韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

成均館スキャンダル10話:密やかな逃亡♥シーン翻訳

   

成均館スキャンダル(성균관 스켄들 )10話より

しょっぱなから胸キュンと爆笑(?!)つづきの10話でしたが、その中から1シーンだけ選んで聞き取ってみますね。

忍び込んだ書庫からやっとのことで逃げ出したソン・ジュン(パク・ユチョン)とユンシク(パク・ミニョン)。追ってくる官軍を巻き、落ち着いたところで始まる会話です。

+-+-+-+-+

ソンジュン:
날 동정한 건가 ?
私に同情したのか?

ユンシク:
?!

ソンジュン:
이 밤중에 게다가 그런 꼴로 위험을 무릅을 쓰고 달려와 준 건 … 내가 힘이 없고,어리석은데다 나 혼자서는 절대로 해내지 못할 것 같다… 그러니까 불쌍해서 손을 내밀어 준 간가 ?
こんな夜中に…しかもそのような格好で危険も顧みず駆けつけてくれるとは。
私に力がなく愚かだから…私一人では決して成し遂げられぬだろうと…
それを憐れに思って手を差し伸べてくれたのか?

<語句>무릅(을)쓰다 :(困難・恥などを)顧みない。무릎 ではないので注意^^

ユンシク:
・・・。

ソンジュン:
누구든지 손만 내밀어 주면 덥석 감지덕지 잡을 거라 여겨서 ?
誰でも手を差し伸べてやりさえすれば、すぐに有り難くその手を取るであろうと?

ユンシク:
이선준 ! 너 정말 !!!
イ・ソンジュン!君は全く!!!

(ユンシクが振り上げた手をたやすく掴むソンジュン)

ソンジュン:
널… 동정한 게 아니다.
君に…同情したわけじゃない。

ユンシク:
・・・。

ソンジュン:
니가 아닌 것 처럼…
君がそうじゃないように…。

ソンジュン:
처음엔 아까웠다… 그 재주가.
그 다음엔 니가 필요했지.
벗이 생긴다면 그건 너였으면 좋겠다고 생각했다.
다만 난… 방법을 몰랐던 거야.
처음이었으니까.

初めは惜しいと思った…その才能が。
そのうち君が必要になったんだ。
友が出来るならば…それが君だったらいいと思った。
ただ私は…その方法を知らなかったんだ。
初めてだったから…。

ユンシク:
・・・。

ソンジュン:
미안하다…
미안하다, 김윤식.

すまない…
悪かった…キム・ユンシク。

(たまらなくなり、背を向けて涙を流すユンシク)

ソンジュン:
김윤식…?
キム・ユンシク?

ユンシク:
나쁜 자식…
悪い奴…!

ソンジュン:
・・・?

ユンシク:
내가…얼마나 노력했는데…
私が…こんなに努力したのに…

ソンジュン:
・・・。

ユンシク:
내가 마음 다잡으려고 얼마나 노력했는데…
정말…

気持ちをおさえようとこんなに努力したのに…
あぁ本当に…

(ユンシクの涙に戸惑うソンジュン)

ソンジュン:
무조권 내가 다 잘못했다.
그러니까 …
그만 울면 좋겠다.

完全に私が悪かったんだ。
だから…
もう泣き止んでくれないか。

 - 成均館スキャンダル