韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!プロデューサー/SPY/夜警日誌/トライアングル/主君の太陽など

ファンジニ16話&動画vol.2(Youtube)

      2009/02/22

ファン・ジニ16話の中盤部分です。

ジョンハンへの想いがふくれるばかりのミョンウォンは、修練の成果もなかなかでない毎日…。
ジョンハンに全てを捨てるほどの気持ちがあるとは言っても、自分のために何もかも失ってしまった愛する人の姿なんて、見たくありませんよね。

そして…


韓国TVドラマvol.25は「ファン・ジニ」特集!

<ファンジニ16話 動画 4>

宮中進宴を目前にして忙しいミョンウォルを酒宴に出してくれという留守令監。
郷庁を手伝うものたちの宴なので、彼も断れなかったのです。
「酒は他の妓生たちに任せ、ミョンウォルはオムスと一緒に演奏だけさせればいい。」

その宴の席。
ミョンウォルと共に入ってきたオムスは、前に並ぶ両班たちを見てなぜか少し驚いた様子。

演奏するミョンウォルから目を離せない一人の両班は…

両班の男:
그 아인 꽤나 낯이 익구만.
어디선가 본 듯해.
…어디서 봤을까 ?

あの娘…見覚えがある。
どこかで会ったようだ。
…どこで会ったのだろう?

隣の男:
꿈 속에서 보았겠지.
선녀가 딱 저 모양일 더이니.

夢の中で会ったのだろう?
仙女はまさにあんな感じだろうからな。

両班の男:
그런게 아니래도…
…그래. 맞아.
어디서 보았는가 하였더니, 저 아인 내가 아는 어떤 이와 꽤나 닮았구만.

そうでなくて…
…そうだ。思い出した。
どこで会ったのかと思えば、あの娘は私の知っているある人にそっくりだ。

隣の男:
아는 이라 했는가 ? 그게 누군가 ?
知っている人だと?誰だ?

両班の男:
다 지나간 일일세. 이십년도 더 전의 얘기야.
全て過ぎ去ったこと。20年以上も前の話だ。

ずっとその話を気にしている様子だったオムスは演奏をやめてしまいます。
「演奏を続けますか?それとも」

演奏を頼んでおきながら、話をしているのはいくら身分の高いものとて失礼。
この辺、厳しい身分制度があるとはいえ、好感が持てますね。
男は無礼を素直に詫び、演奏を続けてくれと言いますが、昔話に食いつく隣の男。

両班の男:
( ?) 이 곳 송도에 머무르고 있을 때 잠시 곁에 두었던 기녀의 얘길세.
잠시 정분을 나눈다는 것이 좀 지나쳤는지…
나중에는 큰 ( ?)으로 칠 뻔하였지.

ここ松都にいたとき、しばらく傍に置いていた妓女の話だ。
一時、情を交わしたのが、少し度が過ぎたようで
後で大変なことになるところだった。

ミョンウォル:
그 계집의 기명이 뭐하신지요 ?
その女の妓名は何と言うのですか?

話に入ってきたミョンウォルを「君は気にせず演奏を続けなさい」と嗜める男。
しかし、ミョンウォルは引き下がりません。

両班の男:
마음 쓸일 없대도.
気にするなと言っているだろう。

ミョンウォル:
얘길 해 주시어요.
또 압니까 ?
그 얘기가 재미있나면 그를 전두로 알고 이년이 나리에 수청이라도 들어드리지요.

お話ください。
それに、ご存知ですか?
その話が面白ければ、それを纏頭とし、私が旦那様の夜とぎを申し出ましょう。

両班の男:
왜 ?
너도 수청 한번 들고 내 여자 다 됐으니 평생 곁을 지키게 해 달라 떼라도 쓰려고?

なぜだ?
お前も夜とぎを一度したからといって、私の女になったから生涯傍に置いてくれとねだるつもりか?

「そんなことがあったのか?それで君はどうした?」と興味津々の隣の男。

ミョンウォル:
버렸지요.
달리 방도가 있었겠습니까 ?
글 읽기를 핑(?)하여 찾았던 명산대천에서 기녀를 품고 놀다 욕정을 이기지 못해 아이까지 갖게 했으니
그 일을 감당하기는 어려웠겠지요.

捨てたのでしょう。
他に方法がありますか?
書を読むのを口実に訪れた名山大川で、妓生を抱いて遊び、欲情を抑えられずに子まで宿し…
それを受け入れることができなかったのでしょう?

オムス:
진아…
チニ…。

ミョンウォル:
아이를 없애라 하셨던가요?
그런데 말을 듣지 않던가요?
그래서 혹 독초라도 건내셨습니까 ?!

子どもを堕ろせとおっしゃったのですか?
それなのに言うことを聞かなかった…。
だから毒草を渡したのですか?

両班の男:
너…넌 누구야?
お前…お前は誰だ?

ミョンウォル:
형금이…아닙니까 ?
가야금 잘 타기로 소문 났던 송도관기 (진?) 형금이…
나리가 말씀하신 그 반편의 기녀가 아닙니까 ?

ヒョングム…違いますか?
カヤグムの名手として有名な松都官妓、ヒョングムが…
旦那様がおっしゃったその愚か者の妓生ではありませんか?

両班の男:
니가…니가 그 일을 어찌…?
お前が…お前がなぜそれを?

目の前の酒を男に浴びせ、席を立つミョンウォル。

+-+-+

オムスに呼ばれ、外にでるミョンウォル。

オムス:
어머니한테 가 봐.
お母さんのところへ行ってごらん。

<ファン・ジニ16話 動画 5>

オムス:
널 찾으신다.
오늘 낮에 있었던 일 내색지 마라.

お前を探しておられる。
昼間あった事は…隠しておきなさい。

ミョンウォル:
어르신.
オムス様…

オムス:
너의 아버지 오실 게다.
お前の父上がいらっしゃる。

ミョンウォル:
지금 뭐라 하셨습니까 ?
그 무도한 인사가 어디로 와요?
쫓아 버리겠어요.
이 안으로 한발짝도 들어오지 못하도록 하겠다구요.

今何とおっしゃったのです?
あの非道な人がどこに来ると?!
追い返します。
この中には一歩だって入れないように。

オムス:
어머니가 이십년동안 하루같이 기다려 온 이야.
お母さんが20年の間、変わらず待ち続けた人だ。

ミョンウォル:
하나 !
ですが!

オムス:
그 희만초자 없었다면…어머니 지금까지 살아 있음도 못했어, 이 녀석아.
その希望さえもなかったなら…お母さんは今まで生きて来られなかっただろう。

オムス:
몸가짐 가다듬고 어머니하고 같이 아버지 맞아드려.
아무것도 내색하지 말고 (방 갖고?)(?)하게 굴아라.
절대로 무슨 일 있어도 어머니 가슴에 (되맺히?)는 일은…하지마라.
그건…내가 용서를 못해.

身支度を整えてお母さんと一緒に父上を迎えなさい。
何も顔に出さず、礼儀正しく丁重に振舞うんだ。
決して…何があってもお母さんを悲しませるようなことはするな。
それは…私が許さない。

ずっとヒョングムを見守ってきたオムス。
彼がどんな気持ちでこの日を迎えたのか…心の内は察するに余りあります。

+-+-+

少女のような可憐な表情で身支度をするヒョングム。
チニが入ってきて座ります。

ヒョングム:
아버지 오신다는 거…들었니?
お父さんがいらっしゃるって…聞いた?

チニ:
…응.
うん。

ヒョングム:
널…잊지 않고 계셨다드라.
널 보려고 예까지 오셨다고 하셨다더구나.

あなたを忘れていらっしゃらなかったって。
あなたに会いにここまでいらっしゃったそうよ。

チニ:
좋아요 ?
嬉しい?

ヒョングム:
…너도 나도 (?) 잊고 사신다고 여겼다.
あなたも…私も…忘れていらっしゃると思ったわ。

切なくヒョングムを見つめるチニ。

ヒョングム:
너한테 아버지 얼굴 한번 못 봬 주는 것이 (?)내 마음에 걸렸었어.
날 알아보실 수 있으시려나?
꼴이 하도 험해져서…

あなたにお父さんの顔を一度も見せてあげられなかったのが気にかかっていたの。
(髪を整えて)私がお分かりになるかしら?
すっかり衰えてしまったから…。

チニ:
…무슨 말이야 ?
곱고 이뻐요.
아주 새색시 같아.

…何言ってるのよ。
美しいし、綺麗だわ。
花嫁みたいよ。

ヒョングム:
…몹슬 것…
늙은 니 어미 놀리는 게 그리 좋아 ?

(笑って)ひどい子…。
老いた母親をからかって嬉しい?

+-+-+

一人、弦をつまびくオムス。
そこへスマンがやってきます。
… この人もあちこちによく気が回るわ(;´∀`)
ホッとする人トップ2の、大人の男同士の会話~♪

スマン:
자네 무슨 짓을 한 게야 ?
이십년하고 더 오년일세.
도선최고의 악공이 그 마음 줄 잡은 기녀를 따라 송도에 와 엎어져 산 세월이 말일세.
마음 줄 자르든가 아니면 저런 허망한 짓을 하질 말든가.

君は何てことしたんだ。
25年だぞ。
都城最高の楽士が、惚れた妓生を追い松都へ下って過ごした月日…。
心の糸を断ち切るか、あんな愚かなことをやめるか、どちらかにしなさい。

オムス:
마음 줄이 무슨…악기 줄이라도 된답니까 ?
드는 칼로 썩 잘라 치우고 말 쉬운 것이 못 해지요.

心の弦は楽器の弦のようになりますか?
よく切れる刀ですばやく切るように、たやすいことではないでしょう。

スマン:
이 사람 참…
この人は全く…。

穏やかに笑い合う二人(* ̄ー ̄*)。oO

+-+-+

ヒョングム母娘は、いよいよチニの父と対面していました。
ところで、チニの父、思ったとおりキレイな顔のいい男ですけど、見た目が若すぎてちっとも実感湧かないんですが…。

ヒョングム:
아이 이름은 진이라 하였습니다.
娘はチニと名づけました。

チニ父:
고운 이름이러구만.
美しい名前だ。

ヒョングム:
가끔씩…이리 찾아 주시겠습니까 ?
아이에게 어려운 일이 생기면 살펴도 주시겠습니까 ?

ときどき…こちらへ寄っていただけますか?
娘に何かあったとき…助けてやっていただけますか?

チニ父:
…그래야지.
응당 그래야 하고 말고.

…そうだな。
当然そうすべきだろう。

少女のように微笑むヒョングムと、冷たい表情のチニ、それを気にしながらヒョングムに答える父。
何ともいえない空間です…。

+-+-+

チニが部屋から出た後、中にはヒョングムとチニの父が。

チニ父:
좀 여위었는가 ?
少し痩せたか?

ヒョングム:
나이를 먹었지요.
年を取りましたから…。

チニ父:
미색은…여전하구만.
美しさは…相変わらずだ。

チニ父:
미안하여.
내가 (못오니?)더 원망스러웠지.

すまなかった。
私を恨んだだろう。

ヒョングム:
아니라면 … 믿으시겠습니까 ?
허나…이제 원망하는 마음은 다 쳐 버릴 수 있을 듯합니다.

違うと言えば…信じられますか?
でも…これであなたを恨めしいと思う気持ちも全て消えるでしょう。

+-+-+

前半終了したところで一区切り♪

(?)のところ多いままですが…ダメ(;´∀`)もう出しちゃいます。
16話のキーマンは何といってもオムスオルシン。
彼のように、愛する人をただそばで見守るだけの愛って、本当に存在するんでしょうか(*^-^)

 - ファン・ジニ(黄真伊) , ,