韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

成均館スキャンダル15話対訳:前半の書

   

だんだん普通のあらすじ記事に近づいている成均館スキャンダルの記事ですが…

「心臓に悪いから今日は控えめ」
「ドキドキしちゃって心臓とまりそうだから今日は控えなきゃ」
「心臓バクバクしちゃって到底まともに聞き取りできそうにないから今日は控えめにしなきゃーーーっ!」

…以上、肝に銘じてスタートいたしますデス。

斎會の席で証人として指名されたソンジュンは…

では、どうぞ!

+-+-+-+

ソンジュン:
남색은 바로 접니다.
男色なのは… この私です。

(この爆弾発言はすぐさま場外にいる博士たちの元へ。それを聞いて思わずふっと笑ったチョン博士は…)

チョン博士:
이선준 그 친구… 알면 알수록 재미있는 녀석입니다.
이럴 게 아니라 우리도 가서 구경이나 할까요, 유박사님.

イ・ソンジュンという人物は… 知れば知るほど面白いヤツです。
こうしていないで、我々も見物しに行くとしますか、ユ博士?

+-+-+-+

(斎會では、どよめきの中、ソンジュンの話が続いていました)

ソンジュン:
그 날 밤 향관청엔 문재신 김윤식유생만이 아니라 저도 함께 있었습니다.
그러니 문재신 김윤식유생이 남색이라면 저 또한 남색이라 해야 마땅한 일이 이닙니까 ?

あの夜、享官廳にはムン・ジェシンとキム・ユンシクだけでなく、私も共にいました。
故に、ムン・ジェシンとキム・ユンシクが男色であるならば、私もまた男色だと言わざるを得ないのでは?

(なるほど、と頷くヨンハ)

インス:
자네 지금 무슨 짓을 하고 있는지 아나 ?
스스로 남색임을 고백하고 있는 게다.
청금록에서 삭제당한다 해도 할 말이 없어.

今なにをしているか分かっているか?
自ら男色だと告白しているのであるぞ。
靑玲録から削除されたとしても文句は言えぬ。

ソンジュン:
그 것이 법도라면… 하는 수 없겠지요.
문재신유생과 김윤식유생이 선비로써 할 수 없는 부덕한 소위를 했다면 말입니다.

それが法度であるというのなら…致し方ないでしょう。
ムン・ジェシンとキム・ユンシクが学士として相応しくない不徳な行いをしたのであれば。

インス:
그따위 거짓증언으로 죄인들 비호할 생긱인가 ?
その程度の偽りの証言で罪人を庇うつもりか?

ソンジュン:
그 날 밤 제가 향관청에서 나오는 것을 목격한 사람도 분명히 있었습니다.
あの夜、私が享官廳から出てくるのを目撃した者も確かにおります。

(名前確認するのがめんどくさいので省略^^; ソンジュンが指名した3人の儒生が、彼を目撃したことを認めます)

ソンジュン:
헌데 왜 저는 그 추문 속에 등장하지 않았습니까 ?
추문은 ! 사실이 아니기 때문입니다.
김윤식 문재신유생이 부적절한 관계를 유생께서 보셨습니까 ?

それなのに私が醜聞の中に登場しないのは何ゆえでしょうか。
醜聞が!…事実ではないからです。
キム・ユンシクとムン・ジェシンが不適切な関係であるのを儒生たちはご覧になったのですか?

(口々に「あいつが言ってたから」「いや、自分は見ていない」と否定する儒生たち)

ソンジュン:
또한 재임에게 묻고자 합니다.
남색이 추문입니까 ?

また斎任にお尋ねします。
男色は醜聞でしょうか。

斎任:
그야 응당… 성리학을 숭상하는 유생에게…
それは当然…性理学を尊ぶ儒生にとっては…

ソンジュン:
유교에서 가장 중시 여기는 덕목인 인은 벗을 사랑하는 지극한 마음을 말합니다.
제가 틀렸습니까 ?

儒教で最も重視される徳目である「仁」は、「友を愛する限りない心」を意味します。
私の言うことは間違っていますか?

斎任:
그야…
それはまぁ…

ソンジュン:
인, 의, 예, 지, 신, 맹자의 가르침을 따르는 선비라면 마땅히 지켜야 할 덕목들입니다.
헌데 있는 그대로의 사실이 아니라 보고 싶은 것만 보고 믿고 싶은 것만 믿는 어리석은 마음은
지혜롭지 못하며 무책임한 호기심으로 다른 이를 곤경에 빠트리고도 그 것이 죄인지도 모르는채
그저 웃고 보고 즐기는 마음은 의롭다고도 예라고도 할 수 없으며
벗을 믿지 못하는 그 마음 또한 유학을 하는 선비라 할 수 없습니다.

「仁、義、禮、智、信」… 孟子の教えに従う学士ならば当然守るべき徳目です。
しかし、事実のままでなく、見たいものだけを見、信じたいものだけを信じる愚かな心は、
賢明ではなく無責任な好奇心で他の者を苦境に陥れても、それが罪だと気づかぬままであり、
ただ笑って面白がる心は義理や礼があるとは言い難く、
友を信じられぬその心もまた… 儒学を学ぶ学士とは言えないものです。

(気まずそうな儒生たち)

ソンジュン:
사람이 사람을 좋아하는 마음을 계율이나 비틀어진 잣대를 들어
추문이라 손가락질할 자격은 그 누구에게도 없습니다.
그것이 성리학을 하는 유생의 길이라면 저는 차라리 남색이 되는 길 택하겠습니다.

人が人を好きだと思う心を、戒律やねじれた定規ではかり、
醜聞だと後ろ指をさす資格は誰にもないのです。
それが性理学を学ぶ儒生の道だと言うのなら、私はむしろ男色となる道を選びましょう。

+-+-+-+

インス:
이걸로 끝이라 보는가 ?
허면 다시 묻지.
남색이 아니라면 그대들은 향관청에서 뭘하고 있었나 ?
그 야심한 시각에 …

これで終わりだとでも思ったか?
ならば再び尋ねるとしよう。
男色でないのなら、そなたたちは享官廳で何をしていた?
あのような夜更けに…。

インス:
그 날 밤 홍벽서가 부상을 입고 성균관에 들어왔다.
부상을 입은 홍벽서는 치혈이 필요했을 테고
응당 담뱃재가 있는 향관청에 갔겠지.
그리고 그 날 밤 향관청에선 상유 문재신과 김윤식이 부둥켜안는 모습이 발경됐다.
향관청에서 무슨 일이 있었는지 말할 수 없는 이유는 혹 그 때문인가 ?

あの夜、紅壁書が傷を負って成均館へ入った。
負傷した紅壁書は止血の必要があったはず。
当然、煙草の灰(※治療に使用する)のある享官廳へ向かったであろう。
そして、あの夜、享官廳でムン・ジェシンとキム・ユンシクが抱き合っている姿が目撃された…。
享官廳で何があったのか言えないのは…ひょっとしてそのためか?

>>ソンジュンの回想

(地面に出来た何らかの痕を消しているようなユンシク。
(享官廳で目撃した二人の姿)

ソンジュン:「だから言うんだ。あの夜何があったのか」
ユンシク:「コロ師兄のためなんだ。だから信じて助けてくれないかな?」

>>

(ざわめく儒生たち)

インス:
문재신 김윤식 유생에게 충분히 스스로 결백을 증명할 시간 줬다.
난 장의의 집권으로 문재신 김윤식 유생에 상의탈의를 명한다.

ムン・ジェシンとキム・ユンシクには自らの潔白を証明する時間を十分に与えた。
私は掌議の執権でムン・ジェシンとキム・ユンシクの上衣の脱衣を命ずる!

ジェシン:
나만 벗어 주면 되는 거냐 ?
니가 원하는 게 그거 아냐 ?

俺だけ脱げばいいんじゃないのか?
お前の望みはそれなんだろ?

#インスが紅壁書のことを話し始めてからこのあたりまで。あの夜のことを思い出し、事実をつなぎあわせて真実を理解し、策を練っているであろうソンジュンの冷静な姿がイイ!かすかに目がキョロキョロっと動き、記憶をたどっている…表情だけの演技も上手いですね~

ユンシク:
사형 !
師兄!

ヨンハ:
걸오…
コロ…。

ソンジュン:
먼저 대답해 주셔야겠습니다, 장의.
그러니까 장의께선 홍벽서를 잡기 위한 덫으로 재회를 이용하실 생각이셨습니까 ?
남색추문은 믿지 않으셨다는 걸 지금 스스로 고백하신 셈입니다.

まずお答えいただかなければならぬことがあります、掌議。
つまり掌議は紅壁書を捕らえるための罠に斎會を利用しようとお考えになったのですか?
男色の醜聞は信じておられなかったと…今、自ら告白なさったのと同じことです。

ソンジュン:
재회는 대사성 영감이하 그 어느 학관도 그리고 전하께서도 개입하실 수 없는 성균관 유생 고유의 권한 입니다.
성균관의 재회는 그 어떤 정치적 이유로도 이용돼서는 안되기 때문입니다.
헌데 재회의 의장인 징의께서는 지금 스스로 그 원칙을 어기셨습니다.
만일 문재신 유생이 상의를 벗어 상처가 없을 시엔 장의께선 그 책임을 물으셔야 할 것입니다.

斎會は大司成令監以下、全ての学官、そして殿下までもが介入してはならない成均館儒生固有のものです。
それは成均館の斎會がどのような政治的理由においても利用されるのを許さぬため。
しかし、斎會の議長であられる掌議が、たった今、自らその原則を破ったのです。
万が一、ムン・ジェシンを除名した後、傷跡がなかったとしたら、掌議はその責任を問われることになるでしょう。

ソンジュン:
그렇지 않습니까 ?!
(他の儒生たちに)そうではありませんか?!

斎任:
허면 문재신이 남색이 이닌 걸 알고도 재회를 세운 겁니까 ?
ならば、ムン・ジェシンが男色でないと知りながら、斎會を開いたのですか?

ソンジュン:
허나 장의께서 이 일을 없었던 일이라 하신다면 저 여기 모든 유생들도 오늘 장의의 실수를 더는 추구하지 않겠습니다.
しかし、掌議がこれをなかったことにされるなら、ここにいる儒生たちは皆、今日の掌議の過ちをこれ以上追求することはありません。

ヨンハ:
왜 ? 이왕 시작한 거… 그까지 가자고. 벗겨.
何で?どうせ始めたことだ… 最後まで行かないか?脱がせろよ~。

(掌議を責める儒生たちの声はひときわ大きく)

インス:
・・・。

ソンジュン:
장의께서 그 명을 거두신 거라 믿겠습니다.
掌議がその命令を取り下げてくださると信じます。

(立ち上がったヨンハ)

ヨンハ:
자, 아직 우리에겐 할 일이 남았네.
재회는 장의의 것이 아니라 우리 성균관 유생들의 몫이 아닌가 ?
우리의 의문 다해야겠지 ?
포결에 부치지?
문재신 김윤식 유생을 유벌에 처하겠는가 ?

さて、まだ我々にはやるべきことが残ってる。
斎會は掌議のものではなく、我々成均館の儒生たちの役割ではないか?
我々の義務を果たさなきゃな…。
決を採ろう。
ムン・ジェシンとキム・ユンシクを有罪と処するか?

(端の儒生たちから上がり始める白札。赤札を上げた儒生たちも最後にはそっと白札に…)

インス:
・・・。

ヨリム:
장의, 재회의 결과를 발표하시게.
掌議、斎會の結果を発表されよ。

インス:
문재신유생과 김윤식유생의 남색 추문은 협의가 없음을 선고한다.
ムン・ジェシンとキム・ユンシクの男色醜聞は否決と… 宣言する。

#必要なことだけを手短に、かつ効果的に話し、後は黙る!そして、最後には黙ったまま目だけで静かにホッとするソンジュン素晴らしす。
#それからそれから。もうここはソンジュンのひとり勝ちでいいけどさ~、コロタソたち、結局君たちは全くの策なしで来ちゃったのねorz

+-+-+-+

(会場から出てきたソンジュン)

ソンジュン:
한심하군… 대체 무슨 오해를 했었던 거냐 ?
(ひとりごと)情けないことだ… 一体何という誤解をしていたのだ…。

+-+-+-+

(成均館の門を出たソンジュンの前に現れるヨンハ)

ヨンハ:
뜻밖이구만. 이선준처럼 단정한 위인이 남색이 되는 걸 마다치 않겠다…
意外だな~。イ・ソンジュンのように端正な人が男色になることも厭わないとは…

ソンジュン:
전 그저…
私はただ…

ヨンハ:
아 , 그 또한 원칙을 지키고자 했을 뿐이다 ?
あ~、それもまた… 原則に従ったまでだと?

ソンジュン:
・・・。

ヨンハ:
원칙을 지킬 생각이었다면 거짓말하지 말았어야지 ?
原則に従うつもりだったのなら、嘘をついちゃいけないだろう?

ソンジュン:
・・・。

ヨンハ:
향관청에서 대물녀석과 걸오랑 죽 함께 있었단 말 거짓말이잖아.
享官廳で大物のヤツとコロがずっと一緒にいたってのは…嘘じゃないか。

ソンジュン:
・・・?!

ヨンハ:
자네답지 않은 거짓말…
君らしくない” 嘘 ”…

ヨンハ;
사형께서도 그 날 밤 일을 다 알고 계셨습니까 ?
師兄もあの夜あったことを知っておいでなのですか?

ヨンハ:
출세가 보장된 좌상댁 외아들이 하마터면 남색이라는 추문에 휩싸여
출사 길 막히는 위험도 무릅쓰고 말이지.
왜지 ? 뭘 위해서였나 ?

出世の保証された左相の息子が、まかり間違えば男色の醜聞を被り
出仕の道を閉ざされる危険を顧みずに…だ。
何故だろうな?何のために?

(何も答えず歩き出すソンジュン)

ヨンハ:
내일 정혼을 한다고 ?
그 것도 결코 손잡을 일 없어보이는 하인수와 가족이 되겠다 ?
자네 가문과 걸 맞는 상대가 필요해서 였나 ?
아니면 아무라도 상관이 없었단 건가 ?

明日、婚姻を結ぶんだって?
しかも決して手を結ぶことはないと見えたハ・インスと家族になると…?
君の家の家門に釣り合う相手が必要だったのかい?
それとも、誰でも良かったのか…。

ソンジュン:
・・・。

ヨンハ:
마치 도망이라도 치는 것 처럼…
まるで逃げ出すかのようにね。

(立ち止まるソンジュン)

ヨンハ:
그래서 자네 행복한가 , 가랑 ?
それで君は幸せなのか、桂朗?

ソンジュン:
・・・。

ヨンハ:
하… 이봐, 이봐, 이봐.
지금도 이렇게 거짓말을 못하는데 앞으로 어떻게 죽 거짓말을 하고 살 생각이지 ?
그건 누굴 위해선가 ?

はぁ~、それ見ろ。
今だってこんなに嘘がつけないでいるのに、これからどうやって嘘をつきながら生きて行くつもりなんだ?
… 誰のために?

+-+-+-+

(成均館を辞めたソンジュン。そうとは知らず書庫でずっと彼を待っていたユンシクは管理係からその知らせを聞きヨンハとジェシンの元へ。ユンシクはソンジュンが明日婚姻することを知る)

ユンシク:
정혼이 내일이었군요.
사형들께도 인사 한마디 없이 나갔다니 예와 법도는 무슨…
못쓰겠군.

婚姻…明日だったのですね。
師兄たちにも挨拶の一つもなしに出て行くとは…礼と法度はどうしたのやら…。
ダメダな…。

+-+-+-+

(部屋の前まで帰ってきたジェシン。部屋の中のユンシクの影を見て、自分は部屋の中に入らず、じっと部屋の前で座っている彼)

+-+-+-+

はぅ~。斎會恐るべし。
斎會の顛末が分からないといけないと思い、ほぼ全て聞き取りましたが、
もう疲れはてたので一旦区切ります。

 - 成均館スキャンダル