韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

花より男子韓国版6話あらすじvol.2&Youtube動画

      2009/05/08

花より男子韓国ドラマ版 6話の後半にはいりますね。

夜、ジフとチャンディが一緒にいたこと…。
それをチャンディが隠していたこと…。

一途にチャンディを想うジュンピョは何も手に付かず、ボートに乗って海に出たジフを追いかけます。

そして…?

photo581
確かに切ない回だけど…私の心は幸せ一杯~~~<(  ̄з ̄)> ~♪♪

<楽天レンタルは無料お試し実施中>

花男もアニメ版・日本版・台湾版DVDが揃ってますよ!

<花より男子韓国版6話 動画 4>

無我夢中でボートを漕ぎ、ジフを追い越すジュンピョ。
どーゆー負けん気の表現法orz
せっかく追い越したのに、気にも留めない様子で引き返してしまうジフにさらにイラだちは募ります。

+-+-+

ジフが船を出そうとしているのを見かけたチャンディ。

チャンディ:
어디 가세요?
お出かけですか?

ジフ:
낚시.
釣りに。

チャンディ:
이 배로요?
この船で?

ジフ:
하얀 천이랑 바람만 있음 어디든 갈 수 있어.
너도 갈래?

白い帆と風さえあればどこへだって行けるよ。
あんたも行く?

あっさり一緒に船に乗り込むチャンディ。
優しくおだやかなジフとの釣りですっかり和んでる様子です…。

+-+-+

一人でポーズを撮影会をしてるカウルにイジョンが近づきます。

イジョン:
애 쓴다…
熱心だね~。

イジョンから逃げて二人乗りのボートに乗ろうとするカウル。
イジョンも隣に乗ろうとします。

カウル:
왜 자꾸 따라가 그래요 ?
何でそんなに付いてくるんですか?

イジョン:
혼자서 무리일 걸.
다린 튼튼해 보인다만.

一人じゃ無理だからね。
足は…丈夫そうだけど。

イジョン:
자…어제밤에 했던 얘기 끝(?)까?
さてと…ゆうべの話を済ませようか。

カウル:
무슨 얘기요?
何の話ですか?

イジョン:
금잔디가 딴 놈 좋아하는 거…정말이야 ?
クム・ジャンディが他の男を好きだって話…本当?

カウル:
하…내가 언제 그런 말했다 그래요?
はっ…私がいつそんなこと言いましたっけ。

イジョン:
…누구야, 대체 ?
…誰なんだ、一体?

カウル:
쓸데 없는 말하지 말고 페달이나 똑바로 불려요.
馬鹿なこと言ってないでペダルちゃんと踏んでくださいよ。

イジョン:
분명히 형편없는 놈일거야.
내가 여자들 좀 아는데 금잔디같은 타이픈 의외로 나쁜 남자한테 약해.
생활력 강한 여자 옆에 붙어서 단물만 빨아먹는 기생충같은 타이프.

とんでもないヤツに違いないな。
俺は女のことはちょっと知ってるけど…クム・ジャンディみたいなタイプは意外と悪い男に弱い。
生活力のある女のそばにくっついて甘い汁を吸う寄生虫みたいなタイプ。

カウル:
…말도 안돼 !
그 사람은요, 잔디의 솔 메이트인지도 모른다구요 !

…ありえない!
その人はね、チャンディのソウルメイトかもしれないんだから!

また誘導尋問にひっかかってしまったカウルorz

イジョン:
솔 메이트 ? … 여자들 그래서 안 돼…
정말로 그런게 있다고 생각해 ?

ソウルメイト?…女はこれだからダメだ…
本当にそんなのあると思ってるわけ?

カウル:
있죠. 당연히 있죠.
당신같은 바람둥인 절대 이해 못하겠지만
평생의 단 한번뿐이 진정한 영혼의 짝이 있다구요.

ありますよ。もちろんですって。
あなたみたいなプレイボーイには絶対理解できないでしょうけど、
生涯にたった一人だけ本物の「魂の相手(ソウルメイト)」がいるんだから。

イジョン:
그래서…가을양은 만났나 ? 그 영혼의 짝.
それで…カウルちゃんは出会ったの?その「魂の相手」に。

カウル:
…이직이요.
하지만 나타나면 절대로 안 놔 줄 거에요.
그런 사람은 놓쳐버리면 평생 후회할 테니까.

…まだ。
だけど現れたら絶対離しません。
そんな人を逃したら一生後悔するから。

うーうー、私の耳はイジョンのセリフとは相性が悪いようで…。
口を動かさずに「はらひれほれはれ~」っと喋るから分からないぞ!!

+-+-+

チャンディを連れてヘリに乗ろうとしているジュンピョ。

チャンディ:
어디 가는거야?
どこ行くの?

ジュンピョ:
보여 줄 게 있어.
見せたいものがある。

しばらく美しい自然の上を飛んだヘリ。

ジュンピョ:
자…이제 아래로 봐.
ほら…下を見てみろ。

そこには、ハートの形をした地形が。
「ハートだ!ホントにハートの模様だね」と喜ぶチャンディの反応を確かめ、
ジュンピョが口を開きます。

ジュンピョ:
좋아하는 여자가 생기면 데려와야지 결심했었어.
好きな女ができたら連れて来ようと決めてた。

彼の言葉に…ゆっくり振り返るチャンディ。

ジュンピョ:
보이냐 ? 내 마음…
見えるか?俺の気持ち。

この瞬間あまりの照れくささに一旦休憩する私(^∀^ヾ
こういうこと照れずにやれる韓国人はイイね♪

ジュンピョの気持ちはとても伝わったものの、ジフを思うと喜べないチャンディ。
後ろで「言っちゃった~」と満足そうなジュンピョとはすごく対照的です。

うーー、素直に喜べればよかったのにね、チャンディ…。

+-+-+

日が暮れようとしています。
ジュンピョたちが戻ってくると、雑誌を見ながら沈んだ表情のイジョンとウビン。
「ジフのやつ、かわいそうに」

そこには白人男性と親しそうにしているソヒョンの姿が。
ソヒョンが結婚秒読み?!

この男性、次期大統領候補??かなりの大物だそうで、ジフはパリでこのことを知ったんだろう…とのこと。

ジュンピョ:
괜찮을거야.
그 녀속은 내가 알아.

大丈夫だ。
あいつのことは俺が知ってる。

「私が言ったとおりになっちゃった…。どうしよう!ジフ先輩、恨んでるだろうな」と慌てるチャンディ。
言ったとおりというのは、確か2話、ソヒョンの看板の前でジフに言ったことですね。
「これは想像なんですけど…ソヒョンさんは王族とか大統領になる人と結婚するといいなあ~」

一人部屋で悩んでいると、いつの間にかそんな自分を見つめているジュンピョが。
…もうあんまり驚かないのね(;^_^A

チャンディ:
어…어떻게 들어왔어?
ど…どうやって入ってきたの?

鍵をかざして見せ、余裕の笑みのジュンピョ。

ジュンピョ:
여기 주인이 누군지 잊었냐?
ここの主人が誰だか忘れたか?

<花より男子韓国版6話 動画 5>

チャンディに近づき、キスをしようとするジュンピョ。
とっさにチャンディはそれを避けてしまいます。

大切なチャンディの気持ちを大切にしたいジュンピョは、
それ以上無理に近づくことはできません。

ジュンピョ:
너무 오래 기다리게 하지 마라.
あまり待たせすぎるなよ。

+-+-+

傷ついているジフが気になって仕方ないチャンディは、彼を探しに昨日の場所へ。
そこには、今夜も寂しそうに海を見つめるジフがいました。
う~ん、フランスから戻ってきたあたりからかなり気になってたんですが…、ジフはチュンサン@冬ソナに似てますね。
このシーンじゃないけど笑ったときの口の開き方なんて激似!

チャンディ:
사실이에요?
헛수문이죠. 잘못된 기사죠.

事実なんですか?
デマでしょう?記事が間違ってるんでしょう?

何も言わないジフ。

チャンディ:
미안해요. 전…정말…
ごめんなさい…私、本当に…

ジフ:
넌 나보다 그 사람 더 잘 알고 있었나 봐.
俺よりあんたのほうが彼女のことよく分かってたみたいだ。

チャンディ:
선배…
先輩…

ジフ:
서현이한테 잘 어울리는 남자야.
나같은 거 비교도 안될 만큼…

ソヒョンにふさわしい男だよ。
俺みたいなのとは比べ物にならないほど…

チャンディ:
그렇지 않아요 ! 그럴리가 없어요 !
そんなことない!そんなはずないわ!

立ち上がり、強くチャンディを抱きしめるジフ。

チャンディ:
제발…행복해요.
그럴 거라고 말해 주세요.

どうか…幸せになって。
そうなるって言ってください。

そっと体を離すジフ。
来た来た(*゚∀゚*)あ゛ー私の心の中の小鳥が騒ぐ!

チャンディ:
선배가 불행하면 … 나도 불행하니까…
先輩が幸せじゃないと…私も幸せじゃないから…。

ジフ:
어째서 너같은 걸 좋아하지 않은 걸까 ?
なんで…あんたみたいな女、好きにならなかったんだろ…

・・・・。

つーっと一筋、彼女が流した涙は、その後の試練の始まりの合図でもありました。

そこにはジュンピョの姿が。

ジュンピョ:
결국…이런 거였어 ?
結局…こういうことか。

つかつかとジフに歩み寄ったジュンピョ、思い切り殴り飛ばします。

チャンディ:
구준표 ! 이러지마 ! 이거 !!
ク・ジュンピョ!やめてよ!これは…

ジュンピョ:
이거 뭐 ?!
이것도 넌 모르는 일이야 ?
또 함정에 빠진거야?!
널 믿고 싶었어.
다신 후회하고 싶지 않아서 최선을 다했어.

これは…何だよ?
これもお前の知らないことか?
また罠にはまったって言うのか?
お前を信じたかった。
また後悔したくなくて…俺は最善を尽くした。

チャンディ:
미안해…그게…
ごめん…それは…

ジュンピョ:
나 너한테 내 진심을 보여 줬어.
그랬는데…니 대답은 이거였냐?

俺はお前に精一杯の気持ちをささげた。
それなのに…お前の答えはこういうことか?

チャンディ:
그게 아니야…
그게 아니라…

違うの…。
そうじゃなくて…

怒りに任せ、手に持っていたアンクレットを海に投げつけるジュンピョ。

ジュンピョ:
이제 정말 끝이야.
금잔디…
다시 날 아는 척하지마.

これで本当に終わりだ。
クム・ジャンディ…
もう二度と俺に知った口きくな。

背中を向けたジュンピョを思わず呼び止めるジフ。
これでも精一杯おさえている怒りに耐えられそうにないジュンピョは…

ジュンピョ:
기서 한마디만 더 하면 … 죽여버린다.
ここでもう一言でも喋ったら…殺すぞ。

自分のキスは受け入れられないチャンディが、ジフのキスは素直に受け入れる…。
今までジュンピョの心情をここまでた~っぷり描いてくれてるから、この衝撃はもろに伝わってきます。

+-+-+

翌朝。

ジュンピョの姿が見えず、ウビンの調べで勝手に帰国してしまったことが発覚。

イジョン:
미친 자식…
무슨 생각으로 이러는 거야 또 ?

狂った野郎だ…
何考えてんだよ、今度は。

ウビン:
금잔디…뭐 짐작하는 거 없어?
クム・ジャンディ…何か心当たりはないのか?

黙り込むチャンディを見つめ、溜息をつくイジョン。
たまらず席を立ったチャンディは、無言のままジフとすれ違います。

+-+-+

冷たい韓国の冬に戻ってきたチャンディ。

チャンディの悲劇を知りもしない家族は「お疲れ様だったね~」「なんて幸運な子なの~?」と大歓迎。
日本版の牧野家もそうだったけど、平凡でも温かくていい家族ですよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「お姉ちゃん、その島ってジュンピョお兄さんの物なの?」
「神話グループにないものはないのね!」
「王だな、王!」
「王?じゃあチャンディがお嫁に行ったらどうなるの?」
「お妃だろ~」

チャンディがお妃になったことを想像し、ますます盛り上がるクム家。

チャンディ:
그럴 일이 없거든요.
そういうことは起きないから…。

クム家一同:
왜?!
なんで?!

チャンディ:
그 집이랑…아니, 구준표랑…더 이상 아는 척할 일도 없으니까…
あの家とは…いや、ク・ジュンピョとは…これ以上知り合いじゃなくなったから。

部屋に入ったチャンディ。
アンクレットを見て、帰国前のことを思い出します。

ジュンピョから贈られたものとよく似たアクセサリーをカウルが持っているのを見たチャンディ。

チャンディ:
그거…
それ…?

カウル:
이쁘지 .
이건 벼루시장에서 산 건데
평생 함께 하고 싶은 여인에게 채워 주는 거래.
도망가지 말라는 건가 … ?

綺麗でしょ。
これ、(硯?)市場で買ったんだけど
生涯を共にしたい女性に身に付けさせるんだって。
逃げないように…ってことかな?

アンクレットを入れようと引き出しを開けたチャンディ。
そこには以前ジュンピョがくれたゴーグルの袋が。
これまでジュンピョが自分に与えてくれた気持ちが、そこから一つ二つと彼女の胸に溢れてきます。

欲しがっていたゴーグルをこっそり手に入れておいてくれたジュンピョ…
飲みすぎた自分に「もう俺のいないところで飲むな」と心配してくれたジュンピョ…
雪の降る中、凍えながら自分を待っていてくれたジュンピョ…
「誰かを待ったのは生まれて初めてだ!」…
いじめられてボロボロになった彼女を救い出してくれたジュンピョ…

「ハートだ!」「見えるか?俺の気持ち」…

ジュンピョの姿を次々に思い出すチャンディの目から零れ落ちる涙。
「ごめん…、ごめんね、ク・ジュンピョ」

+-+-+

非常階段に行くとそこにはジフの姿が。
一瞬たじろぐチャンディですが、ジフに言われて横に座ります。
「顔色をうかがう必要はないよ。あんただって非常事態だろ?」

<花より男子韓国版6話 動画 6>

ジフ:
하긴…넌 언제나 비상이었지.
そういえば…あんたはいつでも非常事態だったな。

チャンディ:
섬에선…미안했어요.
島では…ごめんなさい。

ジフ:
왜 니가 사과해?
何でアンタが謝るんだよ。

チャンディ:
제가 찾아가지만 않았어도…
私が訪ねて行かなければ…

ジフ:
그러고 싶었던 나야.
사과해야 할 사람 나고…

俺がしたいと思ったからしたんだ。
謝らなきゃいけないのは俺だよ。

チャンディ:
구준표한테 상처준 건…나에요.
ク・ジュンピョを傷つけたのは…私です。

そばに落ちていたチョークを手に取り、壁に落書きを始めたジフ。
それは怒った表情の…

ジフ:
준표녀석…이러고 있겠지 ?
ジュンピョのヤツ…こんな感じだよな。

思わず微笑むチャンディ。

チャンディ:
아니죠.
違いますよ。

そう言ってその上から描き加えます。
「人相はこんなにヒドくて、泣いたり笑ったり… 髪はくるくる~~」
そうやってジュンピョの顔を描いているうちに、悲しみがこみ上げてきます。
彼女の頬をつたう涙…。

チャンディ:
죄송해요…
ごめんなさい。

チョークを手にしたまま動けなくなったチャンディの手をそっと取るジフ。

ジフ:
괜찮아.
大丈夫だよ…。

+-+-+

心ここにあらずでお弁当を口に運ぶチャンディ。
そこへジュンピョがやってきて鐘を鳴らします。

ジュンピョ:
F4의 이름으로 모두에게 발표둘 일이 있다.
윤지후는 … 더 이상 F4가 아니다.

F4の名において全員に告ぐ。
ユン・ジフは…もうF4ではない。

「何?」「ジュンピョ…」驚くイジョンとウビン。

ジュンピョ:
그리고…앞으로 일주일 윤지후와 금잔디를 이 학교에서 추방하겠다.
それから…1週間後、ユン・ジフとクム・ジャンディはこの学校から追放する。

それだけ言ってさっさとその場を後にするジュンピョ。

さて、イジワル3人組が見事に揃った足並みでチャンディに近づきます。

チャンディ:
추방…
追放…。

イジワル3人組ワントゥースリー:
그래.추방!
무슨 말인지 이해가 안가 ?
퇴학 !
너같은 애가 퇴학을 당하는 거야 상관없지만
니까짓 거때문에 지후선배가 제명당한다는 건…어떻게 책임질 건데 ?
너같은 서민이 우리 학교에 들어온다부터가 ! 불행의 시작이었어.
지후선배도 준표선배도 너같은 가난한 ( ?)을 처음 본 거라소 동정한 거라고.
다들 너무 착하기만 해서.
책임져.
너같이 후진 계집에 하나때문에 우리 F4가 산산조각하게 된거 니가 다 책임진단 말이야 !!

そうよ、追放!
どういう意味だか理解できない?
退学よ!
アンタみたいなのが退学になったって関係ないけど
アンタごときのせいでジフ先輩が除名になるなんて…どう責任取るつもりよ?!
アンタみたいな庶民がうちの学校に来たことが…不幸の始まりね。
ジフ先輩とジュンピョ先輩はアンタみたいな貧しい子を初めて見たから同情しただけなんだからね。
みんなすごくいい人だから。
責任とりなよ。
アンタみたいな劣った子一人のために私たちのF4がバラバラになったこと…あんたが全部責任取りなさいよ!!!

ジフ(声):
그 책임 내가 지지.
その責任、俺が取るよ。

背後にいたジフに驚く3人。

ジフ:
어떻게 지면 되는데 ?
どうやって取ればいい?

イジワル3人組:
정신차리세요, 제발 !
正気になってくださいよ~!

ジフ:
정신 못차리는 건 니들 아냐 ?
후진계집애라고 ?
그렇게 말하는 니들 훨씬 후져.

正気じゃないのはお前たちじゃないのか?
劣った女だって?
そういうお前たちのほうがよっぽど劣ってる。

そういう気ならこれ以上先輩の味方はできないと言う彼女たち。

ジフ:
누가 그래 달랬어?
誰が頼んだ?

「後悔しますよ!」と言い捨てて彼女たちが去った後、固くなっているチャンディに優しく声を掛けるジフ。

ジフ:
벌써부터 그렇게 얼빠진 표정 하지마.
さっそくそんな魂抜けちゃったような顔するなよ。

+-+-+

ジフとチャンディはいつもの二人の場所に。

ジフ:
이번엔 우리 둘 다 비상이네.
今度は俺たち二人とも非常事態だな。

チャンディ:
하~…저야 추방이든 퇴학이든 그렇다고 져도… 선배까지 그러면 안 되죠.
아무리 구준표라도 그렇게 할 수 없죠…그죠 ?

はぁ~。私が追放されようと退学にされようと…先輩までそんな目に遭っちゃダメでしょ。
いくらク・ジュンピョでもそこまでできないでしょう?…ね?

ジフ:
할 수 있어.
준표뒤엔 신화그룹이 있잖아.
게다가 이 학교…누구네 건지 잊었어 ?

できるよ。
ジュンピョのバックには神話グループがいる。
それにこの学校…誰ん家のものだか忘れた?

ガックリ肩を落とすチャンディ。

ジフ:
그런 표정 짓지마.
가만히 당하고만 있지가 않을거니까.

そんな顔するなよ。
黙ってやられるつもりはない。

チャンディ:
방법…있어요?
方法が…あるんですか?

ジフ:
찾아 봐야지.
나도 쉽게 물러설 수 없는 이유가… 생겼으니까 .

探さなきゃな。
俺だって簡単に引き下がるわけにはいかない理由が…できたから。

チャンディ:
맞아요.
선배를 F4에서 제명시키는 건 용납할 수 없어요.

そうですよ~。
先輩をF4から除名するなんて、あり得ないことですから。

ジフ:
…바보구나, 넌.
… バカだな …。

チャンディ:
…에?
… え?

ジフ:
그런 건 어무 상관없어.
そんなもの何の関係もない。

まだ表情を曇らせるチャンディの頬を「ほらまた!」とつついて去っていくジフ。

+-+-+

帰宅したチャンディの目の前には山積みになった制服。
出世した娘のおかげで制服のクリーニング依頼が殺到しているようで(;^_^A

チャンディ弟:
누난 준표형말고 윤지훈가 다른 F4하고 사귄다매?
お姉ちゃん、ジュンピョお兄さんじゃなくてユン・ジフとかいう違うF4と付き合ってるんだって?

チャンディ:
너…그 소리 어디서 들었어?
あんた…それをどこで?

チャンディ弟が見せたのは、ズラリと並んだ神話高校の制服。

チャンディ弟:
신화고에서 제일 먼저 왔거든.
神話高校から一番先に来たから!

「ク・ジュンピョでもユン・ジフでも母さんにはどっちでもいいよ!」
「あんたが神話高校に入ってから母さんは毎日夢見てるみたいだから!」

大量に舞い込んだ注文に「俺たちだって財閥になるかも!」と気が大きくなる父。
「財閥!」チャチャチャ「財閥!」チャチャチャ(*゚∀゚*)

+-+-+

バイオリンを弾くジフの前に静かに現れるイジョン。
ジフ…私、他はぜ~~んぶ満足なんですけど、そのバイオリンだけは…orz

ジフ:
말해.
話せよ。

イジョン:
니가 무슨 짓을 하든 다 이해했어.
솔직히 준표자식은 가끔 감당 안되겠다 싶었어도 너한테 이런 얘기 할 줄은 몰랐다.

お前が何をしたかは分かった。
正直ジュンピョのやつは手に負えないと思っていたが、お前にこんな話をすることになるとはな。

ジフ:
너답지 않게 소론이 기이다.
言うことがお前らしくないな。

イジョン:
왜 그랬냐?
なぜあんなことを?

ジフ:
그냥… 그러고 싶어서.
ただ… そうしたかったから。

イジョン:
준표가 잔디 좋아하는 건…
ジュンピョがチャンディを好きなことは…

ジフ:
알고 있었어.
知ってたよ。

イジョン:
윤지후 !!
니가 내 여동생을 꼬셨다가 3일만에 차버렸대도 난 아무 화내지 않았을거야.

ユン・ジフ!!
お前が俺の妹をたぶらかして3日で捨てたとしても…俺は怒らないだろう。

ジフ:
없잖아. 여동생같은 거.
いないだろ。妹なんか。

イジョン:
논담 아니야.
친구 여자에 건드리는 거 만큼은 나도 용납 안되는 소리야.

冗談じゃないぞ。
友達の女に手を出すことだけは、俺だって許せない。

ジフ:
준표한텐 미안하는 해. 하지만…
ジュンピョには悪いと思ってる。けど…

イジョン:
하지만 뭐 ?!
けど、何だ?!

ジフ:
금잔디 퇴학시키게 돼 버려 둘 수가 없어.
クム・ジャンディを退学にさせるわけにはいかない。

イジョン:
그래서 ? 어떻게 하겠다고 ?
それで?どうすると?

ジフ:
어떻게든 해야겠지.
どうやってでも阻止する。

イジョン:
말에 두겠는데…이번만큼은 니 편이 없을거야.
서운해마라.

言っておくが…今度だけはお前の味方はいない。
恨むなよ。

イジョンがじっくり出てくるシーンは何だか場がギュッとしまりますねぇ(* ̄ー ̄*)。oO

+-+-+

今度はジュンピョを一生懸命なだめるウビン。
「お前の気持ちは分かるけどな、退学は酷すぎるぞ。」
「酷い?そんな言葉はあいつらみんな殺した時に言うことだ。」
「ジフのやつは今、正常じゃないんだ。ソヒョンがどういう状況かよく分かってるだろ?
パリまで追いかけていったのに突然結婚なんて…」

ジュンピョ:
그래.
그 자식 금잔디가 진짜 좋아서 그랬던 거 아냐.
서현 일때문에 금잔디딜 이용하는 뿐이라고.
난 그게도 용서가 안 돼. 알아 ?

ああ。
あいつはクム・ジャンディがホントに好きでやったんじゃねぇ。
ソヒョンのことでクム・ジャンディを利用しただけだ。
俺はそれでも許せねぇ。分かったか?

座ったジュンピョの肩に手を置くウビン。

ジュンピョ:
더 이상 그 자식 편들지마.
한마디만 더 하면 너도 제명이야.

これ以上あいつをかばうな。
一言でも続けたらお前も除名だ。

はぁ…何とかわいそうなウビン_| ̄|○

ストーリーにはほぼ絡まず、
見せ場も特になく、
実はあちこちに気を遣ってF4を穏便にまとめているのに…。
お前も除名だ…なんて言われ、しかもそこでエンディングなんてそりゃないよ(・∀・;)

…というわけで今回はここまでです。

長い記事をお読みいただいてありがとうございました!
お気軽に感想聞かせてくださいね(*^-^)

 - 花より男子韓国版 , ,