韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

テバク14話あらすじ&日本語訳vol.2

   

チョン・グァンリョル、チェ・ミンス出演SBSドラマ「テバク(대박)」14話、中盤です。

+-+-+-+

「ソリム!」トッケビは姿の見えなくなったソリムを探していた。「草履を片方だけ置いてどこ行ったんだ?」
そこへふらりと帰って来たのが…テギルだ。

トッケビ「お前、一人で帰って来たのか?ソリムを見なかったか?」

テギル「ソリム?!」

+-+-+-+

その頃…。

犬斫刀はソリムが出した食事を満足気に食べ始めた。
下がろうと背を向けたソリムを、犬斫刀の手下が制する。

ソリム「!」

「俺の前で… 背を向けるな」後ろで、犬斫刀がポツリと言う。

ソリム「…。」

犬斫刀の合図で、手下の一人が綺麗な赤い花靴をソリムの足元に差し出した。
草履を片方落としてしまった彼女に… 犬斫刀が用意させたのだ。

+-+-+-+

犬斫刀が食事をする間、ソリムは彼のそばでじっと手に持った靴を見つめた。

184

犬斫刀「待っても無駄だ。お前を訪ねて来る人はいない」
ソリム「…?」
犬斫刀「手紙を残しておいた」
ソリム「手紙?」

+-+-+-+

テギルは、ソリムの居なくなった後に残されていた手紙を手にしていた。

【テギル、今までありがとう。元気でね】

「何かあったに違いないぞ」草履を握りしめ、トッケビが訴える。

トッケビ「そうじゃなきゃ草履が片方だけ残ってるはずがない」

テギルは手紙をトッケビに渡す。「爺ちゃん」

テギル「ソリムを探してくるから、しばらくここで待っててくれ」

と、後ろを振り返ったとき、向こうから厳しい顔で延礽君がやって来た。
サンギルに、大勢の武官たも一緒だ。

テギル「?」
延礽君「逃げても事を大きくするだけだ」
テギル「…。」
延礽君「ペク・テギル… こやつを逮捕せよ」

「はい」後ろの武官たちがすみやかにテギルの後ろへ廻り、縄をかける。

トッケビ「延礽君様、一体なぜこんなことを?テギルがどんな罪を犯したのです?!」

+-+-+-+

縁側で静かに碁を打っているインジャの元へ、ムミョンがやって来た。

ムミョン「主君が予想なさったとおり、延礽君が事件の担当となり、ペク・テギルが逮捕されました」
インジャ「このままなら斬首刑は免れぬはずだが、実に気になるところだ。私の贈り物を受け取った淑嬪が、どんな顔をしているか」

+-+-+-+

「何ですって!」知らせを聞いて、淑嬪は驚愕した。「あの子が殺人を犯した?!」

淑嬪「投獄されたと…?」

+-+-+-+

インジャはさっそく次の指示を出す。

インジャ「今すぐ少論の大臣たちの意見を集め、麻浦の商団を呼び寄せるのだ」
ムミョン「主君、ペク・テギルが死にでもすればどうするのですか」
インジャ「お前より生命線の太い奴だ。容易く死ぬものか」
ムミョン「…。」

インジャはのんびりと碁盤を見つめ、思い巡らせた。

インジャ(心の声)「王よ、どうする?あなたの息子に死が迫っているが…」

+-+-+-+

じっと動かなかった粛宗が、静かに目を開いた。

粛宗「ペク・テギルが殺人を犯し、延礽君が奴を逮捕したと…?」

#粛宗が殺人の話をしてるのでふと思い出したけど、市廛大行首殺人事件はどうなったん?
「そんな民間の事件に立ち入るな」って延礽君を叱ってたけど、それでホントに終わっちゃったん?
骨蛇より大事件だと思うけど。

粛宗は自分自身で納得しているかのように、何度も頷く。

粛宗「あの兄弟が出会ったのは、決して偶然のはずがない」

静寂の中、粛宗はふはははと笑い声を上げた。

粛宗「全く… イ・インジャの奴、ちっぽけな虫けらごときが、恐れ多くも余を挑発しているのか。それとも何か企んでおるのか」

+-+-+-+

「何があったのだ」独房でじっとしていたテギルは、延礽君の声で目を開く。

檻の柵の向こうに、延礽君が立っていた。

延礽君「言ってみよ」

テギルが骨蛇の部屋に入った時、彼が見たのはタムソだ。
だが、タムソは「私じゃない」と、そう言った。
今、自分の潔白のために彼女のことを話すわけにはいかなかった。

テギル「…俺が殺したんじゃない」
延礽君「その言葉、信じてもいいのか」

延礽君は手に持った刀を抜いてみせる。
現場に残されていた、あの刀だ。

延礽君「殿下が下賜なさったこの剣の前で誓うか」
テギル「その剣がなくったって誓うさ」

185

「…。」延礽君がふっと表情を和らげた。

延礽君「ならば、誰かが先に骨蛇を殺害し、お前に濡れ衣を着せたということになる。ひょっとして誰か見なかったか?」

テギルは首を横に振る。「見てない。誰も」

延礽君「頼むから、下手なことはせず、静かに待っているのだ。私が何としても犯人を探しだす」

延礽君は一度抜いた刀を鞘に収めた。「この剣がなくとも、私もまたお前を信じよう」

~~~~

テギルは小さく溜息をついた。
「俺は見なかったんだ。お前のことなんか」テギルはそうタムソに告げ、寺を後にしたのだった。

一体、真相は…?
テギルは重苦しく目を閉じた。

~~~~

+-+-+-+

延礽君が再びヨナを追及する。「本当に殺害するところを見たのか」
二人は骨蛇が殺された、その現場にいた。

ヨナ「殺す瞬間を見たわけではありません」
延礽君「なのになぜ!」
ヨナ「疑いようがないからです。ペク・テギルが犯人に違いありませんから」

延礽君は床に残った血の跡を見つめた。

延礽君「外から侵入した形跡はなかったのか」
ヨナ「…。」
延礽君「窓が開いていたとか」

ヨナは朝のことを慎重に思い浮かべた。
そう、テギルの肩越しに、窓の向こうの景色が見えたのだ。

ヨナ「開いてはいましたが…」
延礽君「ならば、誰かが窓から忍び込んで骨蛇を殺し、ペク・テギルに濡れ衣を着せた可能性もあるな」
ヨナ「全ての証拠がペク・テギルを示しているのに、延礽君様はなぜ有力な容疑者ペク・テギルを擁護なさるのですか!」
延礽君「ペク・テギル… あいつを信じているからだ」
ヨナ「信じている者には裏切られるものです」

ヨナは皺の寄った十の闘牋札を差し出した。

ヨナ「父が死ぬ瞬間まで手に握っていた札です」

#おーい!コナン君、出番だよー

ヨナ「ペク・テギルが犯人でないなら、父が死ぬ瞬間まで闘牋札を握っていたはずがありません!」

ヨナから受け取ったその札を、延礽君は彼女に返す。「約束する」

延礽君「お前の父を殺した者は、必ずや相応の報いを受けることになろう」

+-+-+-+

宮廷へ戻ってきた延礽君は、淑嬪が急いでどこかへ向かうのを目にした。「母上…?」

+-+-+-+

テギルは惨い拷問を受けていた。
足を捻り上げられ、彼は大きな唸り声を上げる。

※ここは捕盗庁ですね?多分

武官「さっさと罪を吐かぬか!」
テギル「罪を犯してなきゃ吐き出せないだろ。俺は人を殺しはしない」
武官「こいつ、まだわかっていないようだな」

「やめなさい!」そこへ待ったを掛けたのは…淑嬪だ。

武官「淑嬪様、こやつは殺人犯ですので…」
淑嬪「手足を斬られる前に、私の前から消えなさい!」

「?」淑嬪の意外な言葉に、テギルが驚いて顔を上げる。

武官「淑嬪様?!」

武官は仕方なく、他の者たちを連れて退散した。
淑嬪についていたファジンも、それを見てさっと後ろへ退く。

テギルを振り返ると、淑嬪の心に悲しみが押し寄せる。私の子…!
彼女はテギルの足元に腰をかがめ、彼の顔を見上げた。「大丈夫なの?」
「大丈夫なの?」そう繰り返す彼女の目から、涙がこぼれ落ちる。

テギル「淑嬪様…?」
淑嬪「言ってみなさい。本当にあなたが人を殺したの?」
テギル「いいえ」
淑嬪「それなのにどうして捕まったの?!」
テギル「淑嬪様が…なぜ僕に…?」

淑嬪はぎゅっと唇を噛みしめ、悲しみを抑えこむと、立ち上がった。

淑嬪「延礽君の友だと聞いたわ。この世でたった一人の…」
テギル「…。」
淑嬪「誰がこんな目に遭わせたの?誰があなたに殺人の濡れ衣を?」
テギル「心当たりはいるのですが… 確かではないのです」
淑嬪「言ってごらんなさい」
テギル「白面書生なる者です」
淑嬪「…イ・インジャ?!あやつがあなたをこんな目に?」
テギル「イ・インジャをご存知なのですか」

痛々しいテギルの姿を前にして、淑嬪はわなわなと怒りに震えた。
赤ん坊だったこの子の命をあれだけ非情に弄んでおいて、今なおこの子を苦しめているというのか!

淑嬪「絶対に許すものですか!何としてでもあやつの息の根を止めてやる!」

テギルはただただ不思議そうに淑嬪を見つめた。
「…。」淑嬪はそっとテギルの手を両手で包む。

テギル「…?」
淑嬪「少しだけ… もう少しだけ我慢して待っていなさい」

「この母が今度こそ必ずやあなたを守りぬくわ」淑嬪は心の中でそう誓った。

186

+-+-+-+

テギルの取調現場を立ち去る淑嬪を目にし、延礽君は驚きに身を震わせた。

延礽君「!」

前に母の部屋で『癸酉年10月13日丑時生』と記された紙を見たことがある。
生後間もなく死んだ兄、永寿のものだと、彼はその時すぐに気づいた。

延礽君は一人残されたテギルの前に進み出ると、硬い表情で彼を見下ろした。「生年月日は?」

テギル「今そんなことが大事なのか?」
延礽君「大事だ」

テギルは首をかしげる。「10月生まれだって聞いた気がするけど」

延礽君「癸酉年10月…。日付は?」
テギル「…知らない。誕生日なんか祝ったこともないし、興味もない。けど、何で急にそんなことを?」

「…。」延礽君は黙ってテギルを見つめた。

延礽君(心の声)「初めて見たからだ。母上があれほどお怒りになる姿を…」

延礽君はぷいと身を翻し、その場を立ち去った。

延礽君(心の声)「死んだ兄上と年齢も同じ。生まれ月も同じだ。ペク・テギル… まさか…!」

+-+-+-+

イ・インジャはいつものように筆を持ち、書画をしたためていた。

インジャ「王の動きが尋常でない?」
ムミョン「はい、主君」
インジャ「どういう意味だ?」
ムミョン「ペク・テギルを投獄した直後、吏曹に兵曹、刑曹の堂上官を呼び寄せ、その後また、司諫院、司憲府、弘文館、三司の正三品大監までを呼び寄せ、主君について尋ねたのです」

#ホント頼むからむやみに難しい単語を並べないでください!

~~~~

「申してみよ」呼び集めた役人たちを前に、粛宗は尋ねた。

粛宗「イ・インジャなる男の蛮行、その根は計り知れぬが、三司の高官ともあろう者共が何故、これまで何一つ言及しなかったのだ!お前たちは誠に余の臣下か?」

~~~~

「王が刀を抜こうとしているのだ」インジャはそれでも落ち着いて言った。

インジャ「ペク・テギルが濡れ衣を着せられた背後に私がいることを知った。それで、大臣たちを煽り、雰囲気を作っておいて、私を倒そうという魂胆だろう」

インジャは少しの動揺も見せず、書き上げた画の墨をふぅと息で乾かす。

ムミョン「主君、危険ではありませんか。まだ大業は始まってもいないのです」
インジャ「…あぁ」

インジャは部屋の隅に飾った刀を手に取り、抜いてみた。「それは… 見ていればわかることだ」

+-+-+-+

王に会いに来た延礽君は、部屋の前でサウンとサモに止められた。「?」
と、中から母の声が聞こえてきたのだ。「殿下、助けてください」

延礽君「!」

+-+-+-+

粛宗は卓上に積まれた書状を指した。

粛宗「全てペク・テギルを斬首に処してくれという少論の大臣たちからの上訴文だ」
淑嬪「…。」
粛宗「宮中でさえこうなのだから、外の様子は火を見るより明らかだ。なぜそなたまで我を失ってそわそわしておるのだ」
淑嬪「…。」
粛宗「殺人事件の容疑者が拷問を受けるのは昨日今日のことではない。なぜ取調場所まで出向いたりしたのだ」
淑嬪「ですが、殿下」
粛宗「永寿… あやつはもうすっかり大人だ」
淑嬪「…。」
粛宗「そなたがいちいち口を出す必要のないほど成長したのだ。そなたもわかっているではないか」

粛宗はうなずき、小さく笑みを浮かべた。

粛宗「あいつを殺そうと、助けようと、それは私が決める。これ以上は黙っていなさい」

粛宗は前へ出てくると、淑嬪の前に身をかがめた。「よいか?」

粛宗「傷つくことになる。これ以上関われば… そなたが傷つくのだ」
淑嬪「…。」

187

「手を出してご覧」粛宗が優しく彼女の手を取った。

粛宗「体の具合も良くないのだから」
淑嬪「…!」
粛宗「固く門戸を閉ざして、出歩かぬようになさい。決して」
淑嬪「…。」
粛宗「よいな?」

「はい、殿下」淑嬪は小さな声でそう答えた。

+-+-+-+

部屋から先に出て来たのは父、粛宗だ。
「父上」頭を下げる延礽君に、粛宗は言った。「ついて来い」

部屋の中に、静かに座っている母の姿が見える。

延礽君「…。」

延礽君は黙って父に従った。

+-+-+-+

ここで区切ります。

この中盤20分、とっても良かった。
見応えあったよ~

淑嬪がどうしてこんなに悲しんでるのか、わけがわからずキョトンとしている表情が、これまでのテギルの境遇を振り返ると何倍も悲しくて、胸が熱くなりました。

この回放送後、拷問シーンに胸を痛めている皆さんの声をたくさん目にして、見るのが心配だったんだけど、私は拷問で弱ったテギル、セクシーでとても好きです(笑)

 - テバク ,