韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

テバク12話あらすじ&日本語訳vol.2

   

チョン・グァンリョル、チェ・ミンス出演SBSドラマ「テバク(대박)」12話、中盤です。

+-+-+-+

ファン・ジンギが振り回す大剣から逃れ、延礽君は賭場の扉を突き破って外へ転がり出た。
追ってきたジンギは、必死の延礽君を見てふっと笑う。

延礽君「主君がやられているのに、皆黙ってみている場合か!」

延礽君の声に、あちこちに待機していた部下たちが雪崩れ込む。
彼らはジンギを取り囲み、一斉に刀を向けた。

延礽君「(ジンギに)この程度の手配もしていないと思ったか?」

「延礽君様ではないですか」どこにでも水を差すイ・インジャの登場だ。

インジャ「ここに何用でいらっしゃいますか」
延礽君「そなたこそ、なぜここに?」
インジャ「西小門、六鬼神の最期を確かめに参りました」
延礽君「六鬼神はそなたの配下ではなかったのか」
インジャ「ははは、あのような屑が私の配下ですと?」
延礽君「…。」
インジャ「延礽君様、お忙しいのはわかりますが、常にお考えになりませんと。何か忘れてはいないか、何か見逃してはいないか。石橋も叩いて渡れという言葉があるではないですか」
延礽君「何が言いたい?」

「ではこれで」インジャは話を切り上げ、頭を下げる。

インジャ「あぁ、先日私に振るわれた暴力、そのうち2倍3倍になって返って来ることでしょう。ともすれば、全て手放さねばならなくなるかもしれません」
延礽君「…。」

「ではこれで失礼いたします」インジャは背を向けた。
「じゃあ」ジンギも主人に続く。「また会いましょう」

+-+-+-+

刀で刺され、毒を盛られ、そして今、六鬼神は奴隷たちに囲まれ、殴る蹴るの暴力に遭っていた。
そこへ入ってきたのが延礽君だ。「やめよ!」

延礽君「暴力とは!厳しい国法があることを忘れたのか?」

「こいつは人間じゃない!獣だ!」奴隷の一人が叫ぶと、それを合図にまた、奴隷たちは一斉に六鬼神に暴力を振るった。

延礽君「!」

奴隷たちの怒りを目の当たりにした延礽君は、それ以上彼らを叱る代わりに、その場に跪く。「謝罪しよう」
「延礽君様!」周囲の武官たちが一斉に周囲に跪いた。

延礽君「この地の民を憤怒させた罪。そなたたちの涙に気づかなかった罪。むしろ奈落へ追い込んだ罪。殿下と世子邸下、そして朝廷の臣僚たちに代わり、私が謝罪しよう」
奴隷たち「…。」
延礽君「だから、どうかもうやめてくれ」

延礽君は切々と語り、奴隷たちに向かって頭を下げた。

「延礽君様、お立ちになってください」サンギルに腕を支えられ、延礽君は立ち上がる。

延礽君「人身売買、不法奴隷契約の文書は、全て灰となって消えた。早くこの者たちを連れて出るのだ。悪行を常としたこの賭場もすぐに…」

と、その時、男の叫び声が聴こえる。「火事だ!」

#遅っ!

賭場の奥から煙がまわってきた。
皆が一斉に出口へ走る。
賭場の真ん中には、床を這いつくばる六鬼神が残された。

延礽君「あやつを逮捕せよ」
サンギル「はい」

六鬼神は最後の力を振り絞り、小斧を振り回し、起き上がった。

六鬼神「俺はこの賭場から一歩も動かんぞ!死んでもな!ここに骨を埋める!!!」

と、次の瞬間、どこからか突然飛んできた矢が、六鬼神の背中に突き刺さる。

延礽君「!」

2階からだ!
上を見上げた延礽君の目に、さっと姿を消す人影が見えた。
黒髪の…女?!

#あ、一応触れておくと、テギルはこの間、ずっと他のお客さんに混じってビックリしてます(笑)

+-+-+-+

延礽君は急いで賭場の外へ出た。
辺りを見回してみるが、そこはしんと静まり返っていて、人の気配はない。

延礽君「…。」

がっかりして引き返す延礽君を、誰かが物陰からそっと窺った。
黒髪の女… タムソだ。「…。」

153

+-+-+-+

六鬼神の賭場が燃え上がるのを、テギルはソリムと並んで見守った。
「俺たちは自由だ!」周囲で皆が思い思いに喜びを叫ぶ。

ソリム(心の声)「お父さん、お母さん、空の上で見てる?」

「もう行こう」テギルの言葉に、ソリムは頷いた。

歩き出したテギルに、自由の身となった奴隷たちが揃って頭を下げた。

+-+-+-+

「一体どういうことだ!」亂廛連合へやって来た延礽君は、声を荒げた。

延礽君「命懸けで六鬼神の烙印を消してやったのに、今さら帳簿は無いと?!」
ペク・ジュンギ「…。」

実は…
先手を打ったのはイ・インジャの配下の一人、骨師だ。
金塊持参で亂廛連合へやって来たのだった。

ジュンギ「生き長らえるためには仕方なかったのです…」
延礽君「…私は誰も咎めぬ」
ジュンギ「…。
延礽君「帳簿を持って行ったのは、骨師なる者だと言ったな」

ジュンギはぎゅっと目をつぶり、深く頷いた。

+-+-+-+

「噂は聞いたぞ」帰ってきたテギルを、トッケビは笑顔で出迎えた。

トッケビ「これでもワシは全国に名前を轟かせた賭博師だ。噂が耳に入らんわけがないだろ?」

「へへへ」トッケビは嬉しそうに笑うと、テギルの横にいるソリムに視線を移した。「その娘は誰だ?」
ソリムは笑顔でペコリと頭を下げる。「ソリムです。ケ・ソリム」

トッケビ「ソリム?ソルレムじゃなくて?ははははは!」

※ソルレム(설렘)だと、”トキメキ”という意味になります。テギルが若い女の子を連れて帰ってきたから、ちょっとオヤジジョークでも飛ばしたわけですかね♪

+-+-+-+

食事が始まっても、テギルはひたすら黙って飯をかきこんだ。
食卓に若い女の子が加わって、トッケビ爺は上機嫌だ。

トッケビ「娘さんは何をしているんだい?ひょっとして、うちのテギルとお互い慕い合って… そういう仲なのかい?」

テギルが思わず咳込んだ。「何言ってんだ!そんなんじゃないぞ」

トッケビ「そんなら、何のために年頃の娘さんを連れ歩いてるんだ?」
テギル「事情があってな」
トッケビ「男女の間に事情も何も」

「ふふふ」トッケビは再び仕切りなおす。「ご両親はいらっしゃるのかい?」

ソリム「だいぶ前に亡くなりました」

「六鬼神にやられて…」ソリムが目を伏せる。

トッケビ「!」
ソリム「でも、もういいんです。全部テギルのおかげなんですよ」

テギルは素っ気なく飯に手を伸ばす。

トッケビ「年はいくつだい?」
ソリム「今年20歳です」
トッケビ「ほぅ!ちょうどいい年頃だなぁ」

151

「爺ちゃん」いい加減我慢ならず、テギルが口を開いた。

テギル「爺ちゃんが考えてるようなんじゃないから、静かに食べろよ」
ソリム「…。」
トッケビ「こいつ!お前、人の子か?豚の子か?こんな美しい娘さんがいるのに、よくも飯が喉を通るな」
テギル「…。」

「ふふふ」トッケビは満面の笑みでソリムに笑いかける。「さぁ、食べよう」

+-+-+-+

食事を終えると、ソリムはたらいに水をため、せっせと器を洗った。
「やれやれ、何してるんだ?」トッケビが目ざとく見つけて、声を掛ける。

トッケビ「綺麗な手が荒れちまう。放っといて中に入りなさい」
ソリム「食べた分は働かなきゃ。今日は私が全部片付けますから、お爺さんはお部屋で休んでください」
トッケビ「ほほぅ♪ 顔だけ綺麗なのかと思ったら、心も綺麗だ!」

二人が楽しそうにやり取りするのを、テギルは遠巻きに憮然と眺める。「…。」
「テギル!」トッケビが彼を振り返った。

トッケビ「お前も考えがあって連れてきたんだろ。いい機会だからこのまま祝言を…」
テギル「全く!そんなんじゃないって言ってんだろ!」

ぷいと背を向けたテギルを、ソリムは寂しそうに見つめた。「…。」

+-+-+-+

朝がやって来た。

インジャは月香閣へ顔を見せる。

ファング「話は聞きましたが、イ様に害はないのですか?」
インジャ「屍口門の屑が一つ消えたところで、何の害があろうか」
ファング「イ様がペク・テギルに賭けたと聞きました」

「ふふふ」インジャが愉しげに笑い声を上げる。「目に見えるものが全てではないからな」

インジャ「もうすぐ壊れる瓶に水を入れておくくらいなら、残った水を大事にしたほうが懸命であろう?」

ファングは笑顔で頷いた。「皆様お待ちです」

+-+-+-+

インジャを待ち受けていた少論の大臣たちは、皆、えらく上機嫌だ。

チョ・イルス「そなたの明晰ぶりには実に驚きだ。なぜこうも正確に延礽君の動きを予測できたのだ?」
インジャ「ちょっとした小細工に過ぎません」

「ところで、それは何だ?」イルスの視線は、インジャが持参した大きな木箱に向かう。
蓋を開けると、そこにぎっしり詰まっていたのは、金塊と金だ。

インジャ「私の言ったとおり、蔵を空けてくださったではありませんか」

~~~~

延礽君が提案した『禁亂廛權の撤廃』を受け、インジャは少論の大臣たちに、これまでの蓄えを民に放出するよう助言していた。

イルス「民に蔵を解放しろと?」
インジャ「はい。民のために空にしたその蔵は、私がまた一杯に満たしてさし上げましょう」
イルス「蔵はそなたがまた満たし、我々は民の支持を得られるということか…」

~~~~

インジャ「皆さんが民のために蔵を空けてくださったのですから、当然私が蔵を満たさなければ」

皆が陽気に笑う。

イルス「実に見事だ」
インジャ「大監、ところで邸下にお目にかかりましたか?」
イルス「勿論だ。そなたが言ったとおりに進めたぞ」

インジャは頷く。「ならば、今頃…」

+-+-+-+

「邸下!」延礽君が世子の元を訪れていた。「私が耳にしたのは聞き間違えですか?」

世子「聞き間違いではない。この時間を以って、お前から司憲府将令の職位を剥奪する」
延礽君「一体何故ですか!」
世子「ひそかに民事に関与したであろう。西小門の賭場の火災は無論、人が死んだとも聞いた」
延礽君「!」

「しかも」世子が声を落とす。「跪いたとな」

延礽君「!」
世子「殿下に代わって跪いたと…。お前の志を知らぬわけではないが、その愚かな行動がどれほど危険かわかっているのか?」
延礽君「…。」
世子「何様のつもりで殿下の威信に傷をつけ、何様のつもりで私の代わりに謝罪を?!」
延礽君「…。」
世子「口が百あろうと弁解の余地はない。全ての職位を放棄し、当分自重するがよい」
延礽君「はい… 邸下」

+-+-+-+

「実に幸いだ」少論の大臣、イルスが言った。

イルス「意気揚々だった延礽君も翼が折れてしまったのだから、もう禁亂廛權の廃止を持ち出すことは出来ぬであろう」

「いいえ」インジャの口から出て来たのは意外な一言だ。

イルス「?」
インジャ「まだこの程度ではありません」

+-+-+-+

意気消沈して世子の住処を出て来た延礽君の前に現れたのは、領議政キム・チャンジプだった。

チャンジプ「朝廷内外には延礽君様を見ている目がたくさんあるのです。用心に用心を重ねるべきだったのです」
延礽君「…面目ない」
チャンジプ「延礽君様、そう気落ちしていないで、胸を張るのです」

「…。」延礽君が顔を上げ、チャンジプを見た。

チャンジプ「殿下に謁見なさいませ。殿下にお会いして助けを請うのです」
延礽君「…。」
チャンジプ「今、延礽君様を助けられるのは殿下の他におられません」

+-+-+-+

訪ねてきた延礽君を、粛宗は静かに迎えた。「何用だ」

延礽君「父上の助言を頂きに参りました」

粛宗は手に持っていた碁石を放り出し、厳しい顔で息子を見た。「助言とな」

延礽君「…。」
粛宗「助言と言ったか」
延礽君「…。」
粛宗「握らせてやった剣で自分の足を斬るのが精一杯の愚か者に、一体どんな助言をしろというのだ!」
延礽君「…。」

「少し出ていなさい」粛宗はそばにいた末息子、延齢君を外へ出した。
延齢君が退室すると、粛宗はさらに語気を強める。「司憲府の将令という職位は、お前にとって一体何の意味がある?」

粛宗「たかがそんな職位もなければ、お前は何も出来ぬのか。そんな鎧でもなければ中身は空なのかと訊いておる!」
延礽君「…。」
粛宗「世論というのは、汲んである水のようなものだ。器が傾いた方へ水は一気にこぼれる。お前は水か、それとも器か?」
延礽君「!」
粛宗「水がどちらにこぼれるかはお前の手に掛かっているものを、なぜそうズルズルと引きずり回されておるのだ!」」

「骨なしめ!」粛宗は手に持っていた飲み水の器を、乱暴に投げつけた。

延礽君「…。」
粛宗「死のうと生きようと、骨のある行動をしろ!」

延礽君がハッと目を見開いた。「父上の助言、胸に深く刻みます」

152

+-+-+-+

ここで区切ります。

延礽君って、しょんぼりするときにしょんぼりし過ぎるよね~。
素直でいい性格だけれども^^

 - テバク ,