韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

カインとアベル 動画つきあらすじ5話 vol.2

   

ソ・ジソブ主演、カインとアベル5話 後半に入ります。
とうとうWOWWOWでも放送開始!できるだけペース上げなきゃ(;´∀`)

街中を逃走中、自分らしき人を探すチラシを見つけたチョイン。
その写真の人物は、自分とは似ているものの、明るく笑っていて…。

自分は何者なのか?
そして、自分はどうしてこんな運命を歩んでいるのか…?

自分の正体が分からないってどんな気分なんでしょうか。
今、自分が置かれている状況を考えると、自分の正体を知るのが余計怖くなるのも理解できる気がしますよね。

カインとアベル ソ・ジソブ画像

では、どうぞ~

韓ドラDVDはツタヤでネット宅配レンタルしよう!すぐ見たいあなたには動画配信版もありますよ~!

カインとアベル 5話 動画4

→動画を保存するなら

傷つき、憔悴した体に水を浴びせられたカンチョルは、ついに気を失ってしまいます。

慌てて人を呼ぼうとするチョイン。
「誰かいませんか?!すみません!!!
人が死にそうなんです。人が死にそうだって言ってんだ!この野郎!!!!!」

叫ぶチョインを、同室の老人が引き留めます。

「やめておきなさい。あいつらは我々を人とは思っていない。
この人(カンチョル)は警備隊の出身では?
それなら生き残るのは難しいだろう…。
去年、警備隊出身の脱北者が一人、収容所から(逃げだしたせいで?)
この収容所の所長は首になるところだった。
それ以来、軍人出身の脱北者で生きて出られた者はいない。
明日、ここで一番の新入りと一勝負させられるはずだが…
この体では助かるはずがない…」

+-+-+-+-+-+-+

ソヌはソウルへ戻っていました。
3次元で病変位置を捉え、処置できる装置を使う覚醒手術を受けることに決めたのです。
「覚醒手術は想像を絶する苦痛を伴いますが…」と心配する医師ですが、
ソヌは言います。
「先生、私には時間がありません。自分の目で確認したいのです。」

+-+-+-+-+-+-+

中国の街を一人歩き続けるソヨン。
彼女を訪ねてきたのは、女性記者ジョンミンでした。
川沿いの街の夕暮れ。なんでもない風景だけど、いいですね(*^-^)

ソヨン:
정민아 !
チョンミン!

チョンミン:
어유…천하의 김서연이 몰골 좀 봐라.
아주 반쪽이 됐네, 반쪽이 됐어.

全く… 天下のキム・ソヨンが何て格好なの?
げっそりね、げっそり。

ソヨン:
어떻게 왔어 ?
どうしたの?

チョンミン:
니 꼴이 어떤지 보려고, 취재 핑계대고 왔다.
あんたの様子を見に、口実作って来たのよ。

二人はソヨンが滞在するホテルの部屋へ来ていました。

チョンミン:
초인씨는 아직 소식 없지 ?
チョインさんの消息はまだ分からないの?

ソヨン:
아직까진…
今はまだ…

チョンミン:
벌써 두 달 반이다.
납치가 됐건 사고를 당했다면 소식이 왔어도 벌써 왔겠지.
선우 선배는 ?
같이 안 움직이는 거야 ?

もう2か月半よ。
拉致されたにしろ事故に遭ったにしろ、消息が届くならもう届いてるはず。
ソヌ先輩は?
一緒に行動してるんじゃないの?

ソヨン:
… 한국으로 돌아갔어.
…韓国へ戻ったわ。

チョンミン:
넌 ? 안 돌아갈 거야 ?
あんたは?戻らないの?

ソヨン:
…정민아.
…チョンミン。

チョンミン:
너 힘든 거 알아.
알지만 ,
초인씨 문제는 니 감정으로만 매달려서 해결될 문제가 아니잖아.

あんたが辛いのはわかる。
分るけど…
チョインさんのことはあんたが感情に任せて解決できる問題じゃないでしょ?

ソヨン:
아니. 찾을 수 있어.
초인인 내가 찾아.

ううん。見つけられる。
チョインは私が見つけるわ。

チョンミン:
언제까지 찾을 건데 ?
선우 선배 없어졌을 때… 그 때 만큼 ?
김서연, 너 선우 선배랑 연락 끊겼을 때도 죽을 것 같았지만
이렇게 살아 있잖아.

いつまで探すつもり?
ソヌ先輩がいなくなった…あのときくらい?
キム・ソヨン、あんた、ソヌ先輩と連絡が途絶えたときだって死にそうだったけど、
こうやって生きてるじゃない!

ソヨン:
이정민 !
イ・ジョンミン!

チョンミン:
싫어도 들어.
嫌でも聞いて。

ソヨン:
그래, 살았어!
초인이가 있었으니까.

ええ。生きてるわ。
チョインがいたから!

チョンミン:
그럼 초인씨가 못 돌아올 이유도 있겠지.
예전의 선우 선배처럼…

チョインさんが戻れない理由もあるはずよ。
以前のソヌ先輩のように…。

おっと、彼女はちゃんと知ってるんですね。
よかった、よかった。

ソヨン:
선우 선배처럼이라니 ?
그게 무슨 소리야 ?

ソヌ先輩みたいにって?
それ、どういうこと?

チョンミン:
선우 선배가 아무 얘기 안하디 ?
하긴 … 그 답답이 성격에 얘기하는 게 더 이상하겠지.
이제와 얘기지만… 선우 선배…아팠었어.

ソヌ先輩は何も話してないの?
確かに…あの頑固な性格なら、話す方がおかしいわ。
いまさらだけど…ソヌ先輩は、病気だったの。

ソヨン:
뭐 ?
え?

チョンミン:
7년 전 너 심장이식 받을 때
선우 선배 , 안 돌아온 게 아니라 못 돌아왔었던 거라고.
돌아올 수 없을 만큼… 아팠으니까.

7年前、あんたが心臓移植を受けたとき
ソヌ先輩は帰らなかったんじゃなくて、帰れなかったのよ。
帰れないほど…具合が悪かったの。

+-+-+-+-+-+-+

ソヌはさっそく覚醒手術に進んでいました。
覚醒手術とは…見ての通り。

うっ…

うっ…

ダメ、無理です、わたくし。
サクっと飛ばさせてくださいorz


表紙の柔らかい表情がイイ!
ACTORS STYLE 韓国17号はジソブの撮り下ろしグラビア&インタビューあり!

+-+-+-+-+-+-+

そのころ、副院長陣営は大慌てです。
例の「カード」が切られましたか?(*゚∀゚*)

ものすごい速さで走って行く診療部長を見て、
「わ~早いね~!次の運動会は診療部長がアンカーだな」と愉快げなキム麻酔科医。

キム麻酔科医:
그나저나 이번엔 확실한 거겠죠 ?
ところで今度は確実なんでしょうね?

キム救急医学科長:
우선 급한 불부터 끈 다음에
이초인이를 찾든 원장님이 회복할 방법을 찾든 해야지.
지금 우리가 할 수 있는 방법은 이게 전부야.

まずは急を要する火から消しておいて
イ・チョインを探すなり院長が回復する方法を探すなりしなきゃ。
今私たちにできるのはそれが全部。

キム麻酔科医:
어디 있니… 어디 있어 ?
(つぶやくように)どこだ…どこにいるんだ?

走りに走った診療部長は、副院長の部屋へ飛び込みます。
「副院長!大変なことが!!!」

診療部長:
이사회 사무국에 임시 이사회 소집 공문이 접수 됐답니다.
理事会事務局に臨時理事会招集の公文が受理されたそうです。

副院長:
임시 이사회 소집 공문이라뇨 ?
臨時理事会招集の公文?

診療部長:
(기?) 결정된 뇌의학센터 건립 부결을 위한 임시 이사회 소집을 요청한다.
「(記?) 決定された脳医学センター建設の否決のため臨時理事会招集を要求する」

副院長:
이 공문 접수한 사람이 누구죠 ?
この公文を出したのは誰なんです?

診療部長:
마취과 김진근 선생이랍니다.
麻酔科キム・ジングン先生だそうです。

オ理事:
그럼 김현주 과장이 시킨 모양이군요.
그 친구 마지막 발악을 하는 모양인데
뭐 굳이 그런 것 까지 신경 쓸 필요가 있게씁니까 ?

それならキム・ヒョンジュ科長が仕組んだのでしょう。
あの人、最後の悪あがきのつもりでしょうが…
わざわざそんなことにまで神経を遣う必要がありますか?

診療部長:
아니오, 그건 오이사가 몰라서 하는 말입니다.
센터 부지 소유권이 이초인한테 있다는 걸, 김현주가 알고 있다 이 말입니다.

とんでもない、オ理事はお分かりじゃないんですね。
センター敷地の所有権はイ・チョインにあると、キム・ヒョンジュが知ってるってことですよ。

副院長:
우리만 알고 있던 사실을 어떻게 김현주 과장이 알고 있죠 ?
데체 정보가 어디서 샌 겁니까 ?

我々だけが知っていた事実を、キム・ヒョンジュ科長がなぜ?
一体…どこから情報が漏れたんです!!!

診療部長:
저…그게… 개인 변호사가 저희를 찾아오기 전에
원장님 병문안부터 갔었던 모양인데
거기서 만났던 모양입니다.
그것도 조현택 과장이 귀뜸해 줘서 알게 된 겁니다.

あの…それは…個人弁護士が我々を訪ねてくる前に
先に院長の見舞いに行ったらしいのですが、
そこで会ったようです。
しかも、チョ・ヒョンテク科長が(耳打ちしたせいで漏れたようです?)。

副院長:
오이사님.
オ理事。

オ理事:
너무 걱정 마십시오.
중국에서 연락 올 때가 됐습니다.

あまり心配なさいませんよう。
中国から連絡が来る頃です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+

さてさて、オ理事からチョインを始末するよう頼まれたチェ社長たちは…?

部下:
형님, 설마 이초인이 시체를 찾아오라는 건 아니죠 ?
벌써 몇 달이나 지났는데 시체가 제대로 있기나 하겠습니까?

兄貴、まさかイ・チョインの死体を探せって言うんじゃないですよね?
もう何か月も経ってるのに、死体が残っているとでも?

チェ社長:
멀리 갈 거(야?) 뭐 있겠어 ?
(遠くに行くくらい何だ?遠くまで行って何が見つかる?かな?)

そこへ、もう一人の部下が入ってきます。
それは、チョインから指輪をくすねた男。
チェ社長から「その指輪はイ・チョインのものだろう?」と指摘され、
「いいえ、自分のです」と慌てて取り繕いますが…

「指輪の代価は払わなきゃな」

カインとアベル 5話 動画5

(※掲載している動画ではこの部分が切れているようです)
その場で躊躇なく部下の心臓を打ち抜くチェ社長。

+-+-+-+-+-+-+

密航船から海に飛び込んだヨンジは、どこかのベッドの上でうなされながら目を覚まします。
横には一緒に船に乗っていた男の子が…。
彼は人民学校で一緒だったチノでした。
中国に戻ってきてしまったのかしら…とガッカリするヨンジでしたが、
チノに「ソウルだよ。南朝鮮のソウル」と教えられます。
窓の外には中国で見ていたそれとはまったく違う、都会の夜景が広がり、
壁には「苦しみと希望を共に分かち合いましょう」という言葉。

感激で震えるヨンジのもとへ、黒い服に身を包んだ男性が二人現れます。
亡命して韓国に入国してきた人を担当する方のようですが…

「自由の大韓へようこそ。調査することがあるのですが、御同行いただけますか?」

移動する車の中から、流れていくソウルの街並みを眺めるヨンジ。

ヨンジ(心の声):
엄마, 아버지, 오빠… 나 한국에 왔습니다.
나 먼저 왔으니까 빨리 다 깉이 오시오… 꼭 오십시오 !

お母さん、お父さん、お兄さん…私、韓国に来ました。
私は先に来たから…早くみんな一緒に来てください…必ず来てくださいね!

+-+-+-+-+-+-+

気を失っていたオ・ガンチョルは、賑やかな歓声に目を覚まし、
隣の老人にチョインの行方を尋ねます。

老人「友の身代りに闘技場へ行った」
カンチョル「闘技場?」

老人は語ります。
「軍人の脱北者が収容所へ入ってくると、収容所長が若い所員と決闘させる。
勝ったら友人に治療を受けさせてくれと確約を貰って出て行ったんだが、
まだ声が聞こえてるってことは、死んではいないようだな」

話を聞いたカンチョルは、慌てて立ち上がります。
彼が見た物は…?!
屈強な男に一方的に殴られ、見物人に囃したてられるチョインの姿でした。

OST(미련한 사랑):
이런 마련한 사랑 다신 안 할 거라고
후회하며 우는 철이 없는 남자이니까
작은 미련 하나도 기억하지 말고 떠나가…
네긴 부족한 사랑이었으니까…

こんな愚かな愛し方 二度としないと
後悔し泣く どうしようもない男だから
小さな未練ひとつ残さず 忘れて立ち去って
君には物足りない愛だったから

オ・ガンチョルは…

…さすがだ。

牢の鉄格子越しに警備兵を捕まえ、牢からあっという間に脱出して、
チョインの目の前にたどり着きます。「オ・ガンホ!!!」

彼は所長に向かって中国語で叫びます。
「闘いをやめさせろ!あいつは軍人じゃない!
朝鮮人民共和国の軍人はこの俺だ!!!」

所長は「お前は次だ」と一蹴し、チョインの闘いを続けさせます。
カンチョルは周りの兵士をなぎ倒し、チョインのいる檻の中へ。
チョインの対戦相手に殴りかかります。

そして、より一層大きくなる周囲の男たちの歓声…

チョインは這うようにカンチョルの元へ向かいます。

チョイン:
조장동지…그만하란 말이야 !!!
내가 원해서 한 일입니다. 내가 원해서 한 일이란 말입니다 !!!
싸움은 내가 한다…
내가 싸울 테니까 우리 조장동진 그만 놔 주란 말이야 !!!

隊長…やめてください!
自分が望んでしたことです。俺が望んでやってるんだ!!!
俺が闘う…
俺が闘うから、隊長を離してやってくれ!!!

所長は、対戦相手にカンチョルから手を離すよう指図します。
鉄格子越しに向かい合うチョインとカンチョル。

チョイン:
조장동지… 언제까지 제가 도움만 받을 수는 없지 않습니까 ?
이 싸움은 제가 끝내겠습니다.

隊長…いつまでも自分が助けてもらってばかりいるわけにはいきません。
この闘いは自分が終わらせます。

カンチョル:
그러면은 하나만 명심해.
너같이 생명을 구하는 사람은 무의식 중에도 절대로 때려선 안 되는 곳이 있지.
거길 때려라. 안 그러면 이기지 못해.

それなら、ひとつだけ肝に銘じろ。
お前みたいに命を救う人間は、無意識のうちに「決して殴っちゃいけない場所」を知ってるだろ。
そこを殴れ。そうしなきゃ勝てないぞ。

力強い目で了解の視線を送り、対戦相手に再び立ち向かうチョイン。
そして、相手の体に狙いを定め…

うおーーっ!
これぞ、アレですよ。

秘孔を突いておいた。お前はもう死んでいる。
ひ、ひでぶ~!!!!!(*゚∀゚*)

カインとアベル 5話 動画6

急所を突かれた対戦相手はあっという間にノビて倒れ、
同時に倒れたチョインの元へ、カンチョルは急いで駆け寄ります。
「大丈夫か、オ・ガンホ!!!」

「あいつら半殺しにして独房へ放り込んでおけ」

所長の命令により、一斉にポカポカと殴りかかる兵士たちから、カンチョルは必死にチョインを守ります。
「俺の弟に触るな!俺の弟を殴るんじゃねーーーっ!!!」

+-+-+-+-+-+-+

そのころ、ソヌの検査結果が出ていました。
7年前に発病した時と同じ状況であり、進行度を表すグレードは3。
予想以上に腫瘍の成長が早いようです。
手術か放射線治療をうながす医師ですが、ソヌは少し時間を貰うことに…。

医師が席を外した後、自分の脳の画像にゆっくり近づくソヌ。
怒りにまかせてモニターに物を投げつけたとき、電話が鳴ります。

ソヨン(電話):
저 서연이에요 , 오빠.
초인이 찾을 수 있을 것 같애요 .
초인이가 어디 있는지 알아냈다구요 !!!

ソヨンです、オッパ。
チョインが見つかりそうなんです。
チョインがどこにいるか分ったんですよ!!!

口調が変わっててホッとした(*^-^)

※「オッパ」は女性が親しい年上の男性を呼ぶ言葉ですが、ここではしっくりする日本語がないため、そのままカタカナで記しました。

+-+-+-+-+-+-+

独房に放り込まれたチョインは、苦しみながらあのチラシを見た時を思い出していました。
自分の知らない自分…
そして、自分を守ろうとしてオ・ガンチョルが撃たれる姿を…

+-+-+-+-+-+-+

そのころ、お馴染みソウルの副院長室では…?

オ理事の元へ「チョインの死体が処理された」という連絡が入ります。
3日後には韓国へ引き渡される?とのこと。

そうか!!!
チェ社長があの指輪の彼を射殺したのは、チョインの死体に見せかけるためね?

理事会までにチョインの死が確実になれば、ゲームは終わり…という筋書きです。
これで大丈夫…と副院長は胸を撫で下ろします。

そこへ、車を走らせていたソヌから、副院長に電話が(ワクワク!)

ソヌ(電話):
어머니, 초인이 찾은 것 같습니다.
母さん、チョインが見つかったようです。

副院長(電話):
… 뭐 ?
…え?

ソヌ(電話):
초인이가 어디 있는지 알아냈습니다.
지금 넘어가는 길입니다.
다녀와서 연락드리죠.

チョインがどこにいるか分ったんです。
今、向かっているところです。
行ってみてご連絡します。

(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!
副院長チーム、面白すぎ。

副院長:
…이게 어떻게 된 겁니까 ?
초인이가 살아있다니 …

…これはどういうこと?
チョインが生きているって…

オ理事:
예 ?
え?

副院長:
자금 선우가 초인이를 찾으러 넘어가고 있는 중이랍니다…
이초인이가 살아있답니다 !!!

今ソヌがチョインに会いに行くところだと…
イ・チョインが生きているですって?!!!

+-+-+-+-+-+-+

チョインの捜索を頼んでおいた外交部の職員がソヌを出迎えます。

ソヌ:
어떻게 알게 된 겁니까 ?
どうやって分ったんですか?

職員:
누군가 김서연씨한테 직접 제보를 한 것 같습니다.
저희가 방송사와 공안에 요청한 건 아직 답이 안 왔습니다.

誰かがキム・ソヨンさんに直接情報提供したようです。
我々が放送局と公安へ要請した線からは、まだ情報がありません。

ソヌ:
김서연씨는요 ?
キム・ソヨンさんは?

職員:
저쪽에 기다리고 계십니다.
あちらでお待ちです。

彼が振り向くと、ソヨンはカフェの隅で静かに座っていました。

ソヌ(心の声):
김서연…나 시간 얼마 없다.
キム・ソヨン…僕には時間がないんだ。

「10分後に出発する」と言いながら、ソヨンの前にソヌが現れます。
彼女の前に座り、優しく話しかけるソヌ。

ソヌ:
서연아…
나 할 얘기가 있는데 내 얘기 좀 들어줄래 ?

ソヨン…
話があるんだけど…僕の話を聞いてくれるかな?

ソヨン:
7년전 얘기라면 하지 않으셔도 돼요.
정민이한테 얘기 들었어요.
이젠 괜찮은 거에요 ?

7年前の話なら、なさらなくていいんです。
チョンミンから聞きました。
もう大丈夫なんですか?

ソヌ:
…그래…다 나았다.
…あぁ。すっかり良くなった。

あ゛ーあ゛ーあ゛ー _| ̄|○

ソヨン:
그럼 됐어요. 다 나았으면 됐어요.
아…다행이다. 안 그래도 걱정됐었는데…

それならいいんです。すっかり良くなったのなら…。
あぁ~よかった。心配だったから…

ソヌはわずかに身を乗り出し…

ソヌ:
그때 말이야…내가 그때 돌아왔었다면 …
돌아와서 얘기를 했었다면 우린…

あの時…僕があの時帰ってきたら…
帰って話していたなら、僕たちは…

ソヨン:
아뇨, 오빠, 지난 과거 얘기 꺼내서 서로 상처주지 말기로 해요.
우리 … 지금 이대로 초인이 찾으러 가요.
초인이만 오면 다 되잖아요.

いいえ、オッパ。過ぎた過去の話を持ち出して、お互いを傷つけるのはやめましょう。
私たち…今はこのままチョインを探しに行くの。
チョインさえ帰ってくればそれでいいでしょう?

ソヌ:
그래. 초인이만 오면 되겠지. 초인이만 오면…
そうだな。チョインさえ帰ればいいんだ。チョインさえ帰れば…

あ゛ーあ゛ーあ゛ー il||li_| ̄|●il||li
何だか彼を見ていると、他人を見ている気がしなくて、イヤ~な辛さを感じます…。

そこへソヌの電話がなります。
ソウルにいる副院長からでした。

副院長(電話):
선우야 , 지금 어딨니 ? 초인이 찾은 거니 ?
ソヌ、今どこなの?チョインを見つけたの?

ソヌ(電話):
아뇨, 찾으러 가는 길입니다.
만나서 확인한 다음에 전화…

いえ、会いに行くところです。
会って確認してから電話…

副院長(電話):
안돼, 선우야 ! 내 말부터 들어 .
선우야 , 초인이 찾으면 안돼. 초인이를 찾으선 절대 안돼 !

ダメよ、ソヌ!…私の言うことを聞いて。
ソヌ、チョインに会っちゃダメよ。チョインに会っちゃ絶対にダメ!

ソヌはソヨンを動揺させぬよう、静かに席を立ちます。

ソヌ(電話):
…그게 무슨 소립니까 , 어머니 ?
…それはどういうことです、母さん?

副院長(電話):
우리 뇌의학센터 지을 부지 소유권이 이초인에게 넘어갔어.
脳医学センターを建てる敷地の所有権がイ・チョインに渡ったのよ。

ソヌ(電話):
…뭐라구요 ?
…何ですって?

副院長(電話):
이종민 원장 , 니 아버지 되는 사람이 !!!
초인이 그 놈한테 센터 부지 소유권을 이전했어.
선우야 ! 초인이 찾으면 안돼.
초인이 그 놈이 돌아오면 센터고 뭐고 모든 게 다 끝장난다.
지금 어디니 ?
내가 팩스로 보내 줄 테니까 니 눈으로 직접 확인해.
니 눈으로 직접 확인하고 초인이를 찾든 말든 결정해 !

イ・ジョンミン院長、あなたの父親ともあろう人が!!!
チョインのような男にセンター敷地の所有権を移したの。
ソヌ、チョインを見つけちゃいけないわ!
チョインが戻ればセンターも何もかも、すべておしまいよ。
今どこなの?
ファックスで送ってあげるから、自分の目で確認しなさい。
直接確認して、チョインに会うなりやめるなり決めなさい。

電話を切ったソヌは、すぐにファックスを受け取ります。
そこには目を疑うような文章がありました。
「私イ・ジョンミンはボソン病院が新しく建設する予定の応急医学センター敷地に関する所有権および諸般のすべての権利を息子であるイ・チョインに移転することを約束する」

+-+-+-+-+-+-+

チョインがいるというその場所へ向かう車中に、ソヌとソヨンはいました。
車の中で黙り込んだままのソヌは…?

ソヌ(心の声):
거기 있지 마라.
이초인, 거기 있지 마.
내가 널 죽일 수도 있다.

そこにいるなよ。
イ・チョイン、そこにいないでくれ。
俺はお前を殺すかもしれない…。

カインとアベル 5話 動画7

ソヌの殺気立ったオーラに、ソヨンも気になって声をかけます。

ソヨン:
무슨 일이 있어요, 오빠 ?
何かあったんですか、オッパ?

そんな優しい言葉にもそっぽを向いたまま、ソヌが反応することはありません。

そして…

二人を乗せた車がたどり着いたのは、確かにチョインたちが連れて来られた収容所。
情報は本当だったようです。

中に入り、ソヨンたちは収監されている人々の顔を見て回ります。
チョインの姿を探して…。
あぁ…独房に入れられたんだってばorz

一通り見て回ったソヨンは「確かにここへ来たって聞いたのに…」と、
簡単に諦められるわけがありません。

ソヨン:
없다는 말… 하지 마요.
분명히 여기 어딘가에 있어요.
여기…잘 좀 보세요 ! 네 ? 잘 좀 보세요 !!!
이 사람이 이초인이거든요. 이 사람 좀 보세요 !
본 적 없어요 ? 잘 좀 보세요. 네 ?

ここにいないなんて…言わないでください。
確かにここのどこかにいるんです。
(チョインの写真を取り出し)これを…よく見てください。ね?よく見て下さいよ。
この人、イ・チョインっていうんです。よく見てください。
見たことないですか?よく見てください、ね?

写真を取り出して必死に見せて回るソヨンと、黙ったまま一言も発しない男たち…。

ソヨン:
왜 ? 왜 말들 안 하세요 ? 왜 ?!!!
우리 초인이 여기 왔잖아요 !!!

どうして?どうして何も言わないんす?どうして?!!!
チョインはここに来たんでしょう!!!!

探し続けたチョインに会える…やっと入った情報に期待を膨らませてたどり着いたこの場所で、
チョインの姿がどうしても見当たらない…。
失望に叫ぶ彼女は、とうとう心臓を押さえてうずくまってしまいます。

ソヌ:
서연아, 내가 찾아 볼 테니까 마음 좀 가라 앉혀, 제발.
ソヨン、僕が探してみるから、もう少し落ち着いてくれ、頼むよ。

ソヨン:
여기도 없으면… (어디?) 찾아요 ?
이대로 영영 사라져 버리면 어떡하냐구요 ?
오빤 찾아줄 수 있죠 ?
오빠도 그랬으니까 그렇죠 ?
왜 다들 나한테 이래요 ?
제발 이러지들 마요 .

ここにもいないなら…どこを探すんです?
このまま永遠に消えてしまったらどうするんですか?
オッパは見つけられるんですね…?
オッパもそうだったからでしょう?
どうしてみんな私をそんな目に遭わせるの?
お願いだからやめて…!

カインとアベル 画像

とうとう意識を失ってしまったソヨンを、ソヌは急いで医務室へ運びます。

ベッドの上で眠るソヨンをじっと見つめるソヌ。

OST(이별보다 슬픈 말):
늘 그리워서 눈물만 흘러
아파도 죽을 만큼 아파도
널 위해 살아 간다고
사랑보다 깊은 말…그대.

いつも恋しくて涙が流れるばかり
辛くても 死ぬほど辛くても
君のために生きていくと
愛より深い言葉…君…

ソヌは彼女の手にそっと自分の手を重ねます。

OST(이별보다 슬픈 말):
습관처럼 내 입가에 담긴 그말
니 앞에선 바보처럼 날 만드는 그말
니 곁에선 그저 웃게 할 수만 있어도
행복이라 말할 수 있었던 말….

習慣のように僕の口に刻まれた その言葉
君の前ではバカみたいになってしまう その言葉
君のそばでただ笑っていられるだけでも
幸せだと言えた言葉…

その彼女の指には…チョインと交わした指輪が光っていました。
憤りに震えるソヌは思わず席を立ち…

+-+-+-+-+-+-+-+

どういうわけか、ソヌだけがさらに奥へと案内されていました。
どうしてこんなことにぃ~?!_| ̄|○
それなら最初から奥まで案内しなよーっ

彼は独房棟の廊下をゆっくり進みます。

そして、彼の目に入ったのは、オ・ガンチョルの姿。
ソヌは小さく首を横に振り、その独房の前を離れます。

隣の扉の小窓が開かれ、静かに覗くソヌ。

カインとアベル 画像

中にいる人物は背中を向けていました。
顔を確認するため、扉の錠が外されます。

うぎゃーーっ!ドキドキするぅ~!(;´∀`)

ソヌが見下ろしたその男の顔は…

血まみれになり、変わり果てた…
しかし、確かにチョインの顔だったのです。

衝撃を受け、立ち上がったソヌの姿を、
チラリと目を開けて確認したチョイン。

すばやく立ち上がり、ソヌを後ろから捕まえ、喉元をとらえます。

慌てる看守。
「こいつ、何のマネだ!!!」

+-+-+-+-+-+-+

ここで5話はエンディングです。

いや~、ドキドキさせてもらいました。
麻薬取り引きから始まり、終わってみると「本当に1話分?」と思ってしまうほどいろいろなことが起きた気がしますね。

すぐ続きを見てしまいたい衝動に駆られながら画像作ったりしております(;^_^A

ところで、ソヨンに情報提供したのは一体誰なのよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 - カインとアベル ,