韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

カインとアベル2話 あらすじ&Youtube動画vol.2

      2009/08/13

中国へ渡り、チョインの運命が急速に動き出した「カインとアベル」2話、後半です。

チョインは付きまとうガイドのヨンジの奮闘ぶりを楽しみながら(笑)、父の病気を治す方法を探るため、中国でのある手術に参加します。
一方、ソヌは先日の緊急手術が、実は母によって患者が自分と同じ飛行機に乗るよう仕組まれたことだったと知り、愕然とします。

では、どうぞ~

카인과 아벨 画像

「もっと知りたい!韓国TVドラマ Vol.31」では「カインとアベル」撮影現場レポも!

<カインとアベル2話 動画 4>

記者が帰ったことにプンプンしていたチェ神経外科長のところへ訪ねてきたのは…副院長でした。

副院長:
요즘 노고가 많으시죠, 조관장님 ?
近頃ご苦労が多いでしょう?チョ科長。

神経外科長:
예 ? 노고라뇨?
え?苦労ですと?

副院長:
원장님께서 뇌동맥류로 쓰러지시고
신경외과까지 도맡으셨으니 좀 피곤하시겠어요.
어제도 저녁 늦게까지 연구실에 계셨다구요.

院長が脳動脈瘤で倒れ、
神経外科まで引き受けられて少しお疲れでは?
昨日も夜遅くまで研究室におられたんですね。

そう言って彼女がテーブルに置いた書類には「診断書」の文字。
彼は平静を装い、笑ってみせます。

神経外科長:
그 정도 업무량으로 엄살 피울 나이 아닙니다.
その程度の仕事量で疲れるような年齢ではありませんよ。

副院長:
그러시겠지요.
そうですわね。

副院長:
저희도 뇌의학센터 개설을 하게 되면은,
센터장 자리는 조과장님 처럼 의욕 있고 능력 있는 분으로 모셔야 할텐데.
아닌 말로 우리 이선우 선생이야 수술이나 잘하지,
조과장님이 쌓아온 명성에 비하면 어림도 없죠.
그럴려면은 우선 이사회에서 뇌의학센터 개설이 가결되는 게 순서일텐데.

私たちも脳医学センターを設立することになれば、
センター長の座をチョ科長のような意欲と能力のある方にお願いしなければ…
うちのイ・ソヌ先生は手術は得意だけど、
チョ科長が築いてきた名声に比べれば足元にも及びませんわ。
そのためには、まず理事会で脳医学センターの設立を可決するのが先決なのだけど…

神経外科長:
말씀 감사합니다만, 부원장님 심중이 워낙…
お言葉には感謝しますがね、副院長の心中は何せ…

副院長が遮ります。

副院長:
지난번 우주제약 항경련성 생동성 시험을 올리셨던 거
오늘 윤리위원회에서 결정한다면서요?
위원장님께서 직접 전화드릴 겁니다.
미리 축하드려야 되겠군요.

先日、宇宙製薬の抗痙攣性の生動性試験(を申請なさった?)件、
今日倫理委員会で決定されるそうですね。
委員長が直接電話をくださるでしょう。
先にお祝いを申し上げなければいけませんわね。
※生動性試験=同じ成分の新薬と既存薬の効能を実験を通じて比較すること

立ち上がった副院長ですが…

副院長:
아, 의대 학장님하고 조만간 식사라도 같이 하시죠?
あ、医大の学長とそのうち食事でもなさったら?

神経外科長:
윤리위원회 전화 받음 제가 약속 잡도록 하죠.
의대 학장 최이사 제 말이라면 (꺼뻑?)죽는 친구 아닙니까?

倫理委員会の電話を受けたら、私が約束をとるようにしましょう。
医大学長のチェ理事は私の言うことなら(何でも聞く?)人ですからね。

副院長:
그럼요. 알고 말고요.
そうですわね。もちろん分かっていますわ。

神経外科長:
그럼 임시 이사회때 제 표가 하나가 아니라 둘일 수도 있다는 것도 아시겠군요.
では、臨時理事会での私の票が、1票でなく2票になるかもしれないこともご存知ですね?

副院長:
부디 좋은 소식 기다리겠습니다.
良い知らせを待っておりますわ。

副院長は部屋を後にします。

神経外科長:
센터장 자리를 준다고?
웃기는 소리…
그럼 어디 굿이나 보고 떡이나 챙겨볼까?

センター長の座をやると?
笑わせやがる…
(祭儀に餅でも備えようか?)?

彼は電話を取り出します。

神経外科長:
어이 , 의과대학 학장 !
나다. 나라고.

あ~医科大学学長!
俺だよ、俺。

+-+-+-+-+-+-+

一方、ちゃんと手術着に着替え、手術室の一歩手前で覗き見ているヨンジ。
あきらかに不審者(;^_^A
腕組みして立ってるだけのチョインがカッコよすぎなんですがこれ如何に?!(* ̄ー ̄*)。oO

そのとき、ヨンジのおなかがキリキリと痛みます。
「あ…便秘が…」
たまらずトイレに駆け込みます。
手術開始からもう6時間も立ち、待っているヨンジにもさすがに疲れが…。
ふと彼女は預かったチョインのカバンが気になり(トイレの床に置くな!)、そっと開いてみると…?
そこにはどっさり薬が入っていました。「あ~、やっぱりね」
さっそく報告しなければ!
「(電話)社長さん!オ・ヨンジです。この人、カバンの中に薬がたっぷり入れてますよ。
詐欺師なんて程度じゃなく、医者の振りをして薬を売買してるに違いありません!」

ヨンジが手術室に戻ると、手術を終えたチョインが出てきます。
すぐにソヌに報告するチョイン。

チョイン:
어 , 형! 냐야.
あ、兄さん!俺だよ。

ソヌ:
그래. 수술은 어땠냐?
あぁ。手術はどうだった?

チョイン:
Jefrey 그 아저씨 한 칼 하던데 종양을 완벽하게 제거한 것 같애.
Jefreyのおじさんさぁ、一刀で腫瘍を完璧に除去したみたいだ。

ソヌ:
당연하지. 코도마 제거엔 그 방법이 최고니까.
그리고 아버지 수술은 너 돌아오면 다음 주 월요일로 잡아놓을 테니까 똑바로 보고 와라.

当然だ。脊索腫 の除去にはその方法が最高だからな。
それから、父さんの手術はお前が帰ってきたら来週の月曜日にする予定だから、しっかり見て来いよ。

チョイン:
이선우씨, 아직 환자 예후 못봤거든요.
너무 잘난 척 하니까 재수 없는데?

イ・ソヌさん、まだ術後の経過を見てませんからね。
あんまり自信たっぷりに言うなよ。

ソヌ:
Jefrey 실수만 없었더라면 수술 예후는 예상치 이내일 거다.
내가 장담하지.

ジェフリーが失敗さえしてなければ、術後の経過は予想値以内のはずだ。
保障するよ。
※ 장담=自信ありげに大きなことを言うこと

チョイン:
OK . 내일 전화할게, 형.
OK!明日電話するよ、兄さん。

ソヌ:
그래.
分かった。

電話を切ると、「手術はうまく行ったんですか?」と声を掛けたヨンジに、チョインは親指を立てて見せます。
思わず笑顔になるヨンジ。
「じゃあ、次の日程の場所に行きます?次は~」
「福建省ですよ」
「え?!福建省?」

+-+-+-+-+-+-+

オ理事と副院長、診療部長は、ご丁寧にボードまで作って理事会の作戦会議。
楽しそうですわ~。

理事のうち、2名は理事会に参加したり意見を述べたことがないので、今回も棄権組と予想。
自分たちの味方である理事は6名で、チョ神経外科長も医大学長を連れてくるから、8対4に。
圧倒的な勝利予想です。
さっそく「おめでとうございます。脳医学センターの設立が公表できますね」と声を掛ける診療部長ですが、副院長は慎重な表情です。

「まだ早いです。医大学長の心中は五里霧中なので7対5。
神経外科長には餌をちらつかせておいたけど、いつ裏切るか分からないから安心するには早いわ。
数が変わらないように、徹底的に管理してくださいね。」

+-+-+-+-+-+-+

一方、倫理委員会から試験の許可が下り、神経外科長はさっそく動き出します。
「まず実験支援者を募集の公告を出し、相互間で緊密に強調してよい成果を出すように」

そこへキム救急医学科長が現れます。
今回の試験のことを知り、脳医学センター派に協力するつもりでは?と疑う彼女に、強く否定するチョ神経外科部長。

キム救急医学科長と、医大の学長は同窓生でした。
神経外科長から「脳医学センターに賛成するように」と働きかけがあったことが彼女に伝わったのです。
激しく責め立てる彼女の声を聞いてか、ひょこっと顔を出したキム麻酔科医。
「ミスター・チョがここまで育ててくれた院長を裏切るわけないでしょう~」と彼女に加勢します。
神経外科長は「俺はまだ結論をだしたわけじゃないし、自由意志で結論を出すべき理事会で、こんなやりかたはゴメンだ」と言い捨て、その場を去ります。
彼の心変わりは間違いありません…。

それよりもキム麻酔科医が不思議でたまらないのは、救急医学センターが院長の生涯の願いだということは周知の事実なのに、なぜ副院長はあんなに反対するのか…ということ。

キム救急医学科長:
원장님이 친자식도 아닌 이초인한테 응급의학센터를 맡기려고 한 순간부터
예정된 일인지도 모르지.

院長が実の息子でないイ・チョインに救急医学センターを任せようとした瞬間から
分かっていたことかもしれないわ。

キム麻酔科医:
무슨 소리야?
친아들이 아니라…?
초인이가 이선우 친동생이 아니란 말야?

どういうことだ?
実の息子じゃない?
チョインがイ・ソヌの実の弟じゃないってことか?

キム救急医学科長:
… 응.
…うん。

キム麻酔科医:
에?!
えっ?!

キム救急医学科長:
원장님 친구 아들인데,
교통사고로 부부가 다 사망해서, 어릴 적 입양했어.

院長の友人の息子だったんだけど、
交通事故で夫婦が二人とも亡くなって、幼いときに養子になったのよ。

キム麻酔科医:
와 …
그러니까 데리고 온 친구 아들한테 병원을 넘겨준다면…
응… 내가 부원장이라도 눈 까뒤집고 싸우겠네.

わぁ…。
つまり、連れて来た友人の息子に病院を譲るなんて言ったら…
うん、俺が副院長でも目を剥いて戦うね。

<カインとアベル2話 動画 5>

ソヨンは子どもたちと一緒に楽しく歌っていました。
何だかみんな思い思いに楽器を鳴らしてるのがイイ(・∀・)

入り口を見ると、明らかに場違いな濃い男性が一人(・∀・;)

せっかく楽しくやってるところに中まで入ってくるか、普通?

ソヌ:
어릴 적부터 노래하는 선생님이 되겠다더니 꿈을 다 이룬건가?
幼い頃から歌の先生になるって言ってたが…夢はみんな叶えたのか?

ソヨン:
네. 덕분에요.
처음 나한테 악기 가르쳐 준 사람이 누군데요.
소원대로 최고의 의사가 되어 오셨네요.
…축하해요.

えぇ。おかげさまで。
初めて私に楽器を教えてくれたのは誰でした?
望みどおり最高の医者になって帰って来られたんですね。

ソヌ:
최고? 이제 시작인데 뭐…
最高?まだ始まったばかりだ…

ソヨン:
역시 이선우 답네요.
그래요.
기왕 시작한 거 …원하는 거… 다 이루시길 바랄게요.
그래야 차인 저도 안 억울하잖아요.

さすがイ・ソヌらしいわ。
そう。
せっかく始まったこと…望みがみんな叶うといいですね。
そうじゃないと振られた私も悔しいじゃないですか。

ソヌ:
…널 버린 적 없다.
널 아프게 한 건 맞지만 한순간도 널 버린 적 없어.

…君を捨てたことはない。
苦しめたことは事実だが、一瞬でも捨てたことはない。

…そう言われましても(;^_^A
ソヌが自分の方を見てそう言うのを、頑なに前を向いたまま聞くソヨンの心が痛々しいです。

ソヌ:
괜찮은 거지?
大丈夫なんだよな?

あ゛ーーっ!イライラする(・ε・)

ソヨン:
괜찮냐구요 ?
누구의 암부를 묻는 거에요?
내 심장이에요 ? 아니면 내 마음이…괜찮냐구요 ?

大丈夫ですって?
誰の安否を聞いてるんです?
私の心臓?それとも私の心が…大丈夫かって?

何も言えないソヌ。
ソヨンはたまらず立ち上がります。

ソヨン:
그래요. 힘들고 화나지 않았다면 거짓말이었겠죠.
미워하다 보면 그립고 , 또 그러다보면 무슨 사정이 있겠지, 또 안쓰럽고.
결국 사람 감정이라는 게 좋아하는 만큼 미워하고 나면
또 그렇게 가벼워지나봐요. 새털처럼…

ええ。辛くも怒りもしなかったと言えば嘘になりますね。
憎めば恋しくて、そうしているうちに、何か事情があるんだろうって気の毒に思って。
結局、人の感情っていうのは、好きなだけ憎いものだって…
そうやって軽くなっていったんです。羽根のように…

ソヌ:
그래 . 그랬겠지.
미안했다 너무 오랫동안…

あぁ。そうだな…。
すまなかった、あまりに長い間…

ソヨン:
아뇨. 덕분에 남은 미련도 다 정리 됐는걸요.
いいえ。おかげさまで未練も全部整理できそうです。

そう言って彼に手を差し出したソヨン。

ソヨン:
찾아와줘서 고마워요.
来て下さってありがとうございます。

自分の前に彼女が建てた高い壁。
彼は立ち上がり、自分も手を差し出すことしかできません。

ソヌ:
건강해라.
元気でな。

二人はお互いに反対の方向へと歩き出すのでした。

※以上のシーンの会話で、ソヨンはわざと丁寧語で話し、よそよそしく振舞っています。

+-+-+-+-+-+-+

チョインとヨンジは寝台列車に揺られていました。
ヤクザからの電話に出たヨンジは、チョインが予定を変え、福建省に向かうことになったので、自分も同行していると告げます。
電話を切ったヨンジの背後にはチョインが(^∀^ヾ

チョイン:
…회사에 혼났어요?
…会社に怒られました?

ビクッとしたヨンジを見て、ちょっと気まずそうに優しい声を出すのがイイ!

ヨンジ:
아닙니다. 일 없습니다.
그래도 이렇게 갑자기 일정 바꾸는 것은 곤란합니다.
앞으로는 어디 가기 전에 (?)나한테 미리 알려줘야 합니다.
알았습니까?

違います。何もないです!
でも、こんな風に急に日程を変えられると困るんです!
これからはどこかに行く前に私に前もって知らせてくれなきゃダメですよ。
分かりました?

チョイン:
예. 명심하겠습니다.
えぇ。(ヨンジの方言を真似て)肝に銘じます。

びっくりして目をまん丸にするヨンジ。

チョイン:
내 화장실 좀 다녀와도 됩니까?
(ヨンジの方言のまま)トイレに行って来てもいいですか?

ヨンジ:
빨리 갖다 오시… 오세요.
早く行って来て…(ハッとして口調を変える)来て下さいね。

はぅ~
このシーン撃沈 _| ̄|○

どんだけ和ませるんですか?可愛すぎますから(;´∀`)

+-+-+-+-+-+-+

ソヨンは病院から預かってきたカバンを開けていました。
そこには洗濯を頼まれたチョインの服がぎっしり。

取り出そうとすると、ポケットに何か入っているのに気づきます。
そこには…?

チョイン(メモ):
혈압 110에 74. 심박수 88. 호흡 수 18회.
헤모글로빈 11.8. 적혈구 4.1 백혈구4700, 혈소판 18만개.
이게 지난 번 김서연씨 바이탈사인과 혈액검사 결괍니다.

血圧110~74 心拍数88 呼吸数18回
ヘモグロビン11.8 赤血球4.1 白血球4700 血小板18万
これがこの前のキム・ソヨンさんのバイタルサインと血液検査の結果です。

袋の中にはキラキラしたチョコレートのプレゼントが。
ソヨンの顔がほころびます。

その下には「2」と札が付けられた服。
ポケットの中にはまた何か入っています。

チョイン(メモ2):
지금 서연 심장에 필요한 건 바로 해바라기 씨!
혈액순환에 좋거든.

今ソヨンの心臓に必要なのはまさにヒマワリの種。
血液循環にいいからね。

手紙とプレゼントはまだあります。

チョイン(メモ3):
오우 피스타치오!
불포화지방산과 칼륨, 비타민 B !
심혈관 질환 예방에 좋아요 !

おぉ~ピスタチオ!
不飽和脂肪酸とカリウム、ビタミンB !
心血管疾患の予防にいいんですよ!

カインとアベル画像

ソヨンは嬉しそうに立ち上がり、メールを打ち始めます。
「もう心臓が…」

+-+-+-+-+-+-+

一方、福建省に向かう二人は、寝台列車の上と下で夜を過ごしていました。

ヨンジ:
근데 복건성엔 왜 갑니까?
ところで、福建省にどうして行くんです?

チョイン:
아들 만나러요.
息子に会いにね。

ヨンジ:
아들 (?)입니까? 결혼 했습니까?
息子?!結婚してるんですか?!

そのとき、チョインの携帯にメールが届きます。

ソヨン(メール)
벌써 심장이 튼튼해진 느낌이야.
이초인 너 없었으면 나 어쩔 뻔 했니?
보고 싶어…

もう心臓が丈夫になった気がするわ。
イ・チョイン…あなたがいなかったら私はどうなっちゃったかしら?
会いたい…

にやけて早速返信しようとするチョインは、ヨンジの質問を放ったらかしたまま(*^-^)

チョイン(メール):
나두 보고싶어♥
덜렁아.

俺も会いたいよ♥
おっちょこちょい

ヨンジが「医者の振りしてあちこちに種まいて」とか「浮気者」とかさんざん一人で文句を言っていると…

チョイン:
지금 뭐라고 했어요 ?
今、何て言ったんです?

ヨンジ:
아닙니다. 아무것도 아닙니다.
아니 근데 정말 우리 어디로 갑니까?

いいえ、何でもないです!!
けど、ホントに私たちどこに行くんですか?

+-+-+-+-+-+-+

翌朝。
チョインとヨンジは列車を降り、川に沿って歩いていました。
携帯の電波もつながらないようなところに連れて来られ、ヨンジは文句タラタラです。
そのとき、またヨンジのお腹がキリキリと痛み始め…

<カインとアベル2話 動画 6>

我慢できずにヨンジは脇道へ駆け込みます。
草むらにしゃがみこみ、ふと横をみると、自分をジーッとみている子どもたち(・∀・;)
おまけに様子を見に来たチョインとも目が合い…orz

とりあえずこういうときは詩を読むチョイン(;^_^A ナゼニ

チョイン:
높은 스님께서 가을 들판에서 똥을 누고 계신다 – 부손
高貴なお坊様が秋の野原で糞を垂れていらっしゃる - ブソン

そして、子どもたちは嬉しそうにチョインに駆け寄ります。
抱き上げて声を掛けるチョイン 「元気だったか~?」

目的の村に入っていったチョインを追ってヨンジがやってくると、
チョインは村人から大歓迎を受けていました。
卑劣な詐欺師だと思っていたのに、この人は一体何者?
ヨンジの中で疑問が大きくなり始めます。
出迎えた人の中には、村の中心人物とも見える若く美しい女性の姿もありました。

チョインの入っていった方向へ行ってみるヨンジ。
彼女が目にしたのは長~い行列を作った人々を診察しているチョインの姿でした。
チョインが出発前にたくさん薬を用意していたのは、このためだったんですね~。

+-+-+-+-+-+-+-+-+

そのころ、ソウルにいる副院長のもとへ一枚のファックスが届いていました。
読み始めた副院長は、みるみるうちに顔をこわばらせます。
そのファックスには…?

ファックス:
존경하는 보성 병원 이사 여러분께.
저 이 종민은 이사장이자 원장의 자격으로
여러분께 한 가지 부탁 말씀을 드리고자 합니다.
만일, 며칠 후에 있을 코도마 수술에서 제가 깨어나지 못하더라도
응급 의학센터 건립은 끝까지 추진해주시길 바랍니다.
저희 보성병원은 돈이 아니라, 인명구급을 위해 설립된 병원입니다.

尊敬すべきボソン病院の理事の皆様
わたくしイ・ジョンミンは理事長であり院長の資格において
皆様に一つお願い申し上げようと存じます。
万一、数日後に行われる脊索腫の手術の際、私が目覚めることがなかったとしても
救急医学センターの建立は最後まで推進してくださるよう願います。
私どもボソン病院は金ではなく人命救助のために設立された病院であります。

そのファックスはソヌやオ理事長、チョ神経外科長などの元へも届いていました。

ファックス(続き)
제가 세상에 없더라도, 부디 처음의 초심을 잃지 마시고,
이초인 이사와 김현주 과장을 중심으로,
응급의학센터를 통해 인명 구급의 꽃을 피워주시기 바랍니다.
병원장 이종민 올림.

私がこの世にいなくとも、どうか初心をお忘れになることなく、
イ・チョイン理事とキム・ヒョンジュ科長を中心に、
救急医学センターを通して人命救急の花を咲かせてください。
病院長 イ・ジョンミン

…ってこれ、どういうことーーっ(・∀・;)?
間違いなく院長の直筆なんですよね?
オ理事が慌てて診療部長に確かめると…

診療部長「院長が脊索腫の手術を受ける直前に、脳動脈瘤で倒れたでしょう?
ひょっとして手術がうまくいかないかも知れないと思って、
キム・ヒョンジュ科長に託されたようです」

+-+-+-+-+-+-+

さて、ヤクザたちにようやくチョインたちがいる場所が伝わったようです。
でも、正確な場所を突き止めるのは難しく、とりあえずまた何か動きがあるごとに報告するよう言われるヨンジ。

再びチョインの側へ戻ってみると、女性たちがご馳走の用意をしていました。
フンと皮肉って「神様みたいに尊いお客様が来たんだね~」
そこへ、女性の一人がやってきて、彼女にお茶を差し出します。
村に着いたとき見かけた美しい女性が気になり、チョインとの関係を聞いてみるヨンジ。

女性によると…?

女性(セリフは中国語):
이선생님이 촌장님 아버님 아플 때 자주 와서 도와주셨어요.
벌써 3년째, 시간 날 때마다 와서 저렇게 무료 봉사를 해주시는 거예요.

イ先生は村長のお父様が病気のとき、よく来て助けてくださったんですよ。
もう3年間、時間が出来るたびに来て、ああやって無料奉仕をしてくださるんです。

そんな言葉に戸惑いながらも、「またどれだけ大きな詐欺を働くつもり?」と、
ヨンジはまだチョインが詐欺師だと思い込んでいます。
でも、またお腹がキリキリ痛み、彼女は自分も薬を貰うことに。

ヨンジ:
나도 약 좀 하나 주시오.
私もお薬ください。

チョイン:
무슨 약이요 ? 어디 아파요 ?
앉아봐요.

どんな薬?どこか悪いんですか?
(椅子をトントン)お座りなさいよ。

ヨンジ:
일 없습니다. 그저 약이나 하나 주시오.
結構です。ただ薬だけくださいよ。

チョイン:
어디가 아픈지 알아야 약을 주든가 주사를 놓든가 하죠.
どこが悪いか調べなきゃ、薬をあげるか注射打つか決められないでしょ?

ヨンジ:
아까 봤지 않습니까 ?
さっき見たでしょう?

チョイン:
보다니요? 뭘요?
見たって?何を?

言いづらくてだんだんイライラしてくるヨンジ(;^_^A

ヨンジ:
아까 그거 하려는 거 봤지 않습니까 ?
さっきアレしようとしてたの見たでしょ?!

チョイン:
뭘 하려고 했는데요 ?
何をしようとしてましたっけ?

ヨンジ:
아, 변비 때문에 변소가려고 그랬지 않습니까 ?!
빨리 주시오.

もう!便秘のせいで便所に行こうとしてたでしょ?!

チョイン:
아 … 변비 ?
あ~。便秘ね?

チョインが村長の女性に、「便秘」を中国語で何と言うのか聞くと、
並んでいた人たちも「(中国語で)便秘!便秘!」と笑いながら囃し立て…(^∀^ヾ

+-+-+-+-+-+-+-+-+

院長からのメッセージを受け取った人たちの反応を見て、キム麻酔科医は愉快で仕方ありません。
この、ウキウキして口笛吹きながら「見ました?」って入ってくる軽快さが大好きだ~。
めちゃくちゃ自然ですね。

一方、キム救急医学科長は冷静です。

キム救急医学科長:
부원장 수족들이니 어련하겠어.
예정에 없던 원장님 편지가 나왔으니 한바탕 난리가 나겠지.

副院長の手先たちだから当然だわ。
予定になかった院長の手紙が出てきたんだから、一荒れするわね。

キム麻酔科医:
조현택 과장 반응은 어땠어요 ?
チョ・ヒョンテク科長の反応はどうです?

キム救急医学科長:
어제부로 생동성 시험 공고도 붙었으니,
자기 챙길 건 다 챙겼단 눈치더라구.

昨日生動性テストの公告も出したから、
自分のすべきことはみんなやったっていう感じね。

キム麻酔科医:
다른 이사들은요?
他の理事たちは?

+-+-+-+-+-+-+

オ理事は、チョインの拉致を依頼したヤクザ相手に声を荒げていました。

オ理事:
약속한 날짜가 언젠데 아직도 납치를 안 하고 있는 겁니까 ?!
約束の日は過ぎてるのにまだ拉致していないんですか?!

ヤクザ:
이초인 그 놈이 갑자기 일정을 바꾸는 바람에 죄송하게 됐습니다.
イ・チョインのヤツが突然日程を変えたもんで、申し訳ありませんな。

オ理事:
변명 같은 거 필요 없습니다 !!!
지금 당장 처리하지 않으면 잔금이고 뭐고 아무 것도 없는 줄 아십시오!

弁明など要りません!
今すぐ処理しなければ、残金も何もないと思ってくださいよ!

<カインとアベル2話 動画 7>

チョインが滞在する村では歓迎の宴が催されていました。
この村、丸い建物が独特で面白いですね~。
一人ぶらぶらしながら舞いをみるヨンジですが、村長の横でにこやかに談笑し酒を飲むチョインの様子が気になります。
花火が上がり、宴もクライマックスを迎えたころ、彼女が目にしたのは、慕ってくる子どもたちに温かく接するチョインの姿でした。
そんな彼と子どもたちの姿に、ヨンジの表情も自然とほころびます。
…村長と仲睦まじくしているのは相当イライラするみたいですが(^∀^ヾ

村人たちが集合写真を撮りに集まります。
一人酒を煽っていたヨンジはスクっと立ち上がりチョインの元へ。
チョインは「ヨンジさんも写真撮りますか?(集団を指し)そこに立ってくださいよ」と明るくうながしますが、
ヨンジはバッサリ断り、明日の日程を尋ねます。

チョイン:
내일 아침에 환자들 좀 더 보구요,
10시쯤 Jefrey 수술 경과 보러 출발하죠.

明日は朝もうちょっと患者さんを診て、
10時ごろジェフリーの手術経過を見に出発しましょう。

ヨンジ:
시간 약속 꼭 지키시오, 예?
그리고, 한국에 있는 애인 생각도 좀 하시오!
보기 안 좋습니다.

時間の約束はキチーーーッと守ってくださいよ、えぇっ?
それから!韓国にいる恋人のこともお考えなさいよ!
(村長をチラリと見て)見てて気分悪いです。

そう言って側を離れようとしたとき、おなかの痛みに思わず声を上げ、うずくまってしまいます。
また「便秘!便秘!」とからかう子どもたちですが、チョインは彼女の様子が普通でないことに気づき、駆け寄ります。
でも、彼女は「何でもない」と突っ張るばかりです。
「便秘ならいいけど、盲腸かもしれないから」と説得するチョインを、拒絶して歩き出そうとしますが、そこでまたうずくまり…。
見かねたチョインは軽々と彼女を抱き上げます(・∀・)
「大丈夫だから!!!」と嫌がる彼女ですが…

チョイン:
내가 안 괜찮습니다 !
내가 괜찮다고 할 때까진 안 괜찮는거니까 … 가만히 있어요.
알았어요 ?!

僕が大丈夫じゃないんです!
僕が大丈夫だって言うまでは大丈夫じゃないから…じっとしててください。
分かりましたか?!

厳しい声を上げるチョインに、ついに黙ってしまうヨンジ。
チョインは診察室へ急ぎ、診察台に彼女を乗せ、おなかを出そうとしますが、
おなかを出すのをヨンジは嫌がります。

チョイン:
진찰 안 받을 겁니까?
診察、受けないつもりですか?

ヨンジ:
위로, 옷 위로 하면 안됩니까?
上から…服の上からしちゃダメですか?

「服の上からじゃダメ!」と却下しないところが素敵(*^-^)
…いや、却下したらしたで「却下しちゃうのが素敵!」とか言ってるだろうけど(笑
チョインはとりあえず、服の上からおなかを触診します。

彼はおなかを触りながら考えます。
「急性虫垂炎時、痛みの激しくなる右下腹に圧痛があり、
離すときまで痛みを感じる…。」

今日の朝から痛みが激しくなったという彼女。
チョインはおなかに聴診器を当てますが、音が聞こえません。
「もう腸閉塞が始まっているのか…?」

考えているときは真顔で、
ヨンジに話しかけるときにフッと優しい顔に変わるのがたまりませぬ(;´Д`)

チョイン:
어떡하죠?
이번엔 변비가 아니라 맹장 같은데?

どうしましょう?
今度は便秘じゃなくて盲腸のようだけど?

ヨンジ:
그러면 병원 가서 째야 됩니까 ?
それじゃ…病院に行って切らなきゃいけないんですか?

設備の整った大きな病院まで、ここから4時間。
「午前から痛み出したなら、病院に着く頃には腹膜炎に転移しているかもしれない」
チョインは、村長に「出来るだけ急いで出発します」と用意を頼みます。
ヨンジにも用意をするよう言いますが…慌てるヨンジ。

ヨンジ:
나 병원 안 갑니다 !
私、病院には行きません!

チョイン:
뭐라구요?
何ですって?

ヨンジ:
난 병원 안 간다고 했습니다 !
私、病院には行かないって言ったんです!

部屋から出て行こうとしていたのを、また彼女の診察台の横に座りなおすチョイン。

チョイン:
영지씨, 지금 소풍가자고 하는 거 아니거든요?
가서 수술 받아야 합니다.
맹장이라고 우습게 봤다가 죽을 수도 있어요 !

ヨンジさん、今は遠足に行こうとか言ってるわけじゃないんですよ?
行って手術を受けなきゃ。
盲腸だからって軽く見ていたら死んでしまうことだってあるんです。

ヨンジ:
그냥 여기서 하면 안됩니까?
このまま、ここでしちゃダメですか?

チョイン:
오영지씨!
オ・ヨンジさん!

ヨンジ:
선생님 의사선생님이잖습니까 ?
그냥 여기서 해주시오, 그럼 되잖습니까 ?

先生はお医者さんなんでしょう?
このままここでやってください。それでもいいでしょう?

チョイン:
여기는 제대로 된 수술도구가 없거든요.
쓸데없이 고집 피우지 말고 얼른 병원 갈 준비 하세요.

ここはまともな手術道具がないんです。
無駄な意地を張ってないで、早く病院に行く用意をしてくださいね。

ヨンジ:
누군 병원 안 가고 싶어서 안가는 줄 압니까 !
다 못 갈 이유가 있어서 그런 게 아닙니까 !
맹장이라고 우습게 봐서 그러는 게 아닙니다.
나도 병원 가서 수술 받고 낫고 싶습니다.
아니 , 꼭 나아야 됩니다. 나아서 꼭 만나야 될 사람이 있는데
병원에 가면 영영 못 만날지도 모릅니다.
선생님, 그러니까 나 그냥 여기서 수술 해 주면 안됩니까?
나 그냥 여기서 수술 좀 해주시오. 부탁합니다, 예 ?

行きたくなくて行かないって言ってるんじゃありません!
行けない理由があるんです!
…盲腸だからって軽く見ているわけじゃないんです。
私も病院に行って、手術を受けて、良くなりたいですよ。
いや、絶対良くならなきゃ。良くなって絶対会わなきゃいけない人がいるのに、
病院に行ったら永久に会えなくなるかもしれないんです。
先生… 、だからここで手術してもらっちゃダメですか?
ここで手術してください。お願いです。ね?

カインとアベル画像

涙を流して懇願する彼女を、じっと見つめるチョインの姿でエンディングです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

いや~!

チョイン大好き ァ ‘`,、ヾ(。・∀・。)人(。・∀・。)ノ゙ ァ’`,、
「みょんしむ はげ~~っすむにだ」のシーンなんて、何回も見ちゃった。

しっかし…韓ドラは主役の女優さんたちにも容赦なくキバらせますな(^∀^ヾ

 - カインとアベル ,