韓国ドラマから美しい言葉を学ぼう

韓国ドラマのあらすじや詳細日本語訳を紹介!セリフを題材にした文法解説も

スイッチ-世界を変えろ 18話【今日のワンフレーズ】

   

チャン・グンソク、ハン・イェリ出演『スイッチ-世界を変えろ』18話より。
表情や口調が”スイッチ”する瞬間を何度リピしたかわからない、大好きなシーン♪

sentense

거 알긴 아네. 모르는 줄 알았더니.
コ アrギン アネ モルヌン チュr アラットニ
それ一応わかってんだな。わかってないと思ったら。

逆に、ソンベが一生懸命サ・ドチャンっぽく化けてる様子も見たい。
精一杯無理してから「あぁ疲れる」って素に戻るところ^^

wordcheck

1. 거「それ」

그것(それ)が最大限に縮まった形です。
그것 → 그거 → 거
どこまでもせっかちな人にオススメ(笑)

2. 알다「知っている、わかっている」

本文中、3回でていますが、活用が違いますね。
알다はㄹ変則活用で、ㄹが抜け落ちることがあります。
1度め→ 알+기で名詞化
2度め→ ㄹ が抜け落ちて아だけに!
3度め→ 알+았で過去形

本文にも出ている모르다は「知らない、わからない」で対義語ですね^^

3. A기는 A「~ことには~だ、一応~だ」

同じ用言を2つ並べて、「まぁ一応~だ」のようなニュアンスを作ります。
そのあとに「~けど」が続くことも多いですね。

例)요리는 하기는 하는데 잘하지 않아요.(料理はするにはするけど、得意じゃありません)
例)증거는 있긴 있대요.(証拠は一応あるらしいですよ)

【-기】用言の語幹につけて、体言化する語。
例)만들다(用言:作る)→만들기(体言:作ること)

4. -네 「~だね、~だな」

本文の場合、「~だなぁ」という感嘆のニュアンスで使われています。
この-네の前に来ている알다は、ㄹが抜け落ちていますね。
-네に限らず、ㄴに続く場合は、同じ活用になると覚えておいてください♪

例)後がㄴになる場合のㄹ変則活用
그거 아냐?(それ知ってる?)그거 아니까(それわかってるから)그거 아는데(それはわかってるけど)

5. -는 줄 알다 「~だと思う」

모르는 줄 알았다で「知らないと思っていた」となります。
-는 の部分の時制もいろいろ変化します。
本文では모르는…と現在形ですね。

例)올 줄 알았어.(来るだろうと思った)→「来るだろう」と思った時点ではまだ来てない。
例)먼저 간 줄 알고 찾지 않았어.(先に帰ったと思って、探さなかったんだ)→思った時点で、すでに「帰った」

6. -았더니/었더니 「~たら」

았/었+더니の場合、主語は話し手となります。
本文の場合、알았더니ですが、”思っていた”のは話し手のサ・ドチャンですね。
話し手が、Aという行動を起こしたら、その結果、Bだった、といった場合に使います。

一方、語幹+더니(았/었がつかない)ときは、主語は話し手ではありません。
第3者のAという行動を見ていたら、その結果、Bだったという場合に使います。
【-더니】は観察、【-았더니/었더니】は経験、といったところですね。

【-더니】말주변이 좋더니 사기꾼이었어?!(口が上手いと思ってたら、詐欺師だったの?!)→主語は詐欺師
【-았더니/었더니】그 사기꾼 뒤를 쫓았더니 비밀 아지트를 찾았어.(あの詐欺師の後をつけたら、秘密のアジトを見つけたわ)→主語は詐欺師を追った自分

+-+-+-+

この短いセリフに、解説すべき文法要素がこれほど詰まってるとは(笑)

 - 今日のワンフレーズ