韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

テバク13話あらすじ&日本語訳vol.1

   

チャン・グンソク、ヨ・ジング出演SBSドラマ「テバク(대박)」13話です。

※「骨師」ではなく、「骨蛇」だと判明しましたm(_ _)m
これまでのものはそのうち修正します。

+-+-+-+

「骨蛇が死んでもいいんだな」突然訪ねてきた男… テギルの言葉に、骨蛇の娘は顔色を変えた。

テギル「噂は聞いたろ。西小門の六鬼神が木っ端微塵になったって。奴を倒したのは俺だ。ペク・テギル」
骨蛇の娘「あなたね、白面書生の仮面をかぶって全国の賭場を荒らしているというのは」
テギル「どうした?気が変わったか?」
骨蛇の娘「いいえ。無駄な努力だわ」
テギル「…。」
骨蛇の娘「あなたがどれだけもがいても、あの男を倒すことはできない。イ・インジャは…!」
テギル「イ・インジャのことは俺のほうがよく知ってる。もう何度となく戦って、何度となくやられたからな」
骨蛇の娘「それなのに何故?!」
テギル「戦わなきゃいけないから」
骨蛇の娘「…。」
テギル「変えられるのは… 俺だけなんだ」
骨蛇の娘「…。」
テギル「俺にだってわかる。父親を助けたいお前の気持ち。だがな、ここにじっと座っていて解決することなんて一つもないんだ。忘れるな。あんたが動かなけりゃ、変わらないんだ。何一つ」

そうしてテギルは彼女の元を立ち去った。

骨蛇の娘「…。」

+-+-+-+

他の客に混じって月香閣を出て来たテギルは、門の前ではたと足を止めた。

テギル「ソリム…?」

彼女がそこで待っていたのだ。

ソリム「…。」

~~~~

ファングに凶殺の相を持っていると言われたソリムは、その凶殺を抜く方法を教えられていた。

ファング「選択は二つだけ。俗世を離れ、生涯一人で隠居すること。凶殺が誰にも届かないから、一番容易い方法ね」
ソリム「…。」
ファング「もう一つの方法は… あなたの愛する人を殺すこと」

#あれだね、大切な人を殺して万華鏡写輪眼が開眼するみたいな。ちゃうか(いきなりすみません

~~~~

テギルを見つめるソリムの目には悲しみが満ちていた。

テギル「どうした?何かあったのか?」
ソリム「ううん、何もないよ」

テギルははぁっと溜息をついた。「女だった」

ソリム「え?」
テギル「女だったんだ、骨蛇の子」
ソリム「…あぁ」

何だか上の空のソリムを、テギルは不安げに見つめた。

+-+-+-+

骨蛇の娘の部屋の扉が開く。
そこに立っていたのはファングだ。

骨蛇の娘「?」
ファング「ペク・テギルに会って葛藤しているの?」
骨蛇の娘「!」

ファングは彼女の目の前に腰を下ろす。「確かに…それも仕方ないわ」

ファング「面白い話をしてあげようか」
骨蛇の娘「…。」
ファング「ペク・テギルは死命殺を持って生まれた帝王の相」
骨蛇の娘「!」
ファング「あなたも四柱には詳しいから、容易く理解できるはず。私の言葉が何を意味するか…」
骨蛇の娘「…。」

+-+-+-+

「どうなった?」別行動のテギルたちと落ち合うと、延礽君が訪ねた。

テギル「説得はしたが、まだ断言は出来ない」
延礽君「娘が父親のために自らイ・インジャの人質になるとは。それほどの親思いなら話が通じるかも…」

「いや」テギルが否定する。

延礽君「?」
テギル「娘を動かして骨蛇を揺さぶろうなんて、最初から考えてない。娘がどうしようと、俺は俺で動く」
延礽君「…。」
テギル「明日、骨蛇を倒しに行く」
延礽君「あやつは力がある。簡単ではないぞ」
ソリム「そうよ。大丈夫なの?」
テギル「難しいことはない。宮様が手伝ってくれるならな」
延礽君「…私が?」
テギル「一役買いたいんだろう?禁亂廛權の廃止のために帳簿が要るはずだ。どうした?タダ食いするつもりだったのか?」
延礽君「だが、私が何を…」
テギル「司憲府を動かして、骨蛇の配下にいる奴らを片付けてくれ」
延礽君「…。」
テギル「俺が骨蛇とデカく勝負できるようにな」

「それは…」延礽君が顔を曇らせる。「難しくなった」

テギル「?」
延礽君「六鬼神を封じた直後、官位を奪われたのだ」
テギル「!」
延礽君「品階は無論、官員目録からも名前を消された」
テギル「…。」
延礽君「だが、方法がないわけではない」

+-+-+-+

話を終え、延礽君はテギルの家を出て来た。

延礽君「自信はあるのか」
テギル「明日、申の刻までだ。遅れるなよ」

延礽君は小さく頷く。「ならば、これで」

延礽君が立ち去ると、後ろにいたソリムが言う。「私も行くね」

テギル「…?」
ソリム「犬斫刀が待ってるから」
テギル「戻ってくるよな?」

ソリムはそれには答えず、一瞬目を伏せる。「気をつけてね」
テギルが頷くのを確かめて、ソリムは彼の家を後にした。

+-+-+-+

テギルの家を見張っていたムミョンは、すぐさまイ・インジャの元へ戻った。

インジャ「明日の申の刻とな…?」

+-+-+-+

犬斫刀は一人、静かに物思いに耽っていた。
そこへ戻ってきたソリムが、彼に頭を下げる。「これまで助けてくださってありがとうございました」

犬斫刀「…行くのか」

163

ソリムは黙って頷いた。

犬斫刀「もう夜更けだ。明日にしろ」

「…。」頭を下げ、ソリムが出て行くのを見送り、犬斫刀はふたたび思い巡らせる。

~~~~

犬斫刀の元へやってきた時、ソリムは彼の前で跪いた。

ソリム「力を貸してください!そうしてくれるなら、この命…」
犬斫刀「その命…!」
ソリム「…?」
犬斫刀「むやみに持ち出すな。そんなに安いものじゃない」
ソリム「!」

165

~~~~

犬斫刀「…。」

+-+-+-+

インジャは、ホンメとファングを呼び寄せていた。

インジャ「ペク・テギルがあの娘に会ったと…?」
ホンメ「トッケビの旦那がうちの賭場に来たんですがね、変だと思ってたんですよ。骨蛇の娘を探してたのね」
インジャ「それで?」
ファング「旦那様の迷惑になるかと、一切関与しておりません」
インジャ「利発な娘だから、いたずらに動くことはあるまい。ムミョン、お前がしっかり見張っていなさい」

「はい、主君」後ろでムミョンが言う。
「ところで…」筆を持っているインジャの手元に、ホンメが視線を移した。「何を書いていらっしゃるんです?」

インジャは書き上げた書を、ファングに手渡した。

『本日 申の刻、骨蛇の首を取りに行くから、待っていろ。ペク・テギル』

ホンメ「?!」
インジャ「これを書き写し、漢陽のあちらこちらに貼るのだ。北村、市場、六曹通り、鍾路。そして、麻浦にも」

インジャの指示は直ちに遂行され、翌朝には漢陽じゅうの人がその果たし状を目にすることとなった。

+-+-+-+

さっそくテギルの宣戦布告は少論の大臣たちの間で話題になる。

大臣「骨蛇と言えば、麻浦の賭博師ではありませんか」
チョ・イルス「ただの賭博師ではない。麻浦の物流を牛耳る実力者であり、市廛の商人たちやイ・インジャの橋渡しをしている人物でもある。そやつが潰れれば、我々少論も痛手をこうむるだろう」

「うむ」チョ・イルスは悩ましげに目を閉じる。「今すぐイ・インジャを呼ぶのだ」

+-+-+-+

波紋は老論の大臣たちの間にも広がっていた。
話はすぐに領議政キム・チャンジプの知るところとなる。

彼はさっそく延礽君の元に乗り込んだ。「延礽君様もご存じだったのですか」

チャンジプ「ペク・テギルなる者が企んでいることを!」
延礽君「ペク・テギルがどう出ようと、私はイ・インジャを捕らえるつもりです」
チャンジプ「イ・インジャを?!禁亂廛權の廃止を云々なさっているのも、ひょっとしてイ・インジャを捕らえるためのことですか?」
延礽君「はい」
チャンジプ「!」
延礽君「イ・インジャを捕らえるには、市廛の商人たちとの結託を断ち切らねばなりません。市廛の商人たちを捕らえるには、奴らの悪行を記録した帳簿が必要なのに、今、その帳簿は骨蛇の手中にあるのです」

チャンジプが溜息混じりに頷いた。「帳簿を手に入れ、禁亂廛權を廃し、イ・インジャの資金源を断つと?」

チャンジプ「一介の賭博師を捕らえたところで、イ・インジャは眉一つ動かしますまい!」
延礽君「いいえ。骨蛇は決して無視すべきではありません」
チャンジプ「?」
延礽君「朝鮮の地で最も賑わっているのは麻浦ではないですか。まさに麻浦の商権を握っているのが骨蛇なのです。麻浦の渡しを通じて出入りする物品も、骨蛇の許可なく船荷に積むことは出来ません。それを管理すべき官吏たちさえ、あやつと政経癒着の関係にあるため、決して見て見ぬふりは出来ません」

「そこでですが」延礽君はここぞとばかりに話を進める。

延礽君「大監に力を貸していただきたいのです」

じっと黙って聞いていたチャンジプは、重い表情で考えこんだ。「漢城府を動かしましょう」

チャンジプ「ですが、私にも一つ条件があります。私が漢城府を動かす代わりに、帳簿は私にお渡しになり、延礽君様はもう手をお引きください」
延礽君「!」
チャンジプ「後のことは全て私にお任せいただきたいのです」

+-+-+-+

イ・インジャはさっそく宮廷へ少論の大臣たちを訪ねた。

チョ・イルス「延礽君とも関係があるようだが、一体ペク・テギルとは何者なのだ?」
インジャ「前訓練都監の軍校、キム・チェゴンの弟子です。二年前、王の仕組んだ刺客事件をご記憶ですか?その日、王がそやつに剣を下賜しました」
イルス「だが、そやつがなぜ賭場を荒らして回っているのだ?それに、延礽君はなぜそやつと親しくしている?」
インジャ「深いわけがあり、事細かく申し上げることは出来ませんが、あまり案ずることはありません」

「全ては…」インジャは自分の手のひらを広げてみせる。「この手のひらの上で起きていることです」

+-+-+-+

粛宗に呼ばれ、淑嬪がやって来た。
彼女の目の前に差し出されたのは、漢陽じゅうに出回っている、例の果たし状だ。
「うむ」驚く彼女に、王は静かに切り出す。「ペク・テギルだ」

粛宗「あやつら二人でイ・インジャに仕掛けようとしているようだが、実に危なっかしい」
淑嬪「…。」
粛宗「大丈夫だろうかと、余は訊いているのだ」
淑嬪「どういう意味でしょうか、殿下」
粛宗「兄弟だとも知らず、あやつら二人であれこれしているうちに、互いに刀を抜き合うようなことになればどうする?」
淑嬪「!」
粛宗「結び目を解かれよ。解けなければ切ることだ。淑嬪、そなたがあやつらの母親、全ての歴史の始まりなのだから」

164

+-+-+-+

延礽君が漢城府へやって来た。
首都、漢城の行政や司法を担当している部署であり、領議政キム・チャンジプが手を回したのだ。

延礽君は漢城府の高官に領議政からの委任状を見せる。

延礽君「漢城府の人員は合わせて何名になる?」

+-+-+-+

テギルもまた、すでに麻浦へと乗り込んでいた。
彼に気づいた露店の男たちが、人気のないところでさっと彼を取り囲んだ。

#え?顔バレしてるの?有名人?

テギル「おい、今何時だ?」

訊かれた男は思わず空を見上げた。

テギル「今日、大事な約束があるもんでね」

「やれ!」男が仲間に指示した瞬間、周囲から漢城府の武官たちが大勢駆けて来て、彼らを取り囲む。

漢城府「全員逮捕しろ!」

俄に漢城府と男たちの乱闘が始まる。

#だからー この人たち誰?

テギルを中央に残し、漢城府の武官たちはあっという間に彼らを取り押さえた。
そこへ駆けつけたのは、麻浦の官吏たちだ。「漢城府が何事です?!」
そして、満を持して延礽君が登場した。

麻浦の役員「延礽君様!」
延礽君「国の禄を受け取っている官吏として恥ずかしくないのか」

麻浦の役人はガックリとうなだれた。

#えー、何で突然ガクンとなっちゃったの?

延礽君「(漢城府に)こやつらを逮捕し、典艦司の管理簿と船荷簿、全て押収せよ!」

皆に縄を掛ける漢城府の武官たちを挟み、テギルと延礽君は無言で目を合わせた。

テギル「…。」
延礽君(心の声)「お膳立てはしてやったから、あとはお前の役目だ」

+-+-+-+

骨蛇は自らの賭場に腰を落ち着け、町に出回った果たし状を見つめていた。
階上の窓際で番をしている男が日時計を確かめた。「申の刻です」

その瞬間、入口の扉が開き、光が差し込む。
テギルだ。

彼はたった一人で入ってくると、真正面の席で待っていた骨蛇の前で立ち止まった。

骨蛇「時間に正確だなぁ!」
テギル「王にでもなった気分だ。こんなに歓迎してくれるとは」
骨蛇「なんのこれしき」

テギルは彼を囲んだ骨蛇の手下たちをジロリと見た。

骨蛇「おい!お客様に何て態度だ!」

手下たちが道を空けると、骨蛇は自分の向かいの座席へ座るよう、テギルを促す。
さっそく二人は向き合って座り、鋭い視線をぶつけあった。

テギル「…。」
骨蛇「…。」

骨蛇の手下が卓上に出したのは”骨牌”だ。

テギル「骨牌か….。最初から本気でくるとは」
骨蛇「準備運動だ。お前の実力も見ないとな」

骨蛇は牌の詰まった箱を一気に裏返す。
卓上に牌が裏返しに並んだ。

骨蛇「やり方は知ってるだろう?」
テギル「一応は知っているが」

そう言って、テギルは立ち上がって刀を引き抜くと、卓上の牌めがけて振り下ろした。

#↑もはや持ちネタ

左側に並んでいた牌が割れ、バラバラと散らばる。
骨蛇は眉一つ動かさず、静かにテギルを見上げた。

テギル「最初だから許してやる」
骨蛇「…。」
テギル「(散らばった牌を刀で半分に分け)こっちは牛角で作った骨牌。(割れていない方を指し)こっちは象牙で作った骨牌。値段は倍、感触も全く違う」

166

骨蛇がへへへと笑った。「バレたか?」
テギルもニヤリと笑い、賭場の中を見渡す。「この賭場、面白いな」

近くの卓では数人が集まり、ユンノリに興じていた。
テギルは4本のユッ(木の棒)を手に取り、卓上にパラリと投げる。

テギル「桐が3本、樫が1本だ」

骨蛇の目が鋭く光る。

「それから」テギルはそばにあった別のユッを手に取る。

テギル「裏しか出ない桑の木」

テギルが4本のユッを床に放り投げると、全て裏になった。

彼は別の卓に移る。
そこは闘牋勝負の最中だ。
闘牋札の山を手に取ると、テギルはニヤリとしてそれを空中にバラまいた。
札により、落ちる速度にばらつきがある。
彼が一枚を拾い上げ、層になった紙をめくると、そこに針金が現れた。

テギル「針金が埋まった闘牋札はまだご愛嬌だ」
骨蛇「…。」

テギルはまた別の闘牋卓に移る。
卓上を一瞥すると、彼はすばやく刀を抜き、卓ごと真っ二つに叩き割った。
ひっくり返った卓の裏に、札がこっそり挟み込んであるのが見える。

#普通に卓をひっくり返せばいいのだよ

テギル「何なんだ?こりゃ。賭場自体がイカサマか」

テギルはじっと黙っている骨蛇を振り返る。「どうする?もっと暴いてやろうか」

骨蛇「おいおい、やめろよ。それだけやれば実力も十分わかった」

テギルは骨蛇の前に戻ってくると、刀で卓上のイカサマ骨牌を押し退けた。「ちゃんとやれ」

骨蛇「…。」

167

テギルは改めて、骨蛇の前に腰を下ろした。

+-+-+-+

ここで区切ります。

この賭場で一番気味が悪いのは、イカサマどうのこうのより、客が一言も口をきかないことです。

 - テバク ,