韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

成均館スキャンダル11話より:名シーン&名台詞対訳vol.2

   

ユチョン、パク・ミニョン、ユ・アイン、ソン・ジュンギ。
李氏朝鮮のイケメン4人組がガンガンに心拍数を上げてくれる心臓に悪いドラマ、「成均館スキャンダル」。

11話の後半も、私が好きなシーン&好きな台詞を好き勝手に選んで訳します。

後半、すごく難しくて、途中まで書いてボツにしたシーンがいくつか^^;
また挑戦します。

では、どぞ^^

+-+-+-+

(紅壁書が現れた夜。
その正体が成均館の儒生であるらしい、自分たちの身近な儒生かも…と話しあうソンジュンとユンシク。
ちなみに、ふたりとも寝間着姿で無駄に艶めかしいw
そこへ、部屋の前まで帰ってきて二人の話を聞き、ごまかすために酒の匂いをつけるジェシン)

ユンシク:
알겠소 , 누군지 ?
分かる?誰なのか…。

(自分の顔を間近に見上げるユンシクに、また動揺したソンジュン)

ソンジュン:
걸오사형…걸오사형이 왜 이리 늦는지 모르겠…
桀驁(コロ)師兄…桀驁師兄はなぜこんなに遅いのか…

(そこへいつもと変わらぬ様子で帰ってくるジェシン
ソンジュンとユンシクの間に割り込むと、さっさと真ん中に横になるw
酒の匂いに顔をしかめるユンシク)

ユンシク:
사형 , 또 술 드셨습니까 ?
師兄、また酒を飲んだんですか?

ジェシン:
뭐냐 ?
그러니까 대물 넌 저기 좀 … 꼭 붙어 자라 !

なんだ?
いいから大物、お前はあっちに(入り口の方へ蹴っ飛ばす)…ぴたっとくっついて寝ろ。

(仕方なく奥の狭い隙間に寝ようとしたソンジュン。
思い直して真顔になり…)

ソンジュン:
사형.
오늘은 꼭 말씀 드려야겠습니다.

師兄。
今日こそは申し上げます。

ジェシン&ユンシク:
・・・。

ソンジュン:
…자리 왜 자꾸 마음대로 바꾸시는지 그 이유를 알아야겠습니다.
なぜ場所を何度も思うままに変えるのか…その理由を聞かせてください。

ジェシン:
매사의 따박따박 따지는그 버릇 안 고쳐지나  ?
全てに是非を問おうとするその癖、直らないのか?

ソンジュン:
이건 어무래도 비효율적이고 비합리적입니다.
이 벽쪽이 좋으시다면 제가 김윤식 옆에서…

これはどう考えても非効率的であり、非合理的です。
こちらの壁側がお好きなら、(枕持参で立ち上がろうとする)私がキム・ユンシクの隣に…

ジェシン:
먼지 난다.
그냥 자.

(足で阻止)埃が立つだろ。
そこで寝ろ。

ソンジュン:
아니.
오늘은 집고 넘어가야겠습니다.

いいえ。
今日こそはハッキリさせます。

ジェシン:
니 자리 내 자리가 어딨어, 누구 내 자리지 !
お前の場所だ、俺の場所だと何を…?
俺の場所だ!

ソンジュン:
그럼 김윤식에게 의견을 물어 보죠.
자리를 어떻게 정하는게 좋을지.

ではキム・ユンシクの意見を聞いてみましょう。
場所をどうやって決めればいいか。

(突然話を振られて困ったユンシク。手は無意識にその魅惑の唇に。
ソンジュンは生唾を呑み、ジェシンはいつもの癖が…)

ソンジュン:
됐어… 그만.
오늘은 밤이 늦었으니 그냥 이대로 자는게 좋겠소.

もういい。やめよう…
今夜は遅いからこのままで寝たほうがいい。

+-+-+-+

(このたびの手柄で正祖より褒美を受ける4人。
ヨンハは禁紫城を取り戻し、ジェシンは兄の答案(科挙を受けた際のもの)を受ける。
父を疑う苦悩を経験したソンジュンには羅針盤を。
そして、父の遺品を受け取ったユンシクは、父が成均館の博士であり、正祖が大切にした人物であったことを初めて知る)

+-+-+-+

(父と向き合うソンジュン)

ソンジュン:
신해통공 이번 일 아버님께서 힘 써 주셨다 들었습니다.
감사합니다, 아버님.

辛亥通共のことは父上がお力添えをくださったと聞きました。
ありがとうございます、父上。

父:
좋은 자세다.
백성의 살림이 나아지면 기뻐하고 감사하는 것이 사대부의 마땅한 도리다.
이 아비도 그리 했을 뿐이다.

良い姿勢だ。
民の暮らしが良くなれば喜び、感謝するのが士大夫にあって然るべき道理だ。
この父もそうしたまでだ。

ソンジュン:
그보다 지금처럼 계속 아버님을 따르며 살아도 된다고 보여 주셨기에
소자 외람되게도 기뻤습니다, 아버님.

それ以上に、今のように変わらず父上に従い生きていってよいと示して下さり、
僭越ながら嬉しく思います、父上。

+-+-+-+

(庭を歩くユンシクに出会い、声を掛けるジェシン)

ジェシン:
전혀 몰랐던 거냐 ? 아버님 일을…

全く知らなかったのか?父上のこと。

ユンシク:
네.
えぇ。

ジェシン:
・・・。
ユンシク:
어머님께선 제게 왜 사실대로 말씀해 주지 않으셨을까요 ?
母上はなぜ私にありのままを仰らなかったのでしょうか。

ジェシン:
고민…하셨을 거다.
悩まれたに違いない。

(足を止めるユンシク)

ジェシン:
그리고 생각하셨겠지.
그 편이 대물 널 위한 길이라고.

そしてこう考えたんだろう。
その方が”大物”、お前のための道だとな。

ユンシク:
저희 아버진 정말 어떤 분이셨을까요 …?
父上はどんな人だったんでしょうね…。

(身をかがめ、ユンシクの足元の紐がほどけているのを結んでやるジェシン)

ジェシン:
뭘 물어 ?
당연히 좋은 분이셨을 거다.
“부전자전” 몰라 ?

何聞いてんだ?
良い方に決まってるだろ。
”父子相伝”…知らないのか?

(自分の姿を見て父を「良い人に違いない」と言ってくれるジェシン。
ユンシクは嬉しくなります)

ユンシク:
사형 !
師兄!

ジェシン:
・・・。

ユンシク:
걸오라는 별호 참 안 어울리십니다.
제겐 늘 고맙기만 하는 분이니까요.

桀驁という別名はちっとも似合いませんよ。
私にとっては…いつだって感謝してばかりの方なんですから。

ジェシン:
・・・!

ユンシク:
처음부터 대사례 때도 또 순두전강 때에도…
最初から…弓会のときも、それに旬頭殿講のときも。

(立ち上がるジェシン)

ユンシク:
고맙습니다, 사형.
ありがとうございます、師兄。

(笑顔で見つめられたジェシンは、またしゃっくりが…)

+-+-+-+

(特別に賜った休暇、美人たちと船遊びでもしないかとソンジュンに提案するヨンハ。
”そんな趣味はない”とキッパリ断るソンジュンですが…)

ヨンハ:
설마 어여쁜 여인네들이 싫은 건 아니지 ?
まさか美人が嫌いなわけではあるまい?

ソンジュン:
・・・。

ヨンハ:
어 ?
자네 설마 !!! 사내를 좋아하는 건가 ?

あん?
君、まさか!!!男が好きなのか?

ソンジュン:
사형 !
師兄!(怒

ヨンハ:
농일세, 농.
冗談だよ、冗談。

ソンジュン:
지나친 농은 불쾌합니다.
度を越した冗談は不愉快です。

(行ってしまうソンジュンを見送ったヨンハは…)

ヨンハ:
만고불변의 진리가 떠오른구만.
화내니까, 더 수상하잖아.

萬古普遍の真理だな。
怒るもんだから…余計に怪しいじゃないか^^

+-+-+-+

(まだしゃっくりが止まらないまま、ユンシクと歩くジェシン。
掲示板をみると、司憲府が発行した紅壁書の手配書が。
手配書の人相書きとジェシンを見比べたユンシクは…)

ユンシク:
사형.
홍벽서가 누군지 아십니까 ?
성균관 유생이라던데.

師兄。
紅壁書が誰だかご存知です?
成均館の儒生だと聞きましたが…。

ジェシン:
관심없다.
興味ないな。

ユンシク:
전…알고 같습니다.
홍벽서는 아주 가까이에 있습니다.

私…分かった気がします。
紅壁書はと~~っても身近にいますよ。

ジェシン:
(ドキッ)

ユンシク:
사형, … 홍벽서죠 ?
師兄、 紅壁書でしょう?

ジェシン:
뭐 ? 뭐야 ?!
な… 何だと?!

ユンシク:
딸꾹질 멈췄다, 그죠 ?! 아하하하하 !
(笑って)しゃっくり止まった!でしょう? あはははは!

+-+-+-+

(ソンジュンが舟遊びに付き合うと言うまで、一歩も動かないと部屋に居座るヨンハ。
そこへ楽しそうに話しながらジェシンとユンシクが戻って来ます。
頑なに書物を見続けるソンジュン)

ヨンハ:
걸오가 딸꾹질을 멈췄단 말이지 ?
桀驁のしゃっくりが止まったんだって?

ユンシク:
제가 걸오사형에 특효약을 처방해 드렸거든요.
私が特効薬を処方してさしあげましたからね♪

ジェシン:
대물 너 !
그만 두래도…

大物、お前!
やめろっつってんだ。

ユンシク:
아까 그 걸오사형의 그 얼굴을 다도 보셨어야 됐는데 ! ㅎㅎㅎㅎㅎ
さっきの師兄のあの顔…皆さんもご覧になるべきだったのに…ふふふふ♪

(仲の良いジェシンたちに知らんぷりのソンジュンですが、読んでいるはずの本は逆さま。
目ざとく気づき、ニヤリと笑ったヨンハは…)

ヨンハ:
한때 난말이야 대물이 혹 계집애 아닐까 의심했던 적이 있었거든.
一時はさぁ…大物はひょっとして女じゃないかと疑ったことがあったんだ。

ユンシク:
…사형 !
그게 무슨 말도 안 되는 …

…師兄!
そんな話にもならないことを…

ヨンハ:
ㅎㅎㅎ, 헌데 더는 그런 의심따위 하지 않기로 했네?
왜냐?
더 궁금한 게 생겼거든.

ふふふ、けど、もうそんなことは疑わないことにした。
何故って?
もっと気になることができたからね。

+-+-+-+

また追加するかもしれないけど、とりあえずこの辺で^^

 - 成均館スキャンダル