韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

イタズラなkiss韓国ドラマ版11話 あらすじ vol.2

      2010/10/12

イタズラなキス韓国ドラマ版 11話の後半です。

思いがけず、突然現れた先輩に交際を申し込まれたハニ。

「スンジョ以外は考えられない」と断ることにしたハニですが、ママのアドバイスでスンジョにヤキモチを妬かせてみることに。

さて、作戦はうまく行くのでしょうか^^

では、続きをどうぞ。

【ギテとデートするぞアピール】をした後も、ちゃんとスンジョのいるレストランに出勤しているハニ。

スンジョ:「ご注文は?」
ハニ:「(わざとそっけない感じで)アイスティ1杯」
スンジョ:「それでまた粘るつもり?」
ハニ:「今日はあんたに会いに来たわけじゃないから。ここで”他の”約束があるのよ」

そこに息を切らして走ってくるギテ。

ギテ:「ハニ、ごめん!車がすごく混んでてさ」
スンジョ:「・・・」

スンジョが素に戻る瞬間って、パズル雑誌の間違いさがしで小さな間違いを見つけたときと似てるな…。
「あ、ここ!」みたいな^^;
そんなひそかな喜びを探すドラマなのだ。

ギテ:「だいぶ待ったよね?」
ハニ:「いいえ~、今来たばかりですよ♪」

微動だにせずそこに突っ立っているペク・スンジョ。

ギテ:「おぅ、ペク・スンジョ、あんにょん。(座って)アイスコーヒーね」
スンジョ:「(我に返る)はい、アイスティーとアイスコーヒーですね」
ハニ:「(様子をうかがう)」
スンジョ:「少々お待ちください」

そっけなく行ってしまったスンジョを寂しそうに目で追うハニ。
せっかく会えたのにわざと冷たく振る舞うなんて、本当はハニらしくないし、ハニにとってすごく無理のあることなんですよね^^

ギテ:「いや~、今日は待ちに待ったデートの日だな」
ハニ:「・・・」
ギテ:「今日はホントにいい天気だよ。何したい?」
ハニ:「そうですね…特に…よく分からなくて」
ギテ:「デートするの初めて?」
ハニ:「え?そんな…したことありますよ」
ギテ:「ペク・スンジョと?」
ハニ:「え?…えぇ」

ハニの胸によみがえる、あの日のデート。
手に手を取って逃げ、ボートから落ちて…
今思い出しても眩しい瞬間たち。

ギテ:「何だよ、ウブだな。一度きりなんだから楽しまなきゃ!これからは僕がいろんなところに連れて行ってあげるよ」
ハニ:「…えぇ」

椅子ごとハニのすぐそばへすり寄るギテ。

ギテ:「どこ行く?めちゃくちゃ速いジェットコースターがあるらしいから…遊園地にする?」

そういってハニの肩に回した腕を、ハニは慌てて振り払おうとしますが、
ちょうどスンジョが近づいてくるのに気づき、とにかく我慢!

ハニ:「面白そう!それから次は何を?」
ギテ:「ドライブインシアターで映画を観て、美味い物食べてさ…」

固い表情でやって来たスンジョ。

ハニ:「すんごく素敵!ドライブインシアター、行ったことないんです!」

スンジョ:「失礼します」
ハニ:「(ドキッ)」

スンジョは二人の前にグラスを置きます。

ギテ:「じゃあさ、まずは景色のいい公園に行って自転車に乗るのは?」
ハニ:「わ~素敵素敵っ!」

じーーーっとハニを睨みながらもう一つのグラスを置くスンジョ(ニヤニヤ

ハニ:「先にそうしましょうよ、それから遊園地に…(スンジョをチラリ)ドライブインシアターに行きましょ♪」
スンジョ:「ごゆっくりどうぞ」

スンジョが行ってしまい、また彼を力なく目で追うハニ…

———————

ギテとハニは二人で公園にやって来ます。

何かと自分を気遣い、楽しませてくれるギテと過ごすうち、
ハニの顔にもだんだん笑顔が見えるようになります。

ハニ(心の声):「こんなに優しくされたら、どうしていいか分かんないな。そう、これがデートなんだわ。普通の女の子なら18歳までにたくさんしてるはずよ」

そこへギテが戻ってきます。
二人分のドリンクを持って。

ギテ:「ハニ、楽しかった?」
ハニ:「はい^^」
ギテ:「ほら(ジュースの栓を開けて渡してやる)」
ハニ:「こんなに楽しく遊んだの、久しぶりです」
ギテ:「それはどうしてかな?ペク・スンジョと一緒にいると緊張する?」
ハニ:「あ…その…」
ギテ:「君がペク・スンジョを好きになって…何年?」
ハニ:「え? あぁ…何だかんだと4年目で…」
ギテ:「わぁ…高1からなんだね。じゃあ、僕も長期戦になりそうだな」
ハニ:「え?」
ギテ:「いや…4年も好きだったのに、僕なんかが急に現れてハニの心をすぐ振り向かせることなんてできないだろ?」(好感っ^^
ハニ:「・・・」
ギテ:「少しずつ僕のこと考えてくれれば…それでいいよ」
ハニ:「・・・」

ハニ(心の声):「ホントに100%違うわ。予想はしてたけどスンジョは来てくれなかったな…」

「行こう」と声を掛けられ、ハニは立ち上がります。

—————————-

翌日。

ハニは図書館で勉強するスンジョを陰から見つめていました。

ハニ(心の声):「これじゃダメだ…。結局スンジョの気持ちは全然あたしにないって確認しただけだったわ。それにこのままじゃギテ先輩を利用してるみたいで…やっぱり胸が痛む。もうやめなきゃ」

「何してるの?」ギテに声をかけられ、驚くハニ。

ハニ:「せ、先輩」
ギテ:「こんなとこで何悩んでるの?(身を乗り出し)何か見てたのか?」
ハニ:「いぇ…」
ギテ:「あ~。ここでスンジョのこと見てたんだね」
ハニ:「あの、先輩。私…」
ギテ:「オ・ハニ、スンジョのことはもう忘れろよ」
ハニ:「…先輩、お話が…」

ギテは「シッ」と口に指を当て、ハニの話をさえぎります。

ギテ:「こっちに来いよ」

ハニを本棚の陰に引きずり込み、頭の上に手をついたギテ。

え?それはまさかの…秘伝∑( ̄Д ̄;)

ギテ:「ハニ!」
ハニ:「…先輩」

ギテはハニの唇にゆっくり近づき…

ハニ:「…嫌っ」

そこへ誰かの声が飛びます。

声:「何しとるんや!」

現れたのはジュングでした。
「こいつ!」いきなりギテに殴りかかった彼。

ジュング:「どっかでよく見る顔やけど、ハニに何しよんねん!」
ハニ:「やめて、ジュング!」

ハニの「やめて!」はジュングにとって絶対。
苦しい顔を見せる彼ですが、やはり怒りはおさまりません。

ジュング:「ハニの周りをやたらとチョロチョロしやがって…何ちゅう大胆なマネを!」
ギテ:「チョロチョロしてるのは君の方が長いんじゃないか?」
ジュング:「何やと?!お前に何が分かんねん!」

今度はギテがジュングに殴りかかります。

ギテ:「あぁ、ボン・ジュング!君こそもう諦めたらどうだ?」
ジュング:「…こいつ!!!」

ギテにとびかかり、馬乗りになるジュング。

ハニ:「や、やめてよ!!!」

パニックになるハニですが…
そこに現れたのは?

スンジョ:「何してる?」
ハニ:「!」
スンジョ:「図書館の中で何の騒ぎだよ?」
ジュング&ギテ:「…!」

スンジョの登場に気づき、固まる二人。

スンジョ:「まさか…こいつのために殴り合ってるんじゃないよな?」
ジュング:「おい、ペク・スンジョ!お前には関係ないから引っ込んどけ!」
スンジョ:「ま、いくら二人で殴り合おうが血を流そうが関係ないけどさ、でも…」

ハニの肩に手を回し、強く抱き寄せるスンジョ。

スンジョ:「… ハニが好きなのは俺しかいないんだけど」
ハニ:「!」
スンジョ:「喧嘩するだけ損じゃないか?」
ジュング&ギテ:「・・・」
ハニ:「…ス、スンジョ?」
スンジョ:「母さんが今日は家で一緒に夕食をって。行こう」

そのままハニの肩をぐいっと引っ張り、連れ去るスンジョ。

—————————-

外へ出た二人。
どんどん先へ歩いて行ってしまうスンジョを追いかけるハニ。

ハニ:「ゆっくり歩いてよ~」

スンジョは立ち止まり、ハニを振り返ります。

ハニ:「ペク・スンジョ、すごい自信だよね」
スンジョ:「何だよ?」
ハニ:「”ハニが好きなのは俺だけ”だなんて…あたしの心だって変わるかもしれないでしょ?そう思わない?」
スンジョ:「全然」
ハニ:「もぅ…。けど…ちょっとくらいは嫉妬したでしょ?ね?!」
スンジョ:「せっかくのショーなら、もっと頭使えよな。お前と母さんの考えることくらい分かる」

先に歩いて行くスンジョ。

ハニ:「もうすっかり気づいてたんだ…。かなわないよ、ホント^^」

——————————-

久しぶりにペク家に顔を揃えた面々。

母:「みんな揃ってとても嬉しいわ!スンジョ!あなたも嬉しいでしょ♪」
スンジョ:「…^^」
母:「一人暮らししてると食べ物が恋しいでしょ?こんなご馳走どこでも食べられないわよ」
ハニ:「そうですよ。いくら外食しても、家のご飯には叶わないわ(スンジョをチラリ)」
スンジョ:「(睨)」
ウンジョ:「トッポッキがこの世で一番美味しいって言ったくせに」
ハニ:「(シッ)」
ウンジョ:「ば~か」

和やかな食卓で、何となく元気がないスンジョ父。
会社が忙しく夜勤続きで疲れが相当たまっている様子。

ハニ:「おじさん、スープもっと入れましょうか?」
母:「いいのよ。お医者さんがね、あまり食べ過ぎないようにって」
ハニ父:「いくら好きな仕事だからって体に気をつけろよ。健康第一だからな」
母:「そうですよ~。キドンさんも体に気を付けてくださいね」
ハニ父:「もちろん!健康は健康なときに守らんとね!」

…何かのCMのようにできすぎた感じの会話^^;
そんな中でスンジョは心配そうに父を見つめます。

—————————-

食後、団らんしているところを立ち上がるスンジョ。

スンジョ:「そろそろ帰ります」
母:「今日はここに泊って行きなさいよ」
スンジョ父:「スンジョ、ちょっと話があるんだ」
スンジョ:「…はい」

—————————-

スンジョは書斎で父と向き合っていました。

父:「お前ももう大人だ。将来についてどう考えてるんだ?家を出てしばらくになるし、そろそろ考えを整理する頃じゃないか?」
スンジョ:「いいえ、まだ…」
父:「スンジョ、私はな、お前が会社を継いでくれると嬉しいんだ。最初は頼もしい右腕として。そのうち、お前の力で会社を育ててくれないか。どう思う?」
スンジョ:「どう考えていようが、そうしてくれとおっしゃるつもりなんでしょう?」
父:「?」
スンジョ:「結局は僕の未来を父さんの希望通りに決めようと…そういうことでしょう?」
父:「いや、そうじゃなくてな」
スンジョ:「話がそれだけなら、これで失礼します」
父:「(ため息)あぁ。行きなさい」

スンジョの頑なな態度に、ひとまずそれ以上説得するのを諦める父。
その悩みは深い様子で…。

スンジョが書斎を出ると、そこには母とハニがいました。

スンジョ:「帰ります」
母:「えぇ。気を付けてね」

—————————–

スンジョのマンションのドア。
そこにはチラシがべたべたと貼られ…。

ハニ(声):「ゴールデンウィークが来る少し前、突然スンジョが消えた。テニス場にも現れず、バイトしてたレストランもやめてしまった。スンジョはどこへ行っちゃったのかな…」

—————————–

美しい緑の中、スンジョは笑顔でカメラを構えていました。
女性観光客のために写真を撮ってやるスンジョ。

スンジョ:「この周辺の散策路はとてもいいんですよ。お出かけになっている間にバーベキューの準備をしておきます」

そこへ「お兄ちゃん!」と声を掛けるウンジョの声。

ハニ:「来たよ!」

肩にガシッと回されたハニの手を無理やり払いのけ、お兄ちゃんに抱きつくウンジョ。

ハニ(心の声):「チューインガムのハニ♪ スンジョの新しいバイト先を探し出しちゃった」

スンジョ:「ウンジョ、お前だけ来たのか?」
ハニ:「(私、私!)」
スンジョ:「父さんと母さんは?」
ウンジョ:「お父さんは仕事で来られないし、お父さんを一人にしておけないってお母さんも…」
ハニ:「お母さん、すご~~く残念がっていらっしゃったわ」
スンジョ:「わざとらしいんだよ(イラッ」
ハニ:「・・・」

そこへ観光客を案内するギョンスが通りかかります。
スンジョと一緒にバイトをしている様子。

また何ちゅー服を^^;

ギョンス:「遅かったじゃないか。(ウンジョに)お~、ウンジョか」
スンジョ:「やっぱり先輩ですね」
ギョンス:「・・・」
スンジョ:「放送局でも開いたらどうです?」
ギョンス:「何の…ことだ?」
スンジョ:「まさか!他のみんなにも知らせたんじゃ?!」

そのとき、プップーと響くクラクションの音。
滑り込んで来たのはヘラの車でした。
降りてきたそのままの勢いでハニを突き飛ばしたヘラは…

ヘラ:「スンジョ、元気だった?」
スンジョ:「・・・」
ヘラ:「うちの別荘すぐそこなのよ。夕食に招待したいんだけど…来てくれる?」
ギョンス:「(チョー期待)」
ヘラ:「来るよね?」

怖い顔でギョンスのもとへ駆け寄ったハニは…

ハニ:「ギョンス先輩!何がすごい情報よ?!」
ギョンス:「話があるからこっち!」

離れたところへハニを連れて行くと…?

ギョンス:「ハニ、俺今度こそヘラにアタックするつもりなんだ」
ハニ:「できるんですか?」
ギョンス:「だからさ、君の助けが絶対に必要なんだ!俺たちは助け合ってこそ生き残れるんだよ。そうだろ?」
ハニ:「(うん)」
ギョンス:「よし。とりあえず君はスンジョの周りをうろついて、スンジョがヘラに近づかないようにしてくれよ」
ハニ:「…ちょっと!ヘラがスンジョに近づいてるんでしょう?スンジョから近づいたことあります?」
ギョンス:「ペアになるのが重要なんだよ。カップルゲームをやろうって提案するつもりなんだ。そこでカップルになればいい。お前とスンジョ、俺とヘラがな」
ハニ:「もぅ~、そんな簡単に行きますか?今の今までダメだったのに」
ギョンス:「ご心配なく^^ 作戦立ててあるからさ。準備万端さ」
ハニ:「・・・」
ギョンス:「手を貸してよ。俺たち、お互いの愛のためにファイト!」
ハニ(心の声):「何だか不安だわ…」

——————————–

ギョンスの提案が始まりました。

ギョンス:「さぁ、青春まっただ中の男女の皆さん!青春時代の思い出の1ページを作りにいらっしゃったのに、景色を眺めたり見物したり…それで思い出になりますか? なりませんよね?そこで今からカップルゲームを始めます!」

やる気満々のギョンスの横で、話そっちのけでキョロキョロしているヘラ。
特に反応のないその他の面々。
ハニはわざとらしく「わぁ~♪」と手をたたいて盛り上げます。

ウンジョ:「ばぁか」
ハニ:「・・・」
ギョンス:「ゲームのやり方はですね、この地図をご覧いただくと1番から7番までポストが記してあります。その場所、場所に。そこへ行ってスタンプを最初に押してきたカップルが勝ちです。スタンプは…(腕に押したスタンプを見せ)これです!”宝探し”ならぬ”スタンプ探し”!!!」
ハニ:「ぉおおお~!」
ヘラ:「・・・」
ギョンス:「それではペアを決めましょう。ペアは公正にあみだくじで決めます」
ヘラ:「スンジョはどうして来ないんです?」
ギョンス:「…(咳払い)」
ハニ:「!」
ギョンス:「あ。それからみなさんの安全のため、仕方なく私もこのゲームに参加いたします」
ヘラ:「ウンジョ、スンジョ知らない?」
ウンジョ:「…知らない」
ヘラ:「スンジョもいないのに何が面白くて…」

ギョンス:「さぁ!信用できない皆さんのための(くじを見せて)あみだ!あみだくじ!じゃ、ヘラ、何番にする?」
ヘラ:「(イライラ)3番」
ギョンス:「あ~それじゃ僕は8番」^^:バレバレ

——————————–

そのころ、山の中をふらふらと歩く人物が一人。
それは… ハニを追ってきたジュングでした。

あぅー
ヘラに乗せてきてもらえればよかったのに…惜しかったね(涙
お願いだから無事たどり着いてくれと切に願う。

ジュング:「ハニ、待っててや!俺は必ずお前を守る!これからは絶対お前を一人にはせぇへんから!」

——————————–

一方、ハニはウンジョ少年とペアを組み、出発していました。
ハニと一緒にされたことでぶつぶつ文句を言うウンジョに対し、
素直にゲームを楽しんでいるハニ^^

1つ目のスタンプを見つけ、大喜びするハニに…

ウンジョ:「うるさいよ」
ハニ:「ちょっと!楽しくやろうよ。…あんたまで何よぉ~、ただでさえ、ここまで来てスンジョと一緒にいられないっていうのに」
ウンジョ:「こんなゲーム、小学生でもやらないよ」

「あっ!」と向こうを指さし、また笑顔で走り出すハニ。
ウンジョは慌てて後を追います。

—————————-

そして、こちらは気の乗らないヘラをリードしてあるくギョンス。

ギョンス:「足が痛い?それならおんぶするよ」

しゃがむギョンスを膝でヒョイッと蹴り飛ばし、ヘラはそれでもちゃんとスタンプを探して歩きます。
ギョンスは自分でスタンプを隠しておきながら、「木がどれも同じように見えるから迷うな~」と時間稼ぎ。

そこへ、「うおーーっ!」と大きな声が響きます。

—————————-

その声はハニたちにも聞こえていました。
ちょこんと並んで座ってる二人、可愛いですよね^^

ハニ:「…聞こえた?」
ウンジョ:「・・・」
ハニ:「今の…オオカミの声じゃない?」
ウンジョ:「知らないの?この国では絶滅したよ」
ハニ:「あぁ~、じゃ熊だ!」

そのときもう一度響く声。
二人はビクッと震えます。「キャーー!」

ハニの叫び声はちゃんと探索機がキャッチしていました。

ジュング:「ハニの声が聞こえたような…!」

—————————-

ハニたちは夢中で先を急いでいました。

ハニ:「良かった。追って来てないよね?」
ウンジョ:「良かった…じゃないよ!ここどこ?」
ハニ:「大丈夫よ、ウンジョ。あたしが道を見つけるから心配しないで!」

ウンジョの前に立って坂を下りようとしたハニは、足を滑らして下へ転がり落ちてしまいます。

ハニ:「キャーー!」
ウンジョ:「大丈夫?!」
ハニ:「…うん。大丈夫よ、ウンジョ」
ウンジョ:「…ばか」

ウンジョがホッとして憎まれ口を叩くだけで可愛い^^

ハニ:「でも、帽子がなくなっちゃった。お気に入りなのに…」
ウンジョ:「そこにいろよ。降りていくから」
ハニ:「うん」

落とした帽子は何らかの目印になりますね?きっと^^

ハニ:「はぁ…。ウンジョ、気をつけなよ!」

—————————-

そして、こちらも道に迷っているギョンス組。
頼りにならないギョンスにイライラして先を進むヘラ。
ギョンスは「待ってくれよ~」と追いかけます。

ギョンス:「見つけた!スタンプ!!!」

実はビビリ屋だったギョンス。腰が引けてなかなか岩場を前へ進めません。

ヘラ:「(呆)だから先輩のことどうしても好きになれ…もぅいい!あたしが行くから!」
ギョンス:「ヘラ…男のこんなザマ見たら母性愛とか…まぁそういうのもあるよな」

—————————-

ハニを探して歩くジュングの前に、あざやかな赤い帽子が一つ。

あぅ、君かorz
ガッカリしたんじゃないよ。また悲劇の匂いがするからだよ…。

ジュング:「おっ、あれはハニの帽子やないか!」

取ろうとするジュングですが、帽子は目の前にあるのに、深い溝に阻まれ近づくことができません。

ジュング:「ハニ!何かあったんかぁ?!ちょっとだけ待っとれよ!すぐ行くからな!」

長い枝で帽子を取ろうとしたジュングですが、ヒョイっと空高く飛んだ帽子と引き換えに、自分は溝に落ちてしまいます。

あぁorz

—————————-

そのころ、スンジョはみんなの大騒ぎをよそに、ペンションの庭を掃除していました。
そこへボロボロのヨタヨタになってたどり着くギョンスとヘラ。

ジュング:「ス、スンジョ。水、水を…」
スンジョ:「(ヘラに)先輩、どうしたんだ?」

踏んだり蹴ったりの散策を訴えるヘラ。

スンジョ:「ウンジョとハニはどこだ?」
ヘラ:「い…一番最初に出発したけど?ま、まだ帰って来てないの?」
スンジョ:「!!!」
ギョンス:「水を…水を…」

—————————-

道に迷い、疲れてしまったハニたちは、山の中で座り込んでいました。

ウンジョ:「寒くなってきた」
ハニ:「お腹もすいたし…」
ウンジョ:「それより道が分からないのが問題だよ」

携帯電話は圏外のまま…。
ウンジョはリュックを開き、持っていた膝掛けとお菓子の袋?を取り出します。

ウンジョ:「ほら♪」
ハニ:「ぉおおっーっ! ペク・ウンジョ、やるねぇ~!こう言うのよね、”備えあれば嬉しい” ”有備”…えーと、何だっけ?」

それには突っ込まず、さっさと膝掛けを広げたウンジョは、それをハニに掛けてやります。

ウンジョ:「早く掛けなよ」
ハニ:「…(嬉) ウンジョ、すごく落ち着いてるね。まるでミニペク・スンジョと一緒にいるみたい!」
ウンジョ:「(キリッ!)とりあえず谷間を見つけるんだ。水が流れていく通りに歩いて行けば、下る道がみつかるよ」
ハニ:「待ってればスンジョが来てくれないかな?」
ウンジョ:「はぁん…やっぱバカだ。僕たちがここにいるのどうやって分かるんだよ?」
ハニ:「はぁ…(腕をさする)」
ウンジョ:「寒いの?ほら…」

ウンジョはハニの手をとり、自分の手のひらで温めます。

ハニ:「(ニコニコ)…頼もしいな」

—————————-

溝に落ちたまま動けないジュング。足も怪我してしまったようです。
「でも、行かなあかん!」と足を引きずりながら上へ登ろうとする彼。
しかし、壁は高く、足が滑ってしまって上ることができません。

ジュング:「ハニ、ホンマにすまん!こんな状態じゃどうにも上がられへん!」

諦めかけたものの「こうしてるうちに…ひょっとしたら!」と再び立ち上がります。

そして、ハムスターがクルクル走り続けるアレのように、上ってはすべり落ち、上ってはすべり落ち…

ジュング:「あかん、絶対にあかん!ハニーーっ!愛してるでーーーーっ!!!」

—————————

そのころ、スンジョは山道を走っていました。
叫び声を聞きつけ、急いで声がした方へ向かう彼。

ジュングもまたハニの声を聞きますが…溝のそこで叫ぶことしかできません。

そして、その雄叫びはハニを震え上がらせるばかりorz

ハニ:「こっちに来るよ!どうしよう!」

ウンジョはハニの前になり、彼女を守ります。
そこへ現れたのは…?

冬の山でユジンを見つけたチュンサンみたい(遠い目:番外編

そして、体操座りで残りの水を飲み干し、おせんべいをかじるジュングorz

ジュング:「誰か助けてくれへんかな~(涙」

そこへスルスルっと降りて来たのは…神が垂らした蜘蛛の糸。
…のようにありがたいロープでした。

スンジョ(声):「おい、掴まれ」
ジュング:「おっ?この声はペク・スンジョちゃうか?」
スンジョ:「早く掴まれよ」
ジュング:「(立ち上がり)おい!何しとんねん。誰がお前なんかに助けて…あっち行け!」
スンジョ:「そうか?じゃ、お先」
ジュング:「…おぃおぃおい!!!どこ行くねんなぁ~?!おぅ、ハニを助けなあかんのや、ハニを」
スンジョ:「落ち着け。あいつは無事だ。先に宿舎に戻った」
ジュング:「ホ、ホンマか!あ、あぅ…良かった!ホンマに良かった!」

我に返ったジュング。

ジュング:「おい!そんならな… ちょっと助けて^^;」

スンジョはジュングに肩を貸し、ペンションまで連れて戻ります。
くたくたになってベンチに座り込む二人。

ジュング:「黙っといてくれや。こんなザマ絶対誰にも見せられへん」
スンジョ:「・・・」
ジュング:「特にハニには絶対アカン!ええな?」
スンジョ:「どうせお前がここに来てることは誰も知らないから…心配するな」
ジュング:「何てザマや…。ペク・スンジョにこんなカッコ悪いところを…」
スンジョ:「・・・」
ジュング:「ペク・スンジョ、この借りは必ず返すからな」
スンジョ:「あんまり嬉しくないね」
ジュング:「…はぁ」

—————————

気持ちのいい山の朝。
目を覚ましたハニは美しい森の中を歩き始めます。

静かな川の流れを望む、白いベンチに腰掛けるハニ。

そこに現れたのは…?

ハニ:「あ… スンジョ」
スンジョ:「散歩か?」
ハニ:「うん」

彼女の前に立ち、水の流れを見つめるスンジョ。

スンジョ:「一人で来ればよかったのに…」
ハニ:「え?」
スンジョ:「俺のこと好きだとか何だとか言うくせに…俺の気持ちが分からないのか?」
ハニ:「あんたの気持ちは…あたしのことなんか眼中にも…」

スンジョは彼女の言葉をさえぎるように、肩にそっと手を置きます。
そして…

————————–

ベンチでうとうとしていたハニはハッと目を覚まします。

ハニ:「あれ?…夢だったんだ。(嬉)ビックリしちゃった。道理で…上手く行きすぎると思った。はぁ~、夢ならもう少し覚めなきゃ良かったのに…」

やっぱり不思議に思って、唇に触れてみるハニ。

ハニ:「だけど…なぜか唇の感触が…」

そうやって首をかしげる彼女でしたが、そんな様子を陰で見ていた人が一人。

ウンジョ:「(ゴクリッ)」

物陰で動けず、固まっているウンジョ少年でした。(ちゃんと虫取りの用意も^^

————————–

いやぁ~。大変よろしゅうございました。

座ってる女の子に、背の高い男の子が腰をかがめて…っていうのはめちゃくちゃ好物なわけですよ、あたくし。

花男リターンズの花沢類@病院とかぁ~♪♪♪♪♪♪

最後のウンジョの表情がちょっとわかりづらいけど、「ってことは、だよね~」と推測がつくギリギリのところでちゃんと作ってくれたんじゃないでしょうか。

夢の中?のスンジョも本心を吐露している様子が出てて素敵です。

<追記>

ただ、山での遭難エピはもうちょっと二人に集中した作り方をすれば良かったのに…と残念です。
ジュングには可哀相やけど(って自然と関西弁に^^:)、いっそのこと彼は山に来ていないことにしてバッサリ切ってしまって、スンジョが「ハニたちがいないことに気づく」→「思わず走り出す」→「探し回る」をもっともっと見せてほしかった。
探して探して…でも見つからなくて、気が焦って…。それでやっと見つけだしたらどんなに盛り上がっただろうと^^;
そこで翌朝のシーンにつながれば、一夜明けて落ち着いたスンジョがちょっと違ってみえたかもしれません。

 - イタズラなKISS ,