韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

テバク5話あらすじ&日本語訳vol.3

   

チャン・グンソク、ヨ・ジング出演「テバク」5話の終盤です。

さらっと行きましょう~^^;

+-+-+-+

「?」物音に気づき、トッケビは家の外に出てみた。
そこに人の姿はなく、縁側にポツンと置いてあったのは…

トッケビ「これはテギルの草履!テ、テギルが死んだってことか?!」

「テギル!!!」トッケビは嘆き叫んだ。「お前がいないと生きていけないんだ!」

+-+-+-+

夜。

インジャはタムソを部屋へ呼んだ。

「生きているはずだ」彼女を前に、インジャは短くそう言う。

タムソ「手足を折られ、胸に刀を突き刺されたのに。満身創痍の体で崖の下に落とされたのに…なぜ生きていると思われるのですか」
インジャ「…。」
タムソ「不可能なことです。人間ならば」
インジャ「私が諦めないかぎり、あやつは死なぬ」
タムソ「?」
インジャ「私の許可なしには死んでも死ねない奴だ。それゆえタムソ、お前も自分を責める必要はない」

#タムソに「自分を責めるな」って、あんたがよく言うわ^^;

タムソ「師匠、本当にあの男が生きているとお思いなのですか?」

インジャは愉しげに笑い、茶をすする。「そのうちわかることだ」

+-+-+-+

真夜中。
しんと静まり返った賭場に、仮面をつけた人影が忍び込んだ。
奥へ進み、手近な箱を次々と開けるが、どれも空だ。

そこへもう一つの人影が現れ、仮面の人物を剣で牽制する。

…タムソだ。

タムソ「この夜中に何用ですか。延礽君様」

仮面の人物は刀を鞘におさめ、仮面を外した。
「待っていたのか」延礽君だ。

タムソ「ここでお探しの物でもおありですか」
延礽君「金塊に金に帳簿、随分すばやく運び出したものだな」
タムソ「何のことでしょう」
延礽君「一体大金をどこへ運び出した?」
タムソ「どういう成り行きか知りませんが、不愉快ですね」
延礽君「…。」
タムソ「王子なら他人の私有地に許可無く出入りしてよいのですか」
延礽君「何と…?」
タムソ「お帰りを。善意を見せるのはここまでです」

057

王子を相手に微塵も臆することなく言ってのけると、タムソは先にその場を立ち去った。

+-+-+-+

「行って来たか」タムソに、インジャが声を掛ける。

タムソ「はい」
インジャ「延礽君、思ったより早く動いたな」

「何においても劣っている方が勤勉に動くものです」食事の相手をしていた月香閣のソルジュが言った。

インジャ「虎の子が爪を出したか。ならば、目には目を、歯には歯を」

「タムソ、お前も淑嬪に会いなさい」インジャの命令はいつも唐突だ。

タムソ「え?」
インジャ「案ずることはない。塀を越える必要はないから」

+-+-+-+

淑嬪はどこか上の空で、物思いに耽っている様子だった。

ファジン「淑嬪様、月香閣の行首はそれほど占いの腕がいいのですか?」

※行首=集団の長。主に商団などの運営責任者。

淑嬪「腕もいいし、恐ろしくもある」

そこへちょうど、月香閣行首が到着したとの知らせが入った。

現れた行首は、若い娘を一人連れている。
美しく装ったタムソだった。

月香閣行首「少々意外でございました。淑嬪様が私をお呼びになるとは」
淑嬪「内密に尋ねたいことがあって呼んだのです」

「その子は?」淑嬪は後ろに立っているタムソに視線を移す。

月香閣行首「私が可愛がっている部下です」
タムソ「タムソと申します」

「美しいわ」淑嬪はタムソを見上げ、頬を緩める。
「外で待っていなさい」行首の言葉に、タムソはしおらしく答えた。「はい、行首様」

+-+-+-+

母のもとを訪ねてきた延礽君は、ちょうど中から出て来た若い娘が向こうへ立ち去るのを目にした。
淑嬪付きの尚宮が丁重に頭を下げる。

延礽君「誰か来ているのか?」
尚宮「月香閣の行首にございます」
延礽君「月香閣の行首というと…黄狗の母?母上がなぜ…?」

#彼女の役職や名前がはっきりしなくて、ブログコメントやTwitterリプライでご意見をいただいていたのが、ここで急に全部出て来ました^^;
結局「ソルジュ」と言ってたのは名前だったのかなぁ。

+-+-+-+

淑嬪は封筒を差し出した。

黄狗「何でございましょう?」
淑嬪「男の子の生年月日、四柱だ」

黄狗は中身を確かめる。「癸酉年10月13日丑の刻」

淑嬪「この子は…本当に世を捨てたのか?死んだのかということだ」
黄狗「淑嬪様、生死が運命どおりになるわけではありません」
淑嬪「…。」

黄狗は四柱の紙を両手で持ち、念を込めた。

+-+-+-+

タムソは人に見つからぬよう、こっそりと宮廷内を進んだ。
「延礽君の監察日誌を取ってこい」もちろんインジャの命令によるものだ。

【淑嬪の住処を左へ回り、端にある建物。それが延礽君の住処だ】

難なく忍びこむと、机や棚を手早く調べ始める。
床の隠し扉まで見つけたものの、目的の物は見当たらなかった。

「見つかったか」突然、背後で延礽君の声が聞こえた。

タムソ「!」

延礽君が一冊の書物を差し出す。「この監察日誌を探していたのであろう」

タムソ「…。」
延礽君「昨夜はお前にネズミ扱いされたが、立場が変わってみると、お前の顔も実に見応えがある」

そう言って、延礽君はジリジリと彼女に迫った。

058

タムソ「私は… 淑嬪様にお会いして帰る途中で、道に迷っただけです」

「はっ」延礽君が小さく笑い、さらに一歩、彼女に迫る。「嘘ならもっと上手くつけよ」
「失礼致します」頭を下げ、その場を逃げ出そうとしたタムソを、彼はさっと遮った。

延礽君「この辺りでやめておけ」
タムソ「何をおっしゃっているのか…」
延礽君「あちこち命を懸けてまわらずに、平凡に生きるのだ」

タムソが出口へ向かうのを、彼はそれ以上遮ることはなかった。「私も嫌だ」

タムソ「?」
延礽君「大臣たちは目障りだし、事あるごとに干渉なさる父上、母上に付き添いたち。うんざりする。出来ることなら、全部捨てて逃げ出すのに」
タムソ「…。」
延礽君「だが、お前は出来るではないか。全部捨てて身軽に立ち去ることも出来る」
タムソ「私は…私の信念のまま動くだけです」
延礽君「いや。誤った信念は、結局自分を傷つけるだけだ」

あなたに何がわかると…?!タムソは思わず心の中で叫んだ。

そのとき…「延礽君様、おいでですか」
外で誰かが呼ぶ声が聞こえた。

延礽君「!」
タムソ「!」

そこにいたのは護衛のサンギルだ。
入ります、と言って扉を開けた彼は、延礽君の姿を探す。

サンギル「延礽君様?」

延礽君とタムソは奥の部屋の屏風の裏で息を潜めていた。

サンギル「一体どこへ?」

サンギルの足音が遠ざかり、扉の閉まる音が聴こえる。
「…。」タムソは延礽君がぎゅっと握りしめた自分の手をチラリと見ると、慌てて引き抜き顔を赤らめた。

延礽君「…出よう」

屏風から出ようとした瞬間、サンギルが唐突に戻ってきたではないか!

延礽君「!!!」

彼は咄嗟に身を翻し、タムソを抱き止める。

タムソ「!!!」
延礽君「…。」

ようやくサンギルが立ち去ると、タムソは延礽君を突き飛ばし、頬を叩いた。「何をするんですか!!!」

延礽君「なんてこと… 体面を損なってでもお前を匿ってやったのに、返ってきたのは平手打ちか?!」
タムソ「…。」
延礽君「どうする?外にいる奴を呼び戻すか?寝室に泥棒が入ったとな」
タムソ「…。」

「よし」延礽君が大声を上げようとしたのを、タムソは咄嗟に手で口を塞いだ。

延礽君「!」
タムソ「…。」
延礽君「それから、誤解するな。(タムソをチラリ)大して好みではない」
タムソ「(ジロリ)」

「延礽君様が消えたぞ!」外で騒ぐ声が聴こえる。「早く探すのだ!」

+-+-+-+

「何の騒ぎだ」突然出て来た延礽君の姿に、サンギルはビックリ仰天だ。

サンギル「えっ?ついさっきまで誰も…」
延礽君「昼寝をしようとしていたのに、なぜこう騒ぎ立てる?」
サンギル「…はい」
延礽君「サンギル、今すぐ水を水がめ1杯汲んできてくれ」
サンギル「え?水がめ1杯?!」
延礽君「あぁ、喉が渇いた。カラカラだ」

そう言って、延礽君はわざとらしく喉を鳴らしてみせる。

サンギルが訝しげに立ち去ると、扉の中から出て来たタムソの手をぎゅっと掴み、延礽君は駈け出した。
人気のない庭まで連れてくると、ようやく我に返って手を離す…。

#いい加減何だい、君たちは(;´Д`)

延礽君「この丁字を曲がれば、母上の住処だ」
タムソ「今日のことはなかったことに…」

延礽君は袖口から書物を差し出す。「これを盗みに来たんじゃなかったのか」
「受け取れ」それは、紛れもない監察日誌だった。

タムソ「どうして…?」
延礽君「お互い知るべきだ。何が望みなのか、目的は何か」

「あるいは…」そう言って視線を和らげると、彼は一歩、タムソに迫った。「何が好きなのか」

059

タムソ「…!」

慌てて視線を逸らした彼女の反応をゆっくり堪能すると、延礽君は身を引いた。「行け」

延礽君「善意を見せるのはここまでだ」

+-+-+-+

「テギルの四柱?」インジャはさっそく黄狗から報告を受けた。

インジャ「ペク・テギルを占ったのか?」
黄狗「三柄の剣を持って生まれた帝王の星回りです」
インジャ「あやつが帝王の星回りを生まれ持っていると?」
黄狗「生まれ持つ運勢が強すぎるため、よい機縁があれば王になることができますが、厄魔に出逢えば微風でさえも崖から落ちる、しがない運命…」
インジャ「それで…どうだ?あやつはまだ生きているのか?」

#「生きてる」って言い張っておいて、自信ないんかい

黄狗「断崖の果てにしがみついてはいますが、まだ息はありましょう」
インジャ「生きていると…!どうだ?そなたはどう見る?」

黄狗が意識を集中し、テギルを占い始めた。
ぼんやりと見えたのは… 屈強の剣士の姿だ。

黄狗「生まれ持った帝王の星回りが… 崖から落ちたその時、機縁に出会いました」
インジャ「機縁と…?剣を手に入れたというのか?」
黄狗「はい」

+-+-+-+

【山を切り裂き、海をも隔てる天下一の武人、帝王の剣に出会ったのです】

一人の男が広大な干潟をまっすぐ進んでいた。
男が立ち止まったのは… 泥に飲まれてあえいでいるテギルの前だ。

男はテギルの前に身をかがめると、彼が口に入れようとしていた目の前の小蟹を口に入れてやる。
ボリボリと、テギルは夢中でそれを噛み砕いた。

060

テギル「水…水…」

男は黙って腰にぶら下げていた水をテギルの口に注いでやる。

男「目つきは間違いなく虎だが… 誰だ?お前は」
テギル「賭けるか?俺が…俺が死ぬか生きるか」

すっぽり泥に埋まったまま不気味に笑うこの若者を、男は見つめた。

+-+-+-+

ここでエンディングです。

終盤は延礽君のシーンがメインで、気が滅入らずに済んだけど…
全体的に話がぶつ切りだったり無理やりだったりで、不自然さが否めませんねぇ。
作家さん頑張ってーっ

次はもっと気が滅入ると聞いたので…
無感情で望みます(笑

オススメ☆韓国時代劇・歴史用語辞典☆
全400ページ以上!史劇に登場するあらゆる単語が解説されており、本作の翻訳にも大いに役立っています。

 - テバク ,