韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

太王四神記16話 vol.3

   

太王四神記16話 vol.1 はこちら
太王四神記16話 vol.2 はこちら

なかなか手ごたえのないままたくさんのシーンをダラダラと聞き取っておりますです(^∀^ヾ

クァンミ城へと向かっていた百済の支援軍は、協力することが出来ず、また高句麗軍の規模が大きいという情報を信じ、無事引き返していきます。
さて、タムドクは白虎の神物があるという皐蘭(契丹)へ向かうのか、それとも・・・?

クァンミ城を発つことにしたタムドクはスジニを連れてクァンミ城主のもとへ。
彼には会えるのでしょうか。

以下、赤い文字がタムドク青い文字がクァンミ城の総衛将軍カグンです。

아직 행방을 모르나요 ? 성을 떠나기 전에 만나고 싶은데…
まだ行方が分かりませんか?発つ前に会いたかったんですが・・・。

송구스럽습니다. 백방을 찾아봤지만, 도무지 어디 계신지 알 수가 없습니다.
申し訳ございません。方々探しましたが、どこにおられるのか全く分かりません。

거의 병생 그 나무 껍질안에 갖춰 살아 왔다 했죠, 그대의 성주.
(城主の大きな槍を手にして)一生のほとんどをあの樹皮に覆われて生きてきたんですよね、
そなたの城主は。

그러셨습니다.
さようでございます。

다신 돌아오고 싶지 않겠네, 나라도.
二度と戻ってきたくはないな、私だって。

다시 보게 되면 전해요, 내가 기다린다구요.
また会えたら伝えてください、私が待っていると。

다시는 어떤 것으로도 구속할 생각 없으니까, 언제든 찾아오라구요. 그렇게 전해 주세요.
今度は何があっても拘束するようなことはありませんから、いつでも尋ねて来てくれと。
そう伝えてください。

そう言ってその場を離れるタムドク。
スジニもその後について行こうとしますが、足を止めてカグンに話しかけます。

以下、赤い文字がスジニ青い文字がカグンです。

저기요, 이제 싸움 못해요 ? 장군님네 나무 성주.
あの~、もう戦えないんですか?将軍さんトコの城主。

그 안에 들어 있었을 때는 엄청히 싸움 잘 했었잖아요, 도깨비 같이.
あの中(神物の呪縛)にいるとき、とてつもなく強かったじゃないですか、化け物みたいに。

이제 그거 안 돼요 ?
もう無理なんです?

청룡의 ( ? ) 을 심장에 찔리기 전에 어렸을 때 오래 창술 뛰어나셨습니다.
青龍の神物を心臓に突き刺される以前、幼いころからずっと槍術では抜きん出ていらっしゃいました。

아마 청의 힘이 없어도 할만한 ( ? ) 당당하실겁니다.
おそらく青龍の力がなくとも、おそるべき才能を発揮されるはずです。

도깨비같이는 안 하시겠지만요.
化け物のようにはなさらないでしょうが。

다시 만나게 되면 전해 주세요, 내가 기다린다고.
また会えたら伝えてください、私が待ってるって。

만나서 쟤 창하고 내 활하고 겨뤄 보자구요.
会って彼の槍と私の弓で勝負したいの。

… 진 사람이 술 ( ? )기. 취해 꼬꾸라 뜨릴 때까지.
(こっそり近寄って)負けた人は酒を(おごる?)の。酔い潰れるまで!

 

二人が去ると、カグン将軍は後ろにいる誰かに声をかけます。
でてきたのはクァンミ城主・・・、長髪の美青年、チョロ。

以下、赤い文字がチョロ青い文字がカグンです。

태왕께선 고구려 국내성으로 떠나신다 합니다.
太王は高句麗の国内城に出発されるそうです。

나도 국내성으로 가겠어.
私も国内城に行く。

결심하셨습니까 ? 태왕을 모시기로 말입니다.
決心されたのですか?太王にお仕えになると?

가켜보고 싶어.
見守りたいんだ。

정말 내가 모셔야 할 자인지, 곁에서 지켜보고 싶다.
本当に私が仕えるべき人か、傍で見守りたい。

「나도 국내성어로 가겠어.」・・・チョロの少したどたどしい湿った(笑)喋り方に撃沈した瞬間です。

————————————————————

タムドクが皐蘭ではなく、国内城へ向かうと聞き、ヒョンゴが驚いてやって来ます。
タムドクを国内城へと向かわせた事情は?

以下、赤い文字がタムドク青い文字がヒョンゴです。

폐하 !
陛下!

더운데 뛰면 더 덥지 않아요 ?
暑いのに走ったら余計暑いのでは?

국내성으로 가시계다니오 ? 백호의 신물은 지금 거란에 있습니다.
国内城へお帰りになるんですか?白虎の神物は今皐蘭にあるんですよ。

우리가 어서 바손을 찾고, 그 오래비를 고주를 알아내서…
我々は早くパソンを見つけて、その兄の居所を探し出して・・・

왜 말 안 했어요 ?
なぜ言わなかったんです?

지금 말씀드리고 있지 않습니까 ?
今申し上げてるじゃありませんか。

호개보다 먼저 바손을 찾고 그 오래빌 찾아내서, 백호의 신물…
ホゲよりも先にパソンを見つけて、その兄を探し出して、白虎の神物を・・・

(いつになく厳しく、冷たいタムドクの視線に言葉を失うヒョンゴ)

그 사람 대신관이 됐다면서요 ?
彼女が大神官になったそうですね。

하늘의 뜻을 빙자해 호개군을 거란으로 보낸 것도 그 대신관이고,
天の声を利用してホゲ軍を皐蘭に送ったのもその大神官で、

선대왕 때부터의 충성된 신아들 다 내보내고 연가의 가신들로 대신하게 하는것도…
先代王の頃からの忠臣たちを排除して、ヨン家の家臣たちに取って代わらせたのも・・・

그 대신관이라면서요.
その大神官だそうですね。

그러니까 … ( ???? )
ですから~!(ごにょごにょ・・・)

숙일 생각이었어요 ?
嘘をつくつもりだったのですか?

설마 그럴리가 있겠습니까 ?
まさか・・・そんなはずないではありませんか。

국내성으로 갑니다.
国内城へ戻ります。

그 여인때문에 가시는 겁니까 ? 백호의 신물 포기하시는겁니까 ?
あの女性のために戻られるのですか?白虎の神物は諦めるのですか?!

タムドクがそのとき思い巡らせたのは、先代の大神官が言った言葉でした。
きっとタムドクが西百済へ向けて国内城を発つときのことでしょう。

여기 명줄이 보이십니까 ?
ここの生命線がご覧になれますか?

이대로라면 참으로 오래도 살게 되었습니다.
このまま行けば、とても長生きすることになりそうです。

그래서 드리는 말씀인데,
ですから申し上げるのですが、

폐하 , 올해가 가기 전에 혹시 대신관이 바뀌게 되면, 그 대신관을 조심하세요.
陛下、年が変わる前にもし大神官が代わったら、その大神官にはお気をつけください。

그 여인은 폐하의 적이 될거십니다.
その女は陛下の敵になるでしょう。

ちょっとした違いですが「その女は」という表現が大きいですね。

————————————————————

その頃、ヨン・ガリョは「さて今度はどうしたものか?」とまたお悩み中。
何しろタムドクはクァンミ城を手に入れ、青龍の神物も手に入れてしまったのですから。
これまでも「陛下は西百済には行かない」「クァンミ城へ行っても生きては戻れない」と自信満々に語った火天のテ・ジャンロですが、今度は「神物が目覚めるには条件が揃うことが必要」と新しい話を持ち出しましたよ。

4つの神物は、神物とチュシンの王が近づくだけでは目覚めることがないそう。
ある条件をともなう必要があるようです。
テジャ城の前で、自分のために若い者たちを失ったタムドクの怒りの中、玄武の神物が目覚めたように。
その条件とは?

以下、テ・ジャンロのセリフより。

주작의 경우는 붉은 열정.
朱雀の場合は「赤い情熱」。

주신의 임금에 대한 뜨거운 마음이 잠들어 있던 주작의 신물을 깨운다 하죠.
チュシンの王に対する熱い心が、眠っていた朱雀の神物を目覚めさせるといいます。

현무는 어두운 분노.
玄武は「暗黒の憤怒」。

주신의 왕의 깊은 분노를 감지하여 깨어난다 했습니다.
チュシンの王が深い怒りを感じると目を覚ますといいます。

청룡은 자가운 자비.
青龍は「冷徹な慈悲」

백호는 순열한 용기.
白虎は「殉烈な勇気」

とにかく、タムドクはクァンミ城を手に入れ、青龍の神物を手にしてしまった・・・。
立場が危ういヨン・ガリョは、タムドクが戻る前に手を打つ必要に迫られます。
陛下を国内城へ入れてはならないというヨン・ガリョを後押しするのが、そう、彼女の「天のお告げ」。

キハは重臣たちの前で語ります。

페하께서 적은 군사로 스무날만에 백제의 열째성을 접수하시고,
陛下は少ない軍数で20日の間に百済の10の城を手にされ、

또 스무날만에 난공불락의 관미성을 차지하신 일,
また、20日の間に難攻不落のクァンミ城をも手にされたこと、

참으로 하늘이 내려 준 기적이라 아니어 할 수 없겠습니다. 허나,
まさに天がもたらした奇跡だと言わざるをえないでしょう、しかし、

하늘은 깊이, 아주 깊이 걱정하고 계십니다.
天は深く、とても深く心配しておられます。

폐하의 군사는 짧은 시간 안에 너무 많은 피를 붙였습니다.
陛下の軍は短い期間でとてもたくさんの血に触れました。

우선 그 피를 정화하는 것이 첫번째 일 것입니다.
まずその血を浄化することが第一です。

(大神官も陛下を国内城に入れるな、と言うのか!という部族長の言葉に)

폐하는 들어 오셔야죠.
陛下は(国内城へ)入っていただかなければいけないでしょう。

단 군사는 밖에 두고 무기는 버리시고, 우선 혼자서 신당으로 오셔야 할 것입니다.
ただし、軍を外に置き、武器も放棄して、まず一人で神堂へいらっしゃらねばなりません。

폐하께서 먼저 피 값을 깨끗이 정화한 뒤에 그 때에 비로소 군사들을 불러 들일 수 있을것이예요.
陛下がまず血を綺麗に浄化した後、初めて軍を呼び入れることが出来ます。

————————————————————

ホゲは皐蘭の地で神物を求め、殺戮を繰り返していました。

さらわれたパソンとダルビがホゲのもとへ連れてこられます。

彼女たちの前には、捕虜らしき男たちの姿が。

周辺の集落から鍛冶屋をすべて連れてきたというのです。
「お前の知っている者はいるか」と問われるパソン。

言葉を失うパソンたちの前で順番に殺されていく男たち・・・。
このシーンの緊迫感と言ったら尋常じゃありません。
パソンのアップの表情がもう素晴らしい(?)ったら!

そのときホゲを止めようとしたのはダルビ。
ヨン家で働いていた彼女は、優しかった昔のホゲを知っていたのです。

その後、ホゲが部下に漏らした言葉です。

달비… 달비라 할거야 ? 그 아이 이름은.
ダルビ・・・ダルビと言ったか?あの娘の名前は。

어릴 때 내 옷 내 식사를 돌봐 주던 아이야.
幼いころに私の服や食事の世話をしてくれた娘だ。

그 아이 말이 맞아.
あの娘の言うとおりだよ。

어째서 … 어찌도 내가 이렇게 됐을까 ?
どうして・・・どうして私はこんな風になってしまったんだろうな。

さあ、西百済を制して高句麗に戻るタムドクを待ち受けているものは?
17話の聞き取りにうつります。

ランキングに参加しています。
この記事が気に入ったポチっと押してくださいね♪
にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ

 - 太王四神記