韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

カインとアベル4話 あらすじ&Youtube動画vol.2

   

カインとアベル4話、後半に入ります。

中国へ行ったきり消息がわからなくなった恋人チョインを探し、ソヨンは中国を歩き回ります。
そのチョイン… 実は脱北してきた兵士たちに助けられ、記憶を失くしたまま彼らと行動を共にしていました。
兵士たちのリーダーの名前は、オ・ガンチョル。
そう。ヨンジが待ち焦がれる兄だったのでした。

韓国ドラマ カインとアベル 画像

では、どうぞ~

「アクターズ・スタイル韓国」17はソ・ジソプ大特集!
撮りおろしグラビア&インタビュー♪ そしてもちろん「カインとアベル」の紹介もお見逃しなく!

<カインとアベル4話 動画4>

ソヌはソヨンの部屋を訪ねます。
彼女の姿はなく、壁には一杯のチョインの写真。
床に落ちていた紙には、彼女がチョインを探すために覚えた中国語が書いてありました。
「この人を見たことありませんか?名前はイ・チョイン。私の愛する人です」

そして、彼女の薬が置きっぱなしになっているのに気づき、中を確認すると、

「いまどこだ?」
彼は電話で彼女の居場所を確かめます。

+-+-+-+-+-+-+

チョインが行動を共にする兵士たちは、負傷した仲間キソクの薬を手に入れようとしていました。

カンチョル:
기다려라. 내가 약 구해 올게. 알았(니 ?)
(キソクに)待ってろ。薬を手に入れてくる。いいな?

黙ってうなずくキソク。

チス:
내가 밖 살피고 있겠습니다.
自分が外を見張ってます。

… いや、チスだけに見張らせておくのは危ないって!(・∀・;)
カンチョルと共に行こうとしたチョインの腕を、キソクが掴みます。

キソク:
형… 나 죽기 싫어요.
돈 많이 벌어서 우리 엄마 데리고 와야 됩니다.

兄貴…俺、死にたくないです。
たくさん稼いで母さんを連れて来なきゃいけないんです。

チョインはじっとキソクを見つめ、彼が安心できるよう微笑んで見せます。
かすかだけど、久しぶりの笑顔(*^-^)

+-+-+-+-+-+-+

彼らは病院に忍び込もうとしていました。
廊下を進み、各部屋の名称が書かれたプレートを順に照らします。
その中の一つを見て、静かに立ち上がったチョイン。
警戒もせずに進みだしたチョインに、他のメンバーも慌てて続きます。

そこは薬剤室。
薬の表示はすべて中国語で、カンチョルたちにはさっぱり分りません。

薬を集めていたチョインは、鍵付きの収納庫にしまってあった血液に手を出します。
扉を開いた途端、鳴り始める警報機。
警備員が薬剤室に向かう中、彼らは慌てることなく冷静に脱出を図ります。

そのころ…

見張り役としてキソクのそばに残ったチスは、麻薬の入った袋を開け…?

+-+-+-+-+-+-+

外は土砂降りの雨模様。
ソヌは薬を持たずに出かけたソヨンのもとへ向かっていました。

彼が見たのは、ずぶ濡れになりながら、チョインを探すためのポスターを貼ろうとしているソヨンの姿。

ソヨン:
왔어요 ?
이쪽 비닐 좀 잡아 줄래요 ?
자꾸 바람이 불어서 날아가거든요.

来たんですね… 。
こっちのビニールをちょっと持ってくれます?
風がやたらと吹いて飛んじゃうんです。

ソヌ:
김서연…
キム・ソヨン…

ソヨン:
우리 초인이 얼굴 다 젖잖아요.
이렇게 다 젖어서 못 알아보면 어떡해요 ?
얼른 좀 잡아줘 봐요, 예 ?

チョインの顔がみんな濡れちゃうでしょう?
みんな濡れちゃって顔が分らなかったら困るわ…。
早く持ってくださいよ、ね?

ソヌ:
니 몸부터 봐.
초인이 찾기 전에 니가 먼저 쓰러질 거니 ? 그래 ?
도대체 면역 억제제는 언제부터 안 먹은 거야 ?
언제까지 이러고 있을 건데 ?!
이제 그만 해 !!!

自分の体をまず大事にしろよ。
チョインを見つける前に、君が先に倒れるのか?え?
免疫抑制剤を一体いつから飲んでないんだ?
いつまでこうしてるつもりだ?
もうやめるんだ!!!

ソヨンは彼の手を振り払います。

ソヨン:
어떻게 그래요 ?
초인이는 나한테 다 해 줬는데…
난 이제 겨우 시작인데… 이제 겨우 사랑한다고 말했는데…
내가 어떻게 포기해요 ?!!!
이 심장 !!! 초인이가 달아 준 건데.
초인이가 달아 준 거나 마찬가진데…아직도 이 심장이 뛰고 있는데…
내가 어떻게 포기하냐구요 !!!
… 돌아가세요. 나 혼자 하면 되니까 오빤 돌아가세요.

どうして?
チョインは私のために全てやってくれたのに…
私は今やっと始められたのに… やっと愛してるって言ったばかりなのに…
どうして諦められるんですか?!
この心臓は!!!… チョインがつけてくれたのに。
チョインがくれたも同然なのに… まだこの心臓は動き続けてるのに…
どうやって諦めろって言うんですか?!!!
… 帰ってください。私一人でやるから、ソヌさんは帰って。

ソヌ:
김서연…
キム・ソヨン…

そのとき、無理を続け、さらに興奮してしまったソヨンはその場に崩れるように倒れます。
心拍停止状態。
ソヌは夢中で心臓マッサージを始めます。「救急車!!!」

+-+-+-+-+-+-+

一方、チスは…

チス:
이왕 죽는 건…편하게 죽어라.
どうせ死ぬんなら…楽に死ねよな。

彼の手はキソクの首に…!!!
精一杯抵抗しようとチスの腕をつかむキソクですが、それもかなわず彼はぐったりと動かなくなってしまいます。

<カインとアベル4話 動画5>

そこへカンチョルたちの車が戻ってきます。
出迎えたチスは「… 少し前に戦死しました。ヤクでも食わせて助けようとしたんですが…」

チョインは慌ててキソクのもとへ駆け寄ります。
呼吸確認をし、台から下ろして人工呼吸を始めるチョイン。
「楽に死なせてやれよ!!!」と一人騒がしいチスですが…

キソクは息を吹き返します。
心臓はまだ…
AEDが必要です。

カンチョル:
심장충격기 찾는 거냐 ?
그런 게 여기 있을 수가 없잖아 !

心臓マッサージ機を探してるのか?
そんなものここにあるわけないだろ!

+-+-+-+-+-+-+

救急車で病院へ運び込まれたソヨンに付添い、処置室に入ったソヌは、
「外へ出てください」と何度もいう医師の言葉に耳を貸さず、機材を持って来いと叫びます。

+-+-+-+-+-+-+

心臓マッサージをするため、チョインは電気コードに細工して利用しようとしていました。
彼の横では、カンチョルが黙って彼を手伝います。

+-+-+-+-+-+-+

ソヨンの心臓は、画面上では動きがみられるものの、心室から血液が放出されず、循環不全を起こしていました。
ソヌが次の処置を判断し、指示を下します。

+-+-+-+-+-+-+

二本の電気コードのカバーをはがし、先を丸めたチョイン。
二本をそっと接触させると、火花が散ります。
「みんな下がっていてください」

彼は、意を決してキソクの胸にコードを押し当てます。

+-+-+-+-+-+-+

ソヌとチョイン。
二人の必死の処置で、キソクとソヨンの心臓は再び動き始めます。

「心臓が動き出しましたよ!」ホッとするキベクですが…

チョイン:
아직 아니야.
수혈 준배 해요 !

まだだ。
輸血の準備をしてください!

ソヌは眠っているソヨンを見つめます。

ソヌ(心の声):
고맙다… 살아 줘서.
고마워.

ありがとう… 生き返ってくれて。
ありがとう… 。

+-+-+-+-+-+-+-+

キソクを台の上に乗せ、手早く患部と自分の手を消毒し、手袋をはめたチョイン。
#手袋をはめる瞬間のカッコ良さったら!!!

手早く、かつ丁寧に処置をするチョインを、ほかのメンバーは黙って見守ります。
処置を終え、溜息をつき、何も言わずにチョインはその場から離れ…

キベク:
저게 어떻게 돼죠 ?
쟤 기억상실증 걸린 거 아니었습니까 ?

どうなってんでしょう?
あいつ、記憶喪失になってるんじゃなかったんですか?

カンチョル:
무의식이겠지.
계속 반복된 연습으로 몸에 배인 무의식 .
우리가 무의식중에 사람을 죽이는 것처럼,
쟤는 무의식중에 우리 기석이를 살려낸 걸 거다.
어쩌면 남조선의 아주 훌륭한 의사였을지도 모르겠다.

無意識だろう。
何度も繰り返した反復練習が体に覚えさせた無意識…。
俺たちが無意識で人を殺すように、
あいつも無意識でキソクを助けたのに違いない。
もしかしたら、南朝鮮の立派な医者だったのかもしれないな。

+-+-+-+-+-+-+

容態が落ち着き、まだ眠っているソヨンを、ソヌはじっと見つめていました。

ソヌ:
김서연…
7년 전 내가 연락을 안 했을 때도 이렇게 날 찾았었니 ?

キム・ソヨン…
7年前、俺が連絡しなかったときも、こうやって俺を探したのか?

+-+-+-+-+-+-+

手術を終え、チョインは一人、自分の正体を思っていました。
そこへやってきたのは、オ・ガンチョル。

チョイン:
사막에서…왜 저를 살렸었어요 ?
砂漠で… 何で俺を助けたんです?

カンチョル:
・・・。

チョイン:
그냥 못본 척… 버리고 갈 수도 있었는데.
見なかったことにして… 放って行くこともできたのに。

カンチョル:
내가 아니고 니 손이 너를 살린 거야.
이제 기석이를 살린 것같이…

俺じゃなく、お前が自分の手で助けたんだ。
さっきキソクを助けたようにな。

チョイン:
조장동지…제가 누구였을까요 ?
隊長… 俺は誰なんでしょうね…。

カンチョル:
이제 말문이 열렸으니까 점차 기억의 문도 열리겠지.
어쩌면 니 손이… 그 기억을 찾아 줄지도 모르겠고.

これで口がきけるようになったから、だんだん記憶も戻ってくるだろう。
もしかしたらお前の手が… その記憶を取り戻してくれるかもな。

カインとアベル 画像

「~고.」っていうぶっきらぼうな感じの語尾がチュムチと被りますわ(*゚∀゚*)

<カインとアベル4話 動画6>

カンチョル:
고생했고… 고맙다.
ご苦労だった…(チョインの肩をたたき)ありがとうな。

カンチョルが立ち去った後、チョインは自分の手をみつめます。

カインとアベル 画像

チョイン:
정말…그럴 수 있을까요 ?
本当に… そうなるでしょうか…。

+-+-+-+-+-+-+

チョインが大雨を見つめているその頃、ヨンジもまた、雨を見つめながら電話をかけていました。

ヨンジ(留守電に):
이초인 선생님, 저 오영지입니다.
한국엔 잘 도착했습니까 ?
나도…잘 있습니다. 상처도 거의 다 나았습니다.
그리고 변비도 숱해 좋아졌습니다.
선생님, 혹시 변비가 무엇의 줄임말인 줄 압니까 ?
…대변 비결이랍니다.
선생님, 그러면 내 다음에 또 전화하겠습니다.
잘 있으시오, 건강하십시오.

イ・チョイン先生、オ・ヨンジです。
韓国には無事到着されましたか?
私も…元気にしてます。傷もほとんど治りました。
それから、便秘もすごく良くなったんですよ。
先生、ひょっとして便秘が何の略語か知ってます?
…「??(←ちょっと保留)」なんですって!
先生、それじゃまた今度電話しますね。
お元気でいてください!

+-+-+-+-+-+-+

ソウルのボソン病院では…
副院長たちの攻撃が、ついにあの人に。

キム・ヒョンジュ救急医学科長が倫理委員会にかけられ、出席するよう通知が来たのです。
「救急医学センターの建設を阻止するために標的にされてるんでしょう!」とキム・ジングン麻酔医はカンカン。
口のきけない植物状態のまま、ベッドの上でじっと眼を開いている院長にも、この話は届いているに違いありません…よね?

一方、副院長チーム。
彼らは重要な薬がなくなったかのようにでっち上げ、キム・ヒョンジュ救急医学科長を陥れるワナを仕掛けていたのです。
そこへ、院長の個人弁護士が副院長を訪ねてきます。

彼はある書類を手渡し、話し始めます。

弁護士:
보성병원에서 새로 건축할 센터 부지에 대한 소유권 이전 등기입니다.
ボソン病院で新たに建築するセンター敷地に関する所有権移転登記です。

副院長:
뭐라구요 ?!
なんですって?!

驚いて書類を取り出した副院長の目に入ったのは、「イ・チョイン」の文字でした。

弁護士:
이종민 원장님께서 아들인 이초인씨께
부지 소유권 및 제반의 모든 권리를 양도하겠다고 작성하신 서약서입니다.

イ・ジョンミン院長が、ご子息のイ・チョインさんに
敷地の所有権および全ての権利を譲渡するために作成なさった誓約書です。

いや~
痛快は痛快なんですけどね、これが逆にチョインをさらに苦しめる原因になるのかと思うと、
不安が募りますね。

+-+-+-+-+-+-+

ソヨンは幸い容態が安定したようです。
医師から「慢性拒否反応による心不全を起こせば保証はできません」との説明を聞くソヌ。

彼女の病状記録(?)を受け取り、その場を離れようとしたとき、テレビから流れてきた映像に目がとまります。
思わず目を見開くソヌ。

それは…

カインとアベル 画像

病院に何者かが侵入したことを報じる監視カメラの映像でした。
「イ・チョイン…!」

+-+-+-+-+-+-+

オ・ガンチョルたちのグループは町の中に紛れ込んでいました。
チョインが差し出した牛乳を嬉しそうに貰うキソクですが、
チスが差し出したパンには「いりません」と顔を背けます。

カンチョルは麻薬を売り払う段取りを整えている様子。
相手と会う約束を取り付けています。

しかし…

その電話の相手はすでに、オ・ガンチョルたちを追う男たちの手中にありました。
彼らが麻薬をもって現れる場所と時間は、男たちに筒抜けになってしまったのです。

電話を終えたカンチョルが仲間のところへ戻ってきました。
約束は明日の昼2時。
「明日になれば俺たち大金持ちですか?」というキベクに、カンチョルも微笑みます。
… 彼がほほ笑むと和むな~(* ̄ー ̄*)。oO
「肉を食べたい」というキソクのお願いにもすんなり許可が下り、大喜びする彼ら。

+-+-+-+-+-+-+

ヨンジは久しぶりに以前お世話になっていたオバさんに会っていました。
苦労してやつれてしまったヨンジを見て驚くオバさん。

ヨンジは兄から連絡がないか尋ねます。
まだ連絡はないが、もし会ったらヨンジの居場所を教えるから心配するなというオバさんの言葉に、ヨンジはうつむいて「もうその必要はなくなった」と告げます。
密航船に乗るお金が貯まったので、ここを発つことにしたのでした。

ヨンジ:
아주마이, 우리 오빠 오면 내 기다리다 갔다고…
한국에서 꼭 기다리겠으니 … 꼭 찾아와 달라고 전해 주시오.

オバさん、兄が来たら、私が心待ちにして去ったと…
韓国で待っているから…必ず来てくれと伝えてください。

オバさんは「必ず伝える」と約束し、
ヨンジに「決して捕まったり死ぬことなく、生き抜いてくれ」と涙を流すのでした。

…あぁ、もらい泣き (´;ω;`)ウッ

<カインとアベル4話 動画7>

そして…

オバさんと別れを惜しみながら広い通りに出てきたヨンジの後ろから、
チョインたちがやってきます。
おおっ(*゚∀゚*)
ふと自分の前を横切った男の横顔を見て驚くヨンジ。
今のはイ・チョイン先生では…?

…ってなんでその中に肝心のオ・ガンチョルがいないの?!_| ̄|○

カインとアベル 画像

チョインにそっくりだったものの、あまりに雰囲気が違ったせいか、男たちと歩いていたせいか、
ヨンジは声をかけそびれてしまいます。
チョインの記憶がなく、ヨンジのことが分らなかったとしても、このとき声をかけていれば兄と会えたかもしれないのに… ねぇ。

+-+-+-+-+-+-+

肉を食べられる!
そう大喜びしたはずなのに、いざ肉を前にするとキソクはシンミリしていました。

キソク:
이 고기로 국 끓이면 우리 어머니랑 동생들…10일은 배터지게 먹을 텐데…
この肉でスープを作れば、母さんや弟たちだって10日はバターチゲ(?)を食べられるのに…

チスが茶々を入れます(ーー;)

チス:
니가 탈북했는데 니 어머니가 일 없을 것 같냐 ?
벌써 수용소에 끌려간 지가 옛날이지 !

お前が脱北したのに、お前の母さんが無事だと思うか?
とっくの昔に収容所に引っ張っていかれてるさ。

カンチョル:
부주장.
扶助長。

チス:
솔직히 내가 뭐 틀린 소리 했습니까 ?
実際、自分が何か間違ったこと言ってますか?

カンチョル:
일없다 !
내일 얼음 팔면 기석이 엄마랑 동생들 다 데려올 수 있으니까
근심 말고 먹어라.

(キソクに)大丈夫だ。
明日ヤクを売ればキソクの母さんも弟たちもみんな連れてこられるから、
心配せずに食え。

キソク:
진짜죠 ?
そうですよね?

ホッとして、キソクは肉をほおばります。

+-+-+-+-+-+-+

カンチョルは水面を眺めて座っていました。
チョインがやってくると、彼の手には写真が一枚。

チョイン:
가족입니까 ?
家族ですか?

カンチョル:
나한텐 유일한 혈육이지.
俺にとって唯一の「血肉」だ。

彼はチョインに写真を渡します。

カンチョル:
곱지 ?
綺麗だろ?

チョイン:
예, 곱네요.
えぇ。綺麗ですね。

カンチョル:
곱지…
곱고 말고 꽃 같고…별 같은 애였다.
얘 때문에 탈북했어. 더 좋은 세상 보여주고 싶어서.

奇麗だ。
それどころか花みたいな…星みたいな子だった。
この子のために脱北したんだ。もっといい世界を見せてやりたくてな。

チョインは黙ってそんなカンチョルを見つめます。

カンチョル:
일없어 !
너도 이제 찾을 수 있을 거야.
니가 사랑하는 사람들도 니 기억도…

大丈夫さ。
お前だって見つけられる。
愛する人も、記憶も…。

チョイン:
…고마워요.
… ありがとうございます。

カンチョル:
뭐가 ?
何がだよ?

チョイン:
저…살려 주셔서.
俺を… 助けてくれて。

カンチョル:
탈북할 때 같이 떠난 사촌 동생이 있었다.
나 때문에 총에 맞고 물에 떠내려가는 걔 손을 끝내 놓치고 말았지.
내가 전에 니 손이 너를 살린 거라고 말했었지 ?
사막에서 니 손이 날 붙잡았을 때 꼭 그 때 놓친 동생 손 같았다.

脱北するとき、一緒に出発した従兄弟がいた。
俺のせいで銃で撃たれ、水に流れていくあいつの手を…離してしまったんだ。
前に、お前の手が自分自身を救ったんだって言ったろ?
砂漠でお前の手が俺を掴んだとき…まるであのとき離した従兄弟の手のように感じたんだ。

>>回想

砂漠を進んでいたオ・ガンチョルたちは、倒れているチョインを発見します。

チス:
갑시다. 뒈진 것 같습니다.
行きましょう。くたばってるみたいです。

カンチョル:
계속 움직인다.
先へ進むぞ。

歩き出そうとしたカンチョルの足を、虫の息のチョインが掴んだのでした。

>>回想終

カンチョルは銃をチョインに差し出します。

カンチョル:
이것.
얼음장사는 항상 목숨을 담보로 하지.
내일이 아마 최고의 고비가 될게다.
이제 더 이상은 아무도 잃고 싶지 않다.
꼭 지켜라 ! 니 목숨.

これを… 。
ヤクの商売はいつも命がけだ。
明日はたぶん、最大の山場になる。
もうこれ以上、誰も失いたくない。
必ず守れ!お前の命を。

チョインは黙って銃を受け取ります。

カンチョル:
그리고…
기억 찾을 때까지 내 동생이 돼 주겠냐 ?

それから…
記憶を取り戻すまで、俺の弟になってくれるか?

カインとアベル 画像

うなずくチョイン。

カンチョル:
그래.
앞으론 오강호라고 부르지.

いいぞ。
これからはオ・ガンホと呼ぼう。

ううっ
うううっ!
この二人のシーン、なんだかとってもイイですね~(* ̄ー ̄*)。oO

+-+-+-+-+-+-+

翌日。
約束の場所にやってきた彼らは、2階へ上がるよう店主に指示されます。

ゆっくり客たちの横を通りすぎるカンチョルたち。
その中には、彼らを追う男の姿が…!

ドキドキ…
あ゛ーーっ、ドキドキする!!!

一室に入ったカンチョルたち3人。ってか、チスはまた危険の少ない見張り役ですかい?
そこでマージャンをしている男たちの中に、見覚えのある顔がありました。

男はカンチョルに「今日の運勢だ」と言って、並べた牌を見せるのです。
「中国は敗北した。(逃げろ?)」

牌が示したメッセージを読み取り、カンチョルが「待ち伏せだ!」と口にした瞬間!
麻雀卓についていた男たちが一斉に彼らに銃を向けます。

カインとアベル 画像

ここでエンディング!

+-+-+-+-+-+-+

今回はオ・ガンチョルとチョインのワイルドガイ二人の静かなシーンが本当に素敵で、
また、同時に仲間や大切な人の命を救おうとするソヌとチョインの姿にワクワクドキドキさせてもらいました。

記憶を失ったチョインは、以前のような人懐っこさは失ってしまったものの、
人を包み込むような優しさはちゃんと持っているんですね。
キソクを見る温かいまなざしが嬉しかったです。

さて、罠にはまってしまったチョインたち。
「必ず命を守れ」と渡された拳銃を、さっそく使うことになってしまうのでしょうか。

続きが気になる!!!

 - カインとアベル ,