韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ10話&動画vol.2(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ10話後半に入ります。

朝鮮の人々が守ってきた郷楽を卑しいとし、排除しようとするチャン大人。
「卑しい、低俗だ」って朝鮮の人の前で何回言うんだorz

そこへ国の文化を守るために官職に復帰したキム・ジョンハンが立ち向かいます。
親友のピョクケスに「どうするつもりだ」と聞かれたジョンハンは…?

#ところで、チャン大人ってちょっと香取慎吾くんに似てませんか?(・∀・;)


「もし片方が死んでしまえば、その愛は千年万年と永劫に…(byペンム)」

<ファンジニ10話動画2-1>

チャン大人と向かい合うジョンハン。

チャン大人:
내기를 하자 했소이까 ?
賭けをしようと?

ジョンハン:
그렇소이다.
대인과 시로써 (겨루?)고자 합니다.

そうです。
大人と詩で勝負をしたいのです。

チャン大人:
뭘 걸고 말이오이까 ?
何を賭けるのです?

ジョンハン:
대인께선 사행길에 환영연을 모조리 폐하라 하셨다지요.
大人はあちらこちらの歓迎会を全てやめるようおっしゃったとか。

チャン大人:
비루한 조선의 소리와…특히 창기들을 동원하여 행하는
그런 연희따위엔 관심이 없소.

低俗な朝鮮の音や…特に娼妓たちを使ったような演戯など関心はない。

ジョンハン:
제가 이기면 그 연희를 한번 봐 주십시오.
조선의 재예는 어떤가…과연 대인이 생각하신 바대로 비루하기만한 것인가.
마음을 열고 한번 봐 주십시오.

私が勝ったなら、その演戯を一度ご覧ください。
朝鮮の才芸はどうだろうか…やはり大人がお考えのように低俗なだけであるのか。
心を開いて一度ご覧ください。

チャン大人:
내가 이기면…그 땐 어찌 되는 게요 ?
私が買ったら…そのときはどうなるのです?

ジョンハン:
그 땐…향악을 폐하지요.
제가 직접 나서서 향악을 폐하자 전하께 강력히 주청을 올릴 것이외다.

そのときは…郷楽を排除しましょう。
私が先頭に立ち、郷楽を排しましょうと殿下に強く請願いたします。

チャン大人:
…좋소. 그러지요.
…いいでしょう。そうしましょう。

チャン大人:
운을 떼시지요.
韻(題)をどうぞ。

チャン大人:
민과 릉으로 합시다.
「民」と「陵」にしましょう。

+-+-+

チャン大人とジョンハンがやりとりした詩はすで30以上。
それを聞いてプヨンは「この勝負、チャン大人が題を出しているのなら、以前使った詩を使っているはずだから、それが尽きたら礼判大監(ジョンハン)が勝つだろう」と自信ありげです。

プヨン:
대감께서는 어느 쪽입니까?
大監(ピョクケス)はどちら側でございますか?

ピョクケス:
어느 쪽이냐?
どちら側だと?

プヨン:
어느 쪽이 이기길 바라시냐 묻고 있사옵니다.
조선 예악을 지키고자 동분서주하는 절친한 지깁니까?
아니면 대감의 치부에 중요한 열쇠를 틀어쥔 장대인 쪽입니까?

どちら側が勝つのをお望みかと聞いているのです。
朝鮮の芸楽を守ろうと東奔西走する親友ですか?
それとも、大監の富に重要な鍵を握るチャン大人ですか?

ピョクケス
맹랑한 년..
…やっかいな女め。

+-+-+

プヨンは水揚げの失敗以来、もうピョクケス大監には開き直っちゃってるんですね(^∀^ヾ
いや、そのほうがこのお二人、いいお友達に見えますけどね。 

<ファンジニ10話動画2-2>

チャン大人との勝負に勝ち、朝鮮の演戯を見てもらえることになりました。
そこで、都城の教坊を訪れたジョンハン。
熱心に修練するプヨンたちに出会います。

ジョンハン:
늦은 시간까지 고생이 많내.
遅い時間までご苦労だね。

プヨン:
응당 해야할 일을 하고 있을 뿐이옵니다.
当然すべきことをしているだけでございます。

ジョンハン:
자네들의 검결이 맵고 서늘하구만.
(踊る妓生たちを眺めて)君たちの剣舞は鋭くてぞくっとするな。

プヨン:
과찬이시옵니다.
身に余るお言葉でございます。

ジョンハン:
그 검결이 부디 명국 사신들의 마음도 시원스레 갈라
깊은 감명을 주길 바라네.

その剣舞がどうか明国の使臣たちの心を覆し、
深い感銘を与えることを願うよ。

プヨン:
가능한 일일지 모르겠습니다.
できますかどうか…。

いきなりプヨンの手を取るジョンハン。
ドキッ♪

ジョンハン:
얼마나 (고단게?) 수련을 하였으면 손이 이리 상했는가?
이 손에 담긴 자네의 마음이면 되네.
그 마음이면 명국의 사신이 아니라.. 하늘의 마음이라도 돌려놓을 수 있을 것이라…
나는 그리 믿네.

どれだけ修練をやれば手がこんなに傷つくんだ?
この手に込められた君の心意気なら大丈夫だ。
その心なら明国の使臣でなく、天の心でも変えることができる…
私はそう信じるよ。

プヨン:
(…惚れてまうやろーーーっ)

+-+-+

ところが、危ない橋は渡らないメヒャンは、明の使臣へ演戯を見せる役割を松都教坊へ。
ペンムはこの役割を受け入れます。

ジョンハン:
자네의 기명이 명월이라 했는가?
そなたの妓名はミョンウォルと言ったか?

ミョンウォル:
그러하옵니다만…
さようでございますが…

ジョンハン:
내 전날 자네의 거문고 연주에 깊은 감명을 받았네.
先日はそなたのコムンゴの演奏に深い感銘を受けた。

ミョンウォル:
이년도 대감의 대금이 쓸만했다 찬을 올려야 하옵니까?
私も大監がなかなかのものだったと讃えるべきでございましょうか。

ジョンハン:
아닐세.. 그저 자네의 마음과 정성을 보태달라 간청을 하려고…
いやいや、ただそなたの心と誠意を注いでくれと懇請しようと…

ミョンウォル:
그러지요.
…そういたしましょう。

ミョンウォルが何をやらかすかとピリピリしてるクムチュンたちがリアルですわ(・∀・;)

<ファンジニ10話動画2-3>

「負けると分かっている戦いはしない」というメヒャンと、「郷楽のために真心を尽くすしかない」というペンム。
クムチュンはさっきのミョンウォルの態度が気になります。

クムチュン:
근데 말이지요, 행수 어르신..
명월이 그년 뭐에 그리 마음이 동해 고분고분..네하고 답을 올렸을까요?

ところでですね、ヘンス様。
ミョンウォルはどうしてあのように素直に「はい」と返事をしたのでしょうね。

ヘンス:
무슨 말이 하구 싶은 게야, 자네?
何が言いたいの?

クムチュン:
아무래도 수상쩍어요.
설마 그년이 연희판을 묵사발로 만들려.. 작정을 한 것은 아니겠지요?

どう考えても怪しすぎますよ。
まさか…宴の席を台無しにしようと…作戦を立ててるんじゃないですか?

+-+-+

演戯を見せる直前、山寺へ姿を消したミョンウォル。

住職:
어서 돌아가 보래도 그러는구나.
니가 가지 않으면 다른 사람이 다칠 수도 있다믄서 ?
언제까지 마음을 그리 험히 쓸게야 ?
나는 네게 법명을 주는 마음으로 기명을 지어 주었다.
사해에 고루 나눠는 따뜻한 달빛의 마음…

早く戻りなさい。
お前が行かなければ他の人が傷つくかもしれないのだろう?
いつまで心をそうやって険しくしているのだ?
私はお前に法名を与えるつもりで妓名をつけてやったのだ。
四海を等しく照らす暖かい月明かりのような心と…

ミョンウォル:
그 마음…버렸습니다, 스님.
その心は…捨てました、住職さま。

住職:
허면 이름도 같이 버렸어야지 ?
ならば名前も一緒に捨てるべきであろう?

ミョンウォル:
차디찬 동짓달 얼음장 같은 그런 달은 되어 봄직하지 않습니까 ?
그 달을 무기로 삼겠습니다.
달빛이 세상 모든 심장을 부숴 버릴 수 있는 돈기가 됄 수도 …
세상 모든 눈을 멀게 하는 비수가 될 수도 있다는거…똑똑히 보여 주겠어요.

とても冷たい冬至の月…氷のように冷たい月もよろしいと思いませんか?
その月を武器にします。
月光が世界のすべての心臓を壊す鈍器にもなり、
世界の全ての目をつぶす刀にもなると…はっきり見せ付けてやるつもりです。

ジョンハン(声):
그래서 그대가 얻는 것이 무엇인가?
それでそなたが得るものは何だ?

ジョンハン:
다른 이가 다치는 만큼 내가 다치는 것이 세상의 이치가 아닌가 ?
他人を傷つければ、同じだけ自分も傷つくのが世間の理知ではないのか?

+-+-+

寺の庭にて。(途中から次の動画分)

ジョンハン:
함께 가세나.
一緒に行こう。

ミョンウォル:
돌아가 주시지요.
お帰りください。

ジョンハン:
이보게.
おい!

ミョンウォル:
아무리 재촉하셔도 그 뜻을 이루실 수 없을 겝니다.
いくらせき立てても従うつもりはありません。

ジョンハン:
자넨 예인의 한사람으로서 책임감도 없나?
そなたには芸人の一人としての責任感はないのか?

(ジョンハンの方へ向き直り、にらみつけるミョンウォル。ウツクシス!)

ミョンウォル:
책임감이라 하셨습니까?
양반님 네들은 참으로 편리하군요.
언제는 천출이라 금수만도 못한 취급을 하시더니..
이제는 예인이라 치켜세우며 책임감을 운운하십니다 그려.
돌아가 주시지요.
이년 울렁증이 나 견딜 수가 없습니다.
경세란 이름으로 제 뱃속 불리기에 급급한 자들이 주워 입은 그 관복만 보면 토악질이 절로 납니다
.
責任感とおっしゃいましたか?
両班の方たちにはとても便利な言葉なことですね。
あるときは卑しいと動物のように蔑み、
あるときは芸人だと持ち上げ、責任感云々と?
お帰りください。
むかむかして我慢なりません。
世を治めると言いながら私腹を肥やすことに忙しい、その官服を見るだけで吐き気がします。

(立ち去ろうとするミョンウォル)

ジョンハン:
자네 말이 맞네.
君の言うとおりだ。

ジョンハン:
자네가 옳아.
세상이 썩고 문드러져 양반입네 관원입네 하는 놈들은 제놈들 권세만 믿고
백성들 고혈을 쥐어짜 제 잇속 챙기기에만 급급하지.
백성들이 도탄에 빠지든 말든 알바 아니고 말이야.

君が正しい。
世間が腐って崩れても、両班だの官吏だのと言っているやつらは自分たちの権力だけを信じ、
民の血を絞って自分たちの実利を上げることだけに熱心だ。
民が苦しみの底へ落ちようと知ったことではない。

ジョンハン:
허나.. 조선의 소리는 말일세…
백성을 지극히 아끼는 마음.. 그 애민하는 마음에서 비롯된 것이야.
그 초심을 기억하는 자가 없어 세상이 더 썩고 문드러진 것이지.
그렇기 때문에 나는 조선의 소리를 절대로 포기할 수가 없네.
그를 포기하면 애민하는 마음 그 초심이 영영 잊혀질 것이기 때문일세
.
だが…朝鮮の音色は、
民をこの上なく癒す心…その愛民の心で生まれたんだ。
その初心を覚えている者がいなくなれば、世間はもっと駄目になる。
そのために私は朝鮮の音色を決して諦めたくはないんだ。

ミョンウォル:
승산 없는 싸움입니다.
勝算のない戦いです。

ミョンウォル:
조선의 예악을 폐하겠다…작심하고 눈감고 귀 막은 자에요.
그를 설득할 수 있는 소리… 세상천지 어디에도 없습니다.

朝鮮の芸楽を排しよう…そう決め、目を閉じ耳を塞いでいる者ですよ。
それを説得できる音色は世界中どこにもありません。

ジョンハン:
나는 진심의 힘을 믿네.
자네 손끝에 묻어, 음률로 살아날 그 진심이 조선의 소리를 지켜줄 것이라…난 그리 믿네.

私は真心の力を信じる。
そなたの指先に込められ、音律として蘇る真心が、朝鮮の音色を守ってくれると…私はそう信じるよ。

+-+-+

この回からはハラハラドキドキすることが多くて、このキム・ジョンハンが出てくるとホッとしてしまう私。
やっと安心してみていられる人登場!という感じがしますよね。
彼の言葉はとても真っ直ぐで力が抜けていて、すっと心に入ってきます。
ジニの荒んだ心にも優しく染み込んだはず。


キティちゃんも真心の歌を奏でます…。

<ファン・ジニ10話動画2-4>

宴の席。
渋い顔のチャン大人を見て、「何か楽器を演奏しろ」というピョッケス。
慌てるペンムたち。
そこへミョンウォルが現れます。

ミョンウォル:
명월이라 하옵니다.
대인의 명성 익히 들어 잘 알고 있었사옵니다.
어쩐지 오늘은 세상에서 가장 좋은 소리를 얻어 갖지 않을까 … 그런 생각이 드옵니다.

ミョンウォルと申します。
大人の名声は常々お聞きしております。
なんだか今日はこの世で一番いい音を奏でられるのでは…そんな気がいたします。

チャン大人:
방자함이 지나치구나.
傲慢がすぎるな。

(持ってきたコムンゴの包みを解くミョンウォル)

ミョンウォル:
대인을 설득하는 소리는 조선천지 아니 세상천지 있긴 있는 것입니까 ?
소리는 본시 귀가 아니라 마음으로 듣는 것이라 하였습니다.
허나, 이미 대인께선 뜻하신 바가 있어 마음을 닫아거신지 오래…
그러니 이년이 음률에 아무리 뛰어난 재주와 깊은 마음을 담는다 해도
대인을 설득하는 것은 어불성설이지요.
그렇지 않습니까 ?

大人を説得できる音は朝鮮全土、いいえ、世界じゅうのどこかにあるのでしょうか。
音色は耳でなく心で聴くものだといいます。
しかし…、すでに大人はお考えがあり、ずっと心を閉ざしておられる…
ですから、この私が音律にどれほど優れた才芸と深い心を込めたとしても
大人を説得できることはないでしょう。

ミョンウォル:
허면.. 대인께 감명을 드릴 수 있는 소리는 단 하나.
대인이 오랫동안 품고 계신 바로 그 마음의 소리뿐이지요.

それなら…大人に感銘を与えられる音色はただ一つ。
大人が長らく抱いておられるそのお心の声だけでしょう。

<ファンジニ10話動画2-5>

前動画のシーンの続き。

ミョンウォル:
저는 대인께서 이 자리에 계신 누구보다 예악을 아끼는 깊은 마음 품고 계신 분이라…
그리 믿고 있습니다.
그렇지 않습니까 ?
하여 오늘은 이 거문고를 빌어 그 마음에 담긴 값진 듣고자 하옵니다.

私は大人がこの場におられる誰よりも芸楽を大切にする深い心をお持ちだと…
そう信じております。
そうではありませんか?
ですから、今日はこのコムンゴを借り、そのお心に込められた素晴らしい音色を聴きたいのです。

この賢さと大胆さに表情を和らげたチャン大人。
見てるほうも「ホッ」ですよ(;^_^A

このとき「噂のミョンウォル」を初めて知ったピョクケスの、一気に彼女に興味が湧いた表情が個人的にとっても印象的です。

+-+-+

チャン大人:
만일 내가 니 거문고를 통해 나는 소리가 비루하다 하면…
万一私が、お前のコムンゴの音を低俗だと言ったら?

ミョンウォル:
대인의 마음에 비루한 소리가 담긴 거지요.
大人の心に低俗な音がこもっているのでしょう。

チャン大人:
또한 내 그 소리가 값지다 하면…
また私がその音を素晴らしいと言ったなら?

ミョンウォル:
그 마음이 천성의 소리를 품었다 할 수 있겠지요.
その心が天の声を持っていると言えるでしょう。

チャン大人:
하하하하하! 맹랑한 년이로다.
참으로 재기가 넘치는 년이야.

ハハハハ!無礼な女だな。
本当に才気が溢れる女だ。

こういうやり方、チャングムも一度同じようなことを皇太后相手にしていましたね。
詩の才能が素晴らしいとのことで、
一つ作ってみるように言われたミョンウォル。

<黄真伊の漢詩 「朴淵の滝」>

一派長川噴壑礱  한줄기 긴 하늘을 바위 끝에 뿜어내니
龍湫百仞水潨潨  폭포수 백길 물소리 우렁차구나…
飛泉倒瀉疑銀漢  나는 물줄기 거꾸로 쏟아져 은하수 되니
怒瀑橫垂宛白虹  성난 폭포 달래는가 흰 무지개 뚜렷하네
雹亂霆馳彌洞府  어즈러운 물 벽력 골따기에 가득하고
珠舂玉碎徹晴空  구슬 절구에 부서진 옥 창공에 맑았으니
遊人莫道廬山勝  유자여,여산 좋다 말하지 말게
須識天磨冠海東  천마가 해동에 으뜸가는 곳이니…

「ひとすじの長い空を岩の端へ流し
滝の水尾とは大きく轟き
私は水と逆に滴り落ち天の川となる
怒った滝を慰めるのか 白い虹が明るい
渦巻く水は霹靂の谷間に満ち
宝石のように砕けた翡翠は蒼空に澄み
遊人よ、廬山の滝を讃えるな
天摩山こそが東方一であるから」

朝鮮の天摩山こそが東方一だとした内容を咎めるチャン大人に対し…

ミョンウォル:
제가 나고 자라, 종당에 뼈를 묻을 강토에 대한 자부심을 가지는 것은
신분의 고하, 남녀의 구별없이 누구나 담고 안아야 하는 마음이 아닐런지요?

自らの生まれた国、骨をうずめる土地に誇りをもつことは
身分の高低、男女の区別なく誰でも持っているべき心ではないでしょうか。

チャン大人:
자부심이라..
誇りと…?

ミョンウォル:
산천경개에 어찌 크고 작음이 있으며
하늘이 내린 자연이 어찌 덜하고 더함이 있겠사옵니까?
각기 나고 자란 땅의 천지만물에 마음을 주고 그것을 귀하다 여기고 사는 것이
사람 사는 바른 이치라 아옵니다.

境界に大小はあっても
天が造った自然に優劣がありましょうか。
誰もが生まれ育った土地の天地万物を愛し、それを尊いと思って生きるのは
人の生きるべき正しい理知だと存じます。

チャン大人:
내 일찍이 조선은 소국이라 그 문명 또한 비루하다 여겼다.
허나 오늘 네 시가 내게 값진 가르침을 주었다.

私は以前から朝鮮は小国ゆえにまた文明も低俗だと思ってきた。
しかし、今日はお前の詩が私に素晴らしい教えをくれた。

といって詩をミョンウォルのチマに書くチャン大人。
これ、何だか悪趣味だわorz
「ハラハラして見てられない。でも続きを観ずには寝られない」がまだまだ続きます…。

ファンジニ10話はここまでです(*^-^)ノ

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,