韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

カインとアベル 動画つきあらすじ6話 vol.1

   

韓国ドラマ カインとアベル!ハラハラしっぱなしの5話の記事を書き終えた後、
たまらずに朝まで続きを見続けてしまいました。
※8話まで見たかな?

普段、初視聴と記事書きを同時進行にしているのは、
「早く続きを見たい」というワクワク感が、長い記事を書くモチベーションを高めてくれるからなんですが…
この6話からはあまりに悲しすぎて、先に見ちゃったら記事が書きづらい…_| ̄|○

いや、むしろ一回没頭して見たから、記事は淡々とやりましょう。
(ここまで独り言か?(;´∀`) )

さてさて、捕えられた脱北者が収容される施設で、独房に入れられたチョインとカンチョル。
そこへ、どこからか情報を得たソヨンとソヌが訪ねてきます。
ところが、これも運命の悪戯なのか…奥にある独房までやって来たのはソヌだけで…。

チョインは隙を突いてソヌを後ろから羽交い絞めにし、人質にとります。
そして…

カインとアベル 画像

では、どうぞ!


アクターズ・スタイル韓国(vol.17(2009 sum)

カインとアベル6話 動画1

チョイン:
가까이 오지 마 !
가까이 오면 이 사름을 죽이겠어.

近寄るな。
近づいたらこの人を殺すぞ。

ソヌは銃を向ける警備兵を手で制し…

ソヌ:
괜찮아. 괜찮아요.
大丈夫…大丈夫です。

ソヌの口から聞こえてきた韓国語に、チョインが反応します。

チョイン:
… 한국 사람입니까 ? 한국 사람 맞습니까 ?
우리 형 살려 달라고 하십시오.
아니면 당신이 죽을 수도 있습니다.
이대로 놔두면 우리 형 죽는단 말입니다.
그러니까 저 새끼들한테 우리 형 치료 좀 해 달라고 말해 줄래요 ?
우리 강철이 형… 나 때문에 총까지 맞았는데
그것도 부족해서…
나는 죽어도 좋으니까 우리 강철이 형 살려 달라고 말하란 말야 ! 제발 !!!

…韓国人ですか?韓国人なんですか?
兄を助けてくれと頼んでください。
…じゃなきゃあなたは死ぬかもしれない。
このまま放っておいたら兄は死ぬかもしれないんです。
だから、あいつらに兄を治療するよう頼んでもらえますか?
カンチョル兄貴…俺のせいで銃で撃たれたのに
それだけじゃ済まなくて…
俺は死んでもいいから、ガンチョル兄貴を助けてくれって頼んでくれ!お願いだ!!!

ソヌ:
…형만 치료해 주면 되겠습니까 ?
…お兄さんだけ…治療を受けられればいいんですか?

チョイン:
예.
えぇ。

ソヌ:
알겠습니다. 알겠어요.
承知しました。わかりましたよ…。

ソヌはそっとチョインの手を押さえ、振り返ります。

カインとアベル Photo

ソヌ:
당신 …이름이 뭡니까 ?
あなた…名前は何ていうんです?

チョイン:
오강호입니다. 오강철이 동생, 오강호입니다.
オ・ガンホです。オ・ガンチョルの弟、オ・ガンホです。

ソヌ:
정말 당신 형만 치료해 주면 되겠습니까 ?
本当に…あなたのお兄さんだけ治療を受けさせればいいんですか?

+-+-+-+-+-+-+

施設の外へ出てくると外交部の職員が彼を待っていました。

職員:
확인해 보셨습니까 ?
이초인씨 맞습니까 ?

確認してご覧になりましたか?
イ・チョインさんでしたか?

ソヌ:
… 제 동생이 아닙니다.
…弟ではありません。

こ…
こらーーーっ!!!orz
そこから先へ進んだら、もう引き返せませんよ(涙

ガッカリして溜息をつく職員。

職員:
김서연씬 차에 먼저 태워 드렸습니다.
キム・ソヨンさんは先に車にお乗せしました。

ソヌ:
독방에 있는 사람은 어떻게 되는 겁니까 ?
独房にいる人はどうなるんでしょう?

職員:
탈북자들이라 이틀 후면 북으로 이송된답니다.
그런 사람들 중국에 많습니다.

脱北者たちは2日後に北へ移送されるそうです。
そういう人たちは中国にはたくさんいるんですよ。

ソヌ:
그 친구 어떻게 되는지 연락 좀 해 주시겠습니까 ?
あの人がどうなったか、連絡していただけますか?

二人を乗せた車は出発し、せっかくたどり着いたチョインの元からあっという間に離れていきます。

ソヌ(心の声):
이초인…
내 죄는 죽는 날까지 내가 짊어지고 갈 테니까
날 용서하지 마라.
날 용서하지 마.
이젠 아무것도 놓지 않는다.
병원도, 나도, 서연이도…

イ・チョイン…
俺の犯した罪は死ぬまで背負って行くから…
俺を許すな。
許すんじゃないぞ…。
もう何一つ手放しはしない。
病院も、自分も、ソヨンのことも…。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ヨンジは暗い取調室に案内され、調査を受けていました。
両親の名前、兄の名前…
彼女の話が真実かどうかを示す機材が休みなく動き続けています。

それをガラス越しに見つめている人たちの姿もありました。

A「間違いなくオ・ガンチョルの妹なのか?」
B「はい。探知機のデータを見てもそうですし、ガイドをしていたのも確かです」

そう言って、さらに取り出したのは兄妹が一緒に写っている写真…

A「なるほどな。オ・ガンチョルは?国境を越えて4か月過ぎたのに、まだ到着していないのか?」
B「はい、まだです」
A「オ・ガンチョルさえ来れば、北韓軍特殊部隊の機密事項が明らかになるというのに…」

+-+-+-+-+-+-+-+-+

ソヌは韓国へ戻ろうとしていました。

ソヌ:
이제 어떡할 거니 ?
これからどうするんだ?

ソヨン:
그래도 찾아야죠.
그때처럼 후회하지 않으려면.
오빠도 내가 찾아주길 바랬을 거잖아요.

それでも探さなきゃ。
あのときみたいに後悔しないために。
オッパだって私が探すことを望んだはずでしょう?

何も言わず、ソヨンの気持ちを尊重するソヌ。
…どこにいるか知ってるくせにorz
この後も愛するソヨンが一人でチョインを探し続けることに心が痛まないの?

ソヌ:
면역 억제제 꼭 챙겨 먹어라.
免疫抑制剤を忘れずに飲むんだぞ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+

二日後の朝。
「出ろ」と言われて独房から出たオ・ガンチョルは、同じく外に出ていたチョインと目が合います。

自分を救うために銃弾を受け、その体で牢を脱出して決闘をとめようとした兄貴の元気そうな姿。
チョインの嬉しそうな表情に、思わず「じわり…」と来てしまいました…。
なんていい顔するんでしょう(* ̄ー ̄*)。oO

カインとアベル6話 動画2

彼らが外に出ると、そこに待っていたのは…。

おまいかーーーっ!orz
オ・ガンチョルたちをずっと追っている、北からの人間でした。
なんだかこの人、銭形警部に見えてきた(;^_^A


楽天のセールでちょっと休憩(*^-^)

+-+-+-+-+-+-+

ソヌはボソン病院へ直行していました。
物言わぬ父の元で、自分の思いを吐露する彼…。

ソヌ:
기억 나시죠 ?
아버지가 초인이 데려왔을 때 저 다섯살이었습니다.
그때부터 지금까지 아버지는 저한테 한번도 웃어 주지 않으셨어요.
저도 아버지 사랑이 필요했었는데…
저도 아버지한테 인정 받고 싶어서 정말 열심히 …열심히 살았는데
아버지한테는 여선히 초인이 밖에 없더군요.
이제 더는 아무한테도 양보 안 할 겁니다.
그러니까 저 용서하지 마십시오.
제발 저 용서하지 마십시오.

覚えていらっしゃいますか?
父さんがチョインを連れて来たとき、僕は5歳でした。
そのときから今日まで、父さんは僕に一度だって笑っては下さらなかった…。
僕だって父さんの愛を必要としていたのに…
僕だって父さんに認められたくて、本当に一所懸命生きたのに…
父さんにとってはいつまでたってもチョインしかいなかったんですね。
もうこれ以上誰にも譲るつもりはありません。
だから、僕を許さないでください。
どうか…僕を許さないで。

ソヌは母のいる副院長室を訪ねます。
チョインのことが気になって仕方ない副院長の緊張感が伝わってきますね。

副院長:
초인인… 찾았니 ?
チョインは見つかったの?

ソヌ:
초인이가 … 아니었습니다.
チョインでは…ありませんでした。

副院長:
그래… 그랬겠지.
초인일 리가 없었겠지.
오이사님?

そう…そうよね。
チョインのはずがないわ。
…オ理事?

オ理事がソヌの前に、そっと箱を差し出します。

オ理事:
어제 중국에서 넘어 온 이초인이 선생 유골함입니다.
昨日、中国から届いたイ・チョイン先生の遺骨箱です。

中国で確かにチョインの姿を確かめたソヌ。
彼の頭の中に駆け巡ったものは?

副院長:
너한테 미안하구나…
결국 이렇게 돼서.

あなたには申し訳ないわ。
結局こういうことになって…。

ソヌ:
초인을 어디서 발견한 겁니까 ?
チョインを…どこで見つけたんです?

オ理事:
사막에서 발견 됐다고 들었습니다만은.
砂漠で見つかったと聞きましたが。

オ理事は小さなビニール袋を取り出します。
そこには、チョインがしていた指輪。
なるほど…
確かな証拠になっちゃったわけだ。

オ理事:
이초인 선생이 끼고 있던 반지랍니다.
커플링 같은데.
그 반지를 대조해 보면 이초인 선생이 맞는지 확실히 알 수 있겠죠.

イ・チョイン先生がつけていた指輪だそうです。
カップルリングのようですが…
指輪を照合してみれば、イ・チョイン先生に間違いないか明らかにできるでしょう。

それは、ソヨンがつけていた指輪と全く同じデザイン。

カインとアベル 写真

ここからのソヌと副院長の視線のやり取りがもうドキドキしてたまりませんデス。
特に副院長の目が潤んでいるのが気になりますね。
この視線のやり取りに心の声をつけてほしい~。

ソヌ:
어머니…
초인이 장례식 준비 시키십시오.

母さん…
チョインの…葬儀の準備をさせてください。

ソヌが立ち去った後、オ理事は「これで大丈夫。センター建設の件も完全に終わりです」と満足げ。
緊張にまだ身を固くしたまま、副院長は「そうね。これで終わりだわ」とつぶやくのでした。

+-+-+-+-+-+-+

とうとう北朝鮮側に引き渡された二人。
手錠をはめたまま車に乗せられ、北朝鮮へと送られようとしていました。

しかし…

これまでの苦労や、脱北への固い決意。
こんな車に黙って揺られ、ノコノコと連れて帰られるわけにはいきません。

カンチョルは煙草を分けてくれるよう要求します。
気が大きくなった北の男は、言われたとおり1本、そしてライターまで差し出してしまいます。
ライターを落としたついでに金具を外した二人は、
隙をついて暴れだし、金具で穴をあけておいた袋から粉をぶちまけ、
まんまと車から脱走します。

爆発炎上する車。
粉まみれの顔で「おのれーーーっ!」と叫ぶ銭形警部(* ̄m ̄) ププッ
二人は無我夢中で走ります。

+-+-+-+-+-+-+

もとの街へとたどり着いたチョインとカンチョル。
カンチョルは妹ヨンジが世話になっていたオバさんを訪ねていました。
「これ、ヨンジでしょう?」 写真を差し出す彼女。

チョインにそっくりな男を探すチラシはどこにも見当たりません。
チョインは壁を見つめ、茫然としていました。

カンチョル:
전단지 못 찾았냐 ?
チラシ、見つからないのか?

チョイン:
아무것도 없어요.
一つもないんです。

カインとアベル6話 動画3

チョイン:
흔적조차 없어요.
꿈이었을까요 ?

跡形も…。
夢だったんでしょうか。

カンチョル:
꿈 아니야. 나도 봤으니까.
夢じゃねぇ。俺も見たから。

チョイン:
그럼 이제… 날 찾는 걸 포기한 거겠죠.
나같은 놈 없어져도 이젠 상관 없어진 거겠죠.

それじゃあもう…俺を探すのを諦めたんでしょうね…。
俺みたいなヤツ、いなくなったってもう関係なくなったんでしょう。

カンチョル:
너한테 일이 생긴 것 같이
어쩌면 널 찾는 사람도 일이 생겼을 수도 있지.

お前に何かあったように
もしかするとお前を探してる人にも事情が出来たのかもしれないだろ。

チョイン:
정말 …그런 걸까요 ?
本当に…そうでしょうか。

カンチョル:
그 사람들이 찾지 않으면 우리가 찾자.
내 기억에 그 전단지 전화번호가 82로 시작했다.
남조선 국제 전화 번호가 82로 시작해.

その人が探さないのなら、俺たちが探そう。
俺の記憶じゃ、あのチラシの電話番号は82から始まってた。
南朝鮮の国際電話の番号は82から始まるんだ。

ハッとするチョイン。

チョイン:
동생 분 찾으셨습니까 ?
妹さん、見つかったんですか?

カンチョル:
남조선에 갔대. 대한민국말이야.
南朝鮮に行ったって。大韓民国だ。

思わず顔がほころぶ二人。
二人の目的地が重なります。

カンチョル:
나와 같이 갈래 ?
俺と一緒に行くか?

カインとアベル 画像

+-+-+-+-+-+-+

ヨンジは脱北者が集まる施設に滞在していました。
朝の体操をし、教訓を読み上げ…

食事の時間に、両親のことを知っていそうな女性に「両親を知りませんか?」と尋ねる彼女ですが、
北朝鮮の話を持ち出したことや、ヨンジが代表に選ばれたことが気に入らないのか、相手にしてもらえません。

+-+-+-+-+-+-+

チョインたちは行方をくらませていたチスを追いこんでいました。

もぅ…そんなヤツ放っておいて、さっさと韓国へ行きなよーーっ_| ̄|○

カンチョルからすれば一緒に脱北してきた部下。
最後まで面倒をみないわけにはいかないんですよね…。

捕まえたチスからは、キソクが保安部の男たちに撃たれて死んだと聞かされます。
…こいつorz

そして、カンチョルが麻薬を売ろうとしていた麻薬王は、トルの村に身を潜めているということも。
彼らはトルの村へ向かいます。

トルへ到着する3人。
チョインはふと風景に何かを感じ、あたりを見まわします。
草むらにしゃがみ込んだヨンジを思い出せば良かったのにな~。

中に入ると人の気配はなく…。
「俺たちのせいで公安にやられたのか?」と心配するカンチョルですが、
チスは「ここは中国の軍人だって足を踏み入れることができないところだ」と説明します。

カインとアベル 画像

そのとき、ある建物から出てきた男たち。
そこには、以前、麻薬取り引きの席にいた、カンチョルが「大兄」と呼ぶ男がいました。

男は大喜びでカンチョルたちを歓迎します。
もし、麻薬取り引きの席でカンチョルたちがとっさの行動に出なければ、彼だって命はありませんでした。
カンチョルたちに感謝しているのです。

さっそく中に入った彼ら。

大兄の前に、麻薬が差し出されます。

大兄「これで俺たちの取り引きは終わりなのか?」
カンチョル「えぇ。そうです」
大兄「惜しいな…。本当に惜しい」

大兄は手下に金のはいったカバンと武器を持って来させます。
カバンの中には大金が…。

カンチョル「兄貴。これじゃ多過ぎます」

ゴクンと唾を飲み込むチス。

大兄「脱北者が中国で生きていくのは難しいだろう」
カンチョル「・・・」
大兄「どの国へ行こうと、落ち着いたら俺に必ず連絡するんだ。忘れるなよ!」
カンチョル「…はい」

カインとアベル 画像

カンチョルは電話を貸してくれるよう頼みます。

カンチョルが電話した相手は韓国の国家情報員でした。
自分の身分と名前を丁寧に名乗る彼の言葉に、チスは「南に降服でもするのか」と驚きます。

カンチョル(電話)「妹のヨンジは韓国に到着したのでしょうか。ありがとうございます!
自分もこれから向かいます。南朝鮮へ行く方法を教えて下さい。」

電話を切り、まっすぐチョインに視線を送ったカンチョル。

カンチョル:
강호야. 이제 … 우리 차례다.
カンホ。今度は…俺たちの番だ。

+-+-+-+-+-+-+

ヨンジは中国でお世話になっていたオバさんに電話をしていました。
元気でいること、運転やパン作りなどを学んでいること、
そして、資格さえ持っていれば働き口も得られそうだし、
何日かすれば課程を終えてアパートに移ると嬉しそうに話す彼女。

+-+-+-+-+-+-+

ここでいったん区切ります。

ソヨンがこれだけ一生懸命探しているチョインをこの目で確認したのに、
そのままソヨンを連れて帰るソヌ。
彼だって今までチョインを探してきたのに…

それは、ここへ来る前に一枚のファックスを見てしまったせい。
何という運命の悪戯なんでしょうか。

韓ドラって「もしあのときこうしていたら」「もしあのときそうしなかったら」
どうしても後を引いちゃって、こう想像せずにはいられないことが多いですね。

ではでは(*^-^)ノ

 - カインとアベル ,