니다.

私の心をよくお分かりのようですね。
言われなくてももうやめるつもりでした。
纏頭が底をついたので。
では私はこれで失礼しますわ。

立ち上がるミョンウォル。

ピョクケス:
잠깐!
待て!

ミョンウォル:
어찌 발길을 잡으십니까 ?
설마…사백량으로 헐값에 대감을 이년에게 팔아는게 요량은 아니시겠지요?
제가 중히 여기는 연희를 파하신 연유가 뭡니까 ?

なぜお引き留めになるのです?
まさか…四百両程度の値段でご自分を私に売るおつもりではありませんよね?
…私が大事にしている宴を潰したのはなぜです?

ピョクケス:
허면…니가 이래 행패를 부리는 것이 상단 조무래기들 앞에서 연희를 베풀게하지 못해서란 말이냐?
それでは…おまえのこの悪態は商団の者たちの前で演戯できなかったからか?
<語句>조무래기(ちび、小僧)

ミョンウォル:
제가 중히 여기는 손 입니다.
大切に思っているお客です。

ピョクケス:
듣는 귀도 제대로 갖지 못한 놈들이야.
그 놈들 앞에서 연주한번 못했기로서니 그게 무슨 대수야.

(音楽を)聴く耳もまともに持っていない者たちだ。
その者たちの前で演奏が一度できなかったからと言って、それがどれほどのことだというんだ。
<語句>기로서니(기로の強調形)

ミョンウォル:
신분이 천하다 하여 듣는 귀도 천한것은 아닙니다.
身分が賤しいからといって聴く耳まで賤しいことにはなりません。

ピョクケス:
뭐라?
何だと?!

ミョンウォル:
분명히 알아 두십시오 대감.
재물과 권세로도 움직일수 없는것도… 있는 법 입니다.

はっきりお知りおきくださいませ、大監。
財物と権力で動かせないものも…あるということです。

+-+-+

プヨンが自分の部屋に用意した酒膳を断り、帰途についたジョンハン。
もうすっかり…自分の気持ちを自覚しているようですね。

ジョンハン:
어이! 김정한 ! 자네 답지 않게 왜 이런가 ?!
정신 차리게 ! 정신…

お~い!キム・ジョンハン!お前らしくもなくどうしたんだ?!
しっかりしろよ!しっかり…。


韓国ドラマ 愛言葉365 ~心が元気になるスピリチュアル・ワード
名作25本から365個のスピリチュアル・ワードを厳選。
楽しんで、癒されて、元気になれる一冊です。

+-+-+

朝を向かえました。冷たいの朝霧の中、天を仰ぐミョンウォル。

ジニ:
무명아…
너는 붙박여 산 세월보다 길위에서 산 세월이 많다 했었지.
조선팔도 발길주지 않은 곳이 거의 없다 했던가…?
나는 그런 니가 부럽다 .
나는 말이다 …사는게…참으로 지겨워…

ムミョン…。
あなた、住むところを持っていた月日より、道の上で暮らした月日の方が長いと言ってたわよね…。
朝鮮全土、行ったことのないところはほとんどないって…。
私、そんなあなたが羨ましいわ。
私ね、生きることに…うんざりなの。
<語句>붙박이다(ひとところに固定される)

<ファンジニ12話動画1-2>

ペンム:
의외로구나 .
사내품에 안기는 것을 한사코 마다했던 니가
스스로 벽계수 대감에 나아가 수청들기를 자처했다지.

意外ね。
男の胸に抱かれるのを頑なに拒み続けたお前が
自らピョクケス大監に夜伽を申し出たとか。

ミョンウォル:
사내도 사내 나름이니까요.
男も…その男次第ですから。

ペンム:
내 맞수를 끌어내는 것으로 모자라, 벽계수 대감의 권세까지 끌어안을 심산이더냐 ?
私の好敵手を引っ張り出したのでは足りず、ピョクケス大監の権力まで取り込むつもり?

ミョンウォル:
그럼 안될 이유라도 있습니까 ?
そうしちゃいけない理由でも?

ペンム:
그럴리가 있겠느냐…?
そんなものあるわけないわ。

+-+-+

3ヶ月以内にミョンウォルが剣舞を立派に踊れなかった場合、彼女を官碑にするよう願い出たペンム。
ミョンウォルはそれを受け入れます。

ピョクケスは礼判であるジョンハンに、権力を使ってミョンウォルに有利に運ばせるよう助言しますが、
ジョンハンは「私が口をはさめることではない」と…。

ミョンウォル:
저 또한 예판대감의 권세에 힘입어 여악행수가 되는 것은 사양하겠습니다 대감 .
私もまた礼判大監の権力を使って女楽行首になるのは遠慮いたします、ピョクケス大監。

ピョクケス:
어찌 그리 호의를 무시하려 드냐…
なぜそれほど好意を無視するんだ…

ミョンウォル:
호의는 깊이 마음에 새겨두겠습니다.
허나 여악행수자리는 최고의 예기에게 돌아가는 자리.
실력으로 인정받아 제힘으로 얻고자 하옵니다.

ご好意は深く心に刻んでおきます。
ですが、女楽行首の座は最高の芸妓に送られる座。
実力で認められ、自分の力で得るつもりです。

<ファンジニ12話動画1-3>

剣舞の修練のため着替えているミョンウォルのところへやってくる母ヒョングム。

ヒョングム:
이 승부 그만 둬 당장 !
この勝負、やめなさい、すぐに!

ヒョングム:
진아 ! 대답해 어서 !
ジニ!答えなさい、早く!

ジニ:
수련하러 가야돼요 나 .
修練に行かなきゃ、私。

ジニの帯をほどいてしまうヒョングム。

ヒョングム:
그만 둬 글쎄 !
관비 돼 죽을(든?)살(든?) 고생하며 살고싶어 ?
이 어미에게 이제 그런꼴까지 뵈줄래?

やめなさいよ!
官碑になって死ぬまで苦労したい?
この母にそんな姿まで見せたいの?

ジニ:
백무 쓰러뜨리고 정당히 여악행수가 될 수도 있어요.
ペンムを倒して、正当に女楽行首になれるかもしれないわ。

ヒョングム:
여악행수 돼서 뭐하게 ?
권세나 가져 무엇으로 쓰려 이것아 !

女楽行首になってどうするの?
権力を手に入れて何に使うと?!

ジニ:
임금의 마음의 치마 폭에 던져 놓고 이리저리 흔들어 볼려구요.
금수만도 못한 취급을 받던 년이 임금의 마음을 잡아 꼼짝 못하게 하믄
그땐 함부로 날 밟은 그 양반님네들 어떤 낯색들을 할지…궁금해요.
참으로 궁금하다구요.

王の心を手に入れて、あちらこちらに振り回してみたいの。
家畜ほどの扱いもされなかった女が王の心を手に入れて力を得たら
あのとき私を踏みつけたあの両班たちはどんな顔をするのか…気になるわ。
とても気になるのよ。

ジニの顔を鏡に映すヒョングム。

ヒョングム:
둘여다봐 .니얼굴 꼴이 어떤지 똑보로 봐 이것아!
みてごらん。どんな顔をしてるかしっかり見るのよ、さあ!

ジニの顔を確かめるようにさわる。

ヒョングム:
이게 무슨 꼴이니?
얼굴꼴이 이게 뭐야?
독기빼곤 아무것도 남은 것이 없어 이것아.

この姿は何?
この顔は何なの?
毒気以外、何もないわ。

ジニ:
어머니 !
お母さん!

ヒョングム:
너 이러는 거… 간 사람 뭐라 그럴 것 같니 ?
あなたのこの姿…あの人はどういうかしら。

ジニ:
간 사람 얘기 꺼내지 마요 .
彼の話を持ち出さないで。

ヒョングム:
니가 그간 춤 안춘다 그러고 발 한발짝 떼지 않은 연유가 뭐냐 ?
단지 행수 백무에게 ( ?) 갚음을 하고 싶어서야 ?

あなたが今まで全く踊りを踊らなかった理由は何?
単に行首ペンムに仕返しをしたいから?

ジニ:
그만해요.
やめて。

ヒョングム:
아니지… 그런거 아니잖어.
간 사람 제일 좋아했던 게 니 춤이었어.
너무 곱고 좋아…다른 사람한테 보여 주기도 싫다고 했다지 않았어 !
근데 너… 그 사람이 그도록 좋다던 그 춤을 무기 삼아
이 사람 저 사람 밟고 찌르고 쓰러뜨리려 하고 있어.
그만둬.
그 사람도 좋다고 하지 않을게야.
다른 사람 쓰러뜨자고 지가 먼저 망가지겠다는거…바랄 사람이 아니야 그 사람.

ちがうわ…そうじゃないでしょう?
彼が一番好きだったのはあなたほ舞だった。
あまりに美しくて…他の人に見せるのは嫌だと言ったんでしょう?!
それなのにあなたは…彼がそれほど好きだった踊りを武器にして
いろいろな人を踏みつけ突き刺し…倒そうとしているの。
やめなさい。
あの人も喜ばないわ。
他人を倒そうとして自分が先に壊れていくのを…望む人ではないわ、彼は。

ジニ:
별수 없어요.
이미 화살은 시위를 떠났어요 어머니.

もう無駄よ。
すでに…矢は放たれたの、お母さん。


とうとう「時代劇王」も第5弾!
確かにウノは・・・だけど、表紙にデカデカと重要なネタバレを書く?!(・∀・;)

+-+-+

ペンムが「3ヶ月で剣舞を踊れなければミョンウォルを官碑に」と言い出した理由と一生懸命考えるクムチュン。
3ヶ月でまともに踊れるようになるわけはない。それなら…?

クムチュン:
명월이년 가진 능력이상을 뽑을 방도를 찾아야지요.
그 오기가 하늘과 견주어 지지 않을 년이니 행수어르신께서 그 결기에 불을 지피고 싶으신 게지요?
춤을 잘 추게 하고 싶어서요.
그렇지 않습니까?

ミョンウォルの能力以上を引き出す方法を探さなきゃいけないでしょう?
あの天にも負けない負けず嫌いだから、行首さまはその気性に火をつけたかったのでしょう?
踊りを上手く躍らせるために。
そうではありませんか?

ペンム:
모르는 소리.
오기와 결기는 말일세…예인에게 약이 되기도 하지만 가장 치명적인 독이 되기도 하는 법이야.

さあね。
強情で激しい気性はね…芸人にとって薬にもなるけれど、一番致命的な毒にもなるものよ。

<ファンジニ12話動画1-4>

ミョンウォルの様子について報告を受けるピョクケス。

ピョクケス:
관비로 떨어질 만큼 솜씨가 비루하다…
官碑に落ちるほど腕が悪いと…?

家来:
시 쓰고 악기 다루는 솜씨에 비해 춤솜씨가 크게 떨어지는지…
詩を書いたり楽器を扱う技術に比べ、踊りの腕は大きく劣るかと…

ピョクケス:
(허기사?)…그래야 세상만사 공평한거지.
익히는 재주마다 최고면
하늘이 너무 공평치를 못한게야.
그렇지가 않느냐 ?

それでこそ世の万事が公平なんだ。
身につけている芸すべてが最高なら
天は不公平すぎる。
そうじゃないか?

家来:
그거야…
まぁ…。

ピョクケス:
다른 기색은 없느냐 ?
他に気配はないか?

家来:
대감 앞에서도 전혀 내색치 안았다면서요.
大監の前でも全くそぶりさえみせなかったのでございましょう?

ピョクケス:
허나 기집의 새치혀를 이찌 믿어.
だが女は信用できん。

家来:
걱정하실 거 없으시다구요.
종년으로 떨어질 것이냐는 기로에 서 있는데 간밤의 일을 재재거릴 정신이 어디있겠습니까요.

ご心配にはおよびません。
召使にされるかどうかというときに、昨夜のことで無駄口をたたく余裕がどこにありましょう。

ピョクケス:
허나 … 그 입을 온전히 틀어막을 방책을 세워야돼.
간밤의 일이 알려지는 날이면 지기들에게 면이 서질 않아 면이…

だが…あの口をしっかり塞ぐ策を立てなければ。
昨夜のことが知られた日には知人たちにも面子が立たん、面子が…。

家来:
아 글쎄 그럴 여가가 없을 거라니까요.
ええ、ですから、そのような余裕はないはずですから。

+-+-+

クムチュンの歌を聴き取っているキム・ジョンハン。
いつの間にか心はどこかへ…。

クムチュン:
대감.
大監。

ジョンハン:
미안하네.
어디까지 했는가 ?

すまない。
どこまでやったかな。

クムチュン:
이런이런…
아직 반도 못받아적으셨네.

これはこれは…!
まだ半分も聞き取れていらっしゃらないわね!

ジョンハン:
미안하네.
다시한번 하세나.

すまないな。
もう一度やってくれないか。

クムチュン:
이거 대체 몇번째입니까요?
이리 수도 없이 부르다 이년 목청이 남아나기나 하겠습니까요 .

これで一体何度目です?
こんなに歌わせて私ののどを枯らすおつもりですか?

ジョンハン:
미안하네. 오늘은 어째 도무지 집중을 할 수가 없구만.
다른날 다시 하세나.

…すまない。今日はなぜか到底集中できそうにない。
他の日にまた頼むよ。

クムチュン:
다른날 또요?
他の日に…またですか?!

部屋からでて、夜の庭を一人歩くジョンハン。
ウノもこうやって夜中によく一人で歩いてましたね…。

<ファンジニ12話動画1-5>

メヒャン:
내가 사람을 잘못 고른 모양이군.
그리 몸하나 제대로 가누질 못해 어찌 검무를 추겠다는 게야?

私が人を選び間違えたようね。
そこまで体一つまともに保てないでどうやって剣舞を踊るというの?

ミョンウォル:
다시…하겠습니다 .
もう一度…やります。

メヒャン:
그럴 필요 없어.
입만 살아 나불대는 반편이 같으니라구…

その必要はないわ。
口だけ達者な半端者だったようね。

メヒャン:
사실대로 말해보거라.
너는 백무에게 춤을 배우고 싶지 않았던 것이 아니라 춤을 배울 수가 없었지.
춤엔 도무지 자신이 없었던 게야.
그렇지 않으냐 ?

正直に言ってご覧なさい。
おまえはペンムに舞を習いたくなかったのでなく、舞を習えなかったのでは?
舞には到底自信がなかったのよ。
そうじゃないの?

メヒャンを睨みつけるミョンウォル。

メヒャン:
잡아먹을듯 노려봐 뭘 어찌하겠다는 게야 ?
어쩐지 백무가 네년을 내게 선선히 내준다 했지…
그 사람이 노린게 바로 이거야.
번번히 대서는 년 관비로 치우고 저는 여악행수 자릴 차고 앉는 거 말이지.

取って食おうかとでもいうほど睨んでどうするの?!
なるほどペンムがおまえを私に気前よく差し出したわけね。
ペンムの狙いはまさにそれよ。
邪魔な女は官碑に追いやって自分は女楽行首の地位に座ること…。

ミョンウォル:
다시 하겠습니다.
もう一度やらせてください。

メヒャン:
그럴 것 없어.
그리 무거운 몸으로 백날천날해도 매한가지다 이말이다.
어떠냐? 지금도 늦지 않았어.
승부를 그만두겠다 하면 네 니년이 관비가 되지 않도록은 힘써보마.

もういい。
そんな思い体で百日千日踊っても同じよ。
どう?今からでも遅くはない。
勝負をやめるといえば、おまえが官碑にならないで済むようにしてやるわ。

ミョンウォル:
아닙니다.절대 포기하지 않아요.
어떻게든 가벼운 춤을 춰보이겠어요.

いいえ。決して諦めません。
なんとしても軽快な舞を舞ってみせます。

メヒャン:
어떻게 ?
춤은 입으로 춘게 아닌데 ?!

どうやって?
踊りは口で舞うものではないわ。

+-+-+

メヒャンが自室へ戻ると、ペンムの姿が。

ペンム:
이제야 수련을 마친겐가?
やっと修練が終わったの?

メヒャン:
자네가 내 처소엔 왠일이야?
あなたが私の部屋に何の用?

ペンム:
오랫만에 차나 한잔 할려구.
뭘하는가 ? 어서 들게 .

久しぶりにお茶でも一杯飲もうと…。
どうしたの?早く飲んで。

ペンム:
피곤해 보이는구만.
疲れているようね。

メヒャン:
알믄 됐네.
하고 싶은 말이 있으면 밑자락 깔지말고 어서 해치우고 돌아가주게.
좀 쉬어야겠네.

放っておいて。
言いたいことがあるなら、のんびり座ってないで早く言って帰ってちょうだい。
休みたいのよ。

ペンム:
이 불리한 싸움을 예서 멈추는 게 어떤가?
この不利な戦い、ここでやめたらどうかしら。

メヒャン:
불리한 싸움이라…?
허나 이걸 어쩌나 ? 그래서 나는 더 싸워보고 싶은데…
자넨 언제나 날 무시해왔어.
스승님이 유독 자네에게만 저 학춤의 무보를 물려주신 후에는 더더욱 그랬지.
그런 자네의 생각이 얼마나 잘못된 것인지 이번에야말로 확실히 보여주지.

不利な戦い…?
だけどどうかしら…だからこそ私は戦ってみたいんだけど。
あなたはいつも私を無視してきたわ。
師匠が唯一あなただけに鶴の舞の舞譜を授けてからはさらに…。
そんなあなたの考えがどれだけ間違っていたか、今度こそ思い知らせてあげるわ。

ペンム:
무리하지 말게.
명월이 저 아인 5년 가까이 춤근처엔 얼씬도 하지 않은 아일세.
지 아무리 뛰어난 춤꾼이라해도 수련을 게을리 하면 그 재주는 뒤로 가게 돼있네.
그는 누구보다 자네가 더 잘알고 있으리라 보네만.

無理しないで。
ミョンウォルは5年近く踊りの場に現れていない子よ。
どれほど優れた踊り手でも修練を怠れば腕も落ちるわ。
それは誰よりもあなたがよく知ってることでしょう。

メヒャン:
보통 아이라면 그렇겠지.
普通の子ならそうでしょうよ。

ペンム:
그 아인 보통이하야.
연풍대도 제대로 해내지 못했다 들었네.

あの子は普通以下よ。
燕風台もまともにできないそうね。

メヒャン:
허나 그 아이가 찢어치운 종이가 무려 300장이야 .
이게 뭘 의미하는 지는 자네또한 잘 알고 있을것이라 보는데…

だけど、あの子が破いた紙は300枚ほどにもなるわ。
これが何を意味するのかあなたもよく知っているはず。

ペンム:
내일도 300장은 너끈히 찢어치우겠지.
허나 그 다음엔 어찌될까?
몸도 제대로 만들지 못해 뻣뻣한채로 저리 춤사위만 파고 들면
근은 굳어지고 그러다 힘줄이라도 끊어지면 그땐 어찌할까 ?
춤을 추기는 커녕 종년으로 부려먹기도 힘들어지겠지.
그렇지 않은가?

明日も300枚軽く破るでしょうね。
だけどその次はどうかしら。
体ができていない硬い状態で、ああして練習ばかりすれば
筋肉は固まり、腱でも切れてしまったらどうなる?
踊りを舞うどころか、召使の仕事さえも難しいわ。

メヒャン:
흥…
쓸데없는 데 신경쓰지 말고 보따리 살 궁리나 해.
그러고도 시간이 남아돌면 퇴기말년 그 쓸쓸한 일상을 어찌 보낼까 궁리나 해두던가…

フム・・・。
無駄なことに神経を遣っていないで荷造りでもしたら?
それでも暇をもてあますなら、退妓後の寂しい毎日をどうやって過ごすかでも考えるといいわ。

+-+-+

足におもりを付けて走るミョンウォル。ま…まさに「♪思い込んだら試練の道よ」(〃゚Д゚)))

メヒャン:
예서 무슨 짓을 하고 있는게야?
ここで何をしているの?

ミョンウォル:
수련 시간은 한참 남질 않았습니까?
그 시간까지 되서갈 생각이었습니다.

修練の時間にはまだ少しあります。
その時間まで走るつもりでした。

メヒャン:
내가 언제 수련시각을 알자고 했어?
저런걸 주렁주렁 달고 뭘하고 있냐고 묻고 있는게야.

私がいつ修練の時刻を尋ねた?
あんなものをぶら下げて走って何をしているのかと聞いているのよ。

ミョンウォル:
일단 몸이 가벼워지는 것이 먼저라…
まずは体を軽くしなければと…

ミョンウォルの体を叩くメヒャン。

メヒャン:
몸만 가벼워지믄 뭐하누 ?
처름보터 발목을 그리 혹사하면 힘줄이 남아나지 않는다는 것을 어찌 몰라 ?
춤도 추기 전에 앉은뱅이라도 되고 싶으냐 ?

体だけ軽くしてどうする?
初めから足首をそんなに酷使すれば腱を痛めるとなぜわからないの?
踊りを舞う前に歩けなくなりたいの?

メヒャン:
또한…
그리 무턱대고 뛰고서야 어찌 발감을 익히겠누 ?
따라오너라.

それに…
そんなに見さかいもなく走って足の感覚が身に付くと?
…ついておいで。

+-+-+

今回はここまでです(;´Д`)

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,