韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

花より男子韓国版4話あらすじvol.1&Youtube動画

      2009/03/21

花より男子韓国ドラマ版 4話です。

全てを捨て、フランスに永住すると決意したミン・ソヒョンに、
ソヒョンを愛するジフの気持ちを思い、「行かないでください」と懇願したチャンディ。
それはジフには「余計なおせっかい」と映ってしまいました。

「あんたに関係ないだろ」「失せろ」…

憧れのジフから、キツイ言葉で責められるチャンディ。

<花より男子韓国版4話 動画 1>

キツイ言葉を浴びせてしまい、彼女が涙を流して去った後、一人天を仰ぐジフ。
モヤモヤした迷いを振り切るかのようにバイクを走らせます。

+-+-+

翌日、落ち込むチャンディはジュンピョたちになだめられていました。
「おまえの周りだけ色がくすんでるな」呆れるジュンピョ。

チャンディはジュンピョに尋ねます。
「好きだから、その人のために自分の気持ちを抑えるのは立派なことなのかな」

「何が”好き”だよ。そんなの赤の他人だろ。そんなんで明日突然地球が壊れたら後悔で先に死んじまう。」
「やらずに後悔するより、やって後悔する方がマシ…、それが俺の信条だからな。」
と答えるジュンピョを少し見直すチャンディです。

そして「お前、ジフのやつのことよく分かってるみたいだな」と言ってるようなんですが…
このシーン、全体的によく分からないorz
また時間を置いて聞いてみます。

+-+-+

ソヒョンの出発の時間が来てしまいました。
見送るジュンピョ、イジョン、ウビン、そしてチャンディ。

ひとりひとりに声を掛けるソヒョン。

イジョン「元気で。遊びに行くよ。」
ソヒョン「遊びじゃなくて、展示しに来なさい。」

ウビン「体に気をつけて。」
ソヒョン「あなた優しすぎるわ。あまり親切にするとキズも長引くものよ」

ジュンピョ「弁護士だとか(援助?)だとか、そんなこと姉さんがやらなきゃいけないのか?理解できねーから。」
ソヒョン「あなた、姉さんってちゃんと呼んでくれたの、10年ぶりよ。」
ジュンピョ「とにかくカッコいいのは事実だから、姉さんだって認めることにした。不満かよ?」

ソヒョン「チャンディさん…」

優しくチャンディを抱きしめるソヒョン。

ソヒョン「私のお願い、忘れないでね。」
チャンディ「・・・。お元気で。」

別れを告げ、誰かの姿を探すように周囲を見ながら歩くソヒョン。

+-+-+

現れなかったジフの噂をしながら歩く彼ら。
そこへ誰かの声が。「悪口が酷すぎるんじゃないか?」

そこに立っていたのはジフ。
チャンディの顔を見て、穏やかな表情を見せます。

イジョン:
언제부터 여기 있었어?
いつからここに?

ジフ:
세시간 전부터.
3時間前から。

イジョン:
뭐?
그럼 우리보다 먼저 와 있으면서 코빼기도 안 비췄단 말이야?

何?
それじゃ俺たちより前に来たのに、顔も見せなかったってことか?

そこへジフの前にツカツカと歩み寄ったチャンディ。

チャンディ:
지금 뭐 하는 거에요?!
선배 이거밖에 안 되는 사람이었어?
쫓아가요!!
그 사람이 여기 있을 수 없다면 선배가 그 사람 곁으로 가면 되잖아!
좋아한다면!
고작 기둥 뒤에서 훔쳐보는 게… 선배 사랑이야?
그러거도 좋아한단 말할 자격이 있어?!

何やってるんですか?!
先輩ってそんなふうにしかできない人だったの?
追いかけて行きなさいよ!
彼女がここにいられないなら、先輩が彼女のそばに行けばいいじゃない!
好きなんだったら!!
柱の影からこっそり見てるのが…先輩の愛なの?
そんなの好きだっていう資格あるの?!

激怒するチャンディの言葉をずっと黙って聞いていたジフ。
一通り聞くと楽しそうに笑って(この笑顔最高!)かばんからパスポートとチケットを。

「次の飛行機なんだ。荷物はもう送った。」

「ユン・ジフ!」「こいつ…ホント人を驚かせるな。」と笑顔になる仲間たち。

ウビン:
어떻게 갑자기 그런 마음 먹었어?
どうして突然決心したんだ?

ジフ:
바로…이 아가씨 덕분에!
まさに…(チャンディを体を引き寄せて)このお嬢さんのおかげ!

「こいつ~」と彼らは楽しそうにジフをからかいます。
チャンディは…好きな人の幸せと、別れが同時にやってきてしまいました。
その気持ちが本当によく伝わってきます。

このシーン、とてもいいですね。思わず涙流してしまいましたorz

+-+-+

いよいよ出発するジフ

ジフ:
고마워.
너때문에 깨달았어.
솔직하게 부딪쳐야 한다는 거…
때로 매달릴 용기도 필요한다는 거 니가 가르쳐 준거야.
너란 아일 알게 돼서 다행이야.

(チャンディに)ありがとう。
君のおかげで目が覚めた。
素直にぶつかるべきだってこと…
時には追いすがる勇気も必要だってこと…君が教えてくれたんだ。
君みたいな子と知り合えて…よかったよ。

そして、チャンディのおでこにそっと口づけし、笑って去るジフ。
このときのジュンピョの悔しいのに一生懸命我慢してる表情が…すばらしい。

+-+-+

飛行場の傍に二人でやってきたジュンピョとチャンディ。
考え込んでいたジュンピョは決心したように彼女の前に立ち…

ジュンピョ:
금잔디.
クム・ジャンディ。

チャンディ:
왜…왜? 뭐 할려고 더…
な、何よ、今度は。

ジュンピョ:
내 말 똑똑해 들어.
딱 한번만 말할 거니까 진짜 잘 들어.

俺の話をしっかり聞け。
一度きりしか言わねーから、マジでちゃんと聞けよ。

コックリうなずくチャンディ。

ジュンピョ:
금 잔디…
너 나랑….(△〇★※$).

クム・ジャンディ。
お前、俺と(△〇★※$)。

騒音にかき消されて聞こえなかったその言葉。
「사귀자」? 「사귀어 줘」?
「付き合え」って言ったかな?

+-+-+

学校で友達とお弁当を食べるチャンディ。
そこへジュンピョがやってきます。きたきた、このシーン(*゚∀゚*)

「土曜 4時 南山タワー」
「一分でも遅れたら許さねーぞ」

<花より男子韓国版4話 動画 2>

肝心の土曜日。寒い中震えながら待つジュンピョをよそに、
チャンディはアジュンマたちに揉まれながら激安セール攻略中。

あ~あ~ジュンピョが女の子を雪に降られながら待つとは(*゚∀゚*)
4話にしてすでに感慨深いわ。

お店から出てきたチャンディは、ジュンピョの言葉を思い出しますが
「まさか本気で言ったわけじゃ」と自分に言い聞かせ…。
「お母さん、約束したわけじゃないんだけど…4時間も雪に降られながら待つ人はいないよね?」
「頭がおかしくなけりゃ、そんな人はいないね。さあ、帰ろ」

だけど…ジュンピョは頭がおかしい人なので(^∀^ヾ
チャンディは心配になります。
母に荷物を渡し、走るチャンディ。

彼女の視線の先には…子犬みたいに震えて座っている純情くん。

「お前、今何時だと思って…」
「それはこっちのセリフよ。今一体何時だと思ってんの?!」
「遅れたら許さねーって言っただろ。」
「私がいつ行くって言った?!」
「…来たじゃねーか。」
「それは!・・・・。ひょっとしてと思って…。来なかったらどうするつもりだったのよ!」
「だから…とにかく来たじゃねーか!それから、俺が誰のためにこんな目の遭ってると?…寒い。」

「…立ちなよ。温かいものでも一杯おごるよ。」

立ち上がり、寒さのあまりチャンディにもたれかかるジュンピョ。
冷たく蹴飛ばして「お茶飲むの?このまま帰る?」

そばの建物に入り、自動販売機でコーヒーを買い「3万ウォンのコーヒー」だとジュンピョに渡すチャンディ。
「俺はこういうのは飲まない」というジュンピョですが、「とりあえず飲みなよ。味は最高だから。」と、とにかく体と心を温めさせようとするチャンディです。

「何で3万ウォンなのか教えてあげようか?付いて来な」と歩き出します。
この二人の関係って…(・∀・;)

彼女のあとを歩きながらコーヒーを一口すすり、ちょっと顔を和らげるジュンピョ。
この辺の細かい描き方がいいですね~。

「わ~!」
「どう?言ったとおりでしょ?ホテルのスカイラウンジで飲むコーヒーと同じじゃない。」

二人の前には美しい夜景が広がっていました。

「あ~、星がたくさん!」
「がはは!あれは人工衛星だろ、無知な女だな。」
「ちょっと…あんた馬鹿?人工衛星がこんなに多い?」

言い合いになる二人。えぇえぇ、お似合いですとも( ´,_ゝ`)

 

JCOM
☆4月からの日本放送!Mnet は ケーブルテレビ JCOM のオプションで観られます!

+-+-+

さて、大変。ビルが閉館になってしまいました。
焦るチャンディに、ジュンピョは「人を呼べば大丈夫だから落ち着け」といって携帯を…
携帯を…ありゃしません!
チャンディは元々電話持ってませんから~。

寒さをしのぐため、ゴンドラの中に入る二人。

チャンディ:
미안…
ごめん…。

ジュンピョ:
뭐?
何?

チャンディ:
미안하다고.
어쨌든 나때매 이렇게 됐잖아.

ごめんって。
私のせいでこうなったのは確かでしょ。

ジュンピョ:
너 차례를 알기도 하는구나.
お前、一応序列は分かってるらしいな。

チャンディ:
근데! 넌 재벌이 왜 그래?
눈 오는 길바닥에서 사람을 네시간동안 기다리는데
너네 집에선 아무 말 안 하니?
집사 경원 운전사 …그 많던 사람 다 뭐 했냐?

けどさ!あんた、財閥じゃなかった?
雪が降ってる道端で人を4時間も待ってるのに、
あんたんトコでは何も言われないの?
執事、護衛、運転手…いっぱいいた人たちは何やってるのよ。

ジュンピョ:
다 보냈어…
みんな帰らせた。

チャンディ:
왜!
何で?!

ジュンピョ:
서민 수준 좀 맞춰 줄려고.
庶民の水準に合わせてやろうかと思ってな。

ぶつぶつと納得いかないチャンディ。

ジュンピョ:
야, 잔디방.
おい、チャンディ。

チャンディ:
왜!
何さ!

ジュンピョ:
나 솔직히 말해도 되냐?
正直に言ってもいいか…?

チャンディ:
솔직히…뭐?
正直に…何よ?

じりじりと近づいてくるジュンピョにチャンディは慌てます。

チャンディ:
뭐야…거기서 말해.
何よ…そこで言いなよ。

ジュンピョ:
나 아무래도 지금…
俺…どうしても今…

そこで力尽きるジュンピョ。
「この変態!」と騒ぐチャンディですが…?

<花より男子韓国版4話 動画 3>

チャンディに突き飛ばされたジュンピョ。
今、頭思い切りぶつけた?!!痛っorz

そのジュンピョの様子にようやく異変に気づいたチャンディ。
おでこに手をあて「…!なんでこんなに熱いの?」

チャンディ:
야…구준표 괜찮아?
ちょっと…ク・ジュンピョ、大丈夫?

ジュンピョ:
아퍼…
しんどい…。

チャンディ:
아퍼?
그래.열이 이렇게 나는데 안 아프면 이상하지.

しんどい?
そうよね。こんなに熱があるのに、しんどくない方がおかしいよね…。

ジュンピョ:
추워.
寒い…。

チャンディ:
추워?
寒い?

リュックからあらゆる布を出し、ジュンピョをぐるぐる巻きにするチャンディ。
(゜∀。)ゲラゲラ 何かこのシーン笑えて仕方ないんですけど~。


冬の外出はチャンディのようにあったかグッズをリュックに!

+-+-+

翌朝。「送ってやるから乗れよ」というジュンピョの言葉を断り、
「お母さんに何て説明するか考えなきゃいけないし…。歩いてバスに乗るよ。」と困った顔のチャンディ。

「俺が教えてやろうか?その言い訳」とジュンピョが彼女の耳元に何かをささやいた瞬間…
誰かのカメラが物陰からその姿を捉えます。

家に入ったとたんに「ごめんなさい!二度としません!死ぬほどの罪を犯しました!」とありったけの言葉を並べるチャンディに…?
なぜか大喜びしている家族たち。

チャンディ母:
죽을 죄라니?
니가 이렇게 구한 사람이 어떤 사람이야?

死ぬ罪ですって~?
あんたが救った人がどんな人だって?

チャンディ弟:
신화그룹 후계자라며?
神話グループの後継者なんでしょ!

「韓国最高の企業だぞ~!」「韓国経済を救ったってことよ~!」(^∀^ヾ
そして目の前に広がっているのは…お礼の品々!

いや~。この能天気家族も雰囲気でてますね。

チャンディ:
이…이게 다 뭐야?
그리고…어떻게 알았어?

こ…これどうしたの?
それから…何で知ってるの?

チャンディ母:
어떻게 알기는 !
도련님…아 까먹어…도련님의 이름이 뭐더라?

何でって~。
お坊ちゃん…えっと、忘れちゃった…お坊ちゃんの名前何だっけ?

チャンディ弟:
준표! 구준표!
ジュンピョ!ク・ジュンピョだよ!

チャンディ母:
준표도련님이 보내 주신 거지.
간밤에 잔디랑 같이 있었으니까 야단치지 말라고.

ジュンピョお坊ちゃんが送ってくださったのよ。
ゆうべチャンディと一緒にいたから、叱りつけないでくれって。

「我が家にこんな日が来るとは」と感動してオイオイ泣く3人(;´∀`)

+-+-+

部屋に入ったチャンディは、別れ際にジュンピョに耳打ちされたことを思い出します。

ジュンピョ:
하룻밤 함께 있으니까 내가 ”책 임” 진다고.
一晩一緒にいたから、俺が「責任」取るってな。

+-+-+

さて、神話高校では、ジュンピョとチャンディのことがメールであっと言う間に広がっていました。

「クム・ジャンディとジュンピョ先輩が付き合ってるって!」
「クム・ジャンディの彼氏がジュンピョ先輩だって!」
「クム・ジャンディがク・ジュンピョの彼女に即位」
「庶民のチャンディ、身分昇格!」

そのとたん、チャンディへの態度をかえる生徒たち。
「チャンディ、おはよう~。今日もかわいいわ~」
「チャンディ!今日私たちとショッピングしに行かない?」

ロビーに入るとそこには、朝の二人の写真が。

「この記事、ホント?」というイジョンに、ジュンピョは「あ~、本当だ」と余裕の態度。
慌てるチャンディとは対照的です。

冷やかされるチャンディを見てなぜか悲しそうに涙を浮かべる親友ミンジ。
学校も休んでしまいます。
彼女の自宅へ見舞いに行き、ぬいぐるみに歌を吹き込んで渡すチャンディ。
「私が会いに来たことは誰も知らないから、心配しなくていいよ」(自分がいじめられていたからですね)

ミンジ:
잔디야…
F4 구준표랑…사실이야?

チャンディ…
F4のク・ジュンピョとのこと…ホントなの?

チャンディ:
그…아니지.
그거 우연히 (겪져?)서 그런거야.순전히 사고야, 사고.

ち…違うよ~。
それは偶然起きちゃったことなの。純然たる事故だよ、事故。

+-+-+

ここで前半終了。いったん区切りますね。

ぶつかりながらも理解が深まっていくジュンピョとチャンディの関係がいいですね。
まさに「運命共同体」!強い結びつきを感じます。
続きはまた(*^-^)ノ

 - 花より男子韓国版 , ,