韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

カインとアベル 動画つきあらすじ6話 vol.2

   

ソ・ジソブ主演カインとアベル、6話の後半に入ります。

収容所を出て北朝鮮側に引き渡されたカンチョルとチョインですが、運ばれて行く車の中から脱走を果たします。
町へ出てチスを見つけ出し、キソクが死んだことを知らされる二人。
彼らは麻薬の取引相手がいるトルの村を訪れ、麻薬と引き換えに莫大な金を受け取ります。
そして、韓国へ渡った妹の無事を確かめ、自分たちも早速韓国へ渡ることにしたカンチョル。

兄と妹は韓国で感動の再会を果たせるのでしょうか。

カインとアベル 画像

☆早めにゲット!<★お買得!送料込み!【ソ・ジソブ】2010年カレンダー

では、どうぞ~

カインとアベル6話 動画4

中国でお世話になっていたオバさんに電話をするヨンジ。
少し前に兄のカンチョルがオバさんを訪ねてきたことを知ります。
「本当ですか?カンチョルお兄さんが来たって?!本当にカンチョルお兄さんですか?」

兄が脱北に成功し、これから韓国に来る。
兄に会えるんだ。

ヨンジはその嬉しい知らせに、喜びで一杯になるのでした。

そして、中国でチョインに渡された手紙を、もう一度そっと開いてみます。
そこには「韓国に来たら必ず連絡してください。いいですね?」という優しい言葉が…。

ヨンジ:
이초인 선생님… 잘 있었습니까 ?
중국에서 우리 겅철이 오빠가 (?) 온답니다.
이제 곧 하나원도 졸업하고 며칠만 있으면 주민등록증도 받습니다.
선생님 내 그때 선생님 만나러 가도 되겠습니까 ?

イ・チョイン先生…お元気ですか?
中国からカンチョルお兄さんが来るそうです。
もうすぐ統一院(北朝鮮を離脱した人の定着を支援する施設)を卒業して住民登録証も受け取れるんです。
先生…、そのときになったら先生に会いに行ってもいいですか?

+-+-+-+-+-+-+

月夜。

チョインはゆらゆらと揺れるロウソクの灯りを二つ、川の流れへと送り出していました。
チョインが見守る中、流れに身を任せ、少しずつ離れていく二つの灯り…。

そこへカンチョルがやってきて横に座ります。

カンチョル:
기석이랑 기백이 보내는거냐 ?
キソクとキベクを送ってるのか?

チョイン:
두 사람 어떻게 됐을까요 ?
二人は…どうなったんでしょうね。

カンチョル:
고향으로 돌아(갈거지?갔겠지?).
살겠다고 떠나서 죽어서 돌아(갈거지?).

故郷へ帰る(帰った?)だろうな。
生きるために発ち、死んで帰ったんだ…。

二人は盃に満たした酒を川に流し、逝った者たちを弔います。

韓国ドラマ カインとアベル 画像

チョイン:
저도 … 돌아갈 수 있을까요 ?
俺も…帰れるでしょうか。

カンチョル:
살아남아야지.
사막에서 넌 무의식 중에 내 발목을 잡아서
살아야 한다는 의지가 강했던 거지.
총까지 맞고 버려졌으니까 뭔가 억울한 사연도 있겠지.
그걸 밝힐 때까진 살아야지.
살아야 된다, 오강호.
동지들 생명하고 바꾼 목숨이나까, 반드시 살아남아야 돼.

生き残るんだ。
砂漠でお前は無意識のまま俺の足首をつかんだ。
生きなければならないという意志が強かったんだろう。
銃で撃たれて捨てられたんだ…何か無念な事情もあったに違いない。
それを明らかにするまでは生き残るんだ。
生き残れ、オ・ガンホ。
同志たちの命に代えて生き残った命…必ず生き残らなきゃならない。

チョイン:
형… 찾을 수 있겠죠 ?
대한민국이란 나라에 가면
내가 사랑하는 사람도 내가 버려진 이유도 다 찾을 수 있겠죠?

兄貴…見つけられますよね?
大韓民国へ行けば
俺が愛する人も、俺が捨てられた理由も、みんな見つけられますよね?

カンチョル:
그래야지. 꼭 그래야지.
ああ。必ずな。

+-+-+-+-+-+-+

翌日。

カンチョルたちはトルの村を後にし、韓国を目指し歩き始めます。
その様子を、草の陰からそっと確認する人物が…。

それは… 銭形、おまいかーーっ(・∀・;)
ホント、しぶとい男だorz
彼らはさっそくカンチョルたちを追って動き出します。

森の中を、チスを先頭に進む3人。
どれくらい歩いたのでしょう。
背の高い木が途切れ、少し開けた場所に出たところで、カンチョルは立ち止まったチスの肩を後ろから掴みます。

「水の匂いが違う。こっちはまた中国に戻る方向だろ」

カンチョルに、チスの誤魔化しは通用しません。

カンチョル:
최치수, 어찌 갑자기 우리와 같이 (가기로 했?)지 ?
중국으로 가족들 데려오는 게 소원이라고 했잖아.

チェ・チス、何で急に俺たちと一緒に行くことにした?
中国に家族を連れて来たいと言ってたろ。

チス:
역시 조장동진 속이지 못하었습니다.
난 남조선에 갈 생각이… 조금도 없습니다.

やはり隊長のことは騙せませんね。
自分は南朝鮮に行くつもりは…ちっともありません。

そう云うや否や、懐からこっそり出したナイフをカンチョルの腹に向かって思い切り突き刺すチス。
うわーーっ、あっさり刺されないでそこは交わしてくれよーーっヽ(・∀・;)ノ

そして、すぐさまチスは銃を取り出し、カンチョルに向けて派手に撃ち込むのです。
「兄貴!!!」驚いて叫ぶチョインですが、激しく銃弾を浴びせるチスを前に、近づくこともできません。

とどめを刺すように、チスはカンチョルに数発の弾を撃ち、その場から逃げだします。
急いでカンチョルに駆け寄り、傷口を押さえるチョイン。

カンチョル:
너무… 많이 맞았지?
撃たれすぎたよな…。

チョイン:
아니야…괜찮아요.
いや…大丈夫です。

カンチョル:
이제… 난 됐어.
もう…俺はいい。

チョイン:
무슨 소리 하는 거야 ?
살 수 있어, 형.
내가 살려낼 테니까 절대 포기하지 말아요. 알았어요 ?

何言ってんだ?!
助かるよ、兄貴。
俺が助けるから絶対諦めないでください。いいですね?

カンチョル:
전투장에서 맨날 겪어봐서 내 상태는 내가 안다.
영지를… 영지를 부탁한다.

戦場で毎日見て来たから、自分の状態は自分でわかる。
ヨンジを…ヨンジを頼むぞ。

チョイン:
아뇨. 형 동생은 형이 돌봐요. 전 안 돌봅니다.
イヤです。兄貴の妹の世話は自分でやってください。俺は面倒なんか見ません。

カンチョル:
오강호…
オ・ガンホ…

チョイン:
지혈 안 되니까 얘기하지 말란 말이야 !!!
血が止まらないから喋っちゃダメだって!!!

カンチョル:
임마 ! 시간이 얼마 남지 않았단 말이다 !!!
時間がないんだ!!!

苦しみながら見上げるカンチョルの上には、高くそびえる木から木漏れ日が降り注ぎます。
彼らのそばに北朝鮮の男たちが近づいていました。
…この人たち、だんだん増えてません?自動的に補充されてる?

カンチョルは胸元から一枚の写真を取り出し、チョインに託します。

カンチョル:
오영지. 내 동생이야.
オ・ヨンジ。俺の妹だ。

+-+-+-+-+

カインとアベル6話 動画5

カンチョル:
(?) 게 5년전이니까 스물다섯살 됐겠지.
우리 집에 빛 같고 소금 같은 애였는데
지켜주지 못했어.
국경을 넘어가면 남조선 국정원 사람들이 기다리고 있을 거야.
그 사람들이 내 동생을 찾아 줄 거다.
가라…

(?)が5年前だから、25歳になってるだろう。
うちの家族にとって、光のような…小鳥(?)のような子だったのに
守ってやれなかった。
国境を越えたら南朝鮮の国政官たちが待っている。
その人たちが、俺の妹を探してくれるはずだ。
行け…。

チョイン:
형 두고 나 혼자 어떻게 가 ? 같이 갑니다.
兄貴を置いて俺一人でどうやって行くんだ?!一緒に行きます。

カンチョル:
가서… 내 대신 오영지 부탁한다.
行って…俺の代わりにオ・ヨンジを頼む…。

チョイン:
반드시 살아남아야 한다고 했잖아 .
동료들하고 맞바꾼 목슴이니까 이대로 포기하면 안되잖아 !!!

絶対生き残らなきゃいけないって言っただろ!
仲間たちと引き換えの命なんだから、このまま諦めちゃダメだ!!!

カンチョル:
제발 가란 말이야 , 이 새끼야 !!!
頼むから行けって言ってんだーーっ!!!

その場からどうしても離れることができないチョイン。
そりゃそうです。
命の恩人であり、兄と慕う人なんですから…。
「行け」って言われたって、まだ生きてるんですから…。

そこに、そう遠くないところで銃声が響きます。
北朝鮮の男たちがすぐそこまで迫っているのでした。
チョインはカンチョルを背中に背負い、走り出します。

森の中をひたすら走るカサカサという音と、響く銃声。

チョインに背負われ、ほとんど意識がとだえていたカンチョルがふと眼を開きます。
すばやく周りを見渡すように視線を動かす彼。
そして…
最後の力を振り絞って彼がしたことは…

手に持っていた銃を自分の頭に当て、
引き金を引くことでした。

「パン!!!」

ハッとして立ち止まったチョインの後ろで、
ピストルを持ったカンチョルの手が力を失ってダラリと垂れ下がります。
そして、訪れる静寂。

彼の頭の中にカンチョルの声が響きます。
「ガンホ…生き延びろ。そして、俺の代わりにヨンジを頼む…」

カインとアベル 画像

手からカンチョルとヨンジの写真がヒラリと零れ落ちます。

カインとアベル 画像

「兄貴ーーーっ」

+-+-+-+-+

ソヨンは列車に乗り込もうとしていました。
そのとき、携帯電話が鳴ります。
ボソン病院に勤めるパク・スラクでした。
ここはもう探し尽したから別のところへ行こうとしている、というソヨンの言葉を聞いたスラクは…

スラク:
그럼 아직 연락 못 받으셨겠네요.
それじゃあまだ連絡を受けていらっしゃらないんですね。

ソヨン:
무슨 연락이요?
何の連絡ですか?

スラク:
…초인이가 돌아왔습니다.
…チョインが戻ってきたんです。

ソヨン:
뭐라구요 ? 초인이가요 ?
何ですって?チョインが?

スラク:
근에 말입니다. 돌아오긴 왔는데요…
そうなんですが… 帰って来たには違いないんですけど…

カインとアベル 画像

そのままスラクの言葉に耳を傾けていたソヨンは、それ以上何も言えず
涙を流してその場に崩れ落ちるのでした。

+-+-+-+-+-+-+

ヨンジがボソン病院を訪れていました。
久しぶりのチョインとの再会を前にして念入りに鏡を見つめる姿に、ウキウキする乙女心が伝わってきます。
本当なら微笑ましく思う姿なんですが…。

受付で声をかける彼女。

ヨンジ:
이초인 선생님 만나러 왔습니다.
어느 쪽으로 가면 됩니까 ?

イ・チョイン先生に会いに来ました。
どちらへ行けばいいですか?

案内係:
…이초인 선생님요 ?
…イ・チョイン先生ですか?

ヨンジ:
예 ! 저는 중국에서 온 오영지라고 합니다.
이초인 선생님 만나 뵐 수 있습니까 ?

はい!私、中国から来たオ・ヨンジといいます。
イ・チョイン先生にお会いできますか?

+-+-+-+-+-+-+

チョインの葬儀はすでに始まっていました。
応急医学科ではキム・ヒョンジュ科長がいつもと変わらず仕事を続けています。
背後に現れたキム・ジングン麻酔科医。

キム麻酔科医:
초인이 왔는데 안 가 보실 겁니까 ?
チョインが帰って来たのに…行かれないんですか?

キム・ヒョンジュ:
그 자식이 살았는지 죽었는지 확인도 못했는데 내가 거길 왜 가 ?!
달랑 유골만 넘어왔는데 내가 거길 왜 가냐구 !

あいつが生きてるか死んでるか確認もできないのに、あたしが何で行くのよ?
遺骨だけポツンと戻ってきて…あたしが何でそこに行くの?!

モニターから頑なに目を離さないまま、努めて静かにそう話す彼女。
彼女の怒りやら悲しみやら悔しさやら…いろんなものが伝わってきて思わず涙が出ます。

+-+-+-+-+-+-+

ソヨンがチョインの葬儀場へ駆けつけます。
彼女が見たものは供花の列や黒い服の人々。
そして、「故イ・チョイン様」という案内板。

恐る恐る中に入ってみると、そこには祭壇とほほ笑むチョインの写真がありました。

あぁ…もうかわいそうで見てられない。
愛するソヨンがこんなに悲しませて、ソヌはそれでいいの?
もともとすごく優しい人のはず。
愛に飢えて歪んでしまったとはいえ、ちょっと信じられません。

ソヨンは祭壇の前で弔問客を迎えているソヌのそばへ近づきます。

ソヨン:
지금 뭐하는 거에요 ?
지금 뭣들 하는 거냐구요 ?
우리 초인이가 왜 저기 있어요 ?
아직 돌아오지도 않은 애를 왜 저기에 세워 두었냐구요 ?

何やってるんですか?
今何やってのかって聞いてるんです。
チョインがどうしてそこに?
まだ帰ってもいない人を、どうしてそんなところに祀っているんですか?

そこへ、様子に気がつき、副院長が声をかけます。

ソヨン:
아주머니, 저 지금 초인이 찾고 있는 중이거든요.
중국에서 내내 찾고 있는 중인데 이러시면 어떡해요 ?
초인이 찾으면 어떡하려고 이러시는 거냐구요 ?

おば様、私、今チョインを探しているところなんですよ。
中国でずっと探しているところなのに、こんなことなさってどうするんです?
チョインが見つかったらどうするおつもりなんですか?

ソヌ:
김서연…
キム・ソヨン…

ソヨン:
오빠, 이러면 안되잖아요.
우리라도 기다려야죠 .
세상 모두가 무서운 말을 해도 오빠는 나랑 초인이 기다려 줘야죠 !
제발… 저 꽃들 좀 치워 줘요.
우리 초인이 사진 좀 치우란 말이야 !!!

オッパ、こんなのダメでしょう?
私たちだけでも待たなきゃ。
世界の皆が恐ろしいことを言ったとしても、オッパは私と一緒にチョインを待ってあげなきゃ!
お願い…あの花を退けてください。
チョインの写真を片づけてよ!!!

夢中で供え物を祭壇から次々と退けようとするソヨン。

OST:
결국 잊혀질거야 …끝내 지워질거야
그래 , 별 것 아니야
이러다 괜찮아질거야
거봐, 니가 없이도 아직 살고 있잖아, 나는…

結局は忘れられる…最後には消し去れるよ
そう、大したことじゃない
そのうち良くなる
ほら、君がいなくてもまだ生きてるじゃないか、僕は…

取り乱すソヨンを、ソヌが止めます。

ソヌ:
어떡하면 인정할 수 있겠니 ?
どうすれば認められる?

カインとアベル6話 動画6

ソヌ:
이거면 되겠니 ?
이거면 인정할 수 있겠어 ?

これでいいか?
これなら認められるか?

そんな怖い顔で怒鳴るなよ-(ーー;)
そうやってソヌが差し出したのは、チョインの指輪でした。

OST:
눈물은 마른데도 아직은 자신 없어, 나는…
涙が乾いても まだ自信がないんだ 僕は…

+-+-+-+-+

恐る恐る葬儀場へやってきたヨンジの目に入ったのは、
自分が中国で見たのと少しも変わらない、明るい笑顔のチョインの写真でした。

思わず力を失い、がくんとその場に膝をついてしまうヨンジ。
呆然とする彼女の姿に、祭壇の前に立っていたソヌと、泣き崩れていたソヨンも気づきます。

中国でチョインが最後に残した写真に、一緒に写っていた女性であることに…

+-+-+-+-+

ソヨンとヨンジはベンチに腰かけていました。

ソヨン:
영지씨 찾으면 초인이도 찾을 수 있지 않을까…생각했어요.
우리 초인이 영지씨랑 같이 사라져버린 건 아닌가…
그래서 영지씨 원망도 했어요.
…미안해요, 영지씨.

ヨンジさんを見つければ、チョインも見つけられるんじゃないかって…そう思ってたんです。
チョインがヨンジさんと一緒に消えちゃったんじゃないかって…
それで、ヨンジさんを恨みもしました。
…ごめんなさいね、ヨンジさん。

ヨンジ:
아…아닙니다. 내가 미안합니다.
내가 그때 공항까지 같이 갔어야 됐는데
비행기 타는 것까지 보고 왔어야 됐는데…

そ、そんなことありません。私の方こそ申し訳ないです。
私があの時、空港まで一緒に行くべきだったのに…
飛行機に乗るまでちゃんと見てなきゃいけなかったのに…

ソヨン:
마지막에 헤어질 때 초인이 어땠어요 ?
最後に別れた時、チョインはどんな様子でした?

ヨンジ:
이초인 선생님… 아버지 수술때문에 걱정 많이 했습니다.
한국에 빨리 돌아가야 된다고 했기 때문에
나는 벌써 한국에 들어온 줄 알았습니다.

イ・チョイン先生は…お父さんの手術のことでとても心配してました。
韓国に早く帰らなきゃいけないからって…。
私、もう韓国に帰ってると思ってました。

ソヨン:
그런데 왜 사막으로 갔을까요 ?
それなのに…どうして砂漠に行ったのかしら。

驚いて顔をあげるヨンジ。

ソヨン:
초인이…사막에서 찾았대요.
이 반지랑 함께…
사막에서 뭘하고 있었을까요 ?
아무도 없는 사막에서 우리 초인이…
얼마나 춥고… 외로웠을까요 ?

チョイン…砂漠で見つかったんですって。
この指輪と一緒に…。
砂漠で何をしていたのかしら。
誰一人いない砂漠で、チョインは…
どれだけ寒くて…さびしかったかしら…。

そういって泣くソヨンを、ヨンジは黙って見つめることしかできません。

+-+-+-+-+

ヨンジが帰るのを出入り口まで送って来たソヨン。

ソヨン:
영지씨… 이 다음에 나 한번만 만나 줄래요 ?
다음에 만나서 우리 초인이 얘기 좀 해 줄래요 ?
영지씨가 우리 초인이 마지막으로 본 사람이잖아…
그래 줄 수 있어요 ?

ヨンジさん…今度、私ももう一度だけ会ってくださいませんか?
今度会ったら、チョインの話を聞かせてほしいんです。
ヨンジさんはチョインに最後に会った人だから…
そうしてくれますか?

ヨンジ:
예, 그렇게 하겠습니다.
はい、そうします。

ソヨン:
고마워요.
ありがとう。

そう言って、力なく、ゆっくりと歩き出すソヨン。
一人になったヨンジは、中国での出来事を思い出します。

>>回想

チェ社長:
「詐欺を働いて逃げて来たヤツだから…」
「仕事が終われば、あと1万ウォンやろう。」
「イ・チョインのヤツ、どこにいるかと聞いてんだ!!!」
「オ・ヨンジ、お前が脱北者だって知らないとでも思ってんのか?」

ヨンジ:
「病院に行きました。イ・チョイン先生は病院へ行きました」

中国の病院の前で、ピストルを持って病院内へ入ろうとするチェ社長たち。
そこへ駆けつけたヨンジは、車の陰に隠れてそれを目撃します。

>>回想終わり

ヨンジ:
선생님… 나 때문에 그런 거 아니죠 ?
진짜 나 때문에 그렇게 되신 거 아니죠 ?

先生…私のせいじゃないですよね?
ホントに私のせいで…こうなったんじゃないですよね?

+-+-+-+-+-+

柔らかい日差しの中、一人歩いていたソヨンは、ふと立ち止まります。
もう一度、指輪を取り出し、見つめる彼女。
そこへ「ソヨン!キム・ソヨン!」と呼ぶ子どもの声。
幼いチョインの声です。
ハッとして前を見ると、こちらを振り向いて自分を呼んでいるソヌとチョインの幼い姿がありました。

カインとアベル 画像

思い出がいっぱい詰まったその場所で、幼いころの3人の姿が鮮やかに蘇ります。
楽しそうに駆けていく3人に、引き寄せられるようについて行く大人のソヨン。

病院の入り口を入り、廊下を進み…
チョインたちは立ち止まり「ソヨン!」と自分を手まねきしてくれます。
遅れないように小走りになるソヨン。彼らの明るい姿に思わずソヨンからも笑い声がこぼれ…。

廊下を曲がったところで、懐かしいチョインたちの姿を見失ったソヨン。
「チョイン?ソヌオッパ…?」

そこに後ろから聞こえて来たのは、恋い焦がれたチョインの声でした。

チョイン:
김서연, 또 길 잃어버렸어 ?
キム・ソヨン、また迷子になったのか?

驚いて振り返るソヨン。
そこには、数か月前、最後に会った時に自分を気遣ってくれたそれと何も変わらない、穏やかな笑顔がありました。

ソヨン:
초인아…
チョイン…

にっこり微笑んで、チョインは彼女に近づきます。

チョイン:
에이 덜렁아, 또 정신 놓고 걸었구나.
멜로디 생각하고 있었어 ?

まったく…おっちょこちょいだな。またボ~っとして歩いてたんだろ。
メロディを考えてたの?

何も言わず、涙ぐみながらうなずくソヨン。

チョイン:
아… 이 아가씨… 나이가 몇 갠데 아직도 물가에 내놓은 애 같니 ?
あ~、このお嬢さんは…一体いくつまで(水辺に放り出した?)子どもみたいなんだ?

彼は手に持った糸の端をソヨンの指に巻きつけます。

チョイン:
나랑 있을 때는 딴 생각해도 좋으니까 놓치지만 말고 따라 오세요.
네 ?

俺といるときは考え事しててもいいから、ただはぐれないようについて来て下さいよ。
ね?

そう言って、糸の反対の端を持ちながら、彼はゆっくり歩き出します。
ソヨンは彼の背中を見ながら後について歩き…

チョイン:
나 멋있지 ?
나 같은 사람을 주인공으로 노래 만들 생각 없어 ?

俺、カッコいいだろ?
俺みたいな人を主人公に曲を作るつもりはない?

ソヨン:
그 증세는 영원히 치료가 안 되나 봐…
자뻑 왕자님.

その病気は永久に治りそうにないわね…
うぬぼれ王子様。

チョイン:
나는 그래도 길은 안 잃어버리거든요.
俺、それでも道には迷いませんからね。

そう言って前後に並びながら楽しく話しているうちに…

ふと、チョインとつながっていた指の糸が消えてなくなります。

「チョイン… チョイン…? チョイン…!!」

彼女の前を歩いていたはずのチョインの姿は、どこにもありませんでした。

チョインは…

彼女の愛するチョインは、死んでしまったのです。

カインとアベル6話 動画7

力を失い、ふらついた彼女の体を支えたのはソヌでした。

ソヨン:
오빠… 초인이 이제 안 오나 봐.
초인이… 이제 정말 못 오나 봐요…
나 어떡하죠 ?
나 이제 어떻게 살죠 ?

オッパ… チョイン、もう戻らないんだわ…
チョインは…もうホントに帰って来られないのね…
どうしたらいいの?
私、これからどうやって生きればいいのかしら。

ソヌ:
내가 사라졌을 땐 어떻게 견딨니 ?
그때 어떻게 견뎠는지 생각해 봐.
그럼 좀 쉬워질지도 모르지.

俺がいなくなったときどうやって耐えた?
そのときどうやって耐えたか思い出してみるんだ。
そうすれば少し楽になるかもしれないだろ。

ソヨン:
그렇게 얘기하지 마요.
나한테… 그렇게 무섭게 얘기하지 마요.
내가 오빠를 어떻게 잊었는데
그 지옥같은 시간을 어떻게 견뎠는데 !!!
이젠 초인이까지 잊어라구요 ?
제발 나한테 그렇게 무섭게 얘기하지 말래요 ?

そんな風に言わないで。
私に…そんな恐ろしいこと言わないでください…。
私がどうやってオッパのことを忘れたか…
あの地獄のような時間を何とか耐えられたのに…
今度はチョインまで忘れろって?
お願いだからそんな怖いこと言わないで…

ソヌ:
돌이킬 수 없다면 받아 들여라.
그게 너에게 심장을 준 사람과 널 사랑하는 사람에 대한 예의니까.

(取り戻せないものは?)受け入れろ。
それが、君に心臓をくれた人と、君を愛する人に対しての礼儀だから。

そう冷たく言い放ち、さっさと踵を返すソヌ。
ソヨンを悲しませても最後まで黙っている…その決意ゆえの冷たさだと、それは私にもわかるけど、
何?その理屈っぽい言い方は?「自分がいなくなった時と同じ方法で耐えてみろ」って?
イヤだーーっ!私、この時点でもうほぼ限界。
(※この時点で限界なら、この先どうなるんだって話ですが)

彼女の嗚咽を背中で聞きながら、ソヌは心の中でつぶやきます。

ソヌ(心の声):
미안하다, 김서연.
오늘만 아파라.
오늘만 아프면 다신 아프게 안 하마. 다신…

すまない、キム・ソヨン。
今日だけだ。
今日だけ苦しめば…もう二度と苦しめはしない。二度と…

韓国ドラマ通信(2009 summer)はソ・ジソブ撮り下ろし&独占インタビューあり!

+-+-+-+-+

さて、おなじみ副院長陣営。

チョインの葬儀を済ませ、3人は事務的な処理が進んでいるのを確認します。
これでチョインは完全に死亡し、敷地の権利が彼の手に渡る心配はなくなりました。
臨時理事会を開く必要も当然なくなるでしょう。

臨時理事会を申請したキム・ヒョンジュ科長には、二度と救急医学センターの話など持ち出せないよう、念には念を押す処分がくだされようとしていました。

+-+-+-+-+

ヨンジはアパートへ帰宅していました。
韓国へ入ってしばらくお世話になった統一院を出て、一人でアパートを借りていたのです。

誰もいない暗い部屋を開けると、蘇って来たのはチョインの笑顔の遺影と、最後に見た彼の姿。

>>回想

ヨンジ「先生!先生!私が韓国に行ったら会って下さいますか?本当に会ってくださいますか?」

>>回想終わり

ヨンジはその場に力なく座りこみ、涙を流します。

ヨンジ(心の声):
진짜 못오는 건가?
선생님 , 나는 여기까지 왔는데 이제 진짜 영영 못보는 겁니까 ?

本当に戻ってこないのかな…
先生、私ここまで来たのに…もう本当にずっと会えないんですか?

+-+-+-+-+

キム・ジングン麻酔科医が出勤すると、掲示板の前に小さな人だかりができていました。
軽く一瞥し、「こりゃひどすぎるな」とその場をさっさと後にする彼。

その掲示板には新しい辞令が貼り出されていました。

「救急医学科 キム・ヒョンジュ科長 清州ボソン病院へ」

つまり、ソウルにあるボソン病院から、系列である 清州のボソン病院へ左遷されたということ。
掲示板を見る人々も「ひどいな」「こんなやり方で…」と口々に不満を漏らしています。

キム・ヒョンジュに電話をかけようとしたキム・ジングンは、病院の前で座り込んでいる彼女を目にします。
「こんなところにいるとは知らず、探したじゃないですか!なんで電話を取らないんです?」

はぁ…彼女の姿を見ていると何だか勝手に泣けてきます。
後ろには大きく「救急医療センター」の文字が掲げられていますね。

キム・ジングン:
혹시 공고 붙은 거 봤어요 ?
ひょっとして公告が貼ってあったの見ました?

キム・ヒョンジュ:
봤어.
친절하신 우리 부원장님 직접 팩스로 넣어 주셨더라구.

見たわ。
ご親切な副院長が直接ファックスで送っていらっしゃったからね。

キム・ジングン:
독하다…
부원장, 참 독하다.
아무리 자기 친자식 (상이?) 아니라고 해도 그렇지.
어떻게 이렇게 피눈물 나는 상황에 어떻게 그런 짓을 해야 되나 ?

キツイな…
副院長、度が過ぎるよ。
いくら自分の実子のことじゃないとしてもだ。(←亡くなったのが実子ではないということ?
こんな血の涙が出るような状況で、どうしてこんなことしなきゃいけないんだ?

キム・ヒョンジュ
오히려 지금이 기회일 수도 있지.
초인이 때문에 모두 정신없는 통에
뇌의학센터에 반대하는 것들 한꺼번에 쓸어내 버리겠다 아니겠어 ?

むしろ今がいいチャンスなのかもしれないわ。
チョインのことでみんなが気が抜けている間に
脳医学センターに反対する者たちをいっぺんに掃き出そうってんじゃないの?

彼女は振り返り、「応急医療センター」の文字を見上げます。

キム・ヒョンジュ:
진근아…
응급의료센터에서 응급의학샌터로 글자 하나 바꾸는 게 이렇게 힘든 일이었냐?

チングン…
応急医療センターから応急医学センターに、文字一つ変えるのがこんなに難しいことだったのかしら。

キム・ジングン
그러게 말이에요.
(苦笑いして)そうですよね。

キム・ヒョンジュ:
가자.
行こう。

キム・ジングン:
어딜요 ?
どこへです?

キム・ヒョンジュ:
내려가기 전에 우리 불쌍한 초인이 녀석한테 인사나 하고 가야지.
(左遷先へ)下る前に、うちの可哀そうなチョインのやつに挨拶して行かなきゃ。

二人が立ちあがったそのとき…

黒い男たちの行列が静かに出てきます。
それはチョインを送り出すソヌたち。

あかん…そこに黙って立ってるキム・ヒョンジュがいるだけで、悲しさ100倍だってば_| ̄|○

カインとアベル 画像

いつの間にか整列した職員全員が見送る中、小さくなって箱におさまったチョインを乗せた車が遠ざかっていきます。

+-+-+-+-+

副院長は、院長の部屋の窓からその車の後姿を見送っていました。

副院長:
그 날 당신이 초인이한테 병원을 물려주겠단 소리만 안 했어도
당신도 초인이도 이런 일은 없었을 겁니다.
이제 속이 시원하십니까 ?
이렇게 끝을 보니까 속이 후련하냐구요?!

あの日、あなたがチョインに病院を譲るとさえ(言わなければ?)
あなたもチョインもこんなことにはならなかったでしょう。
これで心も楽になりましたか?
こうやって終わりを迎えて、さっぱりしましたか?!

+-+-+-+-+

韓国へある飛行機が到着します。
一番後ろの座席には、きちんとした身なりの男たちに両脇をガードされ、膝の上に白い箱を大事に抱えた男…

チョインでした。

飛行機を降りた彼は、広々とした空港の中をゆっくり歩きます。

チョイン(心の声):
보이십니까 ?
형이 그토록 오고 싶어 하던 대한민국입니다.
형, 찾겠습니다.
제가 사랑하는 사람도… 제가 사막에 버려진 이유도
그리고 형 동생 오영지도…꼭 찾겠습니다.
찾아내겠습니다.

見えますか?
兄貴があれほど来たがっていた大韓民国です。
兄貴… 見つけます。
僕が愛する人も…僕が砂漠に捨てられた理由も
そして、兄貴の妹、オ・ヨンジも… 必ず見つけます。
見つけ出します。

+-+-+-+-+

ここでエンディングです。

やっぱり5話視聴後に先に見ておいて良かったかも。
書きとめながら見てたら、どうしても作業になっちゃうので(笑)
集中して見て、一回思い切り泣いておいてよかったです。

今回本当に辛かったのは、大切な人を失った女性たちの悲しみ。
泣き崩れ、幻影を見るほど弱ってしまうソヨン、
静かに悔しさを噛みしめるキム・ヒョンジュ、
そして、ずっと会いたかった恩人を、自分のせいで死に追いやったかもしれない…ヨンジ。
彼女はもう少し後になれば、さらに大きな悲しみに直面することになるのですね。

どの姿も本当に本当に悲しくて、見ている自分はチョインが生きていると知っているのに、どうして私までこんなに悲しいんだろう…と、ふと不思議に思いました。
女優さんたちの演技がとても素敵でした。

ではでは(*^-^)ノ

 - カインとアベル ,